« 「企画高速ツアーバス」というプアービジネスの実態が明かされる! | トップページ | 森喜郎元首相が 小澤一郎と民主党について裏話を交え見解を示している »

2012/05/05

「大阪維新の会」に集まる議員こそ 思考回路が毀れてるんじゃないか!?

愛情不足で歪な思考になったのは、ハシゲ自身の事ではないか?
客観的にみて、そのように思うけど、実際のところ皆さんはどう受け止められますか?
手下の「大阪維新の会」を名乗る大阪市議団から提議された案に対して、ハシゲ本人は否定的な見解を示しているようですが、弁護士ともあろう者が、これに賛成するなら「基本的人権」を踏みにじり、天にツバする行為と指弾しなければならない!

「大阪維新の会」なんて、所詮は思考回路が無茶苦茶なクズの集まりに過ぎないワケだけれど、「ハシゲの個人商店」が愚者愚者珍民に向けた激しいスローガンと珍民恫喝で、捉えどころのない異常人気を集めた結果、偶然にも当選議員を肥大化させただけで「政策」なんて皆無のバラバラ「オバケ集団」に過ぎないのだが、ウソメディアとマスゴミが創り出した詐欺集団ともいえる。

手続きを一切無視し、摘発型、告発型、監視型行政を重ねている。
選挙で信任を得たからと言い、
選挙で争点にもしなかった案件を持ちだし、その中身や具体的な展望を語る事も無視し、ひたすらフリーハンドを強調するばかりだ。

これに愚者愚者珍民の側に立つ大阪市民や大阪府民は、熱狂的に応じている。
もう「世も末」としか言いようがナイ。
掲げた「府市の統合」だけでなく、行政の基本枠組みを議論することないままに、手当たり次第、思いつくままに、特別顧問という名のヤカラが繰り出す思いつきを採り上げ、推し進めようとするが、議会に諮ることなく危険極まりない。
議会にかけ、反対論に遭遇するや否や、「選挙で信認を得ている。反対するのは改革を潰す事」と決め付け、マスゴミとウソメディアを動員し、反論する側を吊し上げ潰してしまう。これを恐怖政治、独裁政治と言わずして何を言うのだ。

それに、対抗する事もできず、一斉にハシゲへ靡く既成政党は「政治の志」を欠落させている。

そのような状況下で、遂に出てきた「愛情不足で発達障害」との決め付け。
いかに「大阪維新の会」の市議(議員)がクズであるか、ハシゲが率いる「大阪維新の会」がどの程度かを示して余りある。
この程度のクズドモに大きな顔をされては、日本の威信が低下するばかりだと言わねばならない。

引用開始→ 愛情不足で発達障害? 維新条例案に反発相次ぎ、橋下市長が収拾に躍起!?
(産経MSNWest 2012.5.4 23:05)

橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」大阪市議団が議会提出する方針の条例案の発達障害をめぐる規定に当事者らから反発の声があがり、橋下市長が3日から4日にかけ短文投稿サイト「ツイッター」で「発達障がいの主因を親の愛情欠如と位置付け、愛情さえ注げば発達障がいを防ぐことができるというのは科学的ではない」などとコメント。事態の収拾を図ろうとしている。

市議団が提案を検討している条例案は「家庭教育支援条例案」。原案では「発達障害、虐待等の予防・防止」として「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因」などと明記していた。

条例案をめぐっては、保護者の一日保育士・幼稚園教諭体験の義務化も盛り込まれており、橋下市長はこれまで「市民に義務を課すのは基本的に好きじゃない。維新の会の政治行動ではない」と、否定的な見解を示していた。←引用終わり
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 「企画高速ツアーバス」というプアービジネスの実態が明かされる! | トップページ | 森喜郎元首相が 小澤一郎と民主党について裏話を交え見解を示している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「企画高速ツアーバス」というプアービジネスの実態が明かされる! | トップページ | 森喜郎元首相が 小澤一郎と民主党について裏話を交え見解を示している »