« 日本は、ベトナムの宇宙開発への支援参入を決定! | トップページ | 知事選や市長選は、バカタレント上がりの人気投票ではないぞ! »

2011/01/07

参議院西岡議長の「仙石+菅」批判は尤もだと考える!(しかしながら?)

参議院議長の立場から、
”参議院での「問責決議」をナンと考えるか!?”
との指摘(発言)は、年末に「コラコラコラム」も採り上げた。

しかし、当人ドモは「どこ吹く風」のようである。
どうしてここまで厚顔になれるのだろうか?
「当人ドモ」と記したが「盗人ドモ」と書き表す方が正しいのかも知れない。

西岡議長の指摘は、「いちいち、ご尤も」と言いたいところだが、
①「参議院での問責決議を無視するな」。
②仙石由人+菅直人は「国家観を欠いている」。
③菅直人は「政治・経済政策」に哲学がない。
従って、国を担う資格はない。

という展開(引用参照)だ。

ここまでは賛成である。強く支持する。

この後はカットされているのか、
「小澤一郎の政治資金疑惑」と「参議院の問責決議」を議論するなら、「参議院の問責決議」の方が重い、と間接的に小澤一郎を柔らかく擁護しているのである。

「小澤一郎の政治資金疑惑」は、そもそも政治家として「政治倫理」や「哲学」が、政治家として政治の場に登場する「人としての資格」を問うているのである。
確かに、参議院や衆議院で決議をしたワケじゃない。
しかしながら、それ以前の問題として「政治倫理」は糾されなければならない基本的なというより「原則的」な主題である。

何よりも、自らを「勝ち犬」と考えながらも、平然と「負け犬」の遠吠えを身内を集めて繰り広げ「気炎」を上げているに過ぎない、真に情けなく薄汚いヤロウである。
参議院議長として、まさか小澤一郎を正面から擁護するワケにも行かず、間接的なモノ言いで誤魔化そうとするのも見苦しい限りだ。

少なくとも、永田町クラブから「小澤一郎」、「菅直人」、「仙石由人」、「岡崎トミ子」、「福島瑞穂」、「辻元清美」、少なくともこれらは追放され葬り去られるべきと考えている。

立派な発言を繰り広げるには、正々堂々、論理的整理をされる事も重要ではないか?

引用開始→「菅・仙谷に国担う資格なし」西岡議長が文春に
(2011年1月7日00時50分  読売新聞)

西岡参院議長が8日発売の月刊誌「文芸春秋」2月号に、「菅・仙谷には国を任せられない」と題し、菅首相と仙谷官房長官を厳しく批判する手記を寄稿していることが6日、わかった。与党出身の議長が首相らを雑誌で批判するのは異例だ。

手記では、国営諫早湾干拓事業を巡る訴訟で福岡高裁判決への上告を断念した例を挙げ、首相の言動を「あまりにも思いつきで物を言うことが多すぎる」と非難した。そのうえで、仙谷氏も含め、「国家観、政治哲学を欠いたままでは、国を担う資格なし、と言わざるを得ない」と酷評した。

西岡氏は6日、長崎市で記者会見し、参院で問責決議が可決された仙谷氏について、「信じがたい行動や答弁が随所に見られ、官房長官として不適格だ。議長として参院の権威を守る立場からも、断固として臨む。(内閣改造での他の)閣僚への横滑りは受け入れられない」と述べ、閣僚を辞任すべきだと明言した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 日本は、ベトナムの宇宙開発への支援参入を決定! | トップページ | 知事選や市長選は、バカタレント上がりの人気投票ではないぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本は、ベトナムの宇宙開発への支援参入を決定! | トップページ | 知事選や市長選は、バカタレント上がりの人気投票ではないぞ! »