« 中華饅頭低国のメンツをかけた「反日デモ」 、もう一つは激烈な党内権力闘争も | トップページ | 腐った「中華饅頭低国」よ、世界経済の循環と相互関与の構造を学び直した方がヨイ »

2012/09/20

中華饅頭低国、その気になれば自作自演の「反日デモ」の抑え込みはチョロい事なのだ!

「反日デモ」は自作自演だった。
中華饅頭低国を支配する中華饅頭狂賛党のシナリオどおりだったワケ。
こう証明したようなものである。

国際社会は、この事実をよく認識しなければならない。

都合よく「反日デモ」を企案し、社会の底辺で不満を持つ側を巧妙に組織(され)し動員に成功した。
彼らは、日頃の不満を晴らすため、「破壊」や「放火」もしたし「暴行」の限りを行った。
何より「強奪」を繰り広げた。
動員された彼らは、想定した以上の「効果」を上げた。
でも、気がつくと、
「国際社会は『中華饅頭低国』に『?』をつけ、疑いの目を注いでいる」。
もっと深刻な問題は、
「中華饅頭低国を支配してきた『中華饅頭狂賛党』を打倒しかねない」事に気がついた。
と、いうワケで「反日デモを規制する」決断を下すワケだ。

ヤル気になれば、自作自演の「反日デモ」の抑え込みは実に容易な事だった。
簡単なハナシだ。

でも、一度「火がついた」世論をなだめるには時間が必要だ。
という事で、国際社会へは、
禁漁期間が終わったから、漁船1000隻を「尖閣諸島」へ漁に向かわせる。
日本の妨害に備え、中華饅頭低国政府の船を派遣し警戒に当たらせる。
と、いう姿勢で、「魚政」と「海監」と表記した実質的な「軍船」を派遣する。
この点は、国内向けにも、国際社会へも「譲らないワケ」姿勢を示すワケだ。

勝手に動員される側の「漁民」には迷惑千万なハナシである。

勿論、日本には大いに迷惑なハナシである。

中華饅頭低国とは、そのような国である。間違ってはイケナイ、未開の国である。

引用開始→ 中国:体制批判の勢いそぐ…反日デモ沈静化
(毎日新聞 2012年09月20日00時26分)

【北京・工藤哲】尖閣諸島国有化に反対する中国は、反日デモを容認する形で日本への対抗策を取ってきたが、19日になると、公安当局が暴徒化したデモ参加者の拘束を発表し、沈静化に向けた姿勢を強め始めた。「ガス抜き」をするため容認したデモが、収拾の付かない体制批判へと発展するのを防ぐためとみられる。一方で尖閣周辺での漁船操業を繰り返し国内向けに報道して主権を強調しており、領土では手を緩める姿勢は見られない。

広東省広州市公安当局は19日、16日のデモで日本総領事館が入る大型ホテル内の日本料理店や路上の日本車を破壊したとして失業中の男(18)ら18人を拘束し、処分した。山東省青島市公安当局も19日、日系企業襲撃(15日)を行ったとして6人を拘束した。発表はいずれも19日だった。

北京市公安当局も19日午前、11日の尖閣国有化以来、初めて携帯を所有する市民に反日デモ自粛を呼びかける一斉メールを送付。大使館最寄りの地下鉄駅が一時閉鎖され、中国版ツイッター大手「新浪微博」でも「反日」のキーワードが検索できなくなった。←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

|

« 中華饅頭低国のメンツをかけた「反日デモ」 、もう一つは激烈な党内権力闘争も | トップページ | 腐った「中華饅頭低国」よ、世界経済の循環と相互関与の構造を学び直した方がヨイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華饅頭低国のメンツをかけた「反日デモ」 、もう一つは激烈な党内権力闘争も | トップページ | 腐った「中華饅頭低国」よ、世界経済の循環と相互関与の構造を学び直した方がヨイ »