« 中華饅頭低国の習近平 国際社会をナメちゃいけない 汚いヅラ洗って静かにしてろぉ! | トップページ | ハシゲの「日本維新の会」は「日本不振の会」の間違いだろう! 支持率低迷 ザマァ~みろ! »

2012/09/23

中華饅頭低国の「反日デモ」は、媚日中国人を叩き潰す「文化大革命」の側面もある!

ナンでもヨイのだ。
恐怖心を植え付け、生活できないようにしてしまえば、事は足りるのだ。
媚日飲食商店主を襲撃し続ければそれでよい。
媚日飲食店街へ来る日本人を襲撃すれば近寄らなくなる。

日本人は、生活基盤を失うと、出て行かざるを得なくなる。
だから、媚日者を炙り出し、追及し破綻させ、奪い尽くす。
そのように考えているワケだ。

この手は、毛沢東が主導した「文化大革命」で多用された。

結局は、鎖国への道なのだ。
それでは中華饅頭低国の経済自体が廻らなくなるのだけれど、破壊に回る側には、そんな事は理解する能力もないし分からないのだ。

外国直接資本投資(FDI)で経済を廻している国の経済について、その国を統治する側は、事実を余り知られたくないのであり、実際に実務を詳細に理解している人間は少数なのである。
そのような情勢の下で、「反日デモ」に動員された側が元より構図を理解する術もない。
物理的破壊の後に来るモノは、経済の停滞でしかないのだ。
困るのは、中華饅頭低国の最下層に位置する「反日デモ」に動員される側なのだ。

「文化大革命」は上層の権力闘争ために「最下層」が「最下層」と「下層中流層」を襲っただけに過ぎないのだ。
スローガンは変わっても、それと同じ構図が今回の「反日デモ」なのだ。

引用開始→「反日、常識通じない」邦人消えた日本料理店街
(2012年9月23日08時57分  読売新聞)

【蘇州(中国江蘇省)=関泰晴】反日デモが暴徒化し、多くの被害が出た江蘇省蘇州では22日、暴動の発生から1週間が過ぎ、日系スーパーや一部の日本料理店が営業を再開した。

市街地は平静を取り戻しつつあるが、反日デモの再発を懸念する声も出ている。

「日本人を襲撃しようと狙う中国人が出没しているようだ。日本料理店が集中する場所に行かないように指示を出した」

日系企業500社以上が集まる蘇州高新区で22日、日本人駐在員が打ち明けた。立ち入りを禁じる現場となっているのは、飲食店など計50店余が並ぶ蘇州高新区の「商業街」。15日の暴動以降、日本人の姿は消えた。

目立つのは、入り口周辺にベニヤ板を張り巡らせて補修中の店舗。ほとんどが中国国旗や毛沢東の肖像を掲げ、今後も断続的に予測される反日抗議の標的となるのを避けようとしている。

商業街では若者ら1万人が襲撃に参加したとみられる。日本料理店の日本人経営者は暴徒が店内に乱入したのを見て、即座にトイレに身を隠して難を逃れた。

蘇州の地元当局者によると、襲撃を受けた日系百貨店では、被害総額が800万元(約1億円)に達する見込み。日系工場の3か所でも製造機器が壊されるなどの被害が出ており、操業の再開に遅れも出ている。

柳条湖事件(1931年)の発生日にあたる18日には、一部の日系工場で反日デモに便乗し、待遇改善を強硬に求めるストライキも発生。従業員が反日スローガンを叫び、これまで順調だったという労使関係に影響も出ている。

「蘇州は、進出した日系企業が地元経済を支え、対日感情は比較的良好だった」(日中関係筋)。だが、日系メーカーの駐在員は「これまでの常識は通じず、どこであっても中国では反日感情が暴発する危険がある」と警戒を強めている。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 中華饅頭低国の習近平 国際社会をナメちゃいけない 汚いヅラ洗って静かにしてろぉ! | トップページ | ハシゲの「日本維新の会」は「日本不振の会」の間違いだろう! 支持率低迷 ザマァ~みろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華饅頭低国の習近平 国際社会をナメちゃいけない 汚いヅラ洗って静かにしてろぉ! | トップページ | ハシゲの「日本維新の会」は「日本不振の会」の間違いだろう! 支持率低迷 ザマァ~みろ! »