« 小澤一郎 新党結成を決意とか!? その名も昔の名前(新生党)に似た「新政党」だとか? | トップページ | 小澤一郎の正夢は日本の政治にとり悪夢でしかナシ! »

2012/06/23

原辰徳も巨人も 大変なご様子で オンナ絡みで「1億円払う」 カネが余ってるらしい!

このネタ、最初は笑っていたけど、笑っていられない状況かもねぇ~!?

ご存知、大人気球団「野球界の盟主『讀賣巨人軍』の監督原辰徳」性悪オンナの美人局に嬲られ脅迫された挙げ句、ナンと「1億円」喝上げされていたっていうらしい。

これだけで大スキャンダルなんだけど、その美人局はその筋のマル暴ってか?
でも当たり前だワな。美人局しようってワケだからネ。

これで、讀賣巨人軍の監督を続けるって事もアウトですよね。
マル暴との接触を禁じた法令に反するワケだから。
(「コラコラコラム」はこれらの法令に疑問を持っていますが)

それを「週刊文春」が報じて以降、讀賣新聞・スポーツ報知・日本テレビ(よみうりテレビ含む)は、一切、触れない報じない。
まるで戒厳令だ!

続報で、マル暴のKとされる人物のガキは、現役のプロ野球選手だ!
というネタが吹き荒れている。
こりゃぁもう、もの凄いスキャンダルだよ!

そもそも褒められた事じゃナイが、原辰徳が、オンナに触手を延ばした事、それはそれで仕方がない(やってしまったことだから)ワケで。
それをネタに、「美人局の側から強請られる」って事も仕方がないワケで。

ここから、それなら「出るところへ、出ましょうか!」と言えばよい事を、自身の人気を気にかけて弁護士を交えたのかどうか知らないけれど、解決金を「1億円」恐喝されたってワケだ。(バカバカしい話だ!)

もちろん警察にも告発せず。
隠し通せるって考えたのだろうな。
この辺りの感覚、原辰徳の社会的倫理観欠如を見る思いだねぇ~!

それにしても、讀賣巨人軍も原辰徳も人気商売とはいえ、カネ余ってるんですナァ!?
(ようワカランぞ!?)
これも清武側から仕掛けられたスキャンダルなのかな?
当分の間、見物だねぇ~! 見物ですよねぇ~!

引用開始→ 原監督をゆすった“元マル暴”の素性!息子は本当にプロ野球選手?
(夕刊フジ2012.06.22)

原監督の不倫スキャンダルを報じた「週刊文春」の記事を巡り、巨人のみならず球界全体に波紋が広がっている。特に関心が集まっているのが「熱海で旅館を経営しており、現役プロ野球選手の父親」と名乗りゆすったとされる、「Kという元暴力団員」の素性だ。

記事によると、Kは2006年8月に面識のない原監督の携帯電話に直接連絡し、もう1人の男(07年死亡)とともに巨人の遠征先のホテルで面会。問題となった女性の日記のコピーを示し、1億円を要求した。数日後に都内で、監督のマネジメント会社の社員らから1億円を受け取り、その場で日記をシュレッダーにかけた。今回記事にするにあたって同誌記者が訪ねると、「俺をただの人間だと思うなよ」などと威嚇したという人物だ。

一方でKは朝日新聞の取材に応じ、21日付朝刊によると「1億円はもう1人が受け取った」と証言。東京に拠点がある暴力団に98年ごろまで所属したと認めている。

巨人・白石球団オーナーは20日、原監督は「野球界の関係者から助けてやるといわれて“それならいいかな”と、ついつい甘い判断をした」とし、相手が反社会的勢力との認識はなかったと説明している。つまり、06年時点でKの息子が現役選手だったことが、今回の一件では極めて重要な意味を持つ。

もっか球界は「Kの息子は誰か」、そして「今も現役なのか」という話題で持ちきり。「有力」との見方が強まっているのは、オールスター出場の経験もある現役選手だ。

もっとも、これまで選手本人に後ろ暗いウワサはなし。人柄もよく、突然の“スキャンダル禍”に同情論も出ている。←引用終わり
Copyright © 2012 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 小澤一郎 新党結成を決意とか!? その名も昔の名前(新生党)に似た「新政党」だとか? | トップページ | 小澤一郎の正夢は日本の政治にとり悪夢でしかナシ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小澤一郎 新党結成を決意とか!? その名も昔の名前(新生党)に似た「新政党」だとか? | トップページ | 小澤一郎の正夢は日本の政治にとり悪夢でしかナシ! »