« 小澤詣での民主党代表選候補、悪夢のようなというべきか、再現されるデジャブ現象 | トップページ | 光星学院、準優勝にかまけ、野球部員の飲酒を今日まで隠していたワケだ! »

2011/08/22

堺屋太一に尻を掻かれ、現代の織田信長を目指す大阪腐恥事ハシゲ・オチルは、無意味な大阪市解体を叫び続ける

大阪市を意味なく恫喝した上で解体(バラバラに)した後で
「自分の思いで変な方向に突っ走らずに(済んで)良かった」などと言われちゃ立つ瀬もないワ。

テメーの変な思い込みは一日も早くお近くの「屑入れ」へお捨て下さい。
ついでに、大阪腐恥事の肩書もお捨てになることをお薦め申し上げましょう。
加えて、(悪徳)弁護士とかバカタレントと世間で言われた頃にお戻り頂き、二度と政治には口を差し挟まないと念書でも公表して頂きたいですなぁ。
所詮、素人政治屋は素人評論で温和しくしている事が肝要かと存じまするがねぇ!

語るにオチル大阪腐恥事ハシゲ・オチルを担いでいるオヒトは、少々変わった趣のオカタばっかりゃさかいねぇ!
"語るにオチルようなオヒトが、ギョウサン集まりますとなぁ、居酒屋で交わされるグチ話みたいに無責任なハナシで盛り上がってしまうよってになぁ、どないもこないも敵わんこっちゃワェ。"

「いい意味でバラバラに」とは、どういう意味だ?
ハシゲ・オチルの「大阪都」構想は、ほとんど中身が無いと指摘されて久しいが、この報道は本当に中身が無い事を露呈している。
讀賣新聞は、大阪腐恥事ハシゲ・オチルを密かに応援する記事を掲出したようだが、逆に、ハシゲ・オチルの「大阪都」構想なる代物が如何に胡散臭い中身のない夢想であるかを見せてしまう結果となっている。
笑ってやろう!

大阪腐の財政赤字を消すための誤魔化しを強行突破するために、財政的には大阪腐より潤沢な大阪市を喰い千切ろうというのが、ハシゲ・オチルの「大阪都」構想だ。
これを「強盗の論理」という。近世を代表する暴力団の大親分でもある織田信長よろしく、相手に散々と因縁をつけ、その無茶苦茶な因縁を「天下の公論」とするために、あらゆるウソメディアやマスゴミを通じ、無知蒙昧な愚者愚者珍民ドモへ広く普及させる。
信長は、辻つじに①「高札」をブッ建て、時には②「瓦版」を撒き散らし、③間諜を派遣し「謀略情報」を撒き散らした。
①の「高札」は行政としての通知(記者発表)。
②の「瓦版」は現代のウソメディア・マスゴミ(印刷媒体)。
③の「謀略情報」は現代のマスゴミ・ウソメディア(電波媒体)。
これらを駆使し、テメーの主張を正当化する。

そして大軍を派遣し軍勢の威力を見せ降伏させ、暴虐の限りを尽くしたワケだ。

語るにオチル大阪腐恥事ハシゲ・オチルの背後霊は、信長大好きの堺屋太一」である。
それもあり、ハシゲ・オチルが繰り出す稚拙な言動やチンチクリンな発想は、その殆どが織田信長を題材に下手な小説を書き連ねた「堺屋太一」の振り付けだろう。
バカバカしくって相手にしたくもないが、「堺屋太一」を背後霊として背負うハシゲ・オチルは、その因縁の付け方や恫喝戦において、優勢勝ちともいえる状況だ。

上山信一堺屋太一に煽られたハシゲ・オチルは、手下の「大阪不振の会」に集合したパシリのA呆議員ドモを指揮し意気軒昂である。

もうそろそろ、このバカげた騒動に終止符を打つ時期に来ている。

織田信長は、当時の国債貿易港「堺」を十重二十重に包囲し、中世の誇るべき自治都市である堺の町衆に恫喝を加えた。
結果は、引き分けであったが、信長は自治都市「堺」に嘴を入れ、一定の示談金の分取りに成功している。信長の行為は恐喝で暴力団そのものだ!

語るにオチル大阪腐恥事ハシゲ・オチルが、大阪市に因縁をつけ、「大阪不振の会」を総動員し恫喝を加え、英雄気取りで「大阪市の解体」を叫んでいる。
これは織田信長の「堺」への攻囲に他ならない。
所詮は品性を疑う「堺屋太一」の入れ知恵ではないか?

引用開始→ 橋下知事、大阪市を「いい意味でバラバラに」
(2011年8月21日18時39分  読売新聞)

地域政党・大阪維新の会(代表=橋下徹・大阪府知事)大阪市議団は20日、橋下知事や市議らが、公募した区民と行政区の課題について討論する「区民会議」の初会議を東住吉区で開いた。

他の23区でも開催し、市長選(11月27日投開票)で各区ごとの公約づくりに反映させる。

市が7月から各区で開いている「区政会議」に対抗し、同市議団が企画した。

この日は、保護者が子どもの入学先の市立小中学校を選べる「学校選択制」や区民センター新設の是非について議論。橋下知事は「今の体制では(市役所のある)中之島でうんと言わないと決められない」と述べ、大阪都構想の柱になる区長公選制を実現すべきだとアピールした。

また、平松邦夫市長が都構想を「市をバラバラにする」と批判していることには、「区ごとの実情に応じて決めるのが住民自治。いい意味でバラバラにしたい」と語った。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 小澤詣での民主党代表選候補、悪夢のようなというべきか、再現されるデジャブ現象 | トップページ | 光星学院、準優勝にかまけ、野球部員の飲酒を今日まで隠していたワケだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小澤詣での民主党代表選候補、悪夢のようなというべきか、再現されるデジャブ現象 | トップページ | 光星学院、準優勝にかまけ、野球部員の飲酒を今日まで隠していたワケだ! »