« 関東大学対抗「箱根駅伝」の名所「蒲田踏切」は今大会が最後に | トップページ | 東洋大 2012年の「箱根駅伝」を圧倒的な強さを発揮し「総合優勝」で飾る »

2012/01/02

2012年の箱根駅伝 往路は東洋大が予想どおりの圧勝!

もの凄い柏原竜二選手の走りだった!
他を寄せ付けない圧倒的な柏原竜二選手の走りだ!
柏原竜二選手の盤石の走りで、予想どおり東洋大は往路を制した!

東洋大のキャプテン、柏原竜二選手が最後の箱根駅伝、箱根の山登りを安定した走りで駆け抜けた。
その記録は1時間16分39秒で輝く区間新記録だ。
4年連続区間一位を守り抜いた。
柏原竜二選手は、最後の箱根を出身地「福島いわき」を背負い走り抜いたのだろうか。

東洋大は2区で設楽啓太がトップに立ち、そのままチーム力を発揮し、一度も地位を下げず走り抜いた。
往路の全区間を5時間24分44分、往路新記録も樹立したそうだ。
一位の東洋大と二位の早稲田大とのタイム差は5分7秒、三位の明治大とのタイム差も5分21秒をつけた。

昨年、ようやく覇者の座を得た早稲田大との最終的な争いは、復路に持ち越される事になるが、タイム差から考えると東洋大には大きな期待がかかる。

東洋大は125周年を迎えるそうだが、その周年記念に相応しい輝きを手に入れようとしている。

箱根の山が、箱根の峠が、いかに厳しく行く手に困難があるかを、鳥 居忱(まこと) 作詞・滝 廉太郎 作曲で唄い上げた「箱根八里」を、
柏原竜二選手の健闘を称え供しておきたい。

元気をありがとう!勇気をありがとう!

箱根八里
鳥居 忱(まこと)作詞
滝 廉太郎 作曲

箱根の山は天下の険
函谷関も  ものならず
万丈の山  千仭の谷
前に聳え  後方に支う
雲は山をめぐり 霧は谷をとざす
昼なお暗き  杉の並木
羊腸の小径は  苔なめらか
一夫 関にあたるや 万夫も開くなし
天下に旅する 剛毅のもののふ
大刀腰に 足駄がけ
八里の岩根  ふみならす
かくこそありしか  往時のもののふ

箱根の山は天下の岨
蜀の桟道  数ならず
万丈の山  千仭の谷
前に聳え  後方に支う
雲は山をめぐり 霧は谷をとざす
昼なお暗き  杉の並木
羊腸の小径は  苔なめらか
一夫 関にあたるや 万夫も開くなし
山野に狩する 剛毅のますらお
猟銃肩に 草鞋がけ
八里の岩根  ふみやぶる
かくこそあるなれ  往時のますらお

|

« 関東大学対抗「箱根駅伝」の名所「蒲田踏切」は今大会が最後に | トップページ | 東洋大 2012年の「箱根駅伝」を圧倒的な強さを発揮し「総合優勝」で飾る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関東大学対抗「箱根駅伝」の名所「蒲田踏切」は今大会が最後に | トップページ | 東洋大 2012年の「箱根駅伝」を圧倒的な強さを発揮し「総合優勝」で飾る »