« 中華饅頭低国は「反日デモ」を放置すると「中華饅頭狂賛党」のバカ政権が打倒されるぞ! | トップページ | 中華饅頭低国は、「反日デモ」を掲げ、第2の「文化大革命」暴力破壊を始めたのか? »

2012/09/17

中華饅頭低国の人民解放軍は「尖閣諸島」を口実に戦争したがっている!

中華饅頭低国へ、冷静に対処しろって、言っても冷静さはないんだから、話にならないよね。
どうもそうらしい。
胡錦涛の政権は、間もなく終焉するけれど、もう統治能力を持っていないよね。
でも一説によると、中華饅頭低国の中では「反日デモ」は報じられていないんだという。
しかし、そんな「ウソメディア」より、ネット上で報じられるナマ中継に支持が集まっているようだから、殆ど政府は機能していないって事だ!
(何よりも、この点が大事なポイントだ!)

本当に程度の低い国だよねぇ。
突然の衝突というか小競り合いは起きるだろう。
それが全面戦争に発展するには時間がかかるよねぇ。
それとも速攻で攻めるか? 瞬時に「尖閣諸島」を占領するか?
しかし、その後どのように守るのだ?

中華饅頭低国は、威嚇に忙しいようだけど、威嚇を続けてると、そのうち衝突しちゃいますよね。間違いなくね。
簡単に全面戦争って事にはならないだろうけれど、事態の推移によれば、在中の邦人は弱体なヒトから帰国した方がよいように思いますネ。
何よりも、共産党の政権が崩壊するかも知れないじゃないか。
日本の政権も中途半端でダメだけれど、中華饅頭低国の政権は日本より難しいんじゃないのかな?

「反日デモ」を統制し、暴動化を統御できない事態を露呈させてしまった。
既に政府が政府としての機能を果たし得ない状況を抱えている事を表している。

日本が当面、手立てを講じなければならない事は、
 ①在中日本人の退去について考え準備する。
  ②投資の在り方、貿易の在り方について、政策変更を検討し準備する。
  ③国際社会へ、現実に起きた事実を包み隠さず主張する!
  ④ASEAN諸国と適切な連携を保つ。
  ⑤中国封じ込めに力を注ぐ。
  ⑥借款の停止、ODAの新規供与は無期限に停止する。
  ⑦投資資金の回収方を検討し新規投資の不認可へ。
  ⑧民間航空機の相互就航先を制限する。
  ⑨今回の損害総額を計算し求償請求を国際司法の場へ提起する。
  *準備しておいて悪い事はない!
  *中華饅頭低国は崩壊する可能性を秘めている。

引用開始→ 海自との衝突を想定?中国海軍が大規模軍事演習
(2012年9月16日19時14分  読売新聞)

【北京=大木聖馬】中国中央テレビは16日、東シナ海での作戦を管轄する中国海軍の東海艦隊(司令部・浙江省寧波)がこのほど、東シナ海で大規模な海上軍事演習を行ったと報じた。

日本政府が11日に尖閣諸島を国有化して以来、中国軍は上陸演習や駆逐艦部隊の実弾演習などを活発化させている。

演習には数十隻の艦艇や多数の航空機、潜水艦などが参加、ミサイル攻撃や対潜攻撃の演習などを実施したという。同テレビは演習が「実際の戦場の状況を模して」行われたと伝えた。尖閣諸島を巡り、日本の海上自衛隊と衝突するケースを想定したとみられる。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 中華饅頭低国は「反日デモ」を放置すると「中華饅頭狂賛党」のバカ政権が打倒されるぞ! | トップページ | 中華饅頭低国は、「反日デモ」を掲げ、第2の「文化大革命」暴力破壊を始めたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華饅頭低国は「反日デモ」を放置すると「中華饅頭狂賛党」のバカ政権が打倒されるぞ! | トップページ | 中華饅頭低国は、「反日デモ」を掲げ、第2の「文化大革命」暴力破壊を始めたのか? »