« 小笠原諸島、「世界自然遺産」登録決定を喜びたい! | トップページ | 南シナ海の波風は収まるか? 中華饅頭低国は、米国の介入に強く反発するだろう »

2011/06/26

「平泉」もユネスコが「世界文化遺産」登録を決定!

文化財や自然遺産は「人類共通の遺産」だと考える。
その意味で、「平泉」の奥州藤原氏が築いた様々な「仏教文化」が世界遺産としての認定を受けた事を素直に喜びたい。

本当によかった。
「文化力」は何よりも大切なパワーだ!

「経済」が「文化」を創造するのではなく、「文化」が「経済」を創出すると捉える "とらえもん" や "まるでのうそまろバカセ" は、傲岸な態度をとりたがる隣国の野蛮な国に対しては挑発的な言論を繰り広げるが、実際は「争いなど起きない方がヨイ」と考えている。
争いを未然に防ぐ力は「文化力」もその一つだと考えている。
世界に類を見ない優れた「文化遺産」や「自然遺産」を保持するのも優れた「文化力」であるといえる。

「平泉」は「浄土の世界」を顕したとされている。
杜に囲まれた「平泉」で瞑想に耽るもよし、「美術」「芸術」として「平泉」を鑑賞するもよしである。

ある(奥州藤原氏の)時期における日本人の精神世界というか宗教(浄土)観を能く顕している。

それだけに、前回、選外になった事を無念に思っていた。
この度、「平泉」が「世界文化遺産」指定の決定を受けた事は、本当に嬉しく思う。

ここで、主要報道各社が報じた「平泉」の「世界文化遺産」決定を羅列的に引用紹介しておきたい。
報道を比較する事により記事作りについて興味深い事実も発見できるかも知れない。

引用開始→ 世界文化遺産:「平泉」の登録決定 ユネスコ
(毎日新聞 2011年6月26日 0時57分)

フランスのパリで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は26日(現地時間25日)、日本が再推薦した「平泉」(岩手県平泉町)を、世界文化遺産に登録することを決めた。

前日に世界自然遺産への登録が決まった小笠原諸島(東京都小笠原村)に続く快挙。日本の世界文化遺産としては、07年の「石見(いわみ)銀山遺跡とその文化的景観」(島根県大田市)に続き4年ぶり12カ所目となった。

岩手県は東日本大震災で極めて大きい被害を受けただけに、世界遺産となる「平泉」は被災地復興のシンボルになりそうだ。←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

引用開始→「平泉」世界遺産登録決まる 国内で16件目
(asahi.com 2011年6月26日0時51分)

パリで開かれているユネスコ世界遺産委員会は25日(日本時間26日未明)、「平泉」(岩手県)を世界文化遺産として登録することを決めた。「平泉」は2008年の委員会では登録が見送られており、今回が2回目の挑戦だった。

国内の世界遺産としては24日に登録が決まった小笠原諸島を含め16件目で、文化遺産では12件目となる。

「平泉」は平安時代末期に奥州藤原氏が建てた寺院や庭園などで構成されている。普遍的意義を持つ「浄土思想」との関連があり、仏教と日本の自然崇拝が融合し、日本独自の庭園である点などが評価された。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

引用開始→「平泉」世界文化遺産に登録…東北では初
(2011年6月26日00時51分  読売新聞)

【パリ=三井美奈】パリで開かれている国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は現地時間の25日、日本が推薦した「平泉」の文化遺産(岩手県平泉町)について、中尊寺など6か所のうち、柳之御所(やなぎのごしょ)遺跡を除く5か所を世界遺産に登録することを決めた。

国内の世界文化遺産としては、2007年の「石見銀山とその文化的景観」(島根県)に次いで12件目で、東北では初めて。自然遺産を含めると、24日に決まった小笠原諸島(東京都)を含め16件となる。

「平泉」の文化遺産は、東北地方に栄えた奥州藤原氏が12世紀に造営した寺院や庭園など。ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議」[ICOMOS(イコモス)]は5月の勧告で、奥州藤原氏の居館跡である柳之御所遺跡については、「浄土思想との直接的な関連性の点から、顕著な普遍的価値の一部をなすものとは認められない」などとして構成要素から除くべきとしていた。また、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の遺産名についても、考古学的遺跡群の部分を削除するよう求めていた。この日の世界遺産委員会では、勧告通りの登録が適当とされた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 平泉、世界文化遺産に決定 東北初、震災復興に励み 対象絞り、再挑戦実る
(産経MSN2011.6.26 00:55)

フランス・パリで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第35回世界遺産委員会は26日、日本政府が推薦した「平泉の文化遺産」(岩手県平泉町)を、世界文化遺産に登録することを決めた。

平泉は平成20年の遺産委で登録が見送られ、「浄土思想」を軸に金色堂で知られる中尊寺など対象を絞り込み、再挑戦していた。東北初の世界文化遺産になる。

日本からの文化遺産登録は19年の「石見銀山遺跡とその文化的景観」(島根県大田市)以来。日本の世界遺産は、今回の遺産委で自然遺産登録が決まった「小笠原諸島」(東京都)と合わせ、文化遺産12件、自然遺産4件の計16件となる。

平泉は平安時代に奥州藤原氏が築いた寺院や遺跡群。政府は18年に中尊寺など9つの構成資産を一体として登録推薦したが、ユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が大幅な見直しを求め「登録延期」となった。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 平泉、世界文化遺産に決定 東北初、震災復興に励み
(2011/06/26 01:31 【共同通信】)

フランス・パリで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第35回世界遺産委員会は26日、日本政府が推薦した「平泉の文化遺産」(岩手県平泉町)を、世界文化遺産に登録することを決めた。遺産委は「世界遺産にふさわしい顕著で普遍的な価値がある」と認定、登録の要件を満たすとした。

平泉は2008年の遺産委で登録が見送られ、「浄土思想」を軸に金色堂で知られる中尊寺など対象を絞り込み、再挑戦していた。東北地方では初の世界文化遺産で、東日本大震災からの復興を目指す被災地の人々の励みとなるとともに、観光振興などでもプラス材料となりそうだ。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2010 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

引用開始→「平泉」 世界遺産に登録決定
(NHK On line News 2011年6月26日 1時27分)
岩手県の中尊寺などの寺院と周辺の遺跡からなる「平泉の文化遺産」について、ユネスコの世界遺産委員会は、さきほど、世界遺産として登録することを正式に決めました。

これで、日本の世界遺産は「小笠原諸島」を含めて合わせて16件となり、文化遺産としては12件目となります。「平泉の文化遺産」は、世界のほかの仏教圏では見ることのできない芸術作品であり、顕著な普遍的意義があるとして日本政府が世界遺産に推薦し、ユネスコの諮問機関「イコモス」も、先月、一部の遺跡を除外することを条件に「世界遺産に登録することがふさわしい」とする勧告をまとめていました。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« 小笠原諸島、「世界自然遺産」登録決定を喜びたい! | トップページ | 南シナ海の波風は収まるか? 中華饅頭低国は、米国の介入に強く反発するだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小笠原諸島、「世界自然遺産」登録決定を喜びたい! | トップページ | 南シナ海の波風は収まるか? 中華饅頭低国は、米国の介入に強く反発するだろう »