« 平成23年(2011年)「灘のけんか祭り」の写真は22日にアップします! | トップページ | 「灘のけんか祭り」平成23年(2011年)の写真をアップしました! »

2011/10/21

アラブの独裁者は、いずれもアナの中へ逃げ隠れ、発見されて命を失う

リビアで強権を振るい続けたカダフィー大佐が、自らの出身地に近い地点の穴蔵で発見され、「生命乞いをしたものの」死亡したと昨夜から報じられている。

この種の話は、どこかで聞いたような気がした。
オォ~! そうだ、そうだ、イラクの独裁者フセイン大統領も、米軍に追われ穴蔵に隠れていたところを発見されて捕まった。
フセインとカダフィーの違いは、フセインは捕らえられ、カダフィーは射殺されたのかどうか明らかではないが、命を断たれたようである。

独裁者が「穴蔵」へ隠れているというのは、ナンともみっともないと考えるのは日本人的な価値観やら発想だろうか?
この種の事についてのアラブ社会の価値観を識りうる立場にないため、いささか適切性を欠いているかも知れないが。
全くよく分からない。
報じられる事から類推すると「撃つな!」と言ったとも。
本当に、よく分からない。
これまで無辜の市民を殺害し続けてきた張本人が、逃げ続け、命乞いをする!

独裁者っていうのは、案外、小心者ばかりなのかな?
そんな気がしてならない。

話は飛ぶが、大阪の独裁者を宣言する「橋下徹」も、ワケの分からない独裁志向では有名人である。
常に、周囲を怒鳴り散らし、恫喝を加え、権力を笠に威迫し続ける。
大阪府の職員は、全く「ヤル気」を失い行政の停滞は目に余るとも漏れ聞こえる。
この御仁も、最近は「大阪市長と大阪府知事」のダブル選挙に圧勝し「府市統合=大阪都」の実現を、捲し立てるが「その実態は、ナニもなく空っぽ」である事が徐々にあきらかにされるに従い、「空元気」は維持しつつも自らの空想がバカらしくなったのか、着地点を捜し求めていると、専らのウワサである。

近頃、大阪での流行言葉は「府と市を合わせて、府市(不幸し)あわせ」である。

間もなく、橋下徹もどこかの「アナの中」へ逃げ込むか、それとも名前のとおり「橋の下」へ逃げ込むか分からないが、追い落とさなければ話にならない。

独裁者は、どうやら「穴の中」へ逃げ込み「命乞い」をするというのが2度連続した。
この点は、実に興味深いコトだ。

引用開始→ カダフィ氏、最期は排水管の中?…四男も死亡
(2011年10月21日(金)9時11分配信 読売新聞)

リビアの元最高指導者、カダフィ氏が20日、カダフィ派の最後の拠点だった生地の中部シルテで死亡したと発表された。

シルテの戦闘では、息子や側近の死亡も伝えられた。反カダフィ派組織「国民評議会」を中核とした新生リビアの国造りが動き出す見通しとなった。

黄金の銃
ロイター、AP通信などが伝えたところによると、20日朝、約100人のカダフィ派を乗せた40台前後の車列がシルテから西へ逃走。北大西洋条約機構(NATO)軍の戦闘機は車列を追尾し、上空から攻撃した。追跡した反カダフィ派の地上部隊と車列のカダフィ派との間で銃撃戦になった。その後、反カダフィ派部隊は、コンクリート製の排水管の中に隠れていたカダフィ氏を拘束した。カダフィ氏はカーキ色の制服に頭にターバンをつけ、英BBC放送によると、黄金製のピストルを持っていたという。

カタールの衛星テレビ「アル・ジャジーラ」は、頭から血を流し、腰まで服を脱がされたカダフィ氏らしき男性が反カダフィ派兵士たちに路上に転がされている映像を放映した。

カダフィ氏の遺体は車の荷台に載せられシルテの西150キロ・メートルのミスラタのモスク(イスラム教礼拝所)に安置されたという。

反カダフィ派の主要拠点だったミスラタでは、遺体を乗せた車を群衆が取り囲み、「(カダフィ派と戦った)殉教者の血は無駄にはならなかった」と、カダフィ氏の死亡を喜んだ。

「国民評議会」司令官によると、カダフィ氏の息子のうち、四男ムアッタセム氏は20日、シルテで遺体で見つかった。ロイター通信によると、「国民評議会」のジブリル暫定首相は、未確認としながらも、カダフィ氏の次男で、後継者とみられていたセイフ・イスラム氏もシルテから逃走した車列の中に乗っていたとの情報を明らかにした。家族の中には、アルジェリアに脱出した者もおり、国民評議会は、同国政府に引き渡しを求めるという。←引用終わり
Copyright (C) 2011 読売新聞社
Copyright(c) NIFTY 2011 All Rights Reserved.

|

« 平成23年(2011年)「灘のけんか祭り」の写真は22日にアップします! | トップページ | 「灘のけんか祭り」平成23年(2011年)の写真をアップしました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成23年(2011年)「灘のけんか祭り」の写真は22日にアップします! | トップページ | 「灘のけんか祭り」平成23年(2011年)の写真をアップしました! »