« 「イチロー」のNYヤンキースへの電撃トレード 文字どおり電光石火だったねぇ~! | トップページ | 土用丑の日 ウナギの日と言いますが、鰻は価格高騰 売れ行き懸念で値下げへ! »

2012/07/26

ロンドンオリンピック なでしこJapan、希望と勇気が湧く1勝!

遠い国での「できごと」なんだけど、少しは希望や勇気が湧く展開で嬉しい。

このところ、あまり、希望に満ちた明るく勇気の湧く話題に出会わなかった。
そんな中でこのニュースは、「明るい、希望がある、勇気が湧く」話題だと思う。

でないとねぇ~!

政治はグチャグチャ
経済は低迷
原発? オスプレイ?
社会不安は増大一方
増税だけが一人歩きで決定(暗い)
財政破綻はもう目の前

社会は不満のマグマが溜まり小暴力は絶えず

どこで、だれが、どうして、ボタンを掛け違ったのか!?

小澤一郎主導の小選挙区制導入
小泉純一郎というオバケ出現
その後は反動でグチャグチャ

でも、これらを世論操作し、巧みに報じ主導したのは、日本の「報道機関」ではないか。
領土を広げるなら「世論が分裂している国」を狙え!
これは戦争を狙い仕掛ける側には、世界共通の認識だろう!

日本の世論は分裂していないか?
日本の社会は諦めが支配していないか?

そんな時に、「明るく、希望があり、勇気が湧く」ニュースだ。

引用開始→ 佐々木監督「いいタイミングで点を取った」
(2012年7月26日06時47分  読売新聞)

 サッカーの日本女子代表・佐々木則夫監督「勝ち点3を取ったこと、そして、五輪の競技のスタートということで、勝利を挙げたということは、オールジャパンにも活気づけたスタートになったと思う。選手が我慢しながらよく戦ってくれた。第1戦の難しい試合の中、選手はよくやった。五輪では我々はチャレンジャー。選手たちも一丸となってやっている。先制点は選手のイマジネーション。いいタイミングで点を取ってくれた」←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 「イチロー」のNYヤンキースへの電撃トレード 文字どおり電光石火だったねぇ~! | トップページ | 土用丑の日 ウナギの日と言いますが、鰻は価格高騰 売れ行き懸念で値下げへ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「イチロー」のNYヤンキースへの電撃トレード 文字どおり電光石火だったねぇ~! | トップページ | 土用丑の日 ウナギの日と言いますが、鰻は価格高騰 売れ行き懸念で値下げへ! »