« ブータン国王の国賓訪日を歓迎し 国会演説に心からの謝意を | トップページ | 米国の財政赤字削減案の行方はどうなるのだろう!? »

2011/11/21

2011年 日本シリーズ ホークスが制す!

思い起こせば、2011年のプロ野球は、東日本大震災に対応するために異例ずくめだった。
シーズンの開幕は2週間遅れとなったが開幕できた。

予定どおり開幕するか、延期するかで、いまも「世間をお騒がせ」のご老体と選手会が鋭く対立し、お騒がせのご老体の主張は一蹴されたものの、2週間遅れで開幕する事になった。
それで、双方は面子を立てたワケだが、よく分からない事が多すぎた。

とりわけ、電力節約の掛け声に応じ、ナンと言っても「引き分け試合」が続出した印象が強い。これで一番得したチームが「スワローズ」であった。引き分け試合数が群を抜いており、それが秋口の終盤までセントラル・リーグの首位を独走できた要因であったように思う。
最後は、実力の違いで蹴落とされたが。

ホークスは、パシフィック・リーグで堅実な試合巧者ぶりを発揮し、瞬く間に首位を固め苦しい時期はあったものの全体に安定感があった。

思いの外だったのが、ライオンズで、ナニをしているのかとヤキモキさせられたが、最終戦で3位を確保し「CS」出場を得ると共に、シーズン2位のファイターズを撃破して「FS」へ進みホークス相手の下克上を展開した。

しかしながら、ホークスはシーズン王者として格の違いを見せライオンズに付け入る隙を与えず寄せ付けなかった。

今シーズンのホークスは「チーム構成で層の厚さ」を見せつけた。

そして事前の予想どおり、パシフィック・リーグを制し、「FS」を制し、日本シリーズで対戦相手となったドラゴンズを接戦に次ぐ接戦だったが撃破し、「日本チャンピオン・フラッグ」を手にした。
オメデトウ、心からオメデトウ!
売名行為以外にはナニも考えない親会社は大嫌いだが、チームとしてのホークスには声援を贈りたい。
故・根本睦夫氏が、「九州にプロ野球チームを再び」と心血を注がれ、王貞治監督の下で成長し、秋山幸二監督に引き継がれたホークスは「福岡」の地に根付いた。
伝説の「西鉄ライオンズ」が「西武ライオンズ」として売却され、首都圏は埼玉の地へ引っ越ししてしまい福岡で九州からプロ野球の火が消えた。
「西武ライオンズ」に従いて埼玉へ赴いた故・根本睦夫氏は、スマートで強い「ライオンズ」を造り上げた。
そして「南海ホークス」を買収し「ダイエー・ホークス」と名を変え、福岡を拠点にした新生「ホークス」で九州に再びプロ野球の火を灯すコトに成功した。
その「ホークス」を率いる秋山幸二監督は、故・根本睦夫氏の「西武ライオンズ」での愛弟子である。ナニより九州男児である。
これほどの喜びはない。秋山幸二監督が率いる「ホークス」が日本シリーズを制したのだから。

一方のセントラル・リーグは、野球に関わる事とはいえ「(不思議な)話題に事欠かなかった」ように思う。

ナンと言っても、リーグ優勝したドラゴンズがシーズン途中で、来季の監督を発表し熱烈なファンから激しい非難と罵声を受けた。
解任理由が、「ファンの声を無視する監督」は不適切という理由を掲げた事もあり、ナンとも皮肉な仕儀と相成った。

その一件が落着をみた頃合いを待ち受けたかのように、「世間をお騒がせ」のご老体を同じ組織のGMが、コトもあろうに強烈に非難する記者会見を文部科学省で行い世間の関心を集めた。
時期は、「日本シリーズ」というのが、ナンというか独りよがりのタイミングで、翌日には「世間をお騒がせ」のご老体が激しい反論を見せ、反乱者の撃破鎮圧に自ら乗り出した。
会社法を持ち出し、恐ろしく「論理的」な反論だった。
反乱者については能力面からは、疑問無しとはいえない点を抱えているように思う。

そこでタイガースだが、このところの人気も陰りを見せ始め、シーズン終盤となった10月の試合は、聖地甲子園でも空席が目立った。
毎年、肝心なところで勝てないチームというのは、どうにかなっている。
「世間をお騒がせ」のご老体が、チームの会長なら、とっくに血の雨が降り注いでいるコトだろう。
普通は、リーグ優勝できそうな戦力を整え、その戦力を十二分に使い切れないのであれば、普通は自ら責任を問い指揮権を返上すると考えるが、来季も続投したいとの意思を示し、続投させようとする動きがあった。
6月下旬の株主総会でも、監督としての資質が糾され弁明に回る球団首脳と激しい言論バトルが交わされた。
それでも全く反省がない。
これではファンの関心を惹き続けるコトは難しいだろう。

タイガースは、「金持ちケンカせず」などと言わずに、衰えが止まらない金本に来季も1億8千万円で契約するなどという甘いコトを言っている間は、経営が腐っているとしか言いようがナイ。
物事を論理的に考えられないA呆なファンから、罵声のコメントが寄せられるものと考えるが、およそ間抜けな罵声コメントを送信してくるA呆は、オノレの年収をよく考えてからにした方が良い。年俸1億8千万円で打率2割1分8厘は正しいといえるか。HR10本少々のロートル選手はチーム編成を冷静に考え、潔く自らを処すべきではないのか。
それが出来ないところが、既に金本の限界を示しているのであり、タイガースの無責任経営が限界に達しているともいえる。
試合展開とほとんど関係のないところで打点と打率を稼いだ、4番固定の新井も年俸をアップするという、全く間違っている。
新井にも、その責任を問い1億円以下に年俸を下げるべきだ。
タイガースは、星野もそうだったが、金本、新井という、一派を為す勢力がチーム編成に与える影響を良い面と悪い面から、冷静に比較検証し大胆に対処すべきではないか。
英雄は必ず悪霊と化すのが歴史の常である。

|

« ブータン国王の国賓訪日を歓迎し 国会演説に心からの謝意を | トップページ | 米国の財政赤字削減案の行方はどうなるのだろう!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブータン国王の国賓訪日を歓迎し 国会演説に心からの謝意を | トップページ | 米国の財政赤字削減案の行方はどうなるのだろう!? »