« 韓国では、新聞としての「朝日」は重視されるハズ! | トップページ | ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美 »

2012/09/02

鴻海精密工業に買い叩かれる「シャープ」の蹉跌 双方共に虫の良い話を続けるのは無駄!

シャープが鴻海を見る目は確かだろうか?
鴻海は、ただただ時間が経過するのを待てばよい。
時間が経過すればするだけ、シャープは疲弊し行き詰まる。
決定的に行き詰まり技術が飛散しない寸前に、出資交渉に合意すれば、タダ同然でシャープを手に入れる事ができる。

待てば落ちる獲物を手に入れる状況で、余計な出資(無駄金)で手を差し延べる奇特な事業家は世界中差がしてもいない。
そんな事をしたがるのは、世界のルールを知らないオメデタイ日本人事業家くらいだろう。

企業価値を低下させ続ける状況下で、慌てて出資合意しなければならない理由はない。
それだけの話である。
シャープは、企業倒産する途を選んだ方が鴻海との交渉を有利に運べる。
シャープも鴻海に、タダ同然で技術資産を乗っ取られるなら、国内で再編再生する途もあるのだが、サラリーマン経営陣には面子と体面が邪魔をして決断できない。
シャープのワンマン経営者と持て囃された町田会長も、所詮はサラリーマン経営者に過ぎないワケで、自分の面子と体面が建前でも本音でも大切なのだろう。

一方の鴻海精密を率いる郭台銘会長は、正真正銘のワンマンだ。
自らが即断即決できる立場だ。

時間をかけて、経営役員が集まり協議しなければならないシャープとの差だ。

シャープの株価が市場で下がり続けるのは、この期に至っても戦略的に経営決断できない経営陣の思考を嫌っての事だろう。
それに経営陣が気がつかず、理解できていない。
加えて、経営上の重要案件(繋ぎ金融と人員整理、事業の切り売り)が、次々に市場へ漏れ出すお粗末な情報管理体制。

サラリーマン上がりのワンマン経営者が恐怖政治の上に創り上げた経営陣では、企業の命運を左右する時に「一切、役に立たず、機能しない」事を露呈させている。

シャープの経営陣は、自らの「明日はない」のだから、シャープが培った技術資産を守り抜きたいなら、潔く、一日も早く企業倒産の途を選択すべきと考える。
それは、企業マネジメントの中で実に重要な戦略性のある決断となろう。
いまや、面子や体面に拘る時ではない。

このままでは、タダ同然で鴻海に買い叩かれ、人も技術もブランドも総てを失う事だろう。

要は、10兆円の事業を率いながら一人で即断即決できる人物と、その一割程度に過ぎないものの二桁の経営役員が合意を形成しなければ何も決められない側の胆力の差ともいえる。
日本の「シャープ」は終わっている。幕をどう降ろすかだけの建前で揉めている場合ではないのだが。
町田会長も「この点に誤謬があり、また決断力がない」といえる。

引用開始→ シャープと鴻海、合意持ち越し 出資交渉、9月以降に
(2012/08/31 21:35 【共同通信】)

シャープと台湾の鴻海精密工業は31日、資本提携内容の見直しに関し、交渉を継続した。両社は週内にも合意したい意向だったが、シャープは決着は9月以降に持ち越されたと説明した。焦点となっている鴻海によるシャープ株の取得価格などで、折り合うことができなかったという。シャープは9月中の合意を目指す。

シャープの大西徹夫取締役専務執行役員は31日、大阪市内で記者団に対し、協議の進み具合について「3分の2以上は進んでいると思っている」と話した。その上で「できるだけ早く決着したい」と述べた。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2012 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

引用開始→ シャープと鴻海の出資見直し交渉、9月持ち越し
(2012年8月31日21時32分  読売新聞)

シャープと台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は31日、出資条件の見直し交渉を前日に続き行ったが、合意に至らず、決着は9月に持ち越された。

両社は鴻海がシャープ株を9・9%保有し、1株550円としたシャープ株の取得価格は引き下げる方向で一致している。しかし、優先して合意する対象を巡って意見が対立しており、早期決着は微妙な情勢だ。

シャープの大西徹夫専務は31日夜、記者団に対し、「事務レベルでの交渉は進んでおり、鴻海の郭台銘会長の確認を得れば合意できる段階にある」との見方を示した。シャープのメキシコ、中国・南京のテレビ工場の売却についても「方向性に異論はない」とほぼ大筋合意しているという。

だが、シャープは出資条件を優先して決めたいのに対し、鴻海は液晶パネルやスマートフォン(高機能携帯電話)事業での協業拡大も含めた「一括合意」を目指し、平行線が続いているという。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 韓国では、新聞としての「朝日」は重視されるハズ! | トップページ | ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国では、新聞としての「朝日」は重視されるハズ! | トップページ | ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美 »