« プアービジネス ツアーバス主催会社 大屋社長のコメントには強い違和感がある! | トップページ | 「企画高速ツアーバス」というプアービジネスの実態が明かされる! »

2012/05/05

アッと驚く「楽天トラベル」被害者の感情を無視する お気楽転トラブル!?

顧客管理、顧客満足度調査、なんと言ってもヨイけれど、機械化し自動化し、利用者に満足度調査をしようって考えは正しいのだけれど、それも時と場合や条件を考えないと、トンでもない事になるだろう。

事故の翌日、自動化された「アンケートメール」を受けた被害者(乗客)は、さぞかし腰を抜かした事だろう、「悪い冗談」と笑い飛ばせたヒトなんて、いないだろう。

被害者の家族の言葉、
「楽天トラベル」は、このツアーバスを仲介販売した責任がある。
その責任を免れる事はない。

それも考えず、自動化しているとはいえ、どうしてこのような行為ができるのか?
危機管理なんて、全くできていないじゃないか
一日後なんだから、普通に考える能力を持つ人材がいるなら、この自動化メールの発信を止めるべきではないか。
それに考えが及ばないクズヤロウしか飼っていないって事だろう。
「楽天トラベル」は社会から糾弾されて然るべきだ!
クズ会社は、消滅させてしまえ!

急成長してきた会社だから、この種の事が起きたではすまない。
散々、プアービジネスにまとわりつき、イヤらしいほどカネ儲け(楽天だけが儲かる仕組み)を構築し、プアーマーケットで我が物顔に稼ぎ続けたワケだ。

そして、自社が仲介販売した責任を棚上げし、「利用者アンケート」を自動的に送る!?
思考能力ゼロ!
社会的責任能力ゼロ!
市場から退場すべきは勿論だけど、社会から抹殺されても仕方がないゾ!

アンケートには、
①大変素晴らしい恐怖体験ができました。
②お陰様で地獄の経験をする事ができました。
③低価格で、この種の貴重な体験をさせて下さった「楽天トラベル」に感謝申し上げます。
④今回の事故に伴い、どのような補償を販売仲介会社としてなさるのか、お待ち申し上げております。
代わって答えてやろうじゃないか!

「楽天トラベル」一転し「楽転トラブル」だよね!

引用開始→「ご乗車いかがでしたか」被害者に感想求めるメール送信 楽天トラベル
(産経MSN2012.5.3 20:02)

群馬県藤岡市の関越自動車道で乗客のうち7人が死亡し38人が重軽傷を負ったバス事故で、バスのチケットを売った楽天トラベル(東京)が事故翌日の4月30日、被害者らに「ご乗車はいかがでございましたか?」などとアンケートへの回答を求めるメールを送っていたことが3日、同社などへの取材で分かった。

メールは同社のサイトを通じ、事故を起こしたバスのチケットを申し込んだ会員20人に送られており、被害者のほか家族らも含まれる。

楽天トラベルは「メールは自動送信されるシステムだった。受信した方やその家族に不快な思いをさせ申し訳ない」と陳謝。メールを受け取った被害者や家族らは「あまりに無神経ではないか」と憤っている。

同社によると、メールは4月30日、送信された。乗務員の対応やバスの設備などへの感想を寄せてもらうのが目的という。←引用終わり
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« プアービジネス ツアーバス主催会社 大屋社長のコメントには強い違和感がある! | トップページ | 「企画高速ツアーバス」というプアービジネスの実態が明かされる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プアービジネス ツアーバス主催会社 大屋社長のコメントには強い違和感がある! | トップページ | 「企画高速ツアーバス」というプアービジネスの実態が明かされる! »