« 「阪神・淡路大震災」当時のご支援に、16回目のありがとう! | トップページ | 「中華饅頭低国」は、日本を蹴散らし、ASEAN(大陸部)侵食を本格化へ! »

2011/01/18

民主党の邪な4人組はワルダクミを重ね、民主党の沈没泥舟に拍車がかかるワィ!

政権末期の自民党も確かに酷い代物だった。
しかし、民主党の政権運営と言ったら、自民党に比ではない。

某野党の議員秘書いわく
「自民党は確かに『ワル』だった。しかし、自民党は『ワル』でも、約束は必ず守った」。
「民主党は確かに『綺麗事』では『言葉巧み』だ。でもその『綺麗事』も『言葉』も守った事はない」。

「自民党は『ワル』だった。でも『ワル』は『ワル』なりに『ワル』としての仁義を切り、信義を護ることだけはホンモノだった」。
「それに比べて民主党は、誰に何を話せばよいのか、全く不明である。従って、『いま』言った事を『いま』変える事も平気である」。

「こんな政党のこの程度の議員が、日本の政治を差配する資格はない」。
「少なくとも、『政治家』として『信義』は護るべきである」。

新年に「永田町クラブのハウス」で出会った際、「新年の挨拶代わり」で、このように述べた。

最近は、「永田町クラブ」へ出向く事はトンとなくなった。
従って、地獄耳の御仁ドモや廊下鳶と出会うことも急減した。

某省へ、新年の挨拶を兼ねネタを拾いに出向いてみると、年初だというのに「意気消沈」しているワケで、「どうしたの?」と思わず口にしてしまった。
聞けば答えるの体で、「事業仕分け」で滅多切りされたとか。
しかも、質問してくる側は、政策の本質を考えず「財務省=首相官邸=エダノ・コブター+バナナ・レン呆とその仲間達」から仕掛けられ、一方的に断罪される謂わば「人民裁判」の生け贄にされたとの事だった。

ホォ~!ナルホドねぇ!
予算額も大した金額ではないのにねぇ~!

イロイロ様々、全国各地で、この種の怨念や怨嗟が渦巻くのだろうなぁ~!

自民党が政権を担当していた時期に、「事業仕分け」を主張した側としては、いささか複雑な心境でもあったが、のべつ幕なく、何とかの一つ覚えで「事業仕分け」を主張し続ける「エダノ・コブター+バナナ・レン呆」には呆れてモノが言えない。

「人材払底」の国辱政党「眠主党」は、①赤色発煙筒センゴク・マンゴク、②エダノ・コブター(忠実な草履取り)、③フランケン・ロボオカダ、④イッカン・ナットォの「悪の新四人組」が誕生し、とにかくこの「四人組」が毎日毎日寄り集まっては「密室談合」し日本の政治を差配するのだという。

ハッキリ「No!」を突きつけよう。

自民党が、故・小渕恵三元首相の急逝を受け、野中広務+亀井静香+森喜朗+村上正邦が密室で談合し、四人組の中から「森喜朗」が、その気になったとかで後継首相に推したと、先日、村上正邦が日本経済新聞の夕刊紙面で述べていた。

そこから、その瞬間から、自民党の崩壊が始まったのである。
音を立てて崩れ始めた。

追い詰められると、オープンな議論は消え、人払いをした「密室」で諮られ決められるのである。
それを民主主義と呼ぶか否かは、敢えて問うべくもない。
懸命な方には自明のことである。

世論は、敏感である。
世論は、とても素早く、とても鋭く、とても敏感である。
市井の志民をバカにしてはイケナイのである。
愚者愚者珍民も目を覚ますのである。

引用開始→ [内閣改造]政権浮揚不発、民主党内に悲観論…本社世論調査
(毎日JP2011年01月16日13時11分)

菅直人首相が「最強の態勢に」と意気込んだ内閣改造は政権浮揚効果に乏しく、毎日新聞が14、15日に実施した緊急世論調査の内閣支持率は29%にとどまった。社会保障と税の一体改革を担う与謝野馨経済財政担当相の起用は「評価しない」が過半数を占め、枝野幸男官房長官の評価も二分。24日召集の通常国会へ向け、自民党は「与謝野氏問責」もちらつかせて攻勢をかける構えで、11年度予算案審議の行方はさらに混とんとしている。【平田崇浩、中田卓二】

「内閣改造した結果を若干でも前向きに捉えていただいていることはよかった」。福山哲郎官房副長官は15日、内閣支持率が5ポイント上がったことを前向きに評価した。菅首相は同日、福山氏らを首相公邸に呼び、通常国会の施政方針演説では社会保障と税の与野党協議を呼びかけることを確認した。民主党の岡田克也幹事長らには「丁寧な国会運営で分かりやすい議論の場をつくってほしい」と指示した。

首相が年頭に「政治的な生命をかける」と発言したのが社会保障と税の一体改革。その具体化を与謝野氏と元財務相の藤井裕久官房副長官に託した。藤井氏は15日、NHK番組で「仮に消費税(引き上げ)をやらせていただくときには(世論の)納得がなければいけない」と強調した。

しかし、世論調査では民主党支持者でも4割近くが与謝野氏の入閣を評価しておらず、党内には与謝野氏の増税色に対する懸念もくすぶる。与謝野氏の古巣、自民党とたちあがれ日本も反発を強めており、与野党協議についても「できるわけがない」(民主党幹部)との悲観論が広がった。

もう一人の目玉閣僚、枝野氏は仙谷由人前官房長官の「脱小沢」路線を引き継ぐ役割を担う。世論調査では小沢一郎元代表に強制起訴時の離党を求める声が77%に達し、菅首相は離党勧告も辞さない構え。しかし、枝野氏起用の評価も期待したほどではなく、小沢グループからは「(菅首相と岡田、仙谷、枝野3氏の)4人組でたらい回ししているのを国民は見抜いている」との批判もあがる。

結局は「国会審議のとげを抜く『問責改造』。最強の布陣なんかじゃない」(若手議員)。野党の「問責カード」に対抗しようにも、支持率が上がらなければ「衆院解散カード」は使えない。枝野氏は15日のBS朝日の番組で「解散・総選挙は全く考えていない」と言い切った。

「(改造は)失敗だった。これから大変だぞ」。民主党の参院幹部は予言した。

◇野党攻勢、与謝野氏に照準

「与謝野氏が菅政権のネックになる」。自民党幹部は15日、通常国会で与謝野氏に照準を合わせて政権を追及する考えを示した。同日のTBS番組では、山本一太参院政審会長が「個人的に言うと最初から問責を出したい」と与謝野氏に対する問責決議案提出にまで言及。野党は勢いづいている。

自民党は、年金改革や消費税率引き上げなどを巡って与謝野氏の主張と民主党の政策の矛盾を突き、閣内不一致をあぶり出す戦術を検討。自民党時代に民主党マニフェストを酷評した与謝野氏の「変節」や、菅首相の任命責任も問う構えだ。

石原伸晃幹事長は15日、東京都内で記者団に「信頼関係を放棄した人(与謝野氏)が先頭に立ってもだれもついていかない」と述べ、社会保障と税の一体改革に関する与野党協議に応じない考えを明らかにした。

野党は次期衆院選を「できるだけ早く行うべきだ」との回答が49%に上ったことにも強い手応えを感じている。自民党の谷垣禎一総裁は談話で「国会では問題点を厳しく突き、(衆院)解散・総選挙に追い込みたい」と強調。公明党の山口那津男代表も「常在戦場の気持ちを強く持っていく」と語った。与謝野氏を一本釣りされたたちあがれ日本の園田博之幹事長は「菅内閣ではだめだということ。徹底的に追及したい」と対決色を強めた。

ただ国会での与野党対決を支持する意見は30%にとどまり、強気一辺倒では逆に野党が世論の批判を浴びかねない。自民党幹部の一人は「一喜一憂しない。これからだ」と語った。←引用終わり
Copyright 2003-2011 THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

|

« 「阪神・淡路大震災」当時のご支援に、16回目のありがとう! | トップページ | 「中華饅頭低国」は、日本を蹴散らし、ASEAN(大陸部)侵食を本格化へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「阪神・淡路大震災」当時のご支援に、16回目のありがとう! | トップページ | 「中華饅頭低国」は、日本を蹴散らし、ASEAN(大陸部)侵食を本格化へ! »