« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/29

事情により更新していません!

「コラコラコラム」は、管理人、執筆人、協力者、そのいずれもが海外出張中です。

それぞれの滞在国において提供を受けるインターネット環境と日々のスケジュールの過密もあり、更新する事が適いません。

それぞれが、日本国内あるいは海外における報道を選び、記事に対する感想や意見を表明する方法を採用しています。
過密スケジュールにより日々の報道記事を検証できません。

このため、次月5日までスレッドの更新を一時停止致します。
時差の壁を大いに知らされた次第です。

| | コメント (2)

2011/07/27

裏切り訪朝計画! 笑止千万、全く茶番、アッと驚くバッカン・ダメゴロォ!

バッカン・ダメゴロォ、さすがに北朝鮮に傭われた工作員(スパイ)と思えるだけの事はアル。

バッカンがダメゴロォなのは分かっているが、ハマグリ・ナカイもゲジゲジヅラで相当なタマだねぇ~!
こんなクッソ野郎が、国家公安委員長ってぇのをヤッテたんだよなぁ~!?
国辱政党「眠主党」ってぇのは、ヤッパ変わった連中の集合体なんだねぇ~。

どうする眠主党?

欠陥商品は、一日も早く市場から引き上げ、製造物責任を取って貰わないとねぇ~!
フランケン・オカダなんて、泣きそうなヅラしてるだけで、実はナニもできない典型じゃないか?
オツムが多少よくって、本郷は赤門大学を出て、通商産業省(経済産業省)へ官僚を志して採用されたとのハナシだけど、中途半端にオツムが良くってもだねぇ、ハラを決めてケンカもできねぇようなクズ野郎はハナシになんないですねぇ~。

バッカンはフランケン・オカダみたいなアマちゃんをナメ切ってるよねぇ。

でぇ、ゴミズミ・ドンイチロォの顰みに倣ってだねぇ、ハマグリ・ナカイを派遣し9月の秘密訪朝計画を探っていたワケだよ。
笑っちゃいますねぇ~。
「笑止千万」ってぇのは、こういうのを指す言葉だナ。
いや、「全く茶番」ってぇのが正解かも知れねぇなぁ。
だから、こちとらもオチャラケで、「アッと驚く、ダメゴロォ!」ってぇ、からかってやろうじゃねぇか。

国民に対する、国家に対する、究極の裏切りだぁ~!

国辱政党「眠主党」は、全力を挙げてバッカンを引き摺り降ろさなければならない。

引用開始→“売国菅”裏切りの訪朝画策「全真相」…これじゃ世界の笑いもの
(夕刊フジ2011.07.26)

菅直人首相が、北朝鮮への電撃訪問を模索し、極秘交渉を指示していたことが分かった。菅首相の意を受けた中井洽元拉致問題担当相が今春以降、北朝鮮当局者と極秘交渉を重ねていたという。菅首相は26日、訪朝検討を否定したが、国民的悲願である拉致問題解決をダシに政権延命を図ろうとする姑息な思惑が見え隠れする。そもそも、この時期の訪朝は自らの外交オンチぶりを披露するだけで、世界中の物笑いになりかねない。

「そうした予定や、準備を進めていることは全くない」

菅首相は26日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、訪朝検討と報じられたことについて否定した。

枝野幸男官房長官も同日午前の記者会見で、「首相、外相、拉致問題担当相に確認したが、『誰がそんなことを検討しているのか』という反応だった。全くの事実無根だ」と述べた。

これが従来の政権ならば、国民も納得するかもしれないが、福島第1原発事故のデータを国民に隠し続け、退陣表明をめぐって前首相から「ペテン師」呼ばわりされた菅首相が率いる政権だけに、とても信用できない。

菅首相や枝野氏が否定せざるを得ない理由もある。

実は、松本剛明外相とクリントン米国務長官、韓国の金星煥外交通商相による日米韓外相会談が23日、インドネシア・バリ島で開かれ、北朝鮮問題解決のため南北会談を優先すると確認したばかり。菅首相がもし訪朝すれば「外交上、大変な裏切り行為」(自民党の小野寺五典外交部会長)となるのだ。

秘密交渉は21、22の両日、中国・長春で、中井氏と北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使との間で行われた。日本側は拉致問題の具体的進展を求め、北朝鮮側は「拉致問題は解決済み」と主張。日朝交渉再開に向けた協議継続では一致したが、具体的進展はなかったという。

注目すべきは、外務省抜きで進められたとされる極秘交渉が発覚した「25日」というタイミングだ。

東日本大震災対策の総額1兆9988億円を計上した第2次補正予算が同日夕に成立している。民主党執行部は、残る2法案について自民、公明両党との協議を進めており、8月末の国会会期末を見据えて、菅首相の退陣Xデーへの圧力を強めることが確実だったのだ。

「党執行部5人組としては、8月末までの新内閣発足を目指してきた。国会日程などを逆算すると、菅首相の『お盆前後の退陣表明』は不可欠だったが、赤字国債の発行に必要な公債発行特例法案の先行きが不透明になっている」(永田町関係者)

ちなみに5人組とは、仙谷由人代表代行(兼官房副長官)を筆頭に、岡田克也幹事長、玄葉光一郎政調会長(兼国家戦略相)、安住淳国対委員長、輿石東参院議員会長。

自民、公明両党の協力を取り付けるため、岡田氏は先週末、2009年衆院選マニフェスト(政権公約)の不備を認めて陳謝したが、「大嘘のマニフェストの片棒を担ぐような、安易な妥協には賛成できない」(自民党の石破茂政調会長)などと両党が反発。公債発行特例法案処理の前提となる、子ども手当の修正協議が難航しているのだ。

民主党ベテランは「報道各社の世論調査で、菅内閣の支持率や、民主党の政党支持率が過去最低まで急落している。自民、公明両党としては、菅首相に解散・総選挙に踏み切らせて、一気に政権奪取を狙っているのだろう」と分析する。

これに対し、下野や落選におびえる民主党内では「菅首相には絶対に解散・総選挙はさせない」という意見が大勢。「反菅」の急先鋒である仙谷氏も25日、「そろそろケジメをつけ、行動に表す段階に来ている」と、改めて菅首相の早期退陣を促した。

このタイミングでの「電撃訪朝模索」の発覚について、自民党閣僚経験者は「政権延命や支持率アップのために動いていたのを、官邸周辺が間違ってリークしたか、マスコミにキャッチされたのだろう。ただ、内政の失敗を外交で補おうとすると、北朝鮮側に足元を見られかねない」と警告する。

そもそも、菅首相や民主党には、北朝鮮絡みのスキャンダルが直撃している。菅首相をはじめ、民主党の国会議員や地方議員の資金管理団体などから、拉致事件で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーを両親に持つ長男(28)が所属する政治団体など3団体に、総額2億496万円もの政治献金がされていたスキャンダルだ。

法的問題をうんぬんする以前に、菅首相や民主党の国家意識や、北朝鮮との不透明な関係が問われており、自民党は「菅首相拉致関係献金疑惑プロジェクトチーム」(PT)を立ち上げ、徹底調査を開始している。

自民党の石原伸晃幹事長は26日午前の記者会見で、菅首相の訪朝検討について、「自らの延命のため、あるいは支持率回復のために外交を利用するならば国益を著しく損ねる」と批判。

公明党の山口那津男代表も「退陣を表明し、国民の信頼が著しく落ちている首相が重大な外交課題について内外の信頼を持って進めることができるのか極めて疑問だ」と指摘した。

こんな外交を続けていたら、世界中からバカにされるだけだ。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

| | コメント (0)

ベトナムの新体制成立を祝す!

今日、27日夜半に訪問(到着)します。

2020年の工業国転換に向けた政策課題を着実に展開する事が何よりも重要な最優先のテーマだ。
工業国へ転換し、着実に途を歩もうとするなら、国を挙げて「中堅技術者」の育成が不可欠だ。
そのための工業実務教育を展開すべきだ。
ベトナムが工業国家へ転換し着実に歩むためには、自前で工業技術者の育成に取り組まなければならない。
何よりも、そのプログラムを制度化する事が求められる。

去りゆく者が「遺言」として伝えておきたい。

引用開始→ ズン首相を再任 越、3首脳体制整う
(産経MSN2011.7.26 18:17)

ベトナム国会は26日、グエン・タン・ズン首相(61)の再任の賛否を問う投票を行い、94%と圧倒的多数の賛成で再任した。国会は25日に知日派のチュオン・タン・サン新国家主席(62)を選出しており、今年1月の共産党大会の際に決めたグエン・フー・チョン党書記長(67)をトップにサン、ズン両氏が続く3首脳体制が正式に整った。

ズン首相の新内閣は8月3日に閣僚の国会承認を経て発足する。経済面で歯止めのかからぬインフレ、外交面では南シナ海の領有権問題をめぐる中国との対立など課題が山積している。

ズン首相は南部カマウ省生まれ。1996年に46歳の若さで最高指導部の党政治局員に抜てきされた。第1副首相を経て、2006年に首相就任、07年にも再任されている。(共同)←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (0)

2011/07/26

中華饅頭低国の技術水準は "さすが" にスゴイ! スゴォ~イぞ! 事故の先頭車両はブッ潰し埋めて知らん顔

まぁ、良い意味でも悪い意味でも、中華饅頭低国っていうモノの本質とまでは言わなくても、本質の一端は大いに見せてくれているように思う。

24日のスレッドにも上げたが、中華饅頭低国ではヒトの「生命」は軽いのである。
とにかく「軽さ」が基本である。
バッカンの発言よりも軽いのである。
交代はいくらでもいるのである。
ナニせ、13億人も抱えているのだから、半分が消えて無くなってもどうって事はないのだ。
農民戸籍の農民は、都市生活者に奉仕するための奴隷である。
奴隷の身分に過ぎぬ者を、チヤホヤして持ち上げるために、とりあえず「人民」という最も胡散臭い名称を用い、称えたフリをする(したがる)のである。

学のない農民は、コロッと欺されるのである。

盗む、恫喝する、開き直り居直る。
隠す、組織を挙げて弾圧する。

「列車事故」で、中華饅頭低国鉄道省という組織が、どのような組織なのか。
「中華饅頭低国」の倫理観というモノがどの程度の奈辺にあるのか。

「中華饅頭低国」大好きの日本の知識人にも、大変良いメッセージになった事だろう。
「生命」のナンと軽い事か?
「倫理観」のナンと低い事か?
「人権」なんて、クソ喰らえでしかない事を!
でも、そのような事は「戯れ言で、寝言である」と言い返すのかな?

オツムの中まで「腐りきっている」から、仕方がないのかも知れない。

そこで「朝日」である。
朝日が珍しく「中華饅頭低国」をからかっている。
例によって、最初だけかも知れないので、スレッド上に記録しておこう。

引用開始→ 居眠り?ATC切る? 中国鉄道事故、人災疑う声
(asahi.com 2011/07/25 20:05)

なぜ、停車中の列車に後続列車が突っ込んだのか――。中国高速鉄道の脱線落下事故で、中国当局は落雷による「天災」を強調しているが、管理や運行のミスによる「人災」を疑う声も高まっている。

最大の謎は、ATC(自動列車制御装置)がなぜ作動しなかったのか。前方列車との間隔などの異常を察知し、自動的に車両を減速、停止させる仕組みだ。

中国鉄道省は「落雷が故障を引き起こした」(王勇平報道官)と強調するが、国内外の専門家は「鉄道には避雷装置があり、雷を逃がす仕組みになっている」(香港理工大学の盧覚強教官)と首をひねる。避雷装置が機能しなければ「中国は平原を走る路線が多く、落雷の危険は常にある。システムを改善しなければ同様の事故が起こる」(盧教官)という。

日本では、ATCが故障すれば一帯の列車はすべて止まる。日本政府の高官からは「ATCを切って手動で走っていたのではないか」との見方すら出る。

当日のダイヤの乱れが注目されている。時刻表だと、追突したD301号が温州南駅に到着するのは午後7時42分。追突されたD3115号より15分早い予定だ。D301号は本来、D3115号の前を走るはずだったとみられる。遅れを取り戻すため、通常と異なる運行を迫られていた可能性がある。

乗客の証言で、D301号は減速しないまま突っ込んだ疑いが強まっている。信号が故障していたにしても、異常を察知できなかったのか。香港メディアからは「運転手は居眠りをしていたのではないか」(明報)との声さえ出始めた。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

引用開始→ 死傷者数混乱 早期幕引き急ぐ当局 揺さぶるネット世論
(産経MSN2011.7.25 19:57)

【温州(中国浙江省)=河崎真澄】中国高速鉄道の追突事故をめぐっては、早期の事態収拾で“幕引き”を図りたい当局側の思惑が鮮明となり、ネットを武器に批判を強める世論とのズレも次第に広がっている。

死傷者の数をめぐっては、中国国営新華社通信の報道と鉄道省の公式発表が食い違う異例の事態となった。

24日午前に新華社電は死者数35人と伝え、さらに同日夜、新たに8人の遺体がみつかったと速報。死者数を43人とした。ところが同日深夜に、鉄道省報道官が記者会見で「私が把握している死者数は35人という数字だけ」と述べて新華社電を事実上否定。また同報道官は負傷者数を192人と発表し、新華社電が伝えていた210人以上との報道も退けていた。

しかし、新華社電は25日午後には、地元当局者の話として死者は38人になったと報じ、被害の掌握をめぐる混乱は続いている。

だが、2本の列車に合わせて1400人前後が乗車し、このうち4両が高さ約20メートルの高架から落下する大惨事。ネット上の調査でも25日夕の段階で、鉄道省発表の死者数の数字について「信じられない」という声が圧倒的に多く、浙江衛星テレビも同日、「(発表された死傷者以外に)行方不明者がまだ多数いるもようだ」と疑念を呈した。

負傷者が30人近く運び込まれた温州第二人民医院で働く女性ボランティアは産経新聞の取材に、「ここで負傷者が24日に3人死亡した」と話し、行方不明の家族や知人を探す人の姿が25日もみられた。

現場では、追突した列車の運転席を含む最前部が土中に埋められたほか、落下した車両の解体や撤去作業が優先されたことに、ネットでは「生存者がいるかもしれない車両を重機で解体した作業は殺人に等しい」などと当局を非難する発言が続々と書き込まれ、「技術的な問題を隠そうとする当局の狙いがあるのではないか」と疑う声も強い。

鉄道省報道官は「先頭車両を埋めたのは危険を回避する緊急措置だった」と会見で釈明したが、事故後わずか1日半で運行を再開したことに、現場検証など事故原因の調査をないがしろにしたとの批判もある。

胡錦濤指導部などトップに対する責任問題への波及や、内政への影響を懸念して事態収拾を急いだとみられる当局側の狙いが、ネット世論に揺さぶられて裏目に出た可能性もある。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (0)

2011/07/25

大相撲名古屋場所、開催から千秋楽まで取り切れてよかった!

日本相撲協会は、昨年の名古屋場所前から、イチャモンをつけられケチがついた。
そして、今年は春場所(大阪)は中止へ追い込まれ、夏場所も開催したものの本場所ではなく技量審査場所とし、興行的には無料招待観覧を貫き、辛い立場を連続的に強いられた。

恒例の名古屋場所も開催を危ぶむ声すらあった。
しかし、それを刎ね除け、日本相撲協会が背水の陣として開催へ漕ぎ着けた。
放駒理事長を始めとする協会員一同の熱意や誠意が、名古屋場所を盛り上げたといえる。

結構、熱の入った取り組みを見る事ができた。

真夏の名古屋場所を無事納めた事を機に、9月の秋場所も成功裏に導いて貰いたい。
それにより大相撲の完全復活が成されるだろう。

見た事もない、観戦に足を運んだ事もない、無責任な者ドモが批判するならさせておけばよい。
何ら、痛痒を感じる事もない。
知りもしない者ドモが、勝手に日本相撲協会を壟断しようなどと試みるのは、「ヘソが茶を沸かす」ワイと言ってやりたい。
組織改革は必要だけど、それは偏に日本相撲協会の問題である。
外野は見守るだけでよい。
それが、ニワカ成金の市場主義者が「相撲興行の利権」を得ようと、一々イチャモンを繰り出し付け入ろうとするのは、チャンチャラオカシイとしか言いようがナイのである。

「エェ~イ、頭が高い、下がりおろう!」と言ってやろう。

引用開始→ 大相撲名古屋場所:千秋楽にやっと「満員御礼」
(毎日新聞 2011年7月24日22時25分)

半年ぶりの通常開催で、ファンの相撲離れが角界全体に突きつけられた。24日、千秋楽を終えた大相撲名古屋場所(愛知県体育館)。魁皇の通算最多勝利記録、白鵬の前人未到8連覇への挑戦、琴奨菊の大関挑戦など話題は盛りだくさんだったのに、「満員御礼」の垂れ幕が下りたのはこの日だけだった。

1958年に始まった名古屋場所。満員が1回しかないのは初めてで、過去最低の2回(69年)を42年ぶりに更新してしまった。約8000人収容の会場は平日は半分ほどしか埋まらず、15日間通じた観客数も7万8000人と、野球賭博で大量の謹慎休場が出た昨年と比べても約1万7000人減った。

15日間の懸賞総数は昨年の242本から542本に倍増したが、盛況時(07~09年は900本超)の6割程度。相次ぐ不祥事や景気低迷に加え、八百長問題で前売り開始が例年より約3週間遅れたのも響いた。

放駒理事長(元大関・魁傑)は「開催されるかも危うかっただけに仕方がない。(満員御礼が)1日でも出て良かった」と前向きに評価。一連の対応策を踏まえ「手前みそで言うわけではないが、力士が(厳しい環境)を自覚しているのか、素晴らしい相撲が増えた」と手応えもにじませた。

取組の終了後、向正面の升席から「場所再開ありがとう」という横断幕が掲げられた。会場で千秋楽を見守った岐阜市の会社員、宮内康徳さん(28)は「数年ぶりに会場で観戦したが、生の迫力は違う。八百長相撲も感じられなかった」と満足そう。場所中、5回来場したという名古屋市港区、土木会社社長、佐藤信男さん(63)も「昔と変わった。無気力相撲が減って、土俵内容が充実していたが、琴奨菊が大関取りに失敗したのは残念」と日本人力士のいっそうの奮起を促した。【飯山太郎、黒尾透】←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

| | コメント (0)

2011/07/24

高速鉄道脱線転落、中華饅頭低国はヒトの「生命」が、何と「軽い」「かるい」「かぁ~るい」事よ!

高地学芸高校の修学旅行生を乗せた列車が上海で衝突事故を起こし、高校生29人が死亡88人が重軽傷を負ったのが23年前の1988年だ。
それから、約四半世紀が経過した。
今度は、列車が追突するという事故で、脱線しうち2両が転落したという。

しかも、川崎重工がJR東海の反対を押し切り輸出したN700系の車両をベースに、徹底コピーし「独自に開発」したと主張する「和諧号」だというから「さもありなん」と思うねぇ~!

まぁ、もともと無茶苦茶「生命の軽い国」だからねぇ~。

中華饅頭低国の正しい国名は「中華人民共和国」だったかなぁ~?
いつも思う事だけど「人民」はいないよねぇ~。
「人民」なんて建前じゃないか。

あるのは「共産党」という呼び方の、権力集団しかないんじゃないか。
中華饅頭低国では、「人民」は「共産党」に奉仕する事が最前提だ。
「共産党」に奉仕する者だけが、その存在を許される。
「共産党」に存在を許された者だけが、生き抜く事ができる。
残りは「ゴミ」に過ぎない。
全てが「ゴミ」である。
従って、「人民」の「生命」なんてモノは存在しない。
単なる「奴隷」である。

まぁ、確かに、イイ加減な思考体系だけは徹底されている。

引用開始→ 速度重視で安全軽視 指摘されていた「危うさ」
(産経MSN2011.7.24 01:00)

経済発展を背景に、急速に広がった中国の高速鉄道をめぐっては、日本などが開発した技術を利用した疑いのある特許申請問題に加え、運行上のトラブルが続発。今回、事故を起こした車両は川崎重工業が技術供与した車両で、「和諧号」と総称されている。営業速度などを重視し、安全面をおろそかにしているとする指摘が日中両国から繰り返されている。

昨年4月にはJR東海会長が、中国の高速鉄道について「安全性を軽視している」と海外メディアのインタビューで発言。中国側が否定していた。

また、中国共産党の創建90周年記念日を前に、前倒しで6月末に開業した北京-上海間を結ぶ高速鉄道(中国版新幹線)では、開業直後から停電や車両の不調などによるトラブルが相次いで発生。中国鉄道省の元幹部が中国紙に対し、「安全よりも(営業速度など)『世界一』を優先させた設定だった」と発言して波紋を広げた。土木工事に手抜きがあったことを指摘する工事関係者もいるという。

運行をめぐる懸念が、大事故として現実化した形だ。

鉄道の安全問題に詳しい安部誠治・関西大教授(公益事業論)は「6月末に開業した(北京と上海を結ぶ)中国版新幹線でのトラブルは、初期故障のような軽微なものでそれほど問題視していなかったが、今回のような事故は正直信じがたい事態。事故原因が追突事故だとすれば、信号故障などで一時的に停車させた列車に後続車が突っ込んだ可能性が考えられるが、いずれにしても日本の新幹線や欧米の高速鉄道などでは追突事故は、まずあり得ない。安全態勢がかなり深刻な状態だと言わざるを得ない」と話した。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (1)

2011/07/23

バッカンは北朝鮮に傭われた工作員(スパイ)じゃねぇのか? 民主党とバッカン打倒のデモが必要だ!

段々っていうか、徐々にっていうか、予定どおりっていうか、期待どおりっていうか、バッカンの化けの皮が剥がされきたねぇ~!
バッカンも、いよいよ追い詰められるねぇ~!
お縄の準備しといた方がイイんじゃねぇかなぁ~?
トビキリ強力なヤツをねぇ~!

投げ縄で引っ括るって、手もあるよねぇ!
一発で仕留めちゃうと、事実が分かんなくなっちゃうから、ヤッパ、投げ縄で引っ括ってサ、生爪を一枚いちまい剥ぐように追い詰めてもらいたいねぇ!

そろそろ東京地検特捜部の仕事だよ。
この件は、ご本人のプライドもあるだろうからサ、密室で取り調べしてイイよ!
録音録画なんてしなくてイイよ。
木刀とか、鞭とか、攻め道具をタップリ準備してサ、イイねぇ~!
断末魔の叫びは、公開処刑の場でタップリ聞かせて貰いたいねぇ~!
期待してますヨ!いやぁ~ホントに。

こんなクズ野郎を全員で首班指名した国辱政党民主党のA呆議員ドモも、当然の事ながら粛正されるべきだよねぇ~!

市井の志民は全員、公開処刑と民主党ブッ潰し粛正に、心を込めて賛成して貰いたいねぇ~!

東京地検特捜部も汚名返上のチャンスだねぇ~!
持ち前の突撃精神でサ、罪状なんて後からくっつけりゃぁイイんだよ!
とにかく、引っ捕らえて貰いたいねぇ~!
「禁じ手」なんて全く考えなくてイイよ!
「正攻法」なんてのも全く考えなくてイイよ!

これまで未使用の画期的な方法も、この際だからさぁ、大いに活用して貰いたいねぇ~。
期待してますよ!

ところで愚者愚者珍民の皆様方ヨォ~、もうそろそろ目覚めてもイイんじゃぁねぇかぁ~?
まだ寝とぼけてんのかい?
イイ加減に目覚めねぇとさぁ?

そろそろ、バッカン打倒の大規模デモの季節だヨ。
この際、警察も、検察も、市井の志民と、一緒になってバッカン打倒の大規模デモを始めようゼ。

でぇ、バッカンを支持するかしないかを、国辱政党民主党のA呆議員に表明させる。
(A)支持しないと答えた議員には、決起を促し行動させる。
(B)支持すると答えた議員には、マヌケ面の写真を撮らせて貰う。
(C)どちらでもないと答えた議員には、マヌケ面の写真を撮らせて貰う。

(B)の支持すると答えた議員ドモは、バッカン打倒が成就した暁に、重労働の刑を下す。
差し詰め「人柱」が似合いそうなので、なるべく急流で河床の深い所を宛がい支えさせる。
(C)のどちらでもないと答えた議員どもは、サメ漁でも宛がういサメと挌闘させる。場合によればワニ漁でもヨイ。
(A)の支持しないと答えた議員は、その言動をチェックし厳しく評点する。その行動評点に合わせ罪の減じ方を考慮する。(カラスに突かれ喰われるのもヨシだ)

こんにちの「日本の不幸と混乱」は、全てバッカンによる無能の為せるワザの結果に過ぎない。

それは、北朝鮮に傭われた破壊工作員(スパイ)のためではないか?
いかに「荒唐無稽」と言われ非難されようが、バッカンの行動や嘘の積み上げを見ると、真底から疑わざるを得ない。

では、バッカン打倒に向け、皆様のご健闘を祈りたい!

引用開始→ 拉致被害者家族も吐き気!菅と北のあまりにも深い闇
(夕刊フジ2011.07.22)

朝鮮半島がらみの2つのスキャンダルが菅直人首相を直撃している。1つは、北朝鮮の拉致容疑者親族周辺への2億円献金疑惑、もう1つは在日韓国人からの違法献金問題だ。拉致被害者の家族は、2億円献金疑惑に吐き気をもよおすほどの不信感を感じているという。菅首相はのらりくらりと「逃げ菅」を続けているが、背後には複雑な人間関係が交錯、深く暗い「闇」が横たわっている。

「家族会を14年前に結成し、日本社会の闇、政治の闇に翻弄されながら戦ってきた。やっと金正日総書記に拉致事件を認めさせたが、今回の献金話を聞いて『こんなことがあっていいのか』『戦うべき闇があるのではないか』と考えさせられた。(横田めぐみさんの母)早紀江さんは『何を信じていいのか分からない。政府を信じていいのか…。吐き気がする』と語っていた」

21日午後の参院予算委員会。参考人として出席した、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)の増元照明事務局長はこう訴えた。菅首相は手元の資料に目を落として、増元氏の顔をまともに見ようとしなかった。

2億円献金疑惑はこれまで、産経新聞と夕刊フジ、関西テレビ以外のメディアはほぼ無視を決め込んでいた。そんななか、拉致被害者家族の象徴的存在である早紀江さんから投じられた言葉の意味は重い。

この疑惑は、菅首相をはじめとする民主党の国会議員や地方議員の資金管理団体などから、拉致事件で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーを両親に持つ長男(28)が所属する政治団体など3団体に、総額2億496万円もの政治献金がされていたもの。

法的な問題はさておき、政権を担う菅首相や民主党の国家意識と、北朝鮮との不透明な関係が問われている。

自民党は「菅首相拉致関係献金疑惑プロジェクトチーム」(PT)を立ち上げ、徹底調査を開始した。21日の同委員会でも、自民党の山谷えり子議員が「拉致事件とズブズブの政治団体に献金してよかったと思うのか?」「政府の拉致問題対策本部長として失格ではないか」「家族会に謝罪はないのか」などと問いただした。

菅首相は当初、「そういう団体と承知していなかった」「拉致被害者の帰国を実現できないことは申し訳ない」「承知しておらず、謝ることにはならない」などと、争点をずらすいつもの答弁で時間を浪費しようとしたが、増元氏の登場で委員会室の雰囲気は変わった。

菅首相は1989年、北朝鮮の元工作員で拉致実行犯である辛光洙(シン・ガンス)元死刑囚の釈放を求める韓国政府への「要望書」に署名している。辛元死刑囚は99年に恩赦で釈放され、翌2000年、英雄として北朝鮮に帰国している。

増元氏は、そうした菅首相の“汚点”にも触れながら、「菅首相は辛元死刑囚の嘆願書への署名について『うかつだった』と説明され、われわれ家族会も了承していたが、これで二度目だ。先ほどから『分からない』『知らなかった』などと答弁されていたが、国民の前で、献金の意図を明確にしてほしい」と、ズバッと指摘した。

その後、山谷氏が畳みかけるように「わけの分からない団体に2億円も出すのか?」などと厳しく追及すると、菅首相はやっと「そういうこと(=拉致事件との関係)があるなら、(問題団体との)お付き合いを控えたい」「そういうことがあるなら、大変申し訳なく思う」と、あくまで条件付きで陳謝した。

そもそも、2億円もの献金を受け取っていた団体は一体どんな存在なのか。謎解きのカギを握るのは、問題の団体が入居する都内のビルだ。

このビルは、朝鮮総連の大物商工人が国会近くの千代田区平河町に所有していたもので、前述した拉致容疑者の長男が所属する政治団体をはじめ、関連団体に献金している複数の民主党国会議員の「東京応援団」と称する団体が入居していた。

この大物商工人について、救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)会長で、東京基督教大学の西岡力教授は20日の産経新聞に、「北朝鮮への大口献金者として知られ、昭和57年(1982年)の故金日成主席の70歳の誕生日には、1億円の祝賀金を出し、愛国賞銀メダルをもらっている」と寄稿した。大物商工人は94年に、新宿の路上で射殺されている。

自民党PT座長の古屋圭司衆院議員は夕刊フジの取材に対し、「3団体は表裏一体なうえ、民主党議員の公設秘書と関連団体の会計責任者が複雑に重複している。調べれば調べるほど『民主党と北朝鮮の闇』は深まる」と語っているが、巨額献金や複雑に交錯する関係者、入居ビルの一致は何を物語るのか。

前出の増元氏は「私の父は『日本を信じる』といって死んだ。父が信じた日本はこんな国のはずがない。姉は北朝鮮に拉致されて33年になる。むごい人生を送らなければならない代償は何なのか。彼女たちの犠牲のうえで、日本は『まともな国』『強い国』になってほしい」と語っている。

菅首相は一体どこの国を向いて政治をしているのか、その本質が問われている。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

引用開始→ モー信じられない!“うそつき菅”が献金問題でも真っ赤なウソ
(夕刊フジ 2011.07.22)

菅直人首相の「外国人献金問題」も深刻だ。政治資金規正法に抵触する問題だが、菅首相は「外国籍とは知らなかった」「すでに返金した」と釈明してきた。国民の不信感を払拭するためにも、国会への領収書提出が求められてきたが、菅首相は「前例がない」と、これを拒否したのだ。ところが、これが真っ赤なウソだった。

都内でパチンコ店を経営する在日韓国人から、菅首相の資金管理団体「草志会」が104万円を受け取っていた問題。前原誠司前外相は同じ問題で引責辞任したが、菅首相は、東日本大震災の当日(3月11日)に発覚したため、うやむやになっていた。

自民党は参院予算委員会で「返金時の領収書を委員会に提出してくれ」と求めてきた。これに対し、菅首相は21日夕方、与党理事を通じて「領収書の国会提出は前列がないから応じられない」と提出を拒否したが、これが事実と違うのだ。

1994年、東京佐川急便事件側からの1億円借入疑惑を追及された当時の細川護煕首相は、借入金返済を裏付ける資料として領収書などを国会に提出している。前列は間違いなくあり、当時も菅首相は国会議員だった。自分を守るためには、平気でウソをつく本性があらわになった。

自民党関係者は「菅首相は『弁護士を通じて3月14日に返金した』と答弁しているが、『(震災前日の)10日に神奈川県の保土ヶ谷パーキングで返却した』という情報もある。菅首相にやましい点がなければ、正々堂々と提出すればいい。真偽を確かめるため、在日韓国人の国会招致や領収書の筆跡鑑定などもやらざるを得ない」と語る。

一体、菅首相は何から逃げているのか。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

| | コメント (1)

2011/07/22

バッカンを無期禁固刑に処す!罪状は「外国人献金受領」「テロリストへの献金」である

バッカンのクビを取れ!
外国人献金受領は、明確な罪だ!
返金したから関係ないでは済まされない!
現金で、返金したなら、領収書を国会へ提出せよ!
総務省へ提出するからなどと醜い言いワケはするな!

結局のところ、返金なんてしてねぇんだよ!
ネコババしちゃってんだよ!
だから返金した事を示す領収書なんて、最初からありえねぇんだよ。

これは、司法の手で解明する事だな!
東京地検特捜部の登場が正しい選択だよ!
国会議員が「国政調査権」なんて言っても、嘘のズルカンが相手だから、嘘を突き通すってのは平気の平左なんだから。

眠主党に対する審判は、衆議院の総選挙で下せばよい。
木っ端微塵に粉砕してやれ!クズ政党はクズにしてやるのが正しい選択だろう。

引用開始→ 崩壊寸前!菅が拒絶する“領収書問題”の深い闇
(夕刊フジ2011.07.21)

菅直人首相の「外国人献金問題」で、21日午前の参院予算委員会が大紛糾した。理事会が求めていた返金時の領収書提出を、菅首相が異常なほど強く拒んだのだ。政治資金規正法に抵触する外国人献金を「外国籍と承知していなかった」と釈明しながら、なぜ、正々堂々と出さないのか。永田町では「菅首相は窮地に立たされつつある」という声が広がっている。

都内でパチンコ店を経営する在日韓国人から、菅首相の資金管理団体「草志会」が104万円を受け取っていた問題。前原誠司前外相は同じ問題で引責辞任しているが、菅首相の場合、発覚が東日本大震災の当日(3月11日)と重なったこともあり、居座り続けてきた。

領収書の問題が初めて浮上したのは今月7日の同委員会。自民党の礒崎陽輔議員が「104万円を返金したというが、現金か振り込みか? いつどこで返した? 領収書はあるのか?」と聞いたところ、菅首相は「3月14日に弁護士から現金で返した。領収書は弁護士が預かっている」と答弁。礒崎氏は領収書の委員会提出を求め、理事会で協議した後、菅首相側にこれを伝達していた。

このため、21日の同委員会では、自民党の山谷えり子議員が改めて領収書提出を求めたのに対し、菅首相は「領収書は政治資金収支報告書に添付して総務省に出すので…」「これまでの前例を踏まえて…」などとグタグタいい、提出をイヤがったのだ。

山谷氏は「(与野党関係なく)理事会として提出要求している」「(返金日は)14日ではなく、(震災前日の)10日に神奈川県の保土ヶ谷パーキングでこっそり返却したという情報もある。一体どちらなのか。領収書を出せない理由でもあるのか」などと詰め寄った。

それでも菅首相が領収書提出を明言しないため、「逃げているのか」「やましくなければ提出すればいい!」といったヤジが飛ぶなど、委員会は大紛糾。この日、NHKがテレビ中継しており、通常、与野党とも予定通りに質疑を進めるのを原則としてきたが、約40分間も中断した。

自民党関係者は「理事会の要求を、ここまで拒否するのは異常だ。出せない理由があるのだろう。菅首相と在日韓国人がトラブルになっているという話もある。この問題は東京地検に告発状が提出されているが、自民党としても徹底追及する」と語っている。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

| | コメント (0)

ふざけたバッカン内閣に、経団連よ、もっともっと怒れ! 怒りを爆発させろ!

日本は、本当に、もう救いようのないところまで追い立てられている。
それがバッカンには分からないらしい。
「浜岡原発を停めろ停めろ」と大合唱していた水野誠一・元参議院議員(バッカンは「さきがけ」で同僚)なんぞも、まぁ無責任な扇動人で政治は素人だナ。
ナンたって、お坊ちゃま、お子ちゃま、A呆の集団だ。
*オォ~!水野誠一は産経新聞社、水野成夫の御曹司だったなぁ~!

このバッカンを首相の座に就けたのは、国辱政党「眠主党」のクズ議員ドモであり、カス議員ドモであり、ゴキブリ議員ドモである。
加えて、バッカンの目眩ましを喜んだマスゴミ(増すゴミ)ドモである。

水野誠一らの無責任な扇動に乗せられ「浜岡原発停止」と騒ぎ立てたのもマスゴミである。
そこで「風向き」が根本的に変わり、一気に「脱原発」と感情的に煽り立て、「反原発」を勢いづかせたワケだ。
「フクシマ廃炉」ならアンポンタン・ミズホも廃炉だろうが、どっこいコチラは「反原発」で勢い込み、青息吐息だったのが息を吹き返してるっていうから、実に厄介な事になった。

この程度の無責任野郎ドモに乗せられ、バッカンにアホカイ・トンコの頃が蘇ったようで、いきなり「アジ演説」をブチ続け悦に入っているっていうから、もう大分毀れているワケだ。
それを辞めさせられない眠主党って、一体全体ホントに「政党」なのか?

関西の電力不足を引き起こしたのは、バッカンの思いつき発言だ!
「ストレステストを十分に行ってから」だと!?

これで大混乱だ!
「その罪、万死に値する」ゾォ。

そして21日は、「原発輸出は方針を含め改めて議論する必要がある」ってブチ上げたそうだ。
もう何をか況やだねぇ~!

経団連よ、腹の底から「怒れ!」、怒りを爆発させよ!
上品に格式張った事を言ってる場合じゃねぇぞ!

眠主党、テメーらが製造した欠陥内閣だ製造物責任法に基づき市場から回収し責任をとれ。

引用開始→「日本がつぶれてしまう」菅政権へのブーイングの嵐 経団連の夏季フォーラム
(産経MSN2011.7.21 18:53)

長野県軽井沢町で21日始まった経団連の夏季フォーラムで菅直人政権に対するブーイングが相次いだ。遅々として進まない震災復旧や保身のためとしか考えられない首相発言に企業経営者はあきれ、「日本がつぶれてしまいかねない」と危機感を強めている。米倉弘昌会長は「被災地の苦しみが為政者の念頭にはない」と指摘。復興特区創設に向け「われわれが結束して動かなくては」と呼びかけた。(早坂礼子)

初日の討議は震災復興の現状と対策が主要議題。三菱マテリアルの井出明彦会長が「震災から4カ月たっても復興需要が盛り上がらない」と提起すると、三菱商事の小島順彦会長も「被災地の若者が外へ出始めている。時間がない」と報告。参加者から「提言だけで行動が欠けている」(JR東日本の大塚陸毅会長)、「1年以内にこれだけは、と言ったものがほとんどできていない」(日本郵船の宮原耕治会長)など菅政権に対する厳しい見方が相次いだ。

菅首相が国会で原発輸出の見直しに言及したことについては、丸紅の勝俣宣夫会長は「支離滅裂だ」と驚き、大和証券グループ本社の原良也最高顧問は「ベトナムへの官民合同の売り込みは何だったのか」と憤った。

「こんなばかな話、考えられない」 経団連会長、机たたき怒る

三井住友フィナンシャルグループの奥正之会長は「民主党は大広間のない宿屋だ。個室にこもり、人の意見を聞きに出てこない」と論評。三菱重工業の大宮英明社長は「政治のプロではないアマチュアがいきなり登板してしまった」と嘆いた。

三井不動産の岩沙弘道会長は「経団連がものを言えば言うほど逆効果という声もあるが、迎合するわけにはいかない」と強調。アサヒグループホールディングスの荻田伍会長も「何もしないでいれば、ますます経済に悪影響だ」と指摘した。

米倉会長は「いまの日本には本当の政治家はいない。政治をなりわいにしている人だけだ」と語り、「どうやって経済界の声を政府に届けていくかだ」と問題提起した。

フォーラムは22日、日本経済再生への具体策を協議し、「アピール2011」を採択して閉幕する。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (0)

2011/07/21

バッカン、北朝鮮への売国、「その罪、万死に値する」。 いまこそ東京地検特捜部は引っ括れ!

東京地検特捜部は引き籠もりになる必要など全くない。
バッカンを徹底的に締め上げろ!
併せて、SB孫正義も締め上げてみろ!

叩けばホコリの山ができそうだゾォ!
何が、日本国衆議院議員だ!?
何が、日本国首相だ!?

バッカンよ、国民をバカにするな!

いま退陣すると、世論に押された東京地検特捜部が恐ろしいから、無知蒙昧にも首相の座を降りようとしない。
それじゃ、世論はバッカン包囲網を形成し、東京地検特捜部へ告発し、地検特捜部が調査、容疑事実を固め、逮捕許諾請求を行い(それは必ず国民に対し公表する事)、バッカンを引っ括り、勾留延長で追い詰める。
常に、地検特捜部は進捗を公表する。

これで近代史の日本国が始まって以降、最大の現職首相逮捕拘留って恥知らずなデキゴトを見守る事ができる。

民主党は、バッカンを内閣総理大臣の座に就けた事の「製造物責任」がある事を忘れちゃ困る。
細野ゴリラも次期首相だと煽てられ持ち上げられてその気になって、イイ気分の様子だけど、まぁ、テメーのクビでも洗って待つようにした方がイイんじゃないかな。

「バッカンの所業、人後に落ちる。よって遠島流罪を申しつける!」と天の声だ。

引用開始→ スクープ!“売国菅”国辱の「訪朝写真」 頭下げプレゼントを…
(夕刊フジ2011.07.20)

菅直人首相の北朝鮮絡みのスキャンダルに、自民党が照準を絞り始めた。弁護士や会計士、元警察官僚などを中心とする「菅首相拉致関係献金疑惑追及プロジェクトチーム」(PT)を立ち上げ、徹底調査を始めたのだ。複雑に重複する関係者、発覚した銀座クラブでの会合、そして驚くべき訪朝写真…。19日の衆院予算委員会で質問に立ったPT座長の古屋圭司衆院議員が夕刊フジの取材に応じ、「民主党と北朝鮮の闇」について語った。

「菅政権は極左過激派や北朝鮮周辺と連携、一体化している。単なる『政治とカネ』の問題ではない。菅首相の即時退陣は当然だが、民主党が政権を担っていること自体が問題だ!」

古屋氏は委員会でこう追及した。その内容は慄然とするものだった。

これまで、菅首相の資金管理団体「草志会」が、政治団体「政権交代をめざす市民の会」に計6250万円もの政治献金を行っていたことが発覚していた。「めざす会」は、1980年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーを両親に持つ長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体だ。

さらに古屋氏はこの日、菅首相や鳩山由紀夫前首相をはじめ、民主党の国会議員や地方議員から「めざす会」や「市民の党」など関連3団体への献金が総額2億496万円にのぼることを指摘した。

そのうえで、「(関連団体は)いまも共産主義革命をしようとしている極左の過激派集団」「公安当局もマークしている。ほかに民主党側がこれだけ多額の資金を出している団体があるのか?」「菅首相は、政府の拉致問題対策本部長の立場にある。拉致被害者や家族に対し、謝罪すべきではないのか」などと追及した。

これに対し、菅首相は「いろいろな活動の中で協力した」「この人物(=拉致容疑者長男)についてはまったく承知していない」「政治資金規正法にのっとり適切に処理している」「この問題で(拉致被害者や家族に)謝るということにはならないと思っている」などと語った。

実態はどうなのか。古屋氏は夕刊フジの取材に対し、「3団体は表裏一体なうえ、民主党議員の公設秘書と関連団体の会計責任者が複雑に重複している。調べれば調べるほど『民主党と北朝鮮の闇』は深まる」と語る。

そうした調査の過程で、問題団体が銀座のクラブや老舗イタリアン、麻布の高級中華店、那覇のステーキハウスなどで、1回数万円から十数万円もの支出を繰り返している実態も政治資金収支報告書からつかんだという。

「名称に『市民』という言葉が入る団体だが、金銭感覚は一般市民とはかけ離れているのではないか」(自民党PT関係者)

PTでは今後、政治献金の背景と違法性などを解明したうえで、国会でさらに疑惑を徹底追及していく方針だ。

そんななか、菅首相と北朝鮮に関する衝撃的な写真も見つかった。

菅首相が1995年3月、自社さ与党訪朝団の一員として平壌を訪れたとき、フォトジャーナリストの山本皓一氏が撮影したもの。当時、対日工作を仕切っていた北朝鮮の金容淳党国際部長(朝鮮アジア太平洋平和委員会委員長)から、菅首相が何かプレゼントを受け取っている写真だ。

訪朝団は10人で、自民党は渡辺美智雄氏や麻生太郎氏ら。社会党は久保亘氏ら。新党さきがけからは菅首相と鳩山氏が参加していた。数枚の写真の中には、鳩山氏がプレゼントを受け取っているカットもある。

菅首相はこの6年前の89年、北朝鮮の元工作員で拉致実行犯である辛光洙元死刑囚の釈放を求める韓国政府への「要望書」に署名している。辛元死刑囚は99年に恩赦で釈放され、翌2000年、英雄として北朝鮮に帰国している。

古屋氏は「菅首相の資金管理団体などが、拉致事件の容疑者親族の関連団体に多額の政治献金をするなど許されない。辛元死刑囚絡みの署名も論外。これは重大な問題だ。菅首相は日本の国会議員としてバッジをつけている資格がない。即刻議員辞職すべきだ」と話している。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

| | コメント (0)

甘い、あまい、自民党! 国防政策と社会福祉政策を、もっとハッキリさせろぉ!

ヤッパリ谷垣総裁は、ケンカのできないお坊ちゃまだねぇ~!?
こんな事では政権奪回できても、維持できないんじゃないか?

①原発政策は維持拡大だろう!
②消費税(社会福祉目的税に限定)7%だろう!
③集団的自衛権は確立し強化拡大だろう!
④非核三原則は撤廃する!
⑤武器輸出(容認)政策への転換だろう!
⑥教育政策の全面刷新だろう!
⑦徴兵制度の導入だろうが!
⑧何よりも日本国憲法の改正だ!

まぁ、また妄言だとヒステリックに批判するヤロウが出てくる事だろうが、「自分の国をどう守るか」ってぇのは、「テメーらの『虎の子の財産』をどう守るか」なんだよ!
脱原発でも反原発でも構わないけど、1960年代前半の貧乏な時代を経験してみろ!
利便性の高い生活環境を体験した、大都市の気怠い寝言野郎ドモが、本当に耐乏生活できるのか?
根本的にナマっちゃってる躰や精神を維持できますのか?

周辺環境と対峙する気迫のない野郎ドモは、どうなんだろうねぇ~!

2010年以降、日本も著しくヘタってきているけど、米国も負けず劣らずヘタってますよねぇ~。
いまは、中華饅頭低国が国際社会で一人勝ち状態だけど、
これも「大男、知恵とカネが廻りかね」状態へ陥ろうとしているワケだ。
あちこち引っ張り出して、しこたまカネを使わせて金欠状態へ追い込めばイイんだ!
1970年代の超ド貧乏状態へ追い込めばイイだけのハナシだ!

それには、国際社会でカネを使わなきゃ、ブッ潰すぞぉって、日米を軸に脅かしゃぁイイんだよ。
そのためにも、日米同盟+ASEAN同盟+ANZUS同盟をフル活用し、「太平洋平和条約機構」なんてどうだろうなぁ、中華饅頭低国への睨みを利かせる。
中華饅頭低国を青息吐息へ追い込むと共に、一気に解体してしまう。
チベットも解放して、ウイグルも解放して、内蒙古も解放して、ついでに満州も解放して、
悪たれ漢族には馬糞でも喰わせときゃぁイイんだよ!

それくらいの決意と根性を示さないと、自民党は日本の政権へ復帰して何ができるというんだ。
自民党よ、ヤル気があるなら、この程度まで踏み込むべきだろうが!?

引用開始→ 自民、「対民主」鮮明に… 原発は当面活用、消費税10%、非核2.5原則
(産経MSN2011.7.20 20:13)

自民党の国家戦略本部(本部長・谷垣禎一総裁)は20日、党の中長期政策の基本方針となる報告書を発表した。消費税率の10%への引き上げや集団的自衛権の行使容認を掲げたほか、既存の原発は安全対策を強化した上で当面稼働させる方針を明記。「脱原発」を表明した菅直人首相や民主党政権との対立軸を鮮明にした。今後10年間の最優先課題を「減災対策」と位置付け、公共事業を拡大する方針も打ち出した。今後、報告書をもとに、次期衆院選の公約作成を進める。

報告書は今後のエネルギー政策について、菅直人首相が推進を訴える太陽光などの再生エネルギーを「新たな柱の1つ」としたものの、「原発の発電量分をカバーするのは極めて難しい」と指摘。当面は既存原発の活用や省エネ推進などの「ベストミックス」で対応すべきだとした。

社会保障と税の一体改革に関しては、子ども手当など民主党のバラマキ政策の撤回を求め、社会保障財源確保のため消費税率の当面10%引き上げに改めて言及した。同時に公共事業の必要性も訴え、財源はデフレ期間中は建設国債でまかなうとした。

安全保障政策では、集団的自衛権の行使の範囲を法律で規定すると明記。非核三原則については、核兵器の陸上配備は認めないが、搭載艦船などの寄港は容認する「2・5原則」への転換を図るとしている。

教育問題では「戦後の日本教育のあり方を根本的に反省する」と強調。学校式典での国旗掲揚・国歌斉唱の義務化、教科書採択の改革、家庭教育の支援強化など保守色を打ち出した。

谷垣氏は記者会見で「自民党は自助自立の精神を発信する。自民党ならどういう日本の将来を作るかを示したものだ」と強調した。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (0)

2011/07/20

どうすればバッカンを辞めさせられるか? 知恵が必要だ! 民主党の製造物責任を問う?

支持率15%の内閣総理大臣なんて記憶がナイよ。
本人に、自覚があれば、恥ずかしくって務められないだろうが!

しかし、これがルーピー・ハトヤマの裏切りで「内閣不信任案」を否決しちゃったワケで、随分、厄介な事になっちゃったねぇ~!

でも、国辱政党眠主党は、バッカンに内閣を組織させた「製造物責任」があるワケだよ。
「不良品」や「瑕疵のある製品」は、製造者が責任を持って回収し、不行き届きについて誠意を持って詫びなければならない。
オバカの眠主党の事だから「LP保険」にゃぁ入っていないだろうけど、どっかで資金を手当てしてでも、国民に対し補償しなきゃぁならない。
民主党のA呆議員ドモにゃぁ、そんな考え方は毛頭ないんだろうけど、国民は絶対に民主党が国に与えた損害の賠償請求する権利を留保している。

とにかく、話が無茶苦茶だ!スジも通らない。
子供の教育にワルイや!

引用開始→ 小沢氏、菅首相を「8月中に辞めさせるべき」
(2011年7月19日20時10分  読売新聞)

民主党の小沢一郎元代表は19日、都内の個人事務所で高嶋良充元参院幹事長と会談し、菅首相の退陣について、「8月中に岡田幹事長ら党執行部の責任で辞めさせるべきだ」との考えを示した。

吉良州司衆院議員ら党内の中堅・若手議員が首相の即時退陣を求める署名活動を行っていることに関し、「執行部でもない議員が動いて首相の首を取れるわけがない」との認識で一致したという。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

トツベン・オザワ、禁を冒しての発言について、「7月中に辞めさせるべきだ」の間違いじゃぁナイのかな?

引用開始→「秋以降もやるつもりか」に首相、憮然の表情
(2011年7月19日21時08分  読売新聞)

2011年度第2次補正予算案の基本的質疑が行われた19日の衆院予算委員会で、自民党は東日本大震災の復旧・復興策が遅れているとして、菅首相らを厳しく追及した。

政府側には対策の遅れや、調整不足を認める場面が相次ぎ、本格的な復興策を盛り込む第3次補正予算案の編成に向け、政府の態勢立て直しが急務となっていることを露呈した。

「『復興プラン』などと言う前に、当然やるべき当たり前の作業が遅れている」

自民党の茂木敏充氏は、政府の震災対応の現状を強い口調で非難した。

茂木氏がまず指摘したのは、5月に成立した第1次補正予算に盛り込まれながら、予算の執行が進んでいない事業の存在だ。1次補正にはがれき処理に3626億円、壊れた公立学校施設の補修費に962億円が計上されたが、被災自治体に既に予算が付けられたのは、がれき処理費が208億円、補修費9億7000万円しかない。

しかも、茂木氏は、がれき処理では16市町村からの要望に対し、11件が差し戻されていたことを指摘し、「請求の乱発を防ぐための意図的な措置ではないか」とただした。政府は、枝野官房長官が「事務処理の扱いとして適切ではない」と陳謝したほか、首相も「執行が進むように強く指示したい」と答弁するなど、対応の遅れを認めざるを得なかった。

政府内の調整不足は、被災地のがれき置き場などで大量発生しているハエや蚊などの害虫駆除で露呈した。

5月24日に松本環境相(当時)は、害虫駆除対策を、災害廃棄物処理事業の補助対象にする意向を表明したが、茂木氏は「3日後に(補助事業の)対象外とも取れる課長通達が出されていた」と、江田環境相を追及。江田氏は「就任したばかりで事情はつまびらかでない」と答弁に窮し、善処を約束した。

さらに、茂木氏は、河川・道路・下水道、全半壊した学校や病院などの復旧を列挙し、「なぜ2次補正に計上しないのか」と迫った。首相は「本格復興は3次補正での対応になる」と答えたが、「あなたから3次補正の話は聞きたくない。秋以降も首相をやるつもりか」と切り返され、険しい表情を浮かべた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

| | コメント (0)

2011/07/19

日本は教育制度、特に後期高等教育(大学・大学院)制度を根本的に変革する事が重要だ!

今日は「なでしこジャパン」の快挙を褒め称えなければならないのかも知れませんが、それはTW( ginza 24 )へ掲出しましたので、右下のリンクからクリックし、ご覧願えればと存じます。

で、普段の生活の中で「教育の現場」に関わる事が増えている側として、教育現場と実社会の、恐ろしいまでの乖離に絶望的な気分を、日々強いられ続けている。
そのような中、18日に日経の社説を目にする事ができた。

日本は、現在の「教育幻想」を捨て、目覚めた方がヨイ!
後期高等教育とは何か?
大学教育とは何か?
大学院での教育研究はどうあるべきか?

これらの問いに対して一定程度、明確な回答を示す事ができる人は、現在の状況に対する乖離を理解している人といえるのではないか。

日本の大学教育は、高校教育の延長として捉えられ、3年間の高校教育で無目的あるいは単一目的だけを掲げ学生に、定められた日々を過ごさせた高校教員が、自己責任を放棄するかのように、あるいは自らの教育成果として自慢するかのように、高校生を大学へ繋ぎ送り出す事を繰り返している。
物凄いサービス精神ともいえる。
実際には、途轍もない無責任な行為といえる。

高校の教員が一概に悪いともいえない局面がある事は十分に承知している。

文部科学省は、無責任にも「大学」を粗製濫造し続けている。
粗製濫造された「大学」の中には、名前だけで、その体を為していない大学も多数を占め、目立つようになってきた。
文部科学省は、世間のというか世論の要望に応え、後期高等教育の充実を期する事で広く社会のニーズに応えていると嘯く事だろう。

粗製濫造された「大学」が、広く社会のニーズに応えているかどうか、それは学生の思考力を見れば「火を見るよりも明らか」である。
大学を創りたい、大学を手に入れたいとする、世の中の教育資本亡者ドモのニーズに応えただけに過ぎないし、それにより天下り先を確保しようとの試みに過ぎないのだ。

この状況が生み出したモノは何か。
推薦入試であり、AO入試である。
指定校制度とか、いろいろ並べ立てたがるが、所詮は「大学入学を目指す亡者学生」を釣り上げ囲い込み喰いモノにする手立てに過ぎない。
これを高校教員と教育資本に雇用される営業マンが、握り合う構図を創り出しているだけだ。
それでは、なぜ「この種の構造が成り立つのか」といえば、
世論というか、社会的ニーズというか、デキの悪い子供を抱える親のニーズがあるからだ。
親は、自身の子供の能力やその限界について、よくよく理解している。
デキナイ子供である事も承知している。
しかし、「本当の事を指摘されるのを嫌う」だけの話で、その弱体な思考が、とんでもない「大学教育(幻想)市場」を産み出している。
それに目を付け巣喰おうとする悪徳な教育資本が、低級低脳学生の釣り上げ囲い込みを試みるワケだ。
いわば、文部科学省と悪徳教育資本が幻想の学位記を売る、巨大利権市場を形成しているに過ぎない。

最底辺の大学へも届かない学生で、後期高等教育を手に入れたいとする学生は親の金力に頼りモノをいわせるか、海外のより低級低脳な大学への留学を試みるかである。
この種の大学も中には存在し続けているのだから不思議な事だ。
日本の大学は淘汰されない。
日本の大学は、学生を受け入れる(仕入)上で、表面上の競争はあるが、実態は「偏差値」に基づく巨大な談合市場である。

日本の大学は、学生を送り出す(売上)上で、社会というか世間から厳しい評価を受け、厳然と淘汰されるべきである。

日本の大学(幻想)教育は、日本の所得が伸びる状況に合わせ、幻想を振り撒き巨大な市場を創出形成してきた。
しかし、日本の所得はピークアウトしたと考える見方が定着しつつある。
所得は二極化傾向を明らかにしている。
大学教育の幻想を支持した多くの中間所得層は、経済のグローバル化に合わせ分解され、社会的な存立基盤を失くしている。
従って、今後は、無理して大学教育を受けさせるという市場は確実に縮小する事が予想される。
これは所得政策が大幅に変更されない限り無理である。
(製造業の海外移転が強まる以上は無理だ)

これらの影響を受け、大学教育幻想のお零れを享受してきた、同様の専門学校(専修学校)も、影響を受け経営的には難しい局面に立たされる事だろう。

本来、後期高等教育を受けるには、基礎教育ができていないといけない。
最底辺の大学や同様の専門学校の門を叩く学生の大半は、①掛け算、②割り算、③簡単な暗算、④円周率が理解できていない。これらは小学校の3年生~5年生に学ぶ内容だ。
この段階で、落ち溢れ、勉強というか理解を諦めてしまったワケで、その後は、あらゆる授業が面白くなく、従いていけない事情を抱え、学校は友達と遊ぶ場と化してしまうのだろう。
ここに、自分の子供が「A呆」である事を承知の「A呆×2」の親が、モンスター・ペアレントと化し登場する土壌が隠されている。

あらゆる科目が不得意科目で、得意な科目など殆どないという状況だ。
心の寛い日本の後期高等教育は、この種の学生にも、幅広く門戸を開いているのである。
しかも文部科学省や都道府県の教育担当部門が、教育資本と談合し誰にも分かる巨大な利権構造を創り出し大きな市場を形成しているのである。
この市場へ、大学教育幻想を持つ亡者が釣り上げられ囲い込まれるのである。

日本で一部の大学(学部)修了者を除く、学部修了者の多くが「無知であり、無自覚であり、無責任であり、無能である」と言っても過言ではない。
大学(学部)修了者に対し、一斉に学力資格試験を課すとどうだろう?
50万人の学部修了者のうち40%に当たる20万人は失格となるだろう。
それらが就職浪人の多くを形成しているワケだから、現実と符合するのではないか。

フランスは、大学入学資格の国家試験を課している。
バカロレア」というらしい。
日本は、大学教育修了認定の国家試験を課したらどうだ?
その名を「バカヤロウ」とすれば愛嬌ものだろう。

無駄口はこの程度にして、
日本の大学や専門学校(専修学校)は、世間というか市場から厳しく評価され淘汰されるべきだ。
それを実施する事で、激しい競争が起き、教育技術の変革を生むと共に、自覚を持つ学生を育成する事ができる。
それが国民経済の発展に大いに寄与する事だろう。

その上で、大学へは社会へ出た後、入学できる制度を整えるべきだ。
18歳の春ではなく、一定の社会経験を経た後に大学教育を受ける事ができるように制度を整える方が良い。
あるいは、18歳で男女とも3年程度の「兵役」義務を課し、その上で修了除隊者に対し入学資格を与え、卒業認定を公平公正に課す事で社会の付託に応えるべきかも知れない。

大学教育を混乱させる要因のいくつかに、
真の意味における「公教育の崩壊」が挙げる事ができる。
また「家庭の教育と躾の崩壊」が挙げる事ができる。
そして「地域の教育力、連帯力の崩壊」が挙げる事ができる。

2011年7月18日に、日本経済新聞が掲げた社説は興味深く示唆に富んでいる。

引用開始→ 日本経済新聞 社説 教育を変えるとき
社会に出た人が学び続ける強い国に
2011/7/18付

学校法人青山学院と大学教員で設立した人材開発会社が「農商工連携」のリーダーを育てようと5月から始めた講座は、30人の定員に対し社会人からの応募が2倍に達した。

東日本大震災の影響で仕事が減り、新規事業への進出に迫られた企業の社員や中小企業経営者の参加もある。自ら学び、大震災後の苦境を乗り越えようとしている人たちだ。

大学はもっと門戸開け
こうした社会人教育をもっと盛んにしたい。被災地では農業や漁業を再生させるなかで効率的な経営が求められる。省電力の街づくりも欠かせない。復興は長期戦だ。その仕事に取り組む人たちが必要な知識を身につけられる機会を増やしたい。

震災復興に限らない。企業がグローバル競争に勝ち、富を生む力を取り戻すには、経営者はもちろん、社員も課題を見つける力や問題解決能力を磨くことが必須になった。

そうした力は語学や技術、法務、会計などの専門知識が土台になる。国際情勢や経営環境の変化が一段と激しくなり、企業に入ってからも学び続けることはますます重要だ。

社会に出てからの再教育の場と、学ぶ内容をどう充実するか。1980年代後半に臨時教育審議会は「生涯学習」の理念を打ち出したが「学習」の対象があいまいだった。

自治体などが設けた講座は趣味、娯楽やスポーツに傾きがちで、仕事や実生活には生かしにくいのが実情だ。教養を深めてもらうのも大事だが、現役世代が能力開発をできる場がたくさんほしい。

社会人が学ぶ場として期待されるのは大学だ。しかし、大学入学者に占める25歳以上の割合は経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均が20%なのに日本は2%ほど。日本の大学関係者は、本格的な受け入れ態勢づくりを真剣に考えるべきだ。

静岡産業大学が社会人を無料で受け入れている寄付講座は、ヤマハ発動機、スズキ、浜松ホトニクスなど地元のスポンサー企業が講師を派遣し、国際化戦略や最先端技術などを解説する。企業のトップが経営戦略を自ら講義することもある。地域との連携など大学が工夫すれば、ビジネスマンを呼び込める。

国や都道府県による公共職業訓練も社会人の再教育の場として活用する余地がある。炭鉱の人員整理による失業対策で50年代末に始まった公共職業訓練は今も、ものづくり技術やOA機器操作、簿記など離職者が再就職するための内容が中心だ。

在職者向け訓練も機械設備の設計や施工技術などがあるが、2~5日の短期間が多い。本格的な訓練を考えてはどうか。ソフトウエア技術やサービス分野の内容も増やしたい。

在職者のためになり産業構造の変化にも合った訓練を用意するには、公共職業訓練の民間開放を大胆に進め、メニューづくりに民のノウハウを取り入れることが早道だ。

企業は自ら学ぼうとする社員を積極的に応援してほしい。トッパン・フォームズは留学や転職など自己都合で退社した人でも、過去に3年以上勤続していれば正社員として復帰できる制度を設けている。

キリンビールは勤続5年以上で留学、大学院入学やボランティア活動などを希望する社員に、最長3年の休職を認める制度を導入した。

企業は自己啓発支援を
工場技術者が英語の勉強のためカナダへ3カ月間、留学したなどの例がある。社員が力をつければ企業の競争力強化につながる。自己啓発に打ち込みやすくする制度は企業の利点も大きい。

社会人に学ぶ気持ちを起こさせるには資格制度の改革も重要だ。公認会計士や税理士など高収入につながる資格は取得が難しい。資格はもう少し取りやすくし、取得してからの競争を活発にしたほうが社会人の学習意欲を引き出せるだろう。

新しい資格制度も意味があるが、政府は2013年を予定していた「企業財務会計士」制度の導入を見送った。公認会計士になるには資格試験合格後に2年の実務経験が必要だが、企業財務会計士は試験に受かればすぐ認定される。会計のプロとして就職しやすくするのが狙いだ。

ところが企業から会計事務を請け負い、新資格取得者と競合する税理士などの反対で制度導入が頓挫した。既得権を崩し、どの仕事も新規参入をしやすくすることが、社会人の学習を活発にするために必要だ。

終身雇用や年功序列が崩れ始め、社会に出てからも自分の価値を高める必要性が増している。企業と大学など教育機関を柔軟に行き来できる国をつくりたい。←引用終わり
Copyright © 2011 Nikkei Inc. All rights reserved.

| | コメント (1)

2011/07/18

猛暑の「山鉾巡行」祗園さんやさかい、この時期はやっぱり、暑ぅおすなぁ!

暑い京都に彩りを添えるのは、八坂神社の「祇園祭」と。
17日は、猛暑炎天下の巡行となりました。
「よう、やらはりますなぁ」
こんな事は、「祇園祭」の意義を理解しない観光観覧者である他所者に過ぎない。

「大変でしょう」
「そやかて、昔も今も、変わらしまへんぇ~!」
「手間がかかるのは、どんなお祭りも一緒どすぇ!」
「京都の祗園祭だけが『大変』なワケやおませんぇ~!」
「先の祭も、後の祭も、よう見て頂きとぉございます」
「崇尊の御心をお持ちやない御方には、分かって貰われへんことどすやろなぁ」
「祇園祭は、観光行事やおませんので、悪しからず」
1100年の歴史、伝統、文化、工芸、町衆、制度などなど、京都の祇園祭に止まらず、日本で伝統的な「祭礼」に取り組む地域は、重層的な町割り組織が脈々と受け継がれている。
寄せ集めの地域で、伝統や格式を伴う「祭礼」は執行し運営する事はできない。
日本の本来の姿形を伝えているのが、各地の伝統と格式を遵守した「祭礼」といえる。

引用開始→ 京都・祇園祭の山鉾巡行…8月には被災地にも
(2011年7月17日23時08分  読売新聞)

201107171096041nyomiuri 長刀鉾(左)を先頭に四条通を巡行する山鉾(17日午前、京都市下京区で)=川崎公太撮影

京都・祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行が17日、京都市内であり、色鮮やかな山鉾32基が都大路を進み、約20万人(京都府警調べ)を魅了した。

午前9時、先頭の長刀(なぎなた)鉾が四条烏丸を出発。鉾が交差点で向きを変える「辻(つじ)回し」には大きな拍手が湧いた。

祇園祭は「貞観(じょうがん)地震」で東北地方が津波に襲われた平安時代の869年、災疫退散を祈った御霊会(ごりょうえ)が起源とされる。今年は、大地震に見舞われた東北を励まそうと長刀鉾のお囃子(はやし)と綾傘(あやかさ)鉾が8月6~8日、「仙台七夕まつり」に参加する。

この日、京都市は最高気温35・7度の猛暑日。市消防局によると、見物客ら7人が熱中症の症状を訴え、搬送された。いずれも軽症という。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

| | コメント (0)

2011/07/17

原発全廃するなら、日本は「核武装」すべきである!

石原慎太郎東京都知事が、「日本は核兵器」が必要と「核武装論」を述べたらしい。
ホォ~!よく言った!そのとおりだ!
原発反対論を主張して止まないヘタレドモは、中華饅頭低国の意向を受けてか、ひたすら日本の影響力低下へ邁進している。
中華饅頭低国の尻馬に乗って、クズ韓半島のゴミドモも勢いよく「反日」で気炎を上げているらしい。
ホンモノを凌ぐ徹底したマネやコピーでなきゃぁ、ナニモできないゴミドモやクズドモが、石原慎太郎知事の発言に早速反応し、「妄言の達人」などと言っているらしい。

「妄言の達人」はテメーらじゃねぇか!
太陽政策だなんて寝言を言い、見事にコケにされたじゃねぇか?
ナンたって、「妄言の達人」はテメーらの兄弟分である「金ブタ」じゃねぇか?
支配する民は滅びて「テメーは栄える」って、これは妄言ってモンじゃねぇよな!

本音を言って、なぜ悪い!
「コラコラコラム」の主張は、日本は、原発止めるなら「核兵器武装」だ!

引用開始→ 石原都知事、「日本は核兵器が必要」…韓国では「妄言の達人」
(2011年7月13日(水)10時12分配信 サーチナ)

東京都知事の石原慎太郎氏が11日、AFP通信によるインタビューで核武装の必要性について言及し、周辺国へのけん制において「日本は核兵器が必要」との考えを示したという。複数の韓国メディアがこれを伝えており、石原都知事は「妄言の達人」などと非難した。

韓国メディアによると、石原都知事はAFP通信のインタビューで「日本はロシアや中国、北朝鮮など敵対的な感情を持っている国に囲まれている」と指摘。これらの国をけん制するために「核兵器を持つべき」という見方を示した。

また3月に起きた福島原発事故の影響を受け、日本国内では原子力発電への拒否感が高まっているが、日本にとっては相変らず必要だと主張。韓国メディアは、石原都知事がまだ原発事故による悪影響がある状況で「核兵器の必要性」を強調したことを批評した。

韓国メディアは「極右政治家として悪名が高い」石原都知事が、前にも日本の核武装を促したことがあり、さらに「日本が韓国を併合したのは、韓国が願ったこと」などといった妄言を連発し、周辺国から批判を受けてきたと伝えた。(編集担当:永井武)←引用終わり
Copyright (C) 2011 サーチナ
Copyright(c) NIFTY 2011 All Rights Reserved.

| | コメント (0)

2011/07/16

今年(2011年)の博多「祇園山傘」は行けんで、オシカケンねぇ!

本当に残念だった!
スケジュールの把握に隙があった。
そのため、「祇園山傘」に博多へ行けなかった。
無念だ!本当に無念だ!

「オシカケンねぇ!」と熱い友人に言われ、心苦しいねぇ!
全国に「祭礼」は多かれど、重要無形民俗文化財は数少ない。
博多「祇園山傘」は群を抜いている!
何よりも、博多七流れは熱い!
ヒトの熱さが、まつりを支えている。
博多「祇園山傘」の熱さは「祭り好き」には堪えられない!

今年は、「東流れ」が一番早かった!?
櫛田入りも、追い山も、「東流れ」が一番ねぇ!

「来年は、必ず行くケンね!」
「約束するケンね!」。

引用開始→ 舁き山笠、威勢よく疾走…博多祇園山笠・追い山
(2011年7月15日11時16分  読売新聞)

201107150628631nyomiuri 威勢よく清道を疾走する三番山笠・恵比須流(15日、福岡市博多区で)=佐藤俊和撮影

福岡・博多祇園山笠の最後を飾る「追い山」、七つの舁き山笠が早朝の街を勇壮に駆け抜けた。 
国の重要無形民俗文化財・博多祇園山笠の最後を飾る「追い山」が15日、福岡市博多区で行われ、七つの舁き山笠が早朝の街を勇壮に駆け抜けた。

空が白み始めた午前4時59分、太鼓の音を合図に一番山笠・西流が櫛田神社の境内へ。桟敷席から拍手と歓声がわき起こる中、締め込みに法被姿の男たちは山笠を止めて「博多祝い唄」を高らかに歌い上げ、威勢よく博多の街へ飛び出した。

続いて六つの流の舁き山笠と上川端通の「走る飾り山笠」が順番に登場。沿道から勢い水を受け、順番に舁き手を代わりながら、「オイサ、オイサ」の掛け声を上げて同区須崎町まで約5キロを疾走した。

櫛田入りの記録は東流が31秒81でトップ。全コースも29分10秒で最も速かった。
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

| | コメント (0)

2011/07/15

オカシナ政権党だ、ヤッパリ眠ってるよ「眠主党」は! 批判評論してないでバッカンをクビにしろ!

眠主党のオバカ議員っていうか、オソマツ議員っていうか、ゴキブリ議員ドモは、この期に及んで、「自分で自分を批評して遊んでるよ、オッカシイだろうが」。

コイツらのオツムは、どんな構造なんだろう?
一体全体、どうなってんだろう?

バッカンが13日に勝手な記者会見で述べ立てた事が、党の方針でないなら、直ちに党の代表を引き摺り降ろすのが筋道だろうが?
それを批判してりゃぁ世話ねぇよ!

テメーの手は汚れてねぇって、世間に向かって言いたいんだろうけど、有権者はバカじゃねぇから、そんな汚ってねぇ手は喰わされねぇよ。
国辱政党眠主党のゴキブリ議員ドモは、直ちにバッカンのクビを斬れ!

それが、せめてもの国民への償いだろうよ。
コチトラ、そんな事で許しゃぁ、しないけどヨ!

でも、バッカンのバカ発言は日本の国益を毀損するだけじゃなくって、日本を破壊し続けてるよね。
何よりも、国民の生命財産を危機に陥れてんじゃないかと思うヨね。

バッカン、アンポンタン・ミズホ、ソンソン・ニセセイギなんちゃら、北朝鮮売国一座って言われてるヤカラを追い払おうじゃないか!?
「流罪に処する "半島(北へ)送り還し"ってのはどうだぁ~?」。

賛成の人は、ドンドン行動をしましょう!

引用開始→ 首相の脱原発「党の方針でない」…民主反発拡大

菅首相が記者会見で表明した将来的な「脱原発」方針について、民主党内では14日、「党が了承したものではない」といった反発や疑問の声が一段と拡大した。

輿石東参院議員会長は記者会見で、「首相の職を辞さねばならないので、自分の思いを国民に訴えておきたいという気持ちがあっても不思議ではない」と一定の理解を示した。

しかし、岡田幹事長は別の会見で、「脱原発」方針について「もちろん党(の方針)ではなく、首相としての発言だ」と強調し、首相と一線を画した。

前原誠司前外相も自らのグループ会合で、「(脱原発の)方向性はその通りだ。しかし、(ポスト菅の)しっかりした体制で取り組むべきだ」と指摘。同グループの城井崇衆院議員は「首相方針には党内の議論を踏まえた部分がまったく感じられない」と憤った。←引用終わり
(2011年7月14日22時16分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 西岡議長、首相を改めて批判「独裁政権のよう」

民主党出身の西岡参院議長は14日の記者会見で、同党所属国会議員に菅首相の退陣に向けた行動を呼びかけた論文「国難に直面して、いま、民主党議員は何をなすべきか」を正式に発表した。

首相の「脱原発」発言に関しては、代替エネルギーの確保が難しい現状を指摘し、「『脱原発』という単純なものの言い方を首相が軽々しく口にすべきではない」と批判。そのうえで、「『脱原発』のスローガンに基づく首相の考えによってエネルギー政策が進めば、確実に来年の春には日本の原子力エネルギーは存在しなくなる」と懸念を表明している。

西岡氏は会見で「(首相は)いまだに辞めると感じられない。1日たりともこの政権が続くことは日本の将来のために許されない」と執筆理由を説明。首相の政権運営について、「独裁政権のようだ」と改めて厳しく批判した。←引用終わり
(2011年7月14日20時59分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

| | コメント (0)

2011/07/14

中身のない話を、政権延長の道具にすべくと、支持率15%のバッカンは延命「命」らしい

中身もない話を、政権延長の道具にすべくと、支持率15%のバッカンは延命「命」らしい

最近、巷のウワサでは、「バッカンは、す菅!」と言われているらしい。
ナンと言っても、国民の15%程度の支持しか得られないってんだからねぇ?
どうなってるの?

インドネシアからの留学生がいわく、
「日本は、不思議な国ですね」
「どうしてだい」
「だって、首相は近々退陣するって約束した。しかも首相は15%しか支持を受けられない。それで暴動も起きない。だから戒厳令もない、そして首相は辞任しない」
「鋭いね、そうだなぁ~!そのとおりだ」
「日本人は、怒らないのですか」
「怒ってんだけどね、表に出さないんだよ」
「私たちには、分かりません」
「日本人にも分からないよ」
「でも、皆さんの国じゃないですか?原発は、ダメで悪いのでしょうか?」
「悪くはないんだけどね、心配しているんだよ」
「でも、いま、原子力発電を全部停止して、日本はやっていけるのでしょうか」
「そこなんだよねぇ、みんなも分からないんだよ、実際のところが」
「日本て、言いたい放題、自由な国じゃないですか、なぜ分からないのですか」
「そこが、分からない最大の関心事なんだよ」
「いまの、意味、私には分かりません」
「言っている、自分でも、分からないヨ」
「そんなの、無責任ですよ」
「イヤァ~、返す言葉がないわ」
「真実を知らずに、原発反対って、言ってるワケですか?」
「そういうヒトも結構いるだろうね」
「政府が、何か重大な事を隠しているのでしょうか」
「それは、十分にあり得るハナシだね」
「日本が、分からなくなりました」

留学生は、鋭い! 実に鋭い疑問を遠慮なく直球で投げてきた。
首相と職責名のつく人が、日々の思いつきを、思いついた順番に述べ立てる。
その都度、政府は振り回され、機能低下を強めている。
それをASEANからの留学生が鋭く衝いてきた。
そして、恥ずべき事に、適切な解説をしてやれなかった。

そして巷で、「バッカン、す菅」と大きな声でウワサのネタになっている。
でも、この種のハナシを、バッカンを中軸に据え「政権抱きつき詐欺」だとか、
巷では、「バッカンは、す菅!」と言われているらしい。

引用開始→「脱原発」宣言…電力供給確保の根拠もなく
(2011年7月13日23時22分  読売新聞)

菅首相が13日の記者会見で、将来的な「脱原発」を表明したのは、自らがエネルギー政策の見直しという歴史的な転換に着手することで、首相としての実績を作る狙いがあったとみられる。

ただ、原子力発電所に全く依存しない社会を作るための道筋や十分な電力供給が確保できる根拠は示されず、閣内で十分に議論された形跡もない。場当たり的ともいえる対応に、実現性を疑問視する声も多い。

首相は13日の記者会見でも退陣の時期を明示しなかった。これについて、首相周辺は同日、「脱原発方針は首相の延命策ではない」と強調したうえで、「首相は、退陣後も見据えて自らが起爆剤となって、原発政策の議論を巻き起こしたいと考えている」と解説した。

首相が今回打ち出した方針は、日本のエネルギー政策の根本的な方向転換につながるものであるにもかかわらず、閣僚間で議論は進んでいない。関係者によると、原発の新たな安全評価に関する「政府統一見解」をまとめた際も、首相から関係閣僚に「脱原発」についての具体的指示は一切なかった。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 刈羽村の品田村長「これほど子供じみた話もない」
(2011年7月13日23時26分  読売新聞)

菅首相が13日、「原発に依存しない社会を目指す」と記者会見を開いて表明したことに対して、原発を抱える各地の自治体からは賛否の声が上がった。

「方向性は理解できる」。福島第一原発がある福島県大熊町の渡辺利綱町長はこう賛意を示した。「原発の安全神話を信じ過ぎ、取り返しのつかないことになったと痛感している」と話すが、一方で「簡単にほかのエネルギーに方向転換できるのか疑問もある」と複雑な心境ものぞかせた。

これに対し、東京電力柏崎刈羽原子力発電所を抱える新潟県刈羽村の品田宏夫村長は「脱原発の社会がどういう社会なのか説明がないし、これほど子供じみた話もない」と切り捨てた。

関西電力高浜原発のある福井県高浜町の野瀬豊町長も「代替電力をどうするかが示されず、リアリティーが全くない」と批判する。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

| | コメント (0)

2011/07/13

京は "祇園祭" に向け、鉾の曳き初めやら、始めてますぇ~

暑い暑い夏を乗り越える「夏越」の祭礼が、日本の各地で執り行われます。
代表的な「祭礼」を挙げると、京都の「祇園祭」、福岡は博多の「祗園山笠」でしょうね。

博多「祗園山笠」は、昨日12日が確か "追い山ならし"だったと思います。
きょう13日が「集団山見せ」でしたっけ、博多の祭りが那珂川を越え福岡(天神地域)の福岡市役所へ出向く日です。
お誘いを受けながら、今年はお邪魔する事ができません。残念無念です。
来年は、時間の把握と調整を十二分にした上で、必ずお邪魔致しますので。

一方、京都は「祇園祭」です。
10日に神事としての「鉾建」や「山建」を行い、12日から順次 ”鉾の曳き初め”や "山の曳き初め" が始まっているとか。
夕暮れと共に「祗園囃子」の音合わせというか囃子合わせを、鉾町や山町で始まっているのでしょうね。
14日は宵々々宮、15日の宵々宮、16日の宵宮、17日の巡行に向け、今年は巡行日が日曜日ですから大勢の見物人が集まる事でしょう。

今年は、博多へも京都へも、お邪魔する事が叶いません。
いくつものスケジュールを呑み込んでしまった事もあり、本当に残念無念で申し訳ありません。
両地の関係の友人の皆様へ、
「付き合いが悪く、本当に申し訳ありません。心からお詫び申し上げます」。

引用開始→ 巨大鉾“動いた” 5基が曳初め 祇園祭
【京都新聞 2011年07月12日 22時38分 】

祇園祭の山鉾建てが進む京都市の中心部で12日、鉾の「曳初(ひきぞ)め」があった。地元の小学生らが参加し、巨大な山鉾がギシギシと車輪をきしませて動く迫力を味わった。

曳初めは長刀鉾、函谷(かんこ)鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾の5基で行われ、「鉾の辻(つじ)」と呼ばれる四条室町に多くの観光客や市民が集まった。

鶏鉾には池坊短大の1年生約120人と洛央小の5年生約90人が綱を手に並んだ。合図で鉾が動きだすと、子どもたちに笑顔が広がった。洛央小の古川みかのさん(10)は「みんなで協力すると勢いがついて体が引っ張られるようだった」と声を弾ませた。

曳初めは13日には放下鉾、船鉾、岩戸山、北観音山、南観音山であり、14日は橋弁慶山で舁初(かきぞ)めがある。←引用終わり
Copyright (c) 1996-2011 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.

| | コメント (0)

2011/07/12

被災地の知事はバッカンの政策を鋭く批判 NHKの世論調査内閣支持率は16%に過ぎず

支持率が16%ってぇのは、ご愛嬌って事だろうけど、ナンだってんだ?
もう内閣は解散しか手がないよ!内閣は解散(総辞職)だ!

でも、バッカンは、8月10日過ぎに、「脱原発・反原発」を争点に、国会(衆議院)解散をホントに狙っているらしい。
バッカは死ななきゃぁ治らない。バッカは死んでも治らない。

何を考えているのか?
全く考えがないから開き直れるのだ!

これは、永田町クラブで居座り続けた某代議士の言である。

某代議士は、オツムが「ボオォ~」としてしまった事もあり、ようやくと言うかとうとうと言うか永田町クラブをやっと引退した。

それでも、某代議士はそれなりに世間で役に立つ政策をいくつか実現している。

バッカンも、それなりにいくつか実現した政策もあるだろうが、いま、現在は役立たずで日本の制度破壊に忙しいようだ。
こんな方法で国の制度を破壊する事までは想定していなかった。

実に重要な工作員だ。
どこの国から送り込まれたのか知らないけれど、とても優秀な工作員だなぁ~!
何もしないで、国を破壊する、破壊し続けるってのは、究極の工作員だよナ。

NHKは世論調査っていうか内閣支持率調査を行ったらしい。
それによると、支持率は16%だったって?!

事ここまでに至りながら、未だに16%もの愚者愚者珍民が支持しているって事か。
そんな野郎ドモは、何も分かってないんだろう。

被災三県の知事は、バッカンを徹底的に批判したらしい!
そりゃぁ、そうだろう!
普通の神経持ってりゃぁ、許せねぇよな! 絶対に許せねぇ~!

「コラコラコラム」はバッカンを支持する16%が許せない!

引用開始→ 被災県知事が政府対応を批判
(NHK On line NEWS 2011年7月11日 21時25分)

12日から全国知事会議が秋田市で開かれるのを前に、宮城、岩手、福島の3県の知事も参加して東日本大震災からの東北地方の復興について考えるシンポジウムが開かれ、出席した知事からは政府の対応への批判が相次ぎました。

シンポジウムでは秋田県の佐竹知事が「東北各県がそれぞれの役割を果たしながら、東北全体の復興を成し遂げ、日本の再生にも結びつけることが今、求められている」とあいさつしました。
このあと、宮城・岩手・福島の3県の知事も参加してパネルディスカッションが行われ、震災からの復旧や今後の東北地方のあるべき姿などについて話し合われました。
この中で福島県の佐藤知事は「放射性物質を巡る家畜や水の問題にしても、国の対応は、厚生労働省から環境省、そこからまたほかの省庁に相談してからで、対応が早急・迅速でなかった」と述べ、国の対応を批判しました。
また、宮城県の村井知事も「国は大きな方針を示すべきなのに、示しておらず、被災者は明かりが見えない状態だ。被災地の復興が進まないのは、政治のリーダーシップがないのに尽きる」と述べ、復興に向けた政府の対応の遅れに不満を示しました。

全国知事会議は、12日から2日間の日程で秋田市で開かれ、東日本大震災からの復興や、全国の原子力発電所の安全対策などについて意見が交わされることになっています。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ NHK調査 内閣支持率16%
(NHK On line NEWS 2011年7月11日 19時13分)

NHKが行った世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は16%で、先月の調査より9ポイント下がり、おととしの政権交代以降、最も低くなりました。

NHKは、今月8日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは1689人で、このうち65%に当たる1102人から回答を得ました。

それによりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は16%で、先月の調査より9ポイント下がり、おととしの政権交代以降、最も低くなりました。

一方、「支持しない」と答えた人は、11ポイント上がって68%で、支持する人の4倍余りに上りました。

支持する理由では、
▽「ほかの内閣よりよさそうだから」が42%で最も多くなっているのに対し、

支持しない理由は、
▽「実行力がないから」が42%で最も多くなっています。

次に、菅総理大臣の退陣の時期は、いつごろが望ましいと思うか尋ねたところ、
▽「ただちに」が38%、
▽「国会会期末の来月末まで」が28%、
▽「秋から年末ごろまで」が14%、
▽「来年以降」が10%でした。

そして、菅総理大臣の次の総理大臣に、誰がふさわしいと思うか、現職の国会議員の中から名前を挙げてもらったところ、
▽前原誠司氏が5・5%、
▽石破茂氏が5・3%、
▽小沢一郎氏が3・4%などとなっており、

▽「ふさわしい人はいない」と答えた人が36%に上りました。

さらに、菅総理大臣が退陣したあと、「ねじれ国会」に打開に向けてどうすべきだと思うか聞いたところ、
▽「与党と野党が政策ごとに連携すべきだ」が36%、
▽「与党と自民党以外の野党が連立政権を組むべきだ」が5%、
▽「与党と自民党が大連立政権を組むべきだ」が15%、
▽「衆議院の解散総選挙を行うべきだ」が31%でした。

一方、国内の原子力発電所について、今後、どうすべきだと思うか尋ねたところ、
▽「増やすべきだ」が2%、
▽「現状を維持すべきだ」が25%、
▽「減らすべきだ」が42%、
▽「すべて廃止すべきだ」が21%となりました。

また、菅総理大臣が急きょ原発の運転再開や継続を判断するための新たな基準を作るよう指示したことに対する評価を聞いたところ、
▽「大いに評価する」が3%、
▽「ある程度評価する」が22%、
▽「あまり評価しない」が34%、
▽「まったく評価しない」が32%でした。

そして、衆議院の解散・総選挙の時期については、
▽「できるだけ早く行うべきだ」が24%、
▽「今年の年末までには行うべきだ」が25%、
▽「来年中には行うべきだ」が19%、
▽「再来年の任期満了まで行う必要はない」が18%でした。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

| | コメント (0)

2011/07/11

ガンバレ「日本相撲協会」 名古屋場所開催を褒める!

様々な悪口、色々な罵詈雑言、足を引っ張るタメ口、ほとんど相撲に関わった経験もなく、見た事すらナイ連中が、売名行為を企図してか「勝手放題に言い放題」を繰り広げてきたけれど、日本相撲協会は満身創痍になりながらも、それらの口撃に耐え忍び「名古屋場所」開催まで漕ぎ着けた。
よく耐えた! よくやった! と素直に労いたい。

無責任な発言の中には、日本相撲協会を解体し、興業利権を独占的に得ようと狙うビジネス・ヤカラが多数いた。
どいつも、こいつも、相撲道なんざぁ関係なく、(神聖なとまでは言わないが)力士を安物タレント扱いし、ゼニ儲けのネタにしようという乞食紛いの野郎も垣間見えた。

「ふざけるな!」、「ザけんじゃねぇよォ!」という熱狂的な相撲ファンの声や、周囲の勢いに圧され、最近は少しばかり温和しくなったようだが、いつまた息を吹き返すか知れたモンじゃない。警戒100%が必要だ!

でぇ、「名古屋場所」初日の入りが69%だった事をあげつらい、批判を浴びせている。
バブル経済が華やかなりし頃は、いずれの場所も入場観戦できないと、騒ぎたてていたのもこの野郎ドモだった。

器の制約もあるワケだから仕方ねぇじゃんか!
景気がよいからって、日本相撲協会は大きな器で本場所をやるワケにはいかない。
その時は、チケットを独占的に販売する「相撲茶屋」が悪辣だと決めてかかり攻撃し続けていた。
近頃は、「相撲茶屋」の一部は○暴と関係のある事業者だと、攻撃の手を強めている。

そんな事どうだってイイじゃないか。
攻撃する側は、ナンの責任も持たないくせして攻撃だけするワケだから、いい気なモンだ。

そんなこんなで、やれ八百長だ、やれ暴力沙汰だ、やれ薬物だ、と攻撃し続けたワケで、本場所開催を二度にわたり阻止したワケだ。
風見鶏のNHKも、本場所開催に逡巡したり、中継の是非を問うてみたり、右顧左眄、右往左往の連続だった。
ドォ~ンと構えて、という態度に出られないところがNHKの限界だ。

まぁ、日本相撲協会が名古屋場所の開催に漕ぎ着けた事を祝意を顕し喜びたい。

引用開始→ 大相撲名古屋場所が初日 信頼回復へ半年ぶり本場所
(2011/07/10 20:15 【共同通信】)

八百長問題の影響で半年ぶりの本場所興行となる大相撲名古屋場所が10日、名古屋市中区の愛知県体育館で開幕した。土俵上での初日あいさつで、日本相撲協会の放駒理事長(元大関魁傑)は「協会員一同は一人一人が自覚を持ち、一丸となって再発防止に取り組み、皆さまの信頼回復を目指し、全力にて努力していく覚悟」と、再生場所に臨む決意を述べた。

館内は空席も目立った。

相撲協会は2月の八百長問題発覚を受け、3月の春場所を中止。特別調査委員会を設置して4月には関与者25人を処分した。5月は再発防止策を導入して夏場所に代わる無料公開の技量審査場所を実施。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2010 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

| | コメント (0)

2011/07/10

ほとんど支持されていない、恥知らずのバッカンは「政権抱きつき延命」へ、あの手この手

毎日まいにち、日本の政治が呆けていく。
呆けようも極まってきた。

帝国データバンクは、企業へ「世論調査」というか「アンケート調査」を試み、その結果を公表した。
企業調査を専門にする調査会社が、政権や政権の枠組みについて調査するっていうのは、たいへん興味深い事だ。

でぇ、公表されたその数値は、
およそ60%近い数値で、バッカンは7月末に退陣せよ! との事だ。
ミンチトォが切望する「現与党の新内閣」は僅か10%の数値でしかない。
ここまでくれば、「総ス菅」って事だろう!
それでも、ナニやら次々と条件変更を繰り出し、「政権抱きつき延命工作」を繰り広げている。
よぉ~く言うよねぇ~! よぉ~くヤルよねぇ~!

引用開始→ ポスト菅、「現与党中心で」10%…1万社回答
(2011年7月10日01時31分  読売新聞)

帝国データバンクが約2万2800社の対象から1万1032社の回答を得た「政権の新しい枠組みに関する企業の意識調査」で、菅首相が退陣した後の政権について、民主党が考えている「現与党中心の新内閣」を求める企業は、わずか10・6%にとどまった。

菅首相の望ましい退陣時期は「7月まで」が56・2%で、過半数の企業が早急な体制刷新を求めた。

調査は6月20~30日に実施された。新政権の望ましい枠組みについて最も多かったのは、民主党と自民党など与野党を超えた「大連立」で、41・2%に上った。

次いで、一から国民の信を問い直す「衆院解散」が28・1%だった。回答企業からは「新首相のもとで時限的に震災復興に限定して大連立すべき」(生コンクリート製造、千葉県)など、震災復興に向け、与野党の協力を求める声が目立った。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

地方組織も、バッカンの手法を厳しく批判しているけれど、ミンチトォって不思議な政党で、誰もバッカンを引き摺り降ろす事をしないし、できないのだ!

ミンチトォは、集団ヒステリーに陥り、バーチャルの世界で党を組織し、バーチャルの世界で政権遊びに昂じている。
そして、末端のすべてに至るも「自分は関係ない」とばかりに、「責任」という点の自覚を欠いた不思議な組織だ。

こんな政党に政権を与えた、日本の選挙民がA呆でしかない。
そのA呆の選挙民とは、マスゴミに踊らされ、マスゴミにマインドコントロールされ、マスゴミの報じる事を信じ切り、マスゴミに支配される、愚者愚者珍民そのものだ!

自らの不満を巧みに吸い上げられ、オ・イ・シ・ソ・ウな主張を見せられ、吟味もせず(できず)に、両手を挙げ賛成し無責任に「一票」を投じてしまうのだ。
その結果、大体において自らが支持した政権から、虎の子を攻撃され破滅させられるのが席の山となるのがオチだ。

それでも、気がつかないっていうのが、愚者愚者珍民の愚者愚者珍民なのである。

引用開始→ 菅政権迷走に厳しい批判相次ぐ…全国幹事長会議
(2011年7月10日00時56分  読売新聞)

民主党は9日、党本部で全国幹事長・選挙責任者会議を開いた。出席者からは九州電力玄海原子力発電所の再稼働をめぐる混乱など菅政権の迷走に厳しい批判が相次ぎ、菅首相(党代表)や党執行部の求心力低下を改めて浮き彫りにした。

「私の不十分さもあって、地域の中でご苦労いただいている」

会議の冒頭、首相は神妙な表情でこう語り、自らの退陣問題などを巡る混乱が地方組織への逆風となっていることを認め、陳謝した。

ただ、退陣時期については「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の問題について一定のメドがたった段階で、若い世代に責任を譲りたい」と、従来の言い回しを繰り返した。「最後の最後の1秒まで全力を挙げて責任を果たす覚悟だ」とも語り、あいさつを終えると質問を受けることもなく退席した。

会議の中で、出席者から首相の退陣要求が噴出することはなかった。

岡田幹事長が先手を打つ形で、8月31日の延長国会会期末までに首相が退陣して新体制に移行するという前提で今後の党運営などについて説明し、それ以上の居座りは許さないという姿勢を鮮明にしたからだ。

首相の退席後、「首相がいると話しにくいというわけではないんですけど」と切り出した岡田氏は、特例公債法案、2011年度第2次補正予算案、再生可能エネルギー特別措置法案の「退陣3条件」に早急にメドをつける考えを示し、第3次補正予算案の編成は「新体制の下でやる」と言い切った。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

| | コメント (1)

2011/07/09

まぁ、売国奴のバッカンを自由自在に非難し、叩きのめし、追い払おうかねぇ~!

まず「バッカンは売国奴である」と規定する事から始めよう!
「証拠は?」と、尋ねられたら「証拠は後から従いてくる!」と言っておこう。
それだけでイイじゃないか!?

バッカンが、この一年に繰り広げたバカバカしい「政治もどき」に比べりゃぁ、少々手荒な仕打ちをしたところで、どうって事はナイねぇ~!
ブチのめされたところで、文句を言える筋合いのモンじゃぁねぇしなぁ!

日本国民にバッカンへの刑罰を自由に設けさせりゃぁイイと考えるけどなぁ。

まず第一弾は、金ブタ王国への "ヤミ献金" って重大問題が提起されている。
これって、スゴイよねぇ~!

次は、金ブタ王国へ秋波を送ろうとしているらしい。
その結果、大物工作員が表玄関から日本へ足を踏み入れるんだそうな!
バッカにするな! ナメたらアカンぞぉ~!

これらのハナシを、地道に流し続けよう!
ナンたって、夕刊フジが報じる事だから、「まぁ、そこはヨロシクね」ってコトで。

しかし、国会議員は国政調査権ってのを持ってんだからサ、シッカリ議論して追究して貰いたいヨねぇ~!
まず、衝撃的なスキャンダルを含め、暴露する! 暴露し続ける!
そして、バッカンを再起不能にするコトを目指す!

また、「本文よりも引用の方が長いってのは変・・・・・」とか、ナンとか言い掛かりをつけてくるゴミ野郎が出てくるんだろうけど、「それがどうした?」。
「コラコラコラム」も疲れ果てるコトだってあるんだ。グジャグジャ言われたくないねぇ!

引用開始→ 売国菅の“北献金”深まる闇…公安、米情報機関も関心
(夕刊フジ2011.07.07)

菅直人首相に対する北朝鮮絡みのスキャンダルが再び炸裂した。日本人拉致事件の容疑者の親族が所属する政治団体の派生団体に、菅首相の資金管理団体が計6250万円もの政治献金をしていた問題が国会で追及されたのだ。菅首相はかつて、拉致実行犯である元死刑囚の釈放を韓国政府に求める要望書に署名したことでも知られる。献金先の団体には公安当局や米情報機関も関心を寄せており、背後には深い闇が広がっていそうだ。

「(北朝鮮による拉致事件)容疑者親族の関連団体に、多額の寄付をしている。首相としておかしいと思わないのか。どんな関係があるのか。(団体代表者は)マルクスレーニン主義者であることを隠していない。思想的には極左だ。極左と民主党が切っても切れない関係にある」

自民党の礒崎陽輔参院議員は7日の予算委員会で、こう切り込んだ。東大法学部を卒業し、旧自治省に入省した元キャリア官僚。内閣参事官時代には安全保障を担当するなど問題意識は明確だ。

これに対し、菅首相は「政治資金規正法に則って適正に報告している」「党役職者として、ローカルーパーティとの連携支援のために寄付した」などと繰り返すだけで、北朝鮮や拉致事件には触れなかった。

礒崎氏が問題にしたのは、菅首相の資金管理団体「草志会」が2007年から3年間にわたり、政治団体「政権交代をめざす市民の会」に行っていた計6250万円もの政治献金。この「めざす会」は、北朝鮮の金正日総書記が指揮したとされる日本人拉致事件の容疑者の親族が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体だ。

親族とは、1980年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と、松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーを両親に持つ長男(28)。北朝鮮で生まれ育ち、7年前に日本に帰国した。今年4月の東京都三鷹市議選に「市民の党」から立候補して、落選している。

「めざす会」は、「市民の党」の代表が設立を呼びかけた派生団体で、会の代表も「市民の党」出身者。公安当局や米情報機関も関心を持っており、「両団体はかなり重複しているとみている」(公安筋)

拉致事件では、中学生だった横田めぐみさん=同(13)=をはじめ、何の罪もない数多くの日本人が北朝鮮の国家機関によって拉致され、たった一度の人生を無茶苦茶にされた。愛する人を突然奪われた家族の怒りと悲しみも深い。その容疑者の親族が関わる団体に、日本のリーダーが数千万円もの多額献金することは、法的にはともかく、国民感情的には到底納得できないだろう。

6日の衆院予算委員会でも、自民党の石原伸晃幹事長が「『めざす会』は、極左過激派団体により結成された『市民の党』から派生し、設立された。拉致事件との関係も取り沙汰されている」などと問題に触れた。菅首相は「事実だ」と認め、「私の政治資金の流れは、すべて正式に届け出をしている」と述べ、適正な献金と強調した。

「めざす会」には、鳩山由紀夫前首相の資金管理団体も1000万円を献金し、「市民の党」にも民主党議員6人の関係団体が献金。逆に「めざす会」が民主党国会議員3人の関係団体に献金しており、民主党、市民の党、めざす会の密接な関係が指摘されている。

自民党は7日午前、拉致問題対策特別委員会を開き、この問題を徹底調査・追及していく方針を確認した。

他にもある朝鮮半島との「関係」

菅首相と朝鮮半島との関係は、他にもある。

菅首相は89年、北朝鮮の元工作員で拉致実行犯である辛光洙元死刑囚の釈放を求める韓国政府への「要望書」に署名。辛元死刑囚は99年に恩赦で釈放され、翌2000年、英雄として北朝鮮に帰国した。

また、「草志会」が06年と09年に、在日韓国人から計104万円の献金を受けていたことが3月11日に発覚。同日発生した東日本大震災で追及はウヤムヤになっているが、東京地検特捜部は5月上旬、菅首相に対する政治資金規正法違反罪の告発状を受理している。

菅首相は政府の拉致問題対策本部長でもあるが、朝鮮半島や拉致関係者との不可解なつながりが問題解決の“障害”になることはないのか。

元公安調査庁第2部長の菅沼光弘氏は「菅首相は市民運動出身で、北朝鮮に共鳴する部分があるのだろう」といい、こう続ける。

「辛光洙の釈放署名について、菅首相は『よく知らずに署名した』と説明していたが、今回の献金問題や半島関係者との付き合いを見るかぎり、とても信じられない。現在、北朝鮮は朝鮮総連中央本部(東京都千代田区)の競売問題などをめぐり、日本政界にひそかに接近しているとも聞いている。北朝鮮絡みの動きには、表に出ていない闇の部分がかなりある」

日本の総理大臣が“闇”に関わっているとは信じたくないが…。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

引用開始→ 暴走する売国菅、北工作員が“大量流入”危機
(夕刊フジ2011.07.08)

菅直人首相の資金管理団体が、北朝鮮による日本人拉致事件の容疑者親族の政治団体に6250万円もの政治献金をしていた問題が、国会で追及され始めた。こうしたなか、菅政権は、北朝鮮国籍者の入国禁止という制裁を緩め、張雄・国際オリンピック委員会(IOC)委員の日本入国を「特例措置」として認める方針に傾きつつあるという。

これは、14日に都内で開かれるアジア・オリンピック評議会(OCA)総会に合わせ、北朝鮮側が出席を希望していることを踏まえたもの。

7日の自民党拉致問題対策特別委員会で、文科省は、入国受け入れの判断基準として五輪憲章に触れ「人種や政治などの理由に基づく差別を認めておらず、罰則規定も設けている」と説明した。

日本は2006年10月、北朝鮮の2度にわたる核実験や誠意のない拉致事件解明への制裁措置として「北朝鮮国籍を有する者の原則入国禁止」を発動しており、今回入国が認められれば制裁後初となる。

このため、前出の特別委員会では、出席議員から「工作員がまぎれて入国する恐れがある。入国を申請する人物をしっかり特定すべき」「朝鮮総連との接触や金銭授受の排除、特定の政治活動をさせないなど公安当局が監視すべきだ」といった意見が続出した。

これに対し、北朝鮮外務省の魯正秀研究員は8日までに平壌で共同通信と会見し、日本政府が同国の張委員の入国を許可する方向で調整していることについて「当然」と語ったという。何か“密約”でもあるのか。民主党に政権交代して以来、拉致問題はほぼ進展していない。内閣官房は、張委員の滞在中の具体的な日程を確認して最終決定するとした。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

| | コメント (0)

2011/07/08

バッカンの思いつきで行政をネジ曲げてはいけない! ストレス・テストでストレスが溜まる!

よくまぁ、毎日まいにち飽きもせず、その場の思いつきを権力行使で無理矢理実行させようとするなぁ。
サイテェ~やねぇ!
サイテェ~!
サイテェ~でんなぁ~!
サイテェ~なヤッちゃなぁ~!

サイテェ~だねぇ!
サイテェ~!
サイテェ~ですねぇ~!
サイテェ~な野郎だなぁ~!

サイテェ~だにゃぁ~!
サイテェ~!
サイテェ~だぎゃ~!
サイテェ~な野郎だにゃぁ~!
よう言うとられるねぇ~!
どの口が言うとるんだろうにゃ~!
おみゃぁさん、そりゃぁサイテェ~だワ!

そりゃぁ、7日の国会の参議院予算委員会、車で移動中だった事もあり聞いていたけど、まぁ、まともな議論じゃナイがね!
バッカンは、テメーに質問されてる事には何も答えず、閣僚から答弁をさせますって開き直るは、得意の中身ナシ長広舌を延々と的外れの言いたい事を主張するだけだ。

結果、7日に分かった事、
「バッカンは辞任しない。退陣しない」、「国会(衆議院)は、解散する(つもり)」という事だ。

国辱政党眠主党、テメーラで一日も早くオトシマエをつけろぉぃ!
突然、バッカンからハシゴを外されたバカイエダも、ついに切れたか、「然るべき時に責任を取る」と辞任を示唆したとか。
然るべき時は「いま」だ!「いま」だぜぇ~!
直ちに辞めろ!即刻ヤメロ!それなら認めてやるゾォ!

そのうち、バッカンが全ての閣僚を兼任する一人内閣が誕生する事だろう。

どうしたら、バッカンを引き摺り降ろし「獄門」に掛けられるか、誰か真剣に考えてくれぇ~!
こちとら、ルーピー・ハトヤマの先月の裏切りで「打つ手がない」ってのが実際だ!

引用開始→ 海江田“プッツン”菅延命暴走にウンザリ…大臣辞めてやる!
(産経MSN2011.07.07)

海江田万里経産相が7日、九州電力玄海原発の再稼働問題が混乱した責任を取り、菅直人首相の退陣前の辞任を示唆した。菅首相の延命暴走に堪忍袋の緒が切れつつあるようだ。自民党は内閣人事の醜態も含めて、内閣不信任案の再提出を模索している。政権居座りのために、国家経営の基軸である「電力供給」をも利用する菅首相に対しては、慣例破りの戦法で戦うしかないのか。

「いずれ時期が来たら責任を取らせていただく」

海江田氏は7日の参院予算委員会でこう答弁した。うんざりした表情が印象的だった。

日本経済に暗い影を落す電力不足を解消するため、海江田氏や経産省は細心の注意を払い、玄海原発の地元である佐賀県や玄海町に説明を繰り返してきた。地元は再稼働容認に傾いていたが、菅首相主導で6日、安全検査「ストレステスト」が突然打ち出された。

背景について、民主党中堅は「玄海原発が再稼働したら、菅首相は『脱原発』解散カードを失うと考えたのだろう。内閣人事のゴタゴタもあり、ストレステストで時間稼ぎをする気だ。自らの政権延命のために『電力供給』を利用するなど、とんでもない」と憤る。

これで、全国の原発は事実上、検査終了まで再稼働できなくなった。

内閣人事もひどい。看板だった松本龍前復興担当相は、宮城県の村井嘉浩知事に暴言を吐いて辞任。自民党から一本釣りした浜田和幸総務政務官(除名処分)は、鳥取県連に2000万円以上の借金が発覚。同県連は法的手段を検討している。

自民党の石破茂政調会長は6日の衆院予算委員会で、菅首相にこう語りかけた。

「一事不再議は成文化されていない。慣例なのは、なぜだと思いますか? まったく違う事態が生じたら、もう一度(賛否を)問わなければならないという例外を想定しているからです」

国会には、同一会期内に同じ議案を2回扱わない「一事不再議」という慣例があるが、例外である不信任案再提出の可能性を示唆したのだ。

議事として扱うかどうかの判断は、衆院議院運営委員会が行う。議運は民主党中心の与党が多数を占めており、再提出しても本会議で採決される可能性は低い。

民主党の安住淳国対委員長は「場外で寝技をかけているような話だ」と突き返したが、「民主党の黄門様」こと渡部恒三最高顧問は「出れば賛成する」と言い切った。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

追加掲出:(2011/07/08. 0700)

国辱政党眠主党、安住は国対として何ができたか?
寝技も寝言も、ナンでもイイんだよ!
テメーら、何もできないクセしやがって、寝技批判もねぇだろう!
キレイ事、言いたけりゃぁ、国辱政党眠主党の中でバッカンを引き摺り降ろせ!
それから寝言を言いやがれバッキャロォ~!
テメーなんざぁ、NHKのゴミ記者のまま、分かったようなヅラで政治批判してりゃぁよかったんだよ!

テメーなんざぁ、骨もナニもねぇじゃん。
口先だけの眠主党を顕してやがらぁ~!
グジャグジャ言ってねぇで、バッカンをテメーらで降ろしやがれ!
寝言は、それから聞いてやらぁ~!
それとも、思い切ってミンチにされちまうかだなぁ~!?
でもまぁ、次の選挙じゃ、無理だわなぁ~!ヤッパりミンチになる運命だにゃぁ~!

引用開始→ 西岡参院議長「不信任案、再提出できる」
(日本経済新聞 2011/7/7 20:21)

西岡武夫参院議長は7日の記者会見で、今国会での菅内閣の不信任決議案の再提出について「私の解釈では、不信任案の理由と提案者が異なれば出せると思う」と述べた。内閣に対する不信任決議権は衆院のみに認められた権能で、参院議長が見解を示すのは異例だ。

国会にはすでに議決された問題を同じ会期中に再び審議しない「一事不再議」の原則がある。西岡氏はこの原則に関して「慣例的にはそうだが、法的には別に根拠はない」と主張。「議院運営委員会での玄関払いや衆院議長が議題にしないことは法的には不可能だ」との解釈も示した。

野党が提出した菅内閣の不信任案は6月2日の衆院本会議で1度否決されている。自民党の石破茂政調会長は7日のテレビ朝日番組で、不信任案の今国会での再提出を目指す考えを表明。民主党内からは「場外で寝わざをかけるような話だ」(安住淳国会対策委員長)など否定的な声が上がっている。←引用終わり
Copyright © 2011 Nikkei Inc. All rights reserved.

| | コメント (0)

2011/07/07

九州電力の社員も「原発再稼働について、余りにもセンスが悪い、悪すぎる」ぞぉ!

何をやってんだろう?
九電もホントにセンスがないねぇ~!
自分で自分の頸締めてどうすんだよ!?
バッカじゃねぇか!
話になんない、驚きのセンスだねぇ!

バレないと考えてたとすりゃぁ、オツムの構造どうにかなってるよ。
どっかで漏れ出すんだよ、こういう事はねぇ。

経済産業省が「再稼働」を前提として説明会・ヒアリングの「手続き」をやってるワケだから、放っとけばイイんだよ。
余計な事して、振り出しに戻しちゃったワケで、これで九電は「玄海」の再開は当面できない状況になるよね。
結局のところ誰が「泣く」事になるのか、よぉ~く考えて見りゃぁ分かる事なんだけどなぁ。
九電は、泣く立場じゃねぇから、それでイイかも知れねぇや。
でもなぁ、九州の繁栄は「自動車産業」でもあるからなぁ。

難しい事しちゃいましたねぇ。
どうして「真実」に委ねないんだろうか?

「コラコラコラム」は、何も言えないっていうか、言うのがバカバカしいって心境だね。

A呆だよ!A呆~!ホントにA呆~だ!言葉がないヨ!

引用開始→ 九電、再稼働賛成メール送信指示…一般市民装い
(2011年7月6日21時28分  読売新聞)

九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働問題で、経済産業省が6月に佐賀市で開いた県民説明会について、九電の真部利応社長が6日、記者会見し、同社が子会社4社と一部社員に対し、一般市民を装い、再稼働に賛成する意見を電子メールで説明会に送るよう指示していたと発表した。

真部社長は「説明会の信頼を損ねる形になり、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

説明会は6月26日、番組としてケーブルテレビ局で行われ、インターネットの動画サイトで中継。メールやファクスで意見や質問を募集し、一部は番組で紹介された。

九電によると、メールは先月22日、九電本社原子力発電本部の課長級社員のアドレスから、子会社4社と九電の玄海原発、川内原発、川内原子力総合事務所のそれぞれ中間クラスの職員に送信。「説明会の進行に応じ、発電再開を容認する一国民の立場から真摯に、かつ県民の共感を得るような意見や質問を発信」するよう求めていた。職場ではなく、自宅からネットに接続することも指示していたという。

経産省によると、意見や質問は説明会の開催前日の午前10時から番組終了時まで受け付け、メール473件、ファクス116件が寄せられた。再稼働への賛否の内訳はメールが賛成226、反対119、その他128。ファクスが賛成60、反対44、その他12だった。

6日の衆院予算委員会の集中審議で、笠井亮衆院議員(共産党)がこのメールの存在を追及したため、九電が内部調査を開始し、判明したという。

読売新聞はこのメールに関して、2日に九電広報部に事実関係の確認を求めたが、九電は「常識的にそんな指示をすることはありえない」と回答していた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

| | コメント (0)

2011/07/06

政治の世襲を許すから、「資質」を欠くゴキブリ政治屋が出続けるのだ!

国辱政党眠主党は、世襲政治はダメ! と大見得切っていたじゃないか!?
自眠党は、世襲政治屋の一大集積だと批判し続けたじゃないか!?
しかし、どうだ?

次から次へと問題を起こすのは、国辱政党眠主党の世襲政治屋じゃないか。
しかも「巨大な利権」にしがみついたゴキブリ野郎ばかりじゃないか!?

一番目の世襲政治屋は、ルーピー・ハトヤマで、日米関係を徹底的に破壊した。
二番目の世襲政治屋は、トツベン・オザワで、日本の政治利権独占を狙った。
これだけでも政権を担当し続ける事は許されない!

百害あって一利無しのルーピー・ハトヤマと、政治利権漁りのトツベン・オザワを後ろへ隠したところ、今度は有象無象のゴキブリが這い出し、トツベン・オザワに倣い政治利権の獲得で血眼になっている。

その一人が、今回の暴言「松龍」だ!
無茶苦茶で、脈絡のない思いつきを、言い放題!

挙げ句の果ては、「出身地と血液型」のせいにするという厚顔無恥!
「恥を知らぬ」とは、実に恐ろしい!

ここまでくれば「資質」の問題である!
「資質」を欠いていると指摘したい!
国会議員に立候補するのは、日本国民である以上「自由」である。
政治屋を目指すのは「自由」だ。
しかし、その瞬間に「資質」を問わねばならない。

世襲候補は、ジバン・カンバン・カバンを引き継ぐから、地上戦も空中戦も、めっぽう強いため「資質」を吟味する隙を与えない。
先代から受け継ぎ守り育てる「後援会」が、ガッチリ睨みを利かせ、付け入る隙を与えようとしないのだ。
だから、選挙が始まると形式的に「選挙運動もどき」を繰り広げるだけで「当選」し幕になる。

こんな事を繰り返している間に、国務大臣に就く歳月が流れてしまう。
今回の「松龍」は、殆ど政治屋としての「資質」など吟味されない間に国務大臣に就いたってワケだ。

なぜか、元々「松龍」は表面で何か「政策」を実現しようという「志」があるワケじゃない。世襲後継候補で「政治屋」をさせられているに過ぎない。
家業も政治屋を排出しておけば、大体において「睨みが利く」から「特定政治利権」は手に入る。
従って、家業というか「特定政治利権」を守り抜くために永田町クラブの一員になっただけの存在なのだ。従って、長い事衆議院に席を持ちながら政治の上で成果ナシである。

バッカンは、なぜ「松龍」を担当大臣に任命したかと言えば、「担当大臣に就く者が誰もいない」という厳しい現実を抱えている。
その状況を抱え、見渡したところ「松龍」が残ってたワケだ。
従って、「適正か、資質があるか」は関係なかったのだ。
誰かを、とにかく据えなきゃならない、これだけの事情で復興担当大臣に就けたのだ。

エサは、土木事業や建築事業の利権である。
イヤ、イヤながら(と言われているが)、「松龍」は小躍りしたんじゃないか?
固辞したっていう理由は、自らの時間が得られなくなるからだろう。

でぇ、爆弾を爆発させてしまったワケだな。
「3月11日以降、5月5日を除いて『一日』も休んでいない」とエッラそうに言ってるが、被災者は、一日も一時間も一分も一秒も休みなく緊張を強いられている。
自治体も基礎自治体も、それは同じ事だ。

SPにガードされた側が、デカイ態度で口にするこっちゃないよ。

引用開始→ 「B型なので短絡的なところある」 松本前復興相に「血液型差別助長するな!」
(2011年7月5日(火)20時14分配信 J-CASTニュース)

被災地への「暴言」で辞任した松本龍前復興担当相が、「(自分は)B型なので短絡的」と発言したことについて、「血液型差別を助長するな」といった怒りの声が挙がっている。

松本前復興相は2011年7月3日に岩手、宮城両県を訪問。その際、両県知事に「知恵を出さないやつは 助けない」「こっちも突き放すところは突き放す」などと発言し、与野党から批判を浴びた。

「自分の品格のなさを九州と血液型のせいにするのか」
これを受け、5日午前に辞表を提出。就任からわずか9日間で辞任したが、辞任前日に松本復興相が記者団に語った内容が問題となっている。

「わたしは九州の人間ですけん、ちょっと語気が荒かった」
「わたしはちょっとB型で、短絡的なところがあって、反省しなければならないと思っています」
というもので、まるで自身の暴言は九州出身でB型のせいだといった内容だ。

ネット上には「なんで自分の品格の無さを九州とか血液型のせいにするんだ」「自分も九州人だけど言葉荒くない」「『ですけん』だけ方言にして九州人アピールするな」といった批判が多数書き込まれた。その中でも特に目立ったのが「これB型差別を助長するだけだろ」「またB型が迷惑こうむるじゃないか」というものだ。

血液型による差別や偏見「ブラッドタイプ・ハラスメント」
いわゆる「血液型性格分類」では、A型は「真面目」「几帳面」で、O型は「おおらか」、AB型は「二面性がある」といった風に語られる一方で、B型は「マイペース」「自分勝手」などとされることがよくある。ネット上で、B型の性格について書かれているものをみても「天才肌」「考え方が柔軟」などと言われる半面、

「客観的に物事を考えずに自分の主観で行動する」
「自己中心的でわがまま」「協調性がなくルールを守らない」
とネガティブな面が強調されることが少なくない。

もっとも、血液型と性格との関係性は科学的な根拠はないとされる。世界的に見てもこうした性格分類法は日本や韓国などアジアの一部地域でしか行われていない。

血液型による偏見や差別は「ブラッドタイプ・ハラスメント」と呼ばれ、04年には放送倫理・番組向上機構(BPO)が血液型と性格を関連づける番組について、テレビ各局に自粛を要望。07年には福岡の自動車運転免許試験場の講習で「O型は交通事故率が高い」と話した講師が厳重注意を受けている。

ちなみに、松本前復興相の後任に決まった平野達男内閣府副大臣も血液型はB型。ネットでは「B型の名誉がかかっているな」といった反応が寄せられていた。←引用終わり
Copyright (C) 2011 J-CASTニュース
Copyright(c) NIFTY 2011 All Rights Reserved.

大阪腐恥事ハシゲ・オチル、大阪のヘタレが「同病相憐れむ」というか「同類相哀れむ」といえばよいか、「辞任の必要なし」と売名目的で吼えている。

「・・・・・日本の政治も末期症状だ」と無責任なホラグチを叩いている。
ハシゲ・オチルみたいなヘタレ野郎が大阪腐恥事に就けた事そのものが「日本の政治の末期的症状」を表徴しているのだ!
バッキャロォ~!

「同病・同類相哀れむ」と指摘してやろう。
常に、ハシゲ・オチルは「売名目的」の「賛同発言」、「反対発言」、「恫喝発言」を繰り広げる。
「売名目的」は明らかなんだから、マスゴミも放置するか、徹底的に批判するのがスジじゃないか。
とにかく、大阪腐恥事ハシゲ・オチルは極めつけのスジワルなんだから。

引用開始→ 橋下知事「松本氏、辞める必要なんて全くない」
(2011年7月5日21時08分  読売新聞)

松本復興相の辞任について、大阪府の橋下徹知事は5日、「きちんと謝罪して、これから仕事で結果を出すということであれば何も問題ない。辞める必要なんて全くないと思う」と報道陣に語った。

橋下知事は「僕も山ほどそんな(問題)発言をしているが、まずかったら謝って、正し、その代わりに仕事はしっかりやるということでいいと考えている」と主張。
「一つの発言だけを取り上げて、大臣の職を辞めなきゃいけないなんていうのは、日本の政治も末期症状だ」と述べた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

| | コメント (0)

2011/07/05

オヤジらの「百光」で衆議院議員にしがみく松本龍だが、ウジや育ちが顕れましたなぁ!

国辱政党「眠主党」のウリの一つが、地方分権の尊重・確立だった。
その内閣で閣僚に就いたスジワル「松本龍」が、さすがにスジワルぶりとしての能力全開中だな。

自眠党の議員も、確かに呆けたヘタレやクズも結構いるけど、国辱政党眠主党のクッソ議員ほど酷くはないワ!

バッカンの内閣呆けぶりも極めツケだ!
こんなクズ野郎が「人権派」だなんて、ヘソが茶を沸かすワェ!
笑ってしまう。ブラックユーモアかと思うネぇ!

脅しにも負けず書いちゃった「讀賣」は終わりですかぁ~?

4日の朝、この発言を「讀賣」が報じた事を知った瞬間(07:00)にTWへアップした。
その後、産経も報じたので、これも(08:00)TWへアップした。
いずれも「書いちゃったから、終わりかな」。
終わるのは「龍」じゃないのかなぁ~!

ナニをエッラそうに、どの口がヌカしとんじゃぇ、辞めさらせぇ~!

オヤジらの七光りという言葉もあるが、「龍」の場合は「オヤジらの百光」だろうが!

ナニをエッラそうに、どの口がヌカしとんじゃぇ、辞めさらせぇ~!

今度の言葉で、おサトウジソダチも、ナンちゅうか見せてしもたねぇ~!
見せてしまいましたなぁ~!

こんなクッソヤロウに「人権」なんて、口にされたくないですな。
一連の発言のどこに「人権尊重」の思想がありますか?
小心者が、自ら無能さを隠すために必死で、自慢話と「恫喝」を繰り出しただけじゃないか!?
何かの押しかけと間違えているんじゃないのかぁ?
大量の街宣車、何本もの旗による大波、大音声の拡声器、そして取り巻き動員がなかった事が違うのか?
押しかけ団交の時に、先制パンチで見舞う最初の大声恫喝を、復興担当大臣として、被災各地の県知事に加えたワケだ。

県知事に加えた恫喝パンチは、即ちそのまま被災地の県民に加えた、「国による暴言」である。この点をシッカリ受け止める必要がある。
この事実は絶対に譲れない実に重要な点だ。

被災県民全員を蹴り上げ、ボコボコにしたに等しい!
ナンで、被災県民が「龍」のようなゲス野郎に蹴り上げられ、ボコボコにされなければならないのだ!
バカにするな!
ナニが「人権派」だ?
国辱政党「眠主党」の人権とは、テメーらの都合に合わせた「人権」に過ぎない。
「人権」は「あらゆる人に平等」に保証されるなら、「人権派」を看板に掲げる側に立つなら「自慢」する前に「共助」する「公助」する姿勢を人として示すのが先だ!
薄っぺらいスジワルのクズ野郎が、テメーなんざぁ政治の世界から消えてしまえ!

こんな薄汚い、スジワルのクズ野郎を利権の巣窟「復興担当大臣」に、バッカンが任命した事自体の責任を厳しく問わなければならない。

一番欲しい復興利権は手下の土建屋を全国から総動員してピンハネする事も構想していたから、「イヤヨ・イヤヨ」と言いながら、復興担当大臣に就任したんだろうが。

大阪腐恥事ハシゲ・オチルと同じ構図で、公権力を嵩に着て(復興土木)利権漁りしたいだけだろうが。
商法上の「相反利益の追求」に当たるんじゃないのかぁ!

テメーの本業や周辺を考えりゃ、就任を固辞するのが普通だろうになぁ!?
引き摺り降ろさなきゃぁ、ゲス野郎は辞めないだろう!
なんせ、復興土木利権逃げていくもんネェ~

エダノコブターの記者会見でのオドオドした姿勢はナンだ?
そんなに怖いか? 恐ろしいか? ナニが怖いか? ナニが恐ろしいか?
エダノコブターよ、人としてハジよ! 情けないクズ野郎だ!

国辱政党眠主党の、本質的なお里が知れたってワケだ。

マスゴミ各社へ:
大臣と県知事の公式会談に、記者が同行取材するのは当然だ。
それはナニよりも「国民の知る権利」である。
それには「オフレコ」もナニもない。
「最後の恫喝発言を書いたら、その社は終わりだ」とか、
これは、マスゴミ各社への恫喝挑戦だ。
ナニよりも、国民全体への恫喝であり取材報道禁止宣言だ。
ここまで言われて、黙っているのか?
こんなスジワルでゲスのクズ野郎に、勝手な事を言われて平気なのか。

絶対に「龍」のクビを取れ!
「龍」のクビを取るまでバッカンとセットで攻撃を続けろ!
今回の一連の公式の場における発言(恫喝)は、国民への挑戦だ!国民への挑戦以外の何ものでもナイ!

バッカンを打倒しなけりゃ、日本は本当にダメになるぞ!

引用開始→「コンセンサス得ろよ」復興相、3日宮城知事に
(2011年7月4日20時39分  読売新聞)

松本復興相と宮城県の村井嘉浩知事が3日午後に会談した際の復興相の主な発言(要旨)

(復興相が先に宮城県庁の会談会場に入室したが、村井知事が遅れて現れた)

「先にいるのが筋だろう。お迎えするのがね。分からん。俺、大臣室にいる時は立って(来客を)お迎えするよ。
もう俺ずっと3月11日から5月5日に1日だけ休ませてもらったけど、ずっとこの仕事をやっているから、何でも相談には乗る。
だから、しっかり政府に対して甘えるところは甘えて、こっちも突き放すところは突き放すから。そのくらいの覚悟でやってください。
それぞれの市町村で(復興)構想会議とか、絵を描いていると思う。
私の基本的な立場はそれぞれの町で伝統や産業や文化が違うから、それぞれの話を聞いて、我々もしっかり見ながらやる。
例えば、水産関係でも、3分の1から5分の1に集約するってと言っているけど、県でコンセンサスを得ろよ。
そうしないと、我々何も知らんぞ。ちゃんとやれ、そういうのは。
今、(村井知事が)後から入ってきたけど、お客さんが来る時は自分が入ってからお客さん呼べ。
いいか、長幼の序が分かっている自衛隊なら、そんなことやるぞ。分かった?
(報道陣に)今の最後の言葉オフレコです。
いいですか?いいですか?はい。書いたら、もうその社は終わりだから」←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 欲しいはダメ知恵出せ…復興相、3日岩手知事に
(2011年7月4日20時18分  読売新聞)

松本復興相と岩手県の達増拓也知事が3日午前に会談した際の復興相の主な発言(要旨)

「発災から今日まで、休んだのは5月5日だけ。
これからは私自身はいろいろな所に被災者の話を聞いて回りたい。
(現地対策本部には支援を)絶対切れ目を作るなよ、と指示している。
強力な体制でやってくれると思う。
それと、俺九州の人間だから、何市がどこの県とか分からん。
昨日は(岩手県)宮古の山本(正徳市長)に連絡して、『頑張るぞ』と話をした。
陸前高田、大船渡、南三陸、気仙沼、山元町、相馬、新地町、南相馬(各首長ら)にも昨日電話した。
本当はね、仮設(住宅)はあんたたちの仕事だから、仮設よりも恒久住宅を我々は構想するから、みんながどういう知恵を出せるか、これからは知恵合戦だ。
今度は知恵を出すところは助けますけど、知恵出さないやつは助けない、そのくらいの気持ちをもって(対処する)。
昨日も宮古の山本(市長)に言ったけど、もうあれが欲しい、これが欲しいはだめだぞ、知恵出せよ、という話をした。
あいつは俺の弟みたいなものだから。甘えるなって言った」←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 九州ですけん語気が…4日の復興相発言=1
(2011年7月4日18時09分  読売新聞)

4日午後の松本復興相の発言は以下の通り。

「今回の発言は知事に対して申し上げたことであります。
言葉足らずだったり、私は九州の人間ですけん、ちょっと語気が荒かったりして、結果として、被災者の皆さんに、傷つけたということがあれば、おわびを申しあげたいという風に思っております。
3月11日の午後3時からずっと、この間、5月5日の日に丸一日休んだことを除いて、ずっと、東北の問題に関わってきました。
そういう意味では、しっかり取り組んでいきたいという風に思いますし、私は福島に行って、岩手に行って、宮城に行って、私は全ての市町村の名前を知っています。
知らないわけがありません。
しっかり寄り添ってきましたから、そういう意味では全ての市町村の皆さんに対して、しっかりこれから取り組んでいく決意を表明したいという風に思いますし、そういう意味では、何と言いますか、知事とのお話は真剣勝負でありまして、私もこれから本格的に取り組んでいきたい、知事もこれから取り組んでいかれるだろう、そういう中で、住民の合意がいるだろう、そういったものをしっかり知恵を出していきながらやってほしいということで発言をしたところであります。以上です」

4日の復興相発言2は↓こちら ←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 松本復興相「前向いて復興に当たる」辞任は否定
(2011年7月4日20時32分  読売新聞)

松本復興相は4日、震災復興に関する岩手、宮城両県知事との会談で「知恵を出さないやつは助けない」などと述べたことについて、「言葉足らずだったり、ちょっと語気が荒かったりして、結果として被災者の皆さんを傷つけたということがあれば、おわび申し上げたい」と陳謝した。

一方で、「このまま真っすぐ前を向いて復興に当たっていく」と述べ、辞任は否定した。東京都内で記者団に語った。

松本氏は「知事との話は真剣勝負であり、知恵を出していきながらやってほしいということで発言した」と釈明した。
「九州の人間だから、何市がどこの県とかわからん」と述べたことについては、「(被災地の)全ての市町村の名前を知っている。東北は広いという思いがあって、『しっかり取り組む』という意味で言った」と述べた。

野党は批判を強めており、菅首相の任命責任を含めて国会で追及する方針だ。自民党の谷垣総裁は同日、党本部で記者団に、
「(退陣表明している首相の下で)松本氏がやる気を失っているのではないか。
内閣全体として早くお辞めになった方がいい」と早期の首相退陣を求めた。

公明党の山口代表は「全体の言動を見れば見るほど不快極まりない」と強調した。

首相は同夜、首相官邸を出る際、松本氏の発言の受け止め方を記者団に質問されたが、答えなかった。

4日の復興相の発言はこちら ←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

| | コメント (0)

2011/07/04

遅滞しているようですが、近鉄は観光特急の阪神三宮へ乗り入れに向け新型車両を発表

近鉄が、新造する観光特急車両のニュースで阪神本線への乗り入れの可能性も含めリリースして以降、以前のネタへのアクセスが増えてきた。
それでは、という事でこのネタをスレッド掲出しておきたい。

阪神本線と近鉄線が「阪神なんば線」で直結されて以降、近鉄の観光特急を阪神三宮へ乗り入れ、その後に神戸高速鉄道を利用する方法で山陽電鉄姫路駅への乗り入れ構想も脚光を浴びているが。
現在、阪神電鉄は三宮駅の大改造工事を行っている。

この改造工事が終わると、上り梅田方面と、下り姫路方面、近鉄からの乗り入れ電車の折り返し線(上下線を挟み中央に設けられる)を明確に分離する事で、分かりやすくなり利便性が高められる。

近鉄観光特急の阪神三宮乗り入れは、三宮駅の大改造が終わった後にするのが分かりやすい。
何よりも、阪神電鉄は「特急料金」を利用者に課していない。
近鉄は、観光特急の性格上「特急料金」を利用者に課している。

阪神間や京阪間では、「特急電車」の「特急料金」は課されないのが利用者の常識だ。

3年ほど前、出講先の学生と「祇園祭の宵宮」を観に行こうという事になり、阪急梅田駅の集合時間と乗車する京都線の特急電車の時間を指示した。
奈良から通学する学生から、
「特急電車でないとダメですか、急行電車はないですか」と質問を受けた。
質問された側は、意味が分からず
「ナンで、特急電車でなく、急行電車でなきゃダメなんだ」と問い返す始末だった。
すると
「特急電車は、『特急料金』が要るでしょう」と答えが返された。
「あぁ~、そう言う事か、『阪急の特急は特急料金など要らない』から心配するな」と返した。
すると「本当ですか」と、信じられないという表情だった。
物心ついた頃から「刷り込まれた慣習」とは恐ろしいモノだ。

ちなみに近鉄の大阪難波と近鉄奈良の路線距離と普通運賃は、ほぼ30キロで540円である。
約30キロで同じ距離の大阪梅田と神戸三宮の料金は、阪神電鉄も阪急電鉄も同じく310円である。
近鉄の路線に住まいすると、長期にわたり片道230円も余分に運賃を収奪され続ける事になる。
実に、恐ろしいモノであり、恐ろしいコトだ。

というようなワケで、近鉄が観光特急を阪神線内で三宮駅を始め神戸高速線・山陽電鉄線を利用し姫路駅までの乗り入れを実現するには、各線の「車両限界」に合わせた車両の開発もさる事ながら、優等列車としての扱いやその料金をどのように扱うか、既存の料金といかに整合性を保つか、解決を必要とする課題は山積している。

大阪を軸に京都や神戸の間を移動する者としては、快適快速移動を提供するのは鉄道会社の基本的なサービスであり、既に慣習として十分に定着しており、普通運賃以外の料金を課すなどというバカげた事は受け入れられない。
従って、近鉄の観光特急だけに限定した料金体系でなければならない。

さらに言うと、阪神本線はかなり過密なダイヤで運行している。
ここへ三宮から「なんば線」分岐駅の尼崎まで、過密なダイヤを縫い近鉄の観光特急を運行させるワケで、都市間鉄道(インターアーバン)である阪神本線の運行ダイヤが影響を受けるのはイヤな事だ。避けて貰いたい。

近鉄のローカル路線のように、ノンビリゆとりを持ち運行しているのとは基本的に異なっている。

とは言いながら、伊勢や名古屋と直結する事は基本的に歓迎したい。
大いに、近鉄の事業意欲を評価している。
何よりも、6両編成で147人の乗車定員って、まぁ、ナンと贅沢な仕様である事か。
通勤電車1両分の定員じゃないか。

引用開始→ 近鉄が新型特急導入へ 大阪、名古屋から伊勢志摩へ
(神戸新聞NEWS 2011/07/02 07:55)

20110702b_04229301kpn 近鉄が導入する新型観光特急のイメージイラスト

近畿日本鉄道は1日、大阪、名古屋と三重県の伊勢志摩を結ぶ新型観光特急(6両編成)を2013年春に導入すると発表した。ゆったりとした乗り心地にこだわった車両で、阪神なんば線(尼崎‐大阪難波)を経由した阪神電鉄本線への乗り入れも想定している。

13年には伊勢神宮の式年遷宮があり、新型特急のデビューで「伊勢志摩の活性化の切り札にしたい」(松下育夫副社長)考え。約37億円を投じ、2編成を導入する。

定員は147人。現在の特急よりも半減させ、座席間隔を125センチに広げたり、電動式の足のせを設けたりして、広々とした空間を確保する。寝台車を除けば国内最大の広さという和洋2タイプの個室(5・5平方メートル)や、夏休みには子どもの遊び部屋になるグループ席なども配置する。

大阪、名古屋から1日1往復させる予定だが、現在、阪神三宮駅などへの乗り入れに向け阪神側と協議中という。新車両は乗り入れを想定して設計しており、松下副社長は「団体列車や臨時列車という形でもいいので、できるだけ早く乗り入れたい」と意気込んでいる。(足立 聡)←引用終わり
Copyright© 2011 神戸新聞社 All Rights Reserved.

| | コメント (2)

2011/07/03

ボーイング787 やって来た! やっと来た! 羽田で雄姿を見せ

ホントに、長い事かかったねぇ~!
部品を供給している皆さんは、ハラハラ、ドキドキの連続だった事だろう。
今も、ハラハラ、ドキドキだろうけど。

とにかく、デモフライト機を羽田で迎えた全日空もホッとした事だろう!
11anaboeing0526_2 (写真は、全日空から提供を受けたもの)

800機もバックオーダーを抱えながら、飛行ソフト開発が細部で見直されたりしながらだった、と漏れ聞こえていただけに「航空機好き」の立場としても嬉しい限りだ。

まぁ、部品供給事業者の知人友人に、「よかったねぇ」とこの場を借りて申し上げたい。

でぇ、生産が軌道に乗ろうとする時に「節電15%」である。
この点が、残念だ、ホントに残念だ!

高度な部品を作り出すエネルギーは、高周波が不可欠だ!
高周波を作り出すのは「電力」である!
これを確保できなければ「仕事」はできない。

先端工業を維持し続けるためにも、電力確保が絶対条件である。
日本製(30%~35%)でもある、B787が世界の空を安全に飛び続けるためにも、電力確保を十分に手当てして貰いたい。

引用開始→ ボーイング:新世代旅客機787が羽田空港に到着
(毎日JP 2011/07/03)

20110703mog00m020004000p_size5maini 日本に初めて着陸したボーイング787=東京都大田区の羽田空港で2011年7月3日、小城崇史撮影 

米国の航空機メーカーのボーイングが全日空の協力を得て開発している新世代旅客機、ボーイング787「ドリームライナー」が3日早朝、シアトルから羽田空港に到着した。787が日本に着陸するのは初めて。空港周辺には多くの航空ファンがカメラを構えて集まった。

今回の飛来は、787の日本就航に備えて空港の設備との適合性を検証するためのプログラムの一環。羽田のほか、大阪伊丹、関西国際、岡山、広島の各空港で、給油作業や空港のボーディングブリッジ(搭乗橋)との接合など就航した際と同様の作業を行い、効率性や問題点などを8日まで検証する。また、10日には主翼部分を生産した三菱重工などの関係者への「お披露目」のため、中部国際空港にも寄港する予定。

こうした新型機の空港との適合性検証が国内で行われるのは、同じく新世代旅客機と位置づけられるエアバスA380が2010年10月、羽田で行って以来。

787の大きさは長さ約56メートル、主翼の幅が60メートル。同級の767-300ERよりも長さが2メートル、翼幅で13メートルとやや大きく、長距離用の777-200ERよりは長さが6メートル小さく、翼幅はほぼ同じ。

787は03年から「効率性を重視した機体」として「7E7」(EはEfficiency=効率の意味)という名称で開発がスタート。04年、全日空が50機大量発注したことから、開発が正式に決定された、また、全日空が開発段階から航空会社としての意見を出し、ボ社にも社員を派遣するなど計画に積極的に参画した。

787の最大の特徴は、ほぼ同数の座席数(210~250席)をもつ767より燃費が2割削減されたこと。軽量化を図るために炭素繊維などを使った新素材の使用比率が、従来機の10~20%から50%以上と大幅に引き上げられた。また、胴体に新素材を使ったことなどから窓が767より1・6倍大きくなるなど、快適性も向上した。そのため、原油高騰での燃料費増に悩んでいる世界の航空会社の注目を集め、現在、50社を超える航空会社から800機を超える注文が集まっている。日本でも全日空が55機、日本航空が35機発注している。

当初、ボ社は07年初飛行、08年初号機引き渡しというスケジュールを組み、全日空も08年夏の北京五輪にあわせて北京線に投入する予定が立てられていた。しかし、飛行を制御するコンピューターソフトの開発遅れなどから予定がたびたび延期され、初飛行は09年12月。ボ社の発表によるとローンチカスタマー(新しい旅客機を最初に使用する航空会社)として、全日空が受領するのは今年8~9月の予定となっている。

羽田空港に到着したボーイング787型機は、空港の消防車の左右からの放水で作られたアーチをくぐって全日空格納庫前に到着。同機を操縦した石井正之機長(56)と塚本真己機長(48)を先頭にボーイング関係者約30人が羽田空港に降り立ち、全日空やボーイング社関係者らの出迎えを受けた。

羽田空港に着陸した石井機長は「いつもと同じと思い冷静に操作した。着陸した後で、コックピットから見ると手を振ってくれる人が見えて感動した」と語った。また、07年の開発段階から同型機にかかわっている塚本機長は「シアトルから飛行してみて、燃料の減り方が遅く改めて燃費のいい飛行機と感じた」と話した。【黒川将光】←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

| | コメント (0)

「東北自動車道」無償化は、最初に懸念し指摘したとおりで物流を滞らせている

東北自動車道の無償化を批判し反対のスレッドを掲げたとき、「世の中」や物流を理解できない(理解しない)側から、ヒステリックで感情的な批判を数多く受けた。
そのどれもが取るに足りない「ク・ダ・ラ・ナ・イ類」のモノに過ぎず残念だ。

いま生じている事は、復興の足を引っ張り、本当の被災者を打ちのめしているだけだ!
6月12日に掲出したスレッド:「東日本大震災」被災地東北地域での高速道路無料化は反対だ! → http://febnet.cocolog-nifty.com/column/2011/06/post-6174.html   

こんな事は、最初から分かっている(想定できる)事だ。
「分からなかった」と言うなら、それは無責任と言うほかない。
基本的な「想像力を欠く」人が、復旧・復興の指揮や、復旧・復興に向けた「物流・人流」を指揮する資格はないのである。
思考能力の著しい劣化が生じている。
それで、復旧・復興を担う事ができるか。

「ワァワァ~、騒いでいる」に過ぎないじゃないか。
一時的な「感情」に支配されることなく、「冷静」な思考が求められる。
被災地復旧・復興には、「冷静な秩序」が求められる。
無駄な事は止めるべきだ。

被災地は観光の場ではない!
被災地には本質的なボランティアが求められている!
(ボランティア体験気分を味わいたい観光ボランティアは不要との事だ)

確実に救援物資を途切れなく届け続ける必要がある。
何よりも復旧に不可欠な物資を間断なく届ける必要がある。
更に、復旧作業に従事する人をシッカリ送り込む必要がある。

そのためには、不要不急の車を排除が重要な事は言うまでもない。
直ちに、東北自動車道を始めとする常磐自動車道や東北各地の自動車道の無償化は止めるべきだ。
「百害あって、一利無し」である!
こんなバラマキは意味がない。
復旧復興にかかる東北地域の各自動車道利用者への無償化措置(と同等の措置)は、別の方法ででも十分に可能だ。
要は、物流を停滞させる事による被害の方が、より甚大な経済的損失を生む事を認識し理解する必要がある。

真剣に「東北の復興」を推進する気概があるなら、意味のない感情論や与太者の議論は排除すべきである。

引用開始→ 被災地の高速道路無料化 渋滞発生で救援物資届かぬとの声も
(2011年07月03日07時00分 提供:NEWSポストセブン)

東北地方の高速道路無料化に対応するため被災証明書を発行する自治体が増える中、早くも被災地に新たな災いが降り掛かっている。

6月24日夜の盛岡インターチェンジには、さまざまな地域のナンバーをつけた車による渋滞が発生。およそ1キロを超える列が料金支払い所に並んでいた。ETC利用者はほぼ皆無。料金所には被災証明書を提示するドライバーで溢れている。彼らの姿を眺めていると、どう見ても観光用に利用しているとしか思えない人物がチラホラ。

大畠章宏国土交通相が6月21日に「被災地復興を考えての制度導入。節度ある形で対応していただきたい」と牽制したのも、ここでは虚しく響く。岩手県陸前高田市で被災者向けのボランティア活動を行なっている男性は「3.11の地震から我々が何も学び取っていなかったことだけは分かりました」と力なく笑う。

当時、津波の被害から逃げようとしても道路が塞がり、逃げ遅れて地震の犠牲になった人たちが多くいたことは記憶に新しい。また、道路が封鎖されているために救援活動や支援活動の大きな妨げになったことはここで細々と述べるには及ばないだろう。

「明らかに観光気分で訪れている人が増えています。避難所を回り携帯電話のカメラで風景を撮影している人もいました。『がんばろう日本』なんてスローガンは、もはや皮肉にしか聞こえないですよ」と先の男性。

被災地の道路や橋などの復旧作業の指揮を執っている大手ゼネコンの社員も「物資がいきなり滞り始めた感じはあります」と話す。

「まず、物資を積んだトラックが来ない。来ないことには作業のしようもありませんので、それだけ復旧が延びるということです。国交省は何を考えて高速道路を無料化したんですかね。復旧を遅らせるためならなかなかいい案ではありますが」とチクリ。

一方、被災証明書を持ち“観光”を楽しんでいる側の意見も紹介しよう。

岩手県内のドライブスルーで話を聞いた男性は、東日本大震災の際に起きた停電1日で被災証明書の発行を受けたという。「だって、タダになるならもらわないと損でしょ。それに自分たちが遊ぶことで経済も回る訳だからとやかく言われる筋合いはない」。

最後に今も避難所で暮らす男性の言葉を紹介したい。

「津波で家を失った我々が、車なんてあるはずないでしょう。好きでこうなった訳じゃないのに、何だか見せ物のように扱われることに不快感を覚えます」。←引用終わり
Copyright © 1996-2011 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.

| | コメント (0)

売国一筋のバッカンが「日中関係」改善を手がける必要はナイぞぉ!

トツベン・オザワも居座りでは酷い代物だが、バッカンの居直り居座りはそれ以上だ!
次々に、案件を持ち出し、居座りに向け延命を図る。
こんなの「政権乞食」に過ぎないじゃないか。

まさに「売国一筋」のバッカンが「日中関係の改善」に取り組む必要なんて、どこにもないゾ!
どこまで「権力亡者」で居座ろうとするのか。

ルーピー・ハトヤマの裏切り、寝言の決断が、結果的に今日の状況を創り出している。
バッカンを引き摺り降ろせる最大のチャンスを、小心者のルーピー・ハトヤマが最後に寝言の決断で裏切ったワケで、その瞬間にバッカンはゾンビになった。

国辱政党「眠主党」ならでの仕様だが、ここまでくると国を破壊するにも限界ってモノがある。

結果的に、国民の多くが「民主主義」の非効率や限界を薄々と感じ始め「失望」している。
その顕著な例が、大阪腐恥事ハシゲ・オチルもようなスジワルを選び出し、「集団ヒステリー」にも見える「驚喜する」状況を作り立てている。
既に大阪腐眠は「全面的な思考停止状況」へ追い込まれている。

政治状況としては、かなり危険な状態にあるといえる。

日本の政治は未成熟であったという事だ。
かなり危険な状況が迫りつつあるように見える。

「珍民運動派政治家」の胡散臭さ、無責任をバッカンが示し、大きく失望させられ、そしてこの状況を打破できない「民主主義の制度」に不信感を強める事以外に手がないっていうのもオカシナ事だ。

そもそもは、国辱政党「眠主党」の甘さと狡さイヤらしさ無責任に要因があるワケだが、そんな事すら見抜けず期待を寄せ、欺されても一票を投じた愚者愚者珍民ドモの責任なのだが、恐ろしいコトに、そのツケは全員に廻されるって事だ。

眠主党のクズ議員、バカ議員、ゴキブリ議員は、論理的一貫性を欠くって事やオヅラの甘さでは、ホラグチ・イチバンに代表される。都道府県議会の議員もその殆どがオヅラは甘く、緊張感も一貫性もない無責任なヅラを構えている。

自眠党の議員のオヅラも相当程度酷い代物だが、眠主党の議員ほどではないワ。

でぇ、バッカンの居座りを許すのか? 認めるのか? というテーマである。

「コラコラコラム」は、バッカンの居座りを認めるワケにはいかない。
バッカンを糾し続ける!
併せて、国辱政党「眠主党」が破滅解体へ向かうように糾し続ける!
国辱政党「眠主党」を支持し続ける思考停止の愚者愚者珍民ドモとは、あらゆる分野で徐々に一線を画す!

政策の一部分が受け入れられるから「バッカンを支持」するなんて、戯言を披瀝する御仁も多いようだが、それこそ「木を見て森を見ず」の議論そのものだ。その種の寝言がバッカンの居直りを許す事に陥るワケだ。

バッカンはダメだ!
ルーピー・ハトヤマもダメだ!
トツベン・オザワなんざぁダメダメだ!
センゴク・マンゴクは許さない!
ホラグチ・イチバンは孫正義とお手々繋いで中華饅頭低国へでも逝きやがれぇ
マエ・ハラハラもアマヅラのまま逝きやがれぇ

早速、中旬以降に乗り越えを余儀なくされそうだが。
必要であれば、相当の覚悟で糾し続ける!

無責任を地で行く国辱政党「眠主党」のクズ政治屋ドモ、ゴキブリ政治屋ドモ、この間の「売国政治」のツケを必ず払わせなければならない。

衆議院の選挙を恐れては政治の改革はできない。

引用開始→ 菅首相「10月訪中」検討 周辺に調整を指示、長期続投に強い意欲
(産経MSN2011.7.3 01:30)

菅直人首相が10月に中国訪問を検討していることが2日分かった。首相周辺が明らかにした。首相はすでに退陣表明しており、延長した通常国会の会期末は8月末だが、今秋以降の続投にも強い意欲を示しているとみられる。ただ、外交を理由とする新たな「居座り」画策は野党だけでなく、民主党内からも強い反発を招くのは必至で、政局は一層混乱しそうだ。

首相が検討しているのは、清朝崩壊のきっかけとなった辛亥革命の「武昌蜂起」から100年にあたる10月10日前後の北京訪問。中国ではこの時期に国を挙げた記念行事が予定されている。首相は記念行事に出席したい意向で、実現すれば就任後初めての訪中となる。10月10日は首相の65歳の誕生日でもある。

首相は6月2日に退陣の意向を表明し、同月27日の記者会見では、平成23年度第2次補正予算案と再生エネルギー特別措置法案、特例公債法案の3つの成立が「(退陣の)一つのめどになる」と述べた。

だがこの際も、具体的な退陣時期は示さず、訪中への意欲を失わなかったとみられ、最近、側近に対して「10月10日の辛亥革命100周年の記念行事にあわせて訪中したい」との意向を改めて伝え、中国側との調整を指示した。

首相の辛亥革命への思い入れは強く、今年1月の施政方針演説では「中国の近代化の出発点となった辛亥革命から今年で100年になる」とあえて言及。さらに「来年の日中国交正常化40周年を控え、改めて両国の長い交流の歴史を振り返り、幅広い分野での協力によって戦略的互恵関係を充実させることが重要だ」と述べて、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善に強い意欲を示していた。

また2月16日の衆院予算委員会でも「いろいろな催し物を日本政府としても応援し、(来年の)日中国交回復40周年の大きな節目の年につなげていきたい。機会があれば、ぜひ私自身も行きたい」と10月訪中への強い意欲を見せた。

日中両国は毎年首脳の相互訪問を実施しており、今年は日本の首相が訪中する年。5月に東京で行われた日中首脳会談で温家宝首相は菅首相の年内の訪中を招請。菅首相は「本年の都合の良い時期に中国を訪問したい」と応じていた。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (0)

2011/07/02

「節電の夏」 博多では勇壮無比の「祗園山笠」が始まるけんね!

暑い夏に「節電要請」という「強制節電」が北海道・北陸・中・四国・九州・沖縄の各電力事業者管内を除き、「節電ファッショ」と「原発ファッショ」が盛んになってきた。

東京電力管内は、15%節電に協力しないと罰金を科すなんて物騒な話もチラホラ聞こえてくるようになった。
それじゃ、この原因を創り出し、いまだにアップアップして抑制できない東京電力に罰金を科すべきじゃないのか?

戦争責任と同じで、直接的には「誰が、どう責任を負う」べきか、全く以て誰の責任でもなく「地震」が最大の責任者だ、なんて声も聞こえてくる昨今だ。
誰も責任がないってワケだ。
そのくせ、「15%節電に協力しないと罰金だ」なんて、どの口で言えるのかと言いたい。

そんな細かい事はナシにしてだ、
九州の首都たる福岡市、福岡市の玄関口を占める博多区。
博多の総鎮守「櫛田神社」は、勇壮無比を誇る「祇園山笠」の幕が月替わりと共に明けた。

まずは、「飾山」が市内各地を飾り立て15日早暁の「追い山」へ向け、熱気に支えられボルテージが上がる。

博多は、「山笠があるけん、博多たい!」と博多っ子が胸を張るように、一年待ち続けた「祗園山笠」が始まったワケだ。

一番山笠・西流、二番山笠・千代流、三番山笠・恵比須流、四番山笠・土居流、五番山笠・大黒流、六番山笠・東流、七番山笠・中洲流、以上が今年の櫛田入りの順番だ。
もう一つ、八番山笠・上川端通り(大きな「飾り山」ながら櫛田入りのみ舁き山で登場)。

朝日が写真付きで八番山笠を報じたので引用紹介しておきたい。

今年「追い山」はスケジュールで難しい事情を抱えているため、12日の「追い山ならし」か、13日の「集団山見せ」に時間を確保しお邪魔できればと考え、スケジュール調整で挌闘しているところだ。
(難しいかも知れない)

引用開始→ でっかく華やか飾り山笠 博多で一斉公開
(asahi.com 2011年7月1日15時46分)

Seb201107010006asahi 博多祇園山笠が開幕。商店街の中に飾られた上川端通の八番山笠=1日午後、福岡市博多区、関田航撮影


博多祇園山笠が1日、開幕した。華やかな飾り山笠が福岡市内14カ所で一斉に公開され、博多の街を鮮やかに彩った。

JR博多駅ビル「JR博多シティ」前では、同駅商店連合会の飾り山笠がお目見え。今年は九州新幹線の全線開通と同駅ビルの開業を記念し、昨年より4メートル高い、高さ12メートルの「巨大」山笠をつくった。

1週間前に来日したばかりの米国の留学生マギー・ソープさん(20)は「こんなに大きくて美しいものはみたことない」。同連合会の秋田健一郎事務局長は「博多の玄関口。観光客にすごいと思ってもらえる山笠ができた」と話した。

男衆が山笠を担いで走る舁(か)き山は10日の流(ながれ)舁きから登場する。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

| | コメント (0)

2011/07/01

空の守りは完璧か? 次期採用? F18最新鋭の試作機が公開されたとか

次期主力戦闘機はF35(ステルス戦闘機)でと、航空自衛隊と防衛省は構想していたようだが、随分前に漏れ聞こえた話では、F35がの開発が遅れに遅れ、日本が希望する配備時期(2017年春)には到底間に合わないとか。
それでは、空の守りをどうするかって事で再び機種選定に取り組んでいるとか、そのような内容の話だったように記憶している。

基本的には興味深い分野だけれど、門外漢のため、専門的な話を聞かされると、
「そんな事はどうでもよくって、早い話、要はどうなの?」という事になる。
(基本性能と戦闘能力が重要で、次に運用コスト、そして1機当たりのお値段だろう)

周辺各国の状況を考えると、ステルス性能を保持する戦闘機がヨイように思うけど。

まぁ、日本の防空を企画する上で、門外漢が何を言おうと気にする事はない。

例えは悪いが、「原発」についても、十二分に「原発」の機構や機能を理解した上で「脱原発」だの「反原発」だのと、主張している人は殆ど皆無ではないか。
勢いで言ったり主張しているとまでは言わないが、現在の「空気に乗って」言っている人、結構、多いんじゃないのかな?

総合的な産業政策とエネルギー政策を十二分の関係性を整理した上での議論が必要だよなぁ。
嘴の青いのが、その場の思いついを大きな声で喚いているに過ぎない。
その点で、冷静に見れば「滑稽」だともいえる。
「コラコラコラム」は「原発」を否定もしなけりゃ肯定もしない。
日本の電力は30%が「原発」だという事実に基づき、全部停止してしまうと、どのように生活していくのかとの疑問を呈しているに過ぎない。

それと、ほぼ同じ構図の議論が「防衛」の議論で起きる。
従って、非論理的な感情論とお付き合いさせられる事は、長年にわたりご免被っている。

でも、防衛力を増強拡大する事には賛成の立場を堅持している。

空の安全は、日本の安全に直結している。適正な選択を望みたい。

引用開始→ FA18の試作機初公開 米ボーイング社
(産経MSN 2011.6.30 17:03)

F18amr11063017070008n1sankei 米ミズーリ州セントルイスで公開されたボーイング社のFA18戦闘攻撃機の最新試作機(共同)

米航空大手ボーイング社は6月29日、中西部ミズーリ州セントルイスにある国防部門の本社で、日本の次期主力戦闘機(FX)の有力候補であるFA18戦闘攻撃機(スーパーホーネット)の最新試作機を日本の記者団に初公開した。

同社幹部は受注争いの最大のライバルである米ロッキード・マーチン社が開発主体のF35戦闘機の開発遅れや価格高騰を念頭に「FA18は米海軍で実戦配備されており、コストやスケジュールが保証されている」とアピール。日本企業にライセンス生産を認めるメリットも売り込んだ。

FA18は最高速度マッハ1・8で、幅約14メートル、長さ約19メートル。米海軍が既に430機以上配備して空母艦載機として活用するほか、オーストラリア空軍にも19機納入され、量産で価格が合理化されているという。(共同)←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »