« 2011年の「福袋」商戦を眺めてみると | トップページ | 日本は、ベトナムの宇宙開発への支援参入を決定! »

2011/01/05

2011年、日本の政治の「信」を問う! 民主党は答えられるか!?

日本と日本人は、「財政破綻」を目前に、目覚めるのか、目覚めないのか?

2011年は、真正面から問われる年である。本当に「目覚めなければ」、忍び寄る「国家破綻」は避けられない。
2011年度末には、債券合計が900兆円に達するワケで、これは何年も前から分かりきった事実である。
既に、10年も前から2010年~2012年に債券合計900兆円を突破する予測がなされ、GDPを考慮し警告され続けた。(GDPと税収また長期金利の変化もあり確定不可能だったが)
それでも国の2011年度当初予算は、税収を上回る赤字国債の発行を前提に組み立てられている。しかも、法人税の5%減税も上程され、確たる政策もないまま、いわば「破れかぶれの予算」というほかない。

行政とは「無駄の制度化」に過ぎない。行政とは何よりも公然と「無駄を制度化」する事である。
従って、行政に無駄をヤメロというのは「行政をヤメロ」というに等しいことである。
行政官僚は、「無駄を制度化する過程で、業との間に、融通無碍の仕組みを構築する」のが仕事である。それは自身の保険でもある。それを「政治家」が仲介する事で「政官業」の構造が成立するのである。
そのために、政策ごとに屋上屋の「外郭組織」が誕生し、政策遂行に必要な2倍から3倍の費用(税金投入=喰い扶持)が生じるのである。それを「行政の無駄」、「政策の無駄」というのだ。
「コラコラコラム」は、これらを総称し「霞ヶ関」は「シロアリの巣」と看破するのである。

この仕組みを創り上げたのは、何を隠そう「田中角栄」である。
いまもこれを死守しようとするのが、「小澤一郎」であり、小澤一郎的体質の「旧い自民党」の「こぼれ与太議員ドモ」である。(現在の「自民党」には、それだけの剛腕はない)
そのために、小澤一郎は様々な「神話」を準備して対処するのである。
そのお零れに与したい「小澤一郎幻想亡者」の議員ドモが160人~120人が憐れにも世田谷は深沢(小澤一郎宅)詣でに励み、ご当主から直接「共同幻想」の説教を有り難く拝受するのである。(アホ~のマスゴミは、小澤一郎の怒りを恐れ、呼ばれると尻尾を振り振りワンワン吼え出向くのが正月の定番というか恒例行事だ)

民主党は、2009年の衆議院総選挙で、国家予算の枠組みを「ゼロベース」で組み替えると豪語した。
さて、「ゼロベース」で組み替えることに成功したか?
果たして、2011年度当初予算は「ゼロベース」組み替え途上の「経過措置予算」だと説明できる内容であろうか?

基本的な「所得政策」、「社会政策」、「産業政策」、「通商政策」、「外交政策」、「安全保障政策」を欠落させたまま、政権に就くことだけが目的だった民主党の政策は、整合性を欠く単なる「バラマキ」に終始しただけではないか。

究極のアホ~政策を挙げれば、
①「子供手当」は朝令暮改に過ぎない。だから、「児童手当」を推進した公明党は、この点を理由に賛成の姿勢を見せている。(何をか況やである)
②「高速道路無料化」に固執するバカ丸出しの川内博史議員、世論に背を向け、未だに憐れで幼稚な主張を繰り広げている。
*「高速道路無料化」は、新年度中に、普通車は終日「上限2000円」になるらしい。
*しかも、統一地方選挙とゴールデンウィークが終わった後に実施という事らしい。
  (国民を愚弄して余りある)

消費税 ”5%を10%” へというテーマが避けられない状況になった。
税制を議論するなら、「所得税」、「地方税」、「社会保険」の担税能力を考え、「生涯担税力」と、そのための「社会政策(=社会契約)」および所得を支える「労働政策」=「産業政策」を含めて議論する必要がある。
移行期における若干の混乱や犠牲が生じるのは仕方がないとしても、永久に固定化されるような状況を産み出してはならないけれど。

以前から指摘されてきた問題の一つに、「TAXイーター」と「TAXペイヤー」の不均衡がよく議論される。
この整理は必要だ。
だからと言って「TAXイーター」を社会的に放置できないのも一方の事実だ。
「社会的な自覚」を持たせる事が何よりも重要な事だろう。勝ち馬に乗る側が「エラそうに利いた口で『切り捨て』を語る事ではない」ようにも考える。

「基礎教育」と「産業教育」の充実が求められる。
「教養教育」と「技術教育」の拡充も不可避となった。
現在の「学校教育」とりわけ、いま「中学教育」と「高校教育」は殆ど機能していない。
「教育」の原点は「家族」にある。次が「地域」と「学校」である。
「教育」は「思考する力」と「人としての躾」があり、「秩序の体得と社会での位置付け」が基本と考える。
基本を欠落した「親」とその「子供」を教育するには、「親」の再教育と「子供」の教育を同時に進める以外に方法がないように考える。
いずれも「社会の約束事(=秩序)」を学ばせる事が最重要テーマだ。

「(自らの)責任と(社会的な)辛抱」について、どう考え、どう教えるのか?
いま「最も『欠落』している事」ではないか。
最低限の「秩序」は辛うじて保たれているが、いつも「崩壊の危機」と隣り合わせだ、チョッとした事が大きなトラブルの要因になっている。
従って、弱体な相手と見るや嵩に着て居丈高なモノ言いや攻撃的な行動に出る。

日本は素晴らしい国であるにも関わらず「社会的不安」を内包している。
それぞれの国民の目前に立ちはだかる「漠然とした不安」や「信頼の欠如」が遠因し、やや「粗暴」になり「社会不安」に陥っているように見えるのは穿った見方といえるだろうか。

「政治」は、これら連綿と続く「社会不安」に具体的な形で「何も答えない」まま、20世紀末から21世紀初頭にかけ、無為に20年の歳月を経過させた。
それは「無責任」そのものではないか。

国家予算を「ゼロベース」で組み立てると豪語した民主党は、2011年度当初予算の組み立てで、茶番の「事業仕分け」などじゃなく「ゼロベース」を断行して見せて貰いたかった。
民主党は、その覚悟も決意も欠いていた。
できなかった理由は、つまり根本的な「国家観」を欠いているのだから致し方なしと言うほかナイのだが。

日本と日本人は、「いま、そこに迫る危機」に立ち向かうためにも、「目覚め」なければ、日本という国が崩壊する事を弁知する必要がある。

そのために、「何を捨て」、「何を辛抱し」、「何を伸ばし」、「何に集中」するのか、いま改めて問い直す事が求められているのではないか。

日本人は、外国の勢力に酷薄な支配を受けた経験がない。
何を失うかといえば、何よりも「基本的人権」を失うのである。その最たる例は、支配者が戦争を始める時、真っ先に消耗品の最前線兵として招集され無慈悲な殺戮の現場へ追い立てられるのは、植民地で徴兵された兵である。

何よりも、
①日露戦争で、ロシアが動員した最前線の消耗兵力は、ポーランド人(兵)、ウクライナ人(兵)、フィンランド人(兵)である。
②第一次世界大戦でフランスに動員された最前線の消耗兵力は、ベトナム人(兵)、アルジェリア人(兵)であった。
③中国がベトナムへ突然侵攻した「中越戦争」で、中国が動員した最前線の消耗兵力は、内蒙古自治区、新疆ウィグル族自治区、チベット族が多い各省・自治区、東北三省で徴兵された「非漢民族」の「命の値段が安い」兵士であった。

*「中華饅頭低国」の「東海省」に堕するのか?
*「オソロシア」の「極東シベリア太平洋州」に堕するのか?

2011年は、まさに「救国」の年である。
民主党が、この危機に際し、過去の戯れ言を自ら自己批判し、求められる国家観を示した上で「救国」に舵を切るなら許せる点もある。
それに背を向け、ダラダラ~と、無意味な政治を続けようとするなら「打倒」の対象に過ぎない事を、改めて指摘しておきたい。

|

« 2011年の「福袋」商戦を眺めてみると | トップページ | 日本は、ベトナムの宇宙開発への支援参入を決定! »

コメント

【この2年間で起こったたった一つのことは、古い自民が嫌悪されたこと=保守の分裂自滅=自民の世代交代失敗】(7)若い世代を投げ捨てる組織は、自らの未来を捨てている組織である!若い世代を取り込めない保守は滅びる。
 この2年間で起こったたった一つのことは、民主に魅力が増したわけでも、民主が成功したわけでもない(民主はもとからあの低レベルなのである)。
 古い年寄り自民が、もう国民から嫌悪され愛想つかされていること!そして自民党が若返り(世代交代)に失敗したため、若い保守と老人保守に二分裂したこと・・これである。
 自民よ!政権交代がおこった理由は、全然解決していないぞ!自民の分裂のおこぼれを民主が拾ったにすぎぬ。自民が否定されたということ。国が滅びるのに、自民に回帰がない。有権者はもはや昔の有権者ではない。21世紀の有権者である。若者と団塊の世代なのだ。古い自民は永遠に否定されつづける。新しい、若者の自民党に脱皮しろ。
(証拠)民主が史上最悪の政権なのに、内閣が倒れない。
(証拠)民主支持が下がる→しかし自民が上がらない→みんなの党が上がる(10%)。
 分裂は弱さであり、敗北である。
 若い人脈を取り込まない限り、自民は実は復活しない。このたった一つの事実を自民は直視せよ!
 保守が分裂・分断すれば、保守はほろび、国が滅ぶのだ!
 若い政治家、若いグループを取り込み、世代交代をはかれ。そうしないと、若いグループを民主に奪われるぞ。
 ◎大阪府連会長は即刻辞任しろ。
 ◎そして総裁は後進に譲れ。老醜をさらしてしがみつくな、醜いぞ!国を守る気持ちがあるなら、世代交代し、総裁交代せよ!
→ 自民党よ誤解するな!自民を愛するが故にあえて言うのだ!
  若い世代を投げ捨てる組織は、自らの未来を捨てている組織である!
【1】それでも政権交代して良かったですか(日経クイックVote第37回)より(日経2010/12/27)(1)昨年の衆院選後の自民党から民主党への政権交代について、いま振り返ってあなたはどう評価しますか。→良かった52%!
【2】自民も愛知でプチ激突? 谷垣執行部の調整力の弱さ露呈(産経2011.1.6)・・・愛知県知事選(2月6日投開票)をめぐり、自民党内の内紛が深刻化している。・・・自民党に離党届を出し、出馬を決めた大村秀章衆院議員(50)を支持する中堅・若手が猛反発しているからだ。・・・「自民党は改革意欲に欠けているのではないか! 民意をしっかり受け止めていないのではないか!」・・・6日午後のJR名古屋駅前。大村氏の街頭演説にかけつけた菅義偉元総務相は、大村氏の改革姿勢をたたえ、激しい執行部批判を繰り広げた。演説後は記者団に「今後も大村氏を支援する」と断言した。菅氏は、大阪府での「大阪維新の会」の動きに続き、大村氏と河村たかし名古屋市長が連携する愛知県での動きはさらに広がると踏む。周囲には「この動きと連携しなければ次期衆院選で自民党は都市部の支持を失い、政権奪回できない」と打ち明けてきた。河野太郎前幹事長代理も昨年12月に名古屋入りし「愛知県民の選択がこの国の将来を変えていく」と大村氏支持を訴えた。これを受け、党執行部は党紀委員会が決めた大村氏への除名処分を先送りし、県連が擁立した重徳氏の推薦も見合わせた。・・・(中略)・・・だが、自民党などの事前調査では、大村、河村両氏は圧倒的な優勢を誇る。ここで党執行部がかじ取りを誤れば、手痛いしっぺ返しに遭う可能性もある。
【3】公明は大村氏を支持 愛知県知事選で(産経2010.12.22)

投稿: 【この2年間で起こったたった一つのことは、古い自民が嫌悪されたこと=保守の分裂自滅=自民の世代交代失敗】(7) | 2011/01/07 04:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年の「福袋」商戦を眺めてみると | トップページ | 日本は、ベトナムの宇宙開発への支援参入を決定! »