« バッカンの政治は、やるべき事をやらず、やらなくてもよい事を中途半端にやり、混乱だけを残す | トップページ | 日本の悪夢は果てしなく続く 結局、小澤一郎の軛から離れられない民主党 »

2011/08/27

日本の不幸はまだまだ続く、権力亡者の亡霊小澤が民主党代表候補を差配する!

日本国民は、小澤一郎が刑事被告人である事を忘れてはならない。
日本国民は、鳩山由紀夫がどのような政治的混乱を引き起こし、国際社会での信用を著しく低下させたかを忘れてはならない。

既に終わった政治屋ドモだ。
それが、民主党の代表選で影響力を行使するために様々な画策を繰り広げている。
この点をシッカリ見据えないとイケナイ。
間違えてはイケナイ。
小鳩同盟は、日本では「NO!」を突きつけられたクッソ政治屋なのだ。
小鳩同盟の、トツベン・オザワは「政治は自らの私腹を肥やすため」の道具に過ぎないと公言して憚らないトンデモヤロウだ。
トツベン・オザワをあからさまに支持するのは「日刊ゲンダイ」と「週刊ポスト」くらいだ。
小鳩同盟の、ルーピー・ハトヤマは日本の政治、もし日本の政治が民主政治であるとするなら、決して許されない失敗を犯し、その責任を感じて「議員を辞める」と天下に公言した事を忘れてはならない。
いまや、そんな発言はアッサリ捨て去り、恥も外聞もなく開き直り「持ち金」で民主党のヘボ議員を買収し続け、配下に抱え影響力があるかのように振る舞っている。
何よりも「小鳩同盟」のウリは、媚中外交で、もはや身も心も中国に売り渡している。
スーツの裏地は「五星紅旗」だとウワサされ、中華饅頭低国の高級工作員(スパイ)だとかウワサが絶えないねぇ。

その小鳩同盟が押す事で一致した「一本化候補」とされるバカイエダは、国会の場「衆議院予算委員会」で、バッカンが掲げた政策を遂行しようとしたものの、バッカンに否定され窮地に追い込まれたとき「経済産業大臣」の職を辞すると公言した記憶は新しいだろう。
しかし、バカイエダはズルズルと経済産業大臣の席に居座り続け、結局、辞任する事はなかった。
全く、言行が一致しない、憐れな人物である。
また、バカイエダは、「東日本大震災」発生直後に東電・福島第一原子力発電所の原子炉への注水(放水)で、全く指揮権の及ばない東京消防庁の消防職員に向かって「放水命令」を出し、「命令に従わなければ "クビ" にする」と天下の大失言を放ったバカヤロウだ。
この事も記憶に新しいだろう。
そう言えば「コラコラコラム」は、この頃から悪意を込めてバカイエダと称している。
これが小鳩同盟が一本化して推す候補だという。

一方の有力候補は、口先政治屋でバッカンと同じく「北朝鮮」関係人から政治資金を受け取っていたマエハラハラである。
言行不一致の典型的なアタマ・デッカチで無表情がウリである。
口先だけで政治ができるなら、誰も苦労はしないよねぇ~!
嫁の故郷の台湾へ亡命したらどうか。
ニセメール事件。
尖閣列島での対中国バトルの腰砕けと逃げ口上連発。
バッカンと同じく、北朝鮮の高級工作員(スパイ)だとかウワサが絶えないねぇ。
こんなのどうしますか!?

後は、泡沫候補でしょ。
野田佳彦、鹿野道彦、馬淵澄夫、笑っちゃうよね。
一番の大笑いは、野田佳彦だよねぇ!
空気が読めないことでは天才(天災)だよねぇ~!
ヌカドコ・シンジ、「今回は出ない」って、アッタリマエだろう!
出るヅラかよぉ~!泡沫候補そのものじゃん!

かくして、小粒で底の浅い政治屋どもが小学校の学級委員長にでもなるつもりで手を挙げる。
これが民主党の実態だ。
民主党は「代表選」などせず「解散党大会」を粛々と行え!
民主党は解散しろ!

引用開始→「小沢裁定」下る そのとき“本命”前原氏は… 
(産経MSN2011.8.27 00:45)

27日に告示される民主党代表選は、政権交代の功績者である小沢一郎元代表、鳩山由紀夫前首相、菅直人首相の「トロイカ」3人が誰も出馬しない初めての戦いだ。首相に排除されてきた小沢、鳩山両氏が前原誠司前外相ら主流派の対抗馬に選んだのは海江田万里経済産業相。党員資格停止中で代表選の投票権すら持たない人物が「次の首相」を決める選挙戦のキャスチングボートをがっちりと握った。(加納宏幸)

26日午後、首相が両院議員総会で退陣表明を終えた頃、嵐の代表選を予感させるように国会周辺を激しい雷雨が襲った。だが、この人物は余裕綽綽(しゃくしゃく)だった。

「面白いなあ。こんなに(本命の)名前が出ないのも珍しいんじゃないか? 首相が『辞めるのやめた』と言ったりしてな」

小沢氏は総会に出席せず、議員会館の自室を訪れてきた小沢グループの中堅にこう笑いかけた。次の首相を自分が選ぶという自信がにじみ出ていた。

海江田氏の支援を決めた後、小沢氏は都内のホテルに小沢、鳩山両氏のグループ議員94人を集め、候補者を紹介した。

「鳩山さんと色々と相談した結果、海江田さんが新しいリーダーとして一番ふさわしいと決めました」

実は2人は「第3の候補」を模索した。一本化を模索する海江田氏、小沢鋭仁元環境相では決め手を欠くと考え、小沢氏は西岡武夫参院議長を、鳩山氏は原口一博前総務相をそれぞれ推していたのだ。

鳩山氏「三権の長が(別の)長になるのはどうでしょうねえ」

小沢一郎氏「原口は若い。雑巾がけもなあ…」

「海江田候補」は2人の妥協の産物だった。そんな経緯を明かさぬまま、鳩山氏は笑顔で26日夜、海江田、小沢鋭仁両氏を議員会館の自室に迎えた。

「海江田さんに鋭仁さんが協力してもらいたい。私の判断をご理解いただき、どうか握手でも」

両氏は代表選出馬に必要な推薦人20人を確保するだけでも一苦労で、「小沢推薦」の旗印が必要だった。

20年前の平成3年10月にも似た光景があった。竹下派会長代行として実権をほしいままにしていた小沢氏は海部俊樹元首相の後継選びのため宮沢喜一、渡辺美智雄、三塚博の3氏を呼び付けた。小沢氏の手法は何も変わっていない。

小沢氏と距離を置いてきた前原氏と野田佳彦財務相ですら、代表選を勝ち抜くための「配慮」を示した。

野田氏「誰かを除くという話は不毛だ。一番超えなければならないのは『怨念の政治』だ」

前原氏「小沢史観は脱却し、足の引っ張り合いはやめなければならない」

しかし、政治資金規正法違反罪で強制起訴され、党員資格停止処分を受けた小沢氏が、現体制への恨みを忘れるはずもない。

前原氏が26日、300人収容の会場で開いた決起集会に集まった議員は39人。本命登場と騒がれた割には寂しい出だしだった。

「まだ態度を決めていない議員がたくさんいる。3日間、しっかりと選挙運動をしていきたい」

前原氏はこう強がったが、小沢氏は海江田氏の選対本部とは別に「小沢軍団」の選対を設けて切り崩しを図る。厳しい戦いになるのは間違いない。

国会に激しい雷鳴がとどろいたのは12年5月14日も同じだった。故・小渕恵三元首相の遺体を乗せた霊(れい)柩(きゅう)車が首相官邸に着いた瞬間のことだ。政局の中心にはやはり、自由党党首として小渕氏に連立離脱を突き付けた小沢氏がいた。

「山(さん)雨(う)来たらんと欲して風(かぜ)楼(ろう)に満つ」

海江田氏は首相への辞表提出後、官邸の玄関で空を見上げて漢詩を暗唱した。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« バッカンの政治は、やるべき事をやらず、やらなくてもよい事を中途半端にやり、混乱だけを残す | トップページ | 日本の悪夢は果てしなく続く 結局、小澤一郎の軛から離れられない民主党 »

コメント

【原発推進したい、唯それだけの為に菅を降ろし日本を中国に売り飛ばす経産省・大マスコミ幹部名を記録しよう】【原発推進・役所派「小鳩」が推す『経産省の操り人形○○田』か『財務省の操り人形○田』を選択するしかない非民主主義国家日本!】【電線を握る者は日本人に癌・奇形を押しつける絶対権力を有する!『発送電分離』で国家の大動脈を返せ!(8)】【原発推進政権に誘導し、電力不足と菅降ろししか書かない大マスコミを見つけ出し「不買運動」を開始しよう!(18)】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○角栄は新しいエネルギー独自路線を取ろうとして国際メジャーの逆鱗に触れた。その追い落とし裁判をじっと見ていた角栄の一番弟子O沢は反米になった。そして中国に日本を売り飛ばすシナリオを実行しつつある。自民党より古い利権主義者、日本の誇る利権システムのもっとも古い伝統を継承する男O沢。その○沢が、ついに民主党そのものを完全に乗っ取る瞬間がやってきた。
○彼らに力を与えたのは「菅おろし」を強力に推進した大マスコミ、そして日本原発帝国の真の支配者「電力会社・電力総連・経産省」!
○かつて日本の大マスコミは大権力「陸軍」に屈し、御用新聞として国民を滅亡に誘導した。いま、日本の大マスコミは大権力「電力会社」に屈し、「菅降ろし」を実行、原発推進に誘導する。戦前と同じミスを犯した今年2011年度の大マスコミ各紙の役員名、経産省の役員名を記録し、後に対中国レジスタンスのときの日本史(存在していれば)を書く資料としよう。国民を洗脳する「各大新聞」が電力会社にいくらもらっているか調査し、不買運動を開始しよう!!【親原発マスコミを選別するヒント】口では「脱原発」をとなえても、菅おろしで原発推進のセンセに政権をもっていこうとする大新聞は「原発推進」とみてよい!「首相のクビさえすげ替えれば後はドウニデモなる」すぐに原発推進できるのだ!
============================
『NGKORM(NGKオーム)議連』=「《日本人》が!《癌》になろうが!《奇形》が生まれようが!《俺たち》の!《利権》を!《守》る!議連=通称:原発推進派」=こいつらが、菅おろしに蠢動する!!
=======================
【NGKORM その1】『地下原発議連』=「菅おろし騒動」の中心!○地下原発とは・・・故障したら絶対なおせない究極の技術!地下で永遠の汚染!◎会長(たちあがれ日本)『平沼赳夫』◎顧問(民主党)『鳩山由紀夫』『渡部恒三』『石井一』「羽田孜」◎顧問(自民党)『谷垣禎一』「森喜朗」「安倍晋三」「古賀誠」「中川秀直」「山本拓」◎顧問(国民新党)『亀井静香』◎なんと顧問以外参加メンバーに菅おろし中心人物=『西岡武夫』「山岡賢次(小沢派)」「松木謙行衆院議員(小沢派、民主党除名)」が!!→「原発推進御用学者リストより引用」→http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/330.html
◎超党派議連発足の狙いは「地下原発」は 菅降ろし?(東京新聞6月10日)
http://heiheihei.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/06/03/photo.jpg
◎「菅降ろし」なぜ起きた ちらつく原発タブー(中日新聞6月3日特報面)
http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/400.html
◎『西岡武夫』参院議長 サミット前に内閣不信任案を(産経5月18日)
=======================
【NGKORM その2】自民党『エネルギー政策合同会議』(朝日新聞5月5日)
=======================
【NGKORM その3】→民主党の中枢の原発関係・電力会社関係に直接関係した人脈◎高杉晋吾レポート⑧☆衝撃内幕レポート!!『民主党が原発撤退を言い出せない訳は?なぜ!』◎「加賀谷健」参院議員、◎「小林正夫」参院議員、◎「松岡広隆」衆院議員、◎「大畠章宏」衆院議員、◎「藤原正司」参院議員、◎「与謝野馨」衆院議員、◎「笹森清」→サイト http://maesaka-toshiyuki.com/detail/775 より
=======================
【NGKORM その4】◎自民個人献金「72%が電力業界!」09年、役員の90%超!(東京新聞、京都新聞、共同通信他)。
=======================
【NGKORM その5】◎電力総連など:民主側に資金提供、33議員に総額1億円余(毎日8月1日)電力総連や電力各社の労働組合でつくる政治団体などが3年間で少なくとも計1億1108万円を民主党側に提供していた・・・提供先には本部に加え、『岡田克也幹事長』、川端達夫前文部科学相ら国会議員・・・。自民党側には個人献金として資金提供を続けていた。会社側は自民党に、労組側は民主党に資金を集中させ(※見事なタッグマッチ!!)労使で政界に影響力を強め、原発を推進した構図が浮き彫りになった・・・提供先で金額が最も多かったのは、小林正夫厚生労働政務官、藤原正司前参院経済産業委員長・・・『岡田克也』、川端達夫、中山義活経産政務官、吉田治衆院議員、大畠章宏国土交通相、江田五月法相、『野田佳彦財務相』、松本剛明外相、高木義明文科相、党本部や府県連。・・・
=======================
【NGKORM その6】◎知らざれる実態 民主への電力献金(夕刊フジ7月28日)『海江田万里経産相』、『野田芳彦財務相』、平野博文元官房長官(民主党大阪)、大塚耕平厚生労働副大臣、下条みつ政調副会長(経団連系)、松本剛明外相、大畠章宏国交相、高木義明文科相、筒井信隆能数副大臣、藤井修幹事長代理、渡辺周国民運動委員長。・・・
=======================
【NGKORM その7】◎線量計つけず作業、日本人の誇り『海江田氏』が称賛!(朝日2011年7月24日)
=======================
【NGKORM その8】小沢氏が『海江田氏』支持の考え伝える(産経2011年8月26日)→菅の「脱原発」をつぶせ→小鳩が開始した「菅降ろし」→小鳩による「海江田擁立」→「原発推進の原発推進による原発推進のための政治」の最終段階→「おれは国家、国民の命、政策なんてどうだってイイ、ただ権力が握れればヨイのだ!悪魔とも手を組む!」by O沢

投稿: 【原発推進したい、唯それだけの為に菅を降ろし日本を中国に売り飛ばす経産省・大マスコミ幹部名を記録しよう】 | 2011/08/29 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッカンの政治は、やるべき事をやらず、やらなくてもよい事を中途半端にやり、混乱だけを残す | トップページ | 日本の悪夢は果てしなく続く 結局、小澤一郎の軛から離れられない民主党 »