« 「民主党らの内閣」オッチョコチョイの官房長官、コブタ幹事長、「日本相撲協会」を敵視! | トップページ | 「民主党」にレッドカードを!「調査データ」の数字は素晴らしい傾向だ!もっと減少させ追い払おう! »

2010/07/09

目覚めよ「日本」! 中国に買い進まれる日本!「国債」と「日本企業」が買い叩かれている。

やがて中国に支配される日がくる!
目覚めよ「日本」!
目覚めよ「日本人」!

一番面白くない記述である。
腹立たしい記述である。
クソッタレな記述である。

抑えきれない怒りを伴う記述である。

遂に、中国が「日本国債」の第2の保有国になったとか?!

コクチントォのヤカマシ・カメ、この事実をよぉ~く見よ!
既に、日本は中国に買い進まれているんだよ!

国まで買い進まれちゃって、お終いじゃないか。

何が「日本の国債は、日本国内の資金で買い支えられ自国内で消化している」って、話の根拠はどこにあるんだ?示してみろぉ~い!

中国(漢民族)が、絶対に許せないのは、「日本(日本人)」と「満州族(女真族)」である。
従って、旧・満州は遼寧省、吉林省、黒竜江省に内蒙古族自治区の一部に組み入れ、決して満州族には自治など認めないのだ。

なぜかって、満州族は「清」を打ち立て「漢民族」を支配し、様々な困難を押しつけ屈辱を強いた。
「清」は、「中国大陸」を欧米列強による植民地主義の餌食に献上し、中国(漢民族)を奴隷に陥れ国力を急速に貶め、国土を切り売りし植民地主義者に屈した。

挙げ句の果てに、満州族は、憎い「日本人」と手を組み「満州帝国」の建国に手を貸し、中国大陸の分断と植民地化を推進するなど悪行の限りを尽くし、漢民族の栄光に泥を塗り続けた。

従って、満州族は絶対に許せないと考えている。

もっと憎いのは「日本人」だ。
しかし「日本」は海に囲まれているため侵攻するのは難しい。
日本人を組み敷くには、軍事力を強化する必要がある。
何をさておいても「海軍力」を強化し高度化する必要がある。
次に、「飛び道具(弾道ミサイル)」を強化し命中率を高める必要がある。

しかし、放漫な財政支出もあり「財政破綻」で日本は苦しんでいるのだから、この際「買い叩けばよい」と考え、大胆な「日本買い」を進めればよい。

という事で、「日本企業」の買いを進めている。
同時に「日本国債」の買い増しを大胆に進めている。

どうする「日本」?
どう考える「日本人」?
アナタですよ?アナタ?!

いまや日本は「中華饅頭低国」に買い進まれ、着実・確実に見えない形で「中華饅頭低国」に占領され支配され始めている。
間もなく、「中華饅頭低国」からやってくる「中国人」のクソを嗅がされる日が間違いなくくる事だろう。

覚悟しておく方が良い。
これまで、日本は低賃金労働を「中国人技能研修実習生」を導入し扱き使ってきたが、そう遠くない時期に「日本人技能研修実習生」として、「中国」へ低賃金労働者として扱き使われるために出向く日がくる事だろう。

技術的裏付けを保つ競争力と生産力を取り返さない限り、「日本」と「日本人」は「中華饅頭低国」と「中国人」の風下に立たされ、キャツらのクソを嗅がされる事だろう。

「中国人」に買われ、買い叩かれる前に、目覚めよ「日本」と「日本人」。

引用開始→「中国の日本買い」は双方にメリット、要塞のような抵抗はやめるべき―中国メディア
(2010年7月7日(水)22時56分配信 Record China)

7日、中国の経済ニュースサイトは、中国企業による日本企業の買収は双方にとってウィンウィンだとして、抵抗感を捨て去るべきだと論じた。比亜迪(BYD)は今年、金型大手オギハラの工場を買収した。

2010年7月7日、中国の経済ニュースサイト・中国経済網は、中国企業による日本企業の買収は双方にとってウィンウィンだとして、抵抗感を捨て去るべきだと論じた。

中国資本による日本企業の買収は今年に入ってからますます勢いを増している。米紙ウォールストリート・ジャーナルは「中国企業が日本企業買収の動きを加速し、『要塞』とまで呼ばれる日本の堅い守りを突破しようとしている」と報道。最新の例として、中国国有の大手金融グループ、中信集団(CITIC)傘下の企業が強化段ボールの「トライウォール」を6550万ドルで買収した件を紹介した。このほか、山東如意科技集団がレナウンを、比亜迪(BYD)が金型大手オギハラの館林工場を買収するなど、「中国の日本買い」は今年に入ってからすでに18件を数えており、早くも09年通年の数字と並んだ。

これまでは中国企業を傘下に収める立場だった日本企業は、こうした逆転現象に相当な危機感を募らせている。記事は、日本メディアが「国の安全が危機にさらされている」といった論調で報じていることに対し、「中国企業が先端技術を得るメリットだけでなく、日本企業が経済的苦境から抜け出す助けにもなっている。双方にとってウィンウィンだ」と反論。日本企業は外国企業に対する「要塞」のような抵抗を改めるべきだと主張した。(翻訳・編集/NN)←引用終わり
Copyright © 2010 All rights reserved.
Copyright(c) NIFTY 2010 All Rights Reserved.

引用開始→ 中国が日本国債の第2の保有国に、今年に入ってから急拡大―中国メディア
(2010年7月7日(水)20時45分配信 Record China)

7日、中国共産党系メディアは日本メディアの報道を引用し、中国が日本国債の第2の保有国になったと報じた。

2010年7月7日、中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は日本メディアの報道を引用し、中国が日本国債の第2の保有国になったと報じた。

記事は、6日付日経新聞(電子版)が「中国が今年に入ってから日本国債への投資を拡大。1-4月の累計は5410億円に達し、05年通年の額を上回った」と報じたと伝えた。中国の09年の証券売買は800億円の売り越しだったのが、一気に動き、4月の時点で中国の日本国債保有高は英国に次ぐ世界第2位となった。日本国内ではこの動きは今後もさらに続くと見られているが、上海師範大学の孫茂輝(スン・マオホイ)主任は「規模はそれほど大きくはならない」との見方を示した。

中国紙・国際金融報は複数のアナリストの話として、中国政府は外貨準備の運用先を多元化させる狙いがあると報じた。今回の日本国債の買い増しは期間1年以内の短期債が中心だという。中国の国家外為管理局は「中国は責任のある長期投資家として、外貨準備の投資先を常に分散化するという原則を貫いている。欧州市場は今までも現在も、そしてこれからも主要な投資先の1つだ」と改めて強調した。(翻訳・編集/NN)←引用終わり
Copyright © 2010 All rights reserved.
Copyright(c) NIFTY 2010 All Rights Reserved.

|

« 「民主党らの内閣」オッチョコチョイの官房長官、コブタ幹事長、「日本相撲協会」を敵視! | トップページ | 「民主党」にレッドカードを!「調査データ」の数字は素晴らしい傾向だ!もっと減少させ追い払おう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「民主党らの内閣」オッチョコチョイの官房長官、コブタ幹事長、「日本相撲協会」を敵視! | トップページ | 「民主党」にレッドカードを!「調査データ」の数字は素晴らしい傾向だ!もっと減少させ追い払おう! »