« 無礼な妄言暴言連発の韓国李明博へ、静かに反撃の狼煙を上げ鉄槌を加えよう! | トップページ | MBSラジオ(大阪)の超偏向報道番組「たね蒔きジャーナル」打ち切りを祝し快哉を贈る! »

2012/08/19

丹羽宇一郎は、最も不適切な大使だった! 交代ではなく更迭だろうが

誰が、推薦し、誰が任命したのか?
それは岡田克也の仕業だ!

テメーの家業の「イオン」でモノを売り買いするのと間違えちゃぁイケナイ。
それとも何か、引退したとはいえ、丹羽宇一郎を中国大使に任命して伊藤忠に貸しを作りたいって事だったのか?

この間、何か、好転したか?
何も好転しなかったろう!

何についても訓令も仰ぐ事なく勝手な振る舞いで、状況をより拗れさせただけじゃないか!
外交と商売を一緒にしちゃぁダメだよねぇ~!
イケマセンねぇ~!

いまや、伊藤忠は関係ないんだろうけど、水面下(本音)では商権の拡大を期待してたんじゃないか?
最も、中身は無いくせに建前の気高さだけは捨てない商社マンの誇りが、その種の「低級な事は考えもしませんよ」と嘯くのは計算済の事だけど。

まぁ、何処の国籍を背負い、何処の国益を代表しているのか、全く理解していなかったって事では天下一品のスカ野郎だったねぇ~!

丹羽宇一郎が更迭解任されるのは当然だが、
任命者の岡田克也も、それ相応の責任を取るべきだろう!

引用開始→ 丹羽中国大使、10月にも交代へ…政府方針
(2012年8月19日04時18分  読売新聞)

政府は18日、丹羽宇一郎中国大使(73)を10月にも交代させる方針を固めた。

外務省は9月8日に会期末を迎える今国会の閉会後に幹部や主要国大使の人事異動を行う予定で、丹羽氏もその一環として交代させる。後任には、外務省の西宮(にしみや)伸一外務審議官(経済担当)(60)を起用する方向で最終調整している。

丹羽氏は民主党政権が掲げる「脱官僚依存」の象徴として、菅政権発足直後の2010年6月に任命された。伊藤忠商事の社長や会長として、中国との貿易・投資に積極的に取り組み、中国政府や経済界との人脈も豊富なことから、起用された。当時、外相だった岡田副総理が主導して決めた。

しかし、就任から3か月後の同年9月、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突する事件が発生。その後、中国がレアアース(希土類)の対日輸出を規制して圧力をかけるなど、日中関係は極度に悪化した。丹羽氏に期待された、日中間で経済外交を進める環境が損なわれた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 無礼な妄言暴言連発の韓国李明博へ、静かに反撃の狼煙を上げ鉄槌を加えよう! | トップページ | MBSラジオ(大阪)の超偏向報道番組「たね蒔きジャーナル」打ち切りを祝し快哉を贈る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無礼な妄言暴言連発の韓国李明博へ、静かに反撃の狼煙を上げ鉄槌を加えよう! | トップページ | MBSラジオ(大阪)の超偏向報道番組「たね蒔きジャーナル」打ち切りを祝し快哉を贈る! »