« au revoir Viet Nam. さようならベトナム!Tam biet!日本チームは、ほぼ敗北! | トップページ | 宇宙急便「こうのとり2号」打ち上げ成功を祝す! »

2011/01/21

おぉ~!JALの鶴丸が復活するという!当たり前だろう!

日本の国旗は「日の丸」である。
JALは「鶴丸」である。

世間には様々なロゴマークが存在するけれど、JALの「鶴丸」ほど、高貴で完成領域にあるデザインは数少ない。
国旗「日の丸」と日本の野鳥を象徴する「鶴」を巧みに組み合わせた美しいロゴマークだ。
どこの国のどの空港に駐機しても、一目でJALだと分かる。

JALの「鶴丸」 ”とらえもん”には想い出深い、いくつものシーンがある。

1985年、御巣鷹山へJL123(JA8119)が墜落事故を起こし、それ以降「鶴丸」のJALの文字が変更され、ダイナミックさを失ったのも悲しい想い出だ。
更に、今日の現況を抱え込む事になったJASとの統合により、「鶴丸」はピリオドを打たれ、実に下らない「アークマーク」に変更された。

いかに理屈をつけてみても、「アークマーク」なんて、潰れてしまった「ノースウェスト」みたいじゃないか。
軍用機じゃあるまいし、そんなのダメだよ!

復活させる「鶴丸」は、最初の頃からのラインに近いようでイイねぇ。
斜体のロゴタイプがイイ。

2011年4月1日を期に、JALは復活の翼になるって決意もイイねぇ。

縮まっちゃダメですよ!縮まっちゃぁね!
苦しくっても、JALは、日本の経済を引っ張ってきたんだからネ!

引用開始→「原点、初心のシンボル」 日航、“鶴丸”マーク復活を発表
(産経MSN2011.1.19 16:35)

日本航空は会社更生法の適用を申請して1年の節目を迎えた19日、「鶴丸」の愛称で親しまれ、2008年から使用をやめていたロゴマークを4月1日から復活させると正式に発表した。日航は今年3月末に更生手続きを完了する見通し。デザインを一新した新しい鶴丸を“再浮上”のシンボルに位置づける。

新しいロゴは、赤いツルが空を舞う姿をモチーフにした鶴丸を受け継いだもので、「JAL」の字体を改めた。日本らしいおもてなしの心を込めたという。

大西賢社長はこの日の記者会見で、「過去への回帰や復古調の印としてでは決してない。日航の原点、初心のシンボルだ。“再生”ではなく、新生JALをつくっていくという思いを込めた」と述べた。

旧ロゴは機体の尾翼に描かれたほか、社章に採用されてきた。航空機の塗り替えの際に順次導入する。14年の旧日本エアシステムとの経営統合に伴って現行のロゴを策定したため、鶴丸は次第に姿を消した。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ JAL鶴丸ロゴ復活 ちょっとシャープ、経費安も決め手
(asahi.com 2011年1月20日5時11分)

Jallogomarktky201101200009asahi 日航の新しいロゴ

日本航空は経営破綻(はたん)から1年たった19日、赤い鶴をかたどった「鶴丸」のロゴマークを4月から約3年ぶりに復活させると発表した。長く親しまれた鶴丸を再び掲げ、原点に返って再生を目指すシンボルにしたいという。

鶴丸が登場したのは1959年。国際線の拡張やジャンボ機の運航などで日航が業界のパイオニアだった時代の象徴だ。2002年の日本エアシステム(JAS)との統合を機に現在のロゴに変わり、08年5月を最後に垂直尾翼からも姿を消した。

以前より翼の切れ込みを深くしてスピード感を持たせたという。日航が商標権を持つため、新しいロゴ作成に必要な時間や費用を節約できることも復活の決め手になった。大西賢社長は記者会見で「過去への回帰や復古調の印ではなく、新生JALをつくる思いを込めた」と話した。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« au revoir Viet Nam. さようならベトナム!Tam biet!日本チームは、ほぼ敗北! | トップページ | 宇宙急便「こうのとり2号」打ち上げ成功を祝す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« au revoir Viet Nam. さようならベトナム!Tam biet!日本チームは、ほぼ敗北! | トップページ | 宇宙急便「こうのとり2号」打ち上げ成功を祝す! »