« 李明博は、支持率低下で言動迷走し「竹島上陸」「天皇謝罪」要求「妄言」「暴言」を繰り広げる | トップページ | 「尖閣諸島」上陸の悪徳中国人野郎ドモは、優しい日本国は強制送還という無罪放免 »

2012/08/16

尖閣諸島「魚釣島」へ強硬上陸した香港の14人に国境侵犯の罪を問い長期裁判にかけろ!

香港の活動家といっても中国の跳ね上がり分子だが、再三再四の警告を無視し、船を座礁させてまで強行上陸したと報じられている。

海保と沖縄県警により即刻逮捕されたのが5人で、2人は船へ逃げ帰ったとの第一報だった。
じゃぁ、取り逃がしたのか?
船を拿捕しなかったのか?
文字も音声でも報じられるニュースでは、一向に全容が理解できない状況のままだった。
ニュース報道の質が著しいまでに低下している。

23時過ぎに、船へ逃げ帰った2人を含む船内にいた物も含め14人全員を現行犯逮捕したとの事だった。
国境を侵犯した「船」を拿捕したのかどうか、最後まで不明だったが、強行上陸で座礁させていた事もあり「確保」しているとの事だが、「確保」と「拿捕」は異なる。
あくまでも「拿捕」でなければならない。
裁判にかける上で、証拠がなければ話にならないのだから、「押収品」でなければならない。

「毅然と対処せよ!」との強い声がある。
首相の野田も「法令にのっとり厳正に対処したい」と表明した。
官房長官の藤村は「再三にわたって警告したのに誠に遺憾だ」と語ったとされている。

裁判にかけろ!当たり前の事だろう!普通に密入国を企んだのとはワケが違う。

厳正に対処するとは、警告を無視し国境侵犯を繰り返し、強行上陸した事は重大である。
従って、長期の裁判でその罪を問うのが法治国家として当然の態度だ。

ところが、民主党が率いる政府の一員は、
政府関係者は15日夜「(同様の上陸事件で強制送還した)2004年のケースを踏襲する可能性が高い」と述べている。 バカか!?

野田が言う「法令に従い厳正に対処」が、2~3日後の「強制送還」だとすれば、
強い批判を浴び、内閣は吹き飛ぶ事になるのではないか。
日本全体は、著しい「失望」に覆われ、
その後に、
「激しい怒り」に包まれる事だろう。
その「怒り」は、民主党が率いる「腰抜け政府」に向かう事だろう。

野田の民主党が率いる「日本国政府」は、日本国民の怒濤を受け崩壊を余儀なくされる事だろう。
腰抜け谷垣に率いられる「自民党」も、この際「消え去るとよい」。

日本は、かつてない危機に直面させられている。
「戦争」は、この種の小さな「小競り合い」に対し、主権国家が、どのように対処するか(できるか)に、懸かっていると言って間違いない。
(「戦争」に至った過去の歴史を冷静に学習せよ)

野田佳彦は、首相官邸で国民に土下座し詫びた上で、腹を切る羽目になるのではないか。

民主党は、右から左まで、上から下まで「売国一途」だったねぇ~!
誰が選んだかと言えば、日本国民が、小澤一郎に尻を掻かれた、ウソメディアとマスゴミに煽られ乗せられ、2008年8月に投票した事が原点だ。
ツケは、投票しなかった側も払わされるワケだ。
実に腹立たしい!

民主党の売国議員は、日本国民に土下座し詫び、国会議員を辞し、全員「腹を切れ」!

引用開始→ 逮捕の香港活動家、強制送還を検討 尖閣上陸事件 野田首相「厳正に対処」
(日本経済新聞 2012/8/15 20:50・2012/08/16 2:02)

15日午後5時半ごろ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に香港の活動家ら7人が上陸した。沖縄県警と第11管区海上保安本部はこの7人を含め男14人を入管難民法違反容疑で現行犯逮捕した。14人は沖縄本島に移送され、16日午前に到着する見通し。政府関係者は15日夜「(同様の上陸事件で強制送還した)2004年のケースを踏襲する可能性が高い」と述べた。

尖閣諸島への外国人の上陸は04年3月以来。この時は中国人活動家7人が上陸し、沖縄県警が入管難民法違反容疑で現行犯逮捕。2日後に中国に強制送還した。

野田佳彦首相は15日夜、首相官邸で記者団に「法令にのっとり厳正に対処したい」と表明、藤村修官房長官も記者団に「再三にわたって警告したのに誠に遺憾だ」と語った。外務省の佐々江賢一郎次官は程永華駐日中国大使を呼んで抗議した。

海上保安庁などによると、上陸したのは同諸島の領有権を主張する香港の団体「保釣行動委員会」の活動家ら。午後5時半ごろ、魚釣島に船を寄せて岩場に上陸。当初は7人が岩場に降りたが、うち2人は船に引き返した。

魚釣島には事前に海保職員や沖縄県警の警察官、入国管理官など計約30人が上陸。県警は午後5時54分、上陸した5人を入管難民法違反(不法上陸)容疑で逮捕した。船に戻った2人を含む男9人も約2時間後に11管が同法違反(不法入国)の疑いで逮捕した。

県警や11管によると、けが人はいない。県警が逮捕した5人は「中国の領土なので逮捕は間違いだ」などと容疑を否認しているという。

活動家ら14人が乗船した「啓豊二号」は同日午後3時51分ごろ、日本の領海内に侵入した。船には中国国旗のほか「わずかな土地でも失うことはできない。いかなる民族も侮辱するな」などと中国語で書いた横断幕が掲げられていた。海保は上陸前、領海内からの退去を警告、ホースによる放水なども実施した。←引用終わり
Copyright © 2012 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 李明博は、支持率低下で言動迷走し「竹島上陸」「天皇謝罪」要求「妄言」「暴言」を繰り広げる | トップページ | 「尖閣諸島」上陸の悪徳中国人野郎ドモは、優しい日本国は強制送還という無罪放免 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 李明博は、支持率低下で言動迷走し「竹島上陸」「天皇謝罪」要求「妄言」「暴言」を繰り広げる | トップページ | 「尖閣諸島」上陸の悪徳中国人野郎ドモは、優しい日本国は強制送還という無罪放免 »