« JALの争奪戦は、ワンワールド残留で幕を降ろす 当然の結果だ! | トップページ | 小澤一郎の政治資金疑惑、ワクワク、ゾクゾク、止まる処を知らず! »

2010/02/11

建国記念日に売国政治家 小澤一郎の疑惑を再び!日本から追い払うまで糾弾を!

ご趣味はナンですか?
→まぁ、なんちゅうか、囲碁だワ!

他にご趣味は?
→まぁ、なんちゅうか、不動産ちゅうか、土地への投資かなぁ?!

ホォ~!どのような場所に着目されますか?
→そりゃぁ~、まぁ、なんちゅうか、都心は手が出ませんから、周辺の優良住宅地ちゅうか、そんなところちゅうか、だね。

幹事長は政界の実力者だからでしょうが、政治家は、そんなに儲かりますか?
→バカを言うモンじゃないよ!カネ儲けで政治家をやっているワケじゃない!
(ホントは、テメーの私腹を肥やすために、政治利権を確保する狙いで政治家をやっている)

政界の実力者の下へは、付け届けもたくさん届けられるのでしょうね?
→そんな事は無いが、支持者から、ご支援を頂いたり、ご厚意を頂戴した内容は、すべて秘書に記録させていますから、それをご覧になれば良いじゃありませんか。
なぁ~んも、怪しい事はありません。自分のところが一番「透明性」を確保している。

そうでしょうか?では、なぜ貯蓄ゼロで、やっていけるのですか?
また、なぜ「政治資金」で「土地」をお買いになるのでしょうか?
政治資金で、土地を買い漁っておられるのは、幹事長のところだけでしょう!
政治資金は、政治活動を行うために「支弁」された資金じゃないですか?
それが、「土地」に化けているっていうのは、いささか説明がつかないと存じますがねぇ。
→貯蓄しないという事はありません。ただ、銀行には預けないだけです。銀行は信用できない金利も低いし。いざという時に有用ではない。だから現金で手元に置いておくんだ。
→「政治資金」は「政治活動」のための資金だ。私のところが「土地」を求めるのは、熱い志を持って弟子入りを志願してくる「若く優秀な政治志望者」を秘書として置いている。それらの者たちが大勢おり、住むところが狭くなった。遠くから通わせる事は無理があるので、ひとつ「寮」を設けてやろうじゃないかと言う事で、そのための土地を手当てしたワケだ。ナァ~ンもやましい事はありません。
→政治資金で「土地」を買った理由は、先に述べた理由以外にはない。秘書や書生のために住居を準備してやる事は、広い意味での「政治活動」に当たるのではないか。
→何度も言うが、政治資金を不正に扱っているワケではない。将来の政治を担う若者のために環境を整える、私のところを頼って来た若者を正しく政治活動の学習をさせてやるためにも生活環境を整えてやる事は大切な事だ。批判は当たらない。
→政治を志す若者を収容するために「土地」が必要だから手当てしているまでだ。いざというときは、売却し政治活動を支える「政治資金」とすればよい。見解の相違というか意見が異なるかも知れない。

多分、この種の議論が交わされたものと推量する。
小澤一郎の弁明なんざぁ、クソ喰らえだ! バッキャ・ロウ!ナメんじゃねぇヨォ!

しかし、WiLL2010年3月号の42ページからの "総力特集 小沢秘書逮捕、次は?" 「小沢先生も含め全員逮捕だ」金沢敬 石川議員元秘書 全告白 取材・構成 宇田川敬介 が記した記事は大変興味深い。42Pの記述で

引用開始→2009年3月3日に大久保が東京地検特捜部へ呼ばれた日から、一連の資料隠しが始まったと「金沢」が自ら述べている。(略)←引用終わり

43Pでは、南という弁護士がキーマンとして重要な役割を果たした旨を述べている。

引用開始→ 議員会館でですね、鹿島、西松、西松の政治団体の名刺、あとは、ゼネコンからの陳情ファイル、鹿島から貰った胆沢ダムのファイルもありましたからね。こういうものをですね、石川の黒いナイロン製のボストンバッグに隠した。←引用終わり

石川や、浜の眞砂は尽きるとも、世に収賄の種は尽きまじ!

石川の元秘書が、昨年の春に起きた事象について、当事者以外が知る事の出来ない事を述べている。事実の確認と検証をした方がよい。
小澤のウソなど、直ぐにバレるし吹き飛んでしまうハズだ!

そして「衆議院議員の資産公開」に伴い報じられた事実は、
小澤一郎は「預貯金ゼロ」という事実であった。

少なくとも、公党の幹事長として表舞台に姿を見せなくとも、国政の重要なポストを占め政治を差配する人物が、多額の現金を自宅に保管していると平然と「嘯(うそぶ)き」、銀行制度および銀行の機能を全く信用していないと放言する言動はいかがなものか。

日本の国民はこの事実を、真剣かつ真面目に考えて見よ。

方や、「外国人参政権」を平然と推進しようという「売国政治家」である。
こんな野郎の我が儘をどこまでいつまで許すのか?
日本の国体を平然と破壊する試みを繰り返す「売国政治家」の存在は許されるのか?

配下の衆議院初当選「喜び組」140人を含め600人を率い、叩頭外交されに呆中し胡錦涛へ「媚びを売り、魂を売り、国を売る」野郎を許してよいか?
小澤一郎という存在は、日本で許されるのか否か、
建国記念日に問い糾しておく。
冷静に検討頂きたい。

打倒!小澤一郎!
不逞の輩「小澤一郎」を政界から永久追放しよう!
圧倒的な議論で、政治家としての息の根を止めるべきと考える。
併せて、日本から追放しよう!
チャン・チャン・コロ・コロ、転んで行けよ!
行き先は言わずと知れた「チャン・チャン・コロ・コロ」だろうナぁ~!

引用開始→ 小沢幹事長の公開資産、今回も「預貯金」ゼロ
(2010年2月8日11時13分  読売新聞)

衆院は議員480人の「資産等報告書」を8日公開したが、民主党の小沢幹事長は1993年の公開制度開始以来、預貯金を「ゼロ」と報告する例が多い。

小沢氏は1月23日の記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で同会が04年に土地を購入した原資4億円について、「自分個人の資産を貸し付けたものだ」と説明した。

具体的には、〈1〉1989年に銀行口座から引き出した2億円〈2〉97年12月に銀行の家族名義の口座から引き出した3億円 〈3〉2002年に銀行の家族名義の口座から引き出した6000万円――を挙げ、これらの資金から原資を捻出(ねんしゅつ)したと説明した。

小沢氏はこの資金を金庫に保管していた、としている。資産公開では、現金や普通・当座預金は公開対象となっていないため、報告書ではこうした事情を読み取ることはできない。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« JALの争奪戦は、ワンワールド残留で幕を降ろす 当然の結果だ! | トップページ | 小澤一郎の政治資金疑惑、ワクワク、ゾクゾク、止まる処を知らず! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JALの争奪戦は、ワンワールド残留で幕を降ろす 当然の結果だ! | トップページ | 小澤一郎の政治資金疑惑、ワクワク、ゾクゾク、止まる処を知らず! »