« ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美 | トップページ | 北京で日本大使の車から国旗を奪い取った人物への中国政府は処分を苦悩中か? »

2012/09/04

シャープは一度「潰れる」方が良い! その上で「再生」を目指す事を奨めたい!

「コラコラコラム」は、下記引用の記事に記述されたように、シャープの遣り口が「傲慢」で「悪行」だったとまでは言えないと考えている。

その遣り口は、巨大な事業会社になったにも関わらず、電器屋の中小企業だった頃の思考や行動から抜け出せない点に、コンプライアンスも含めいくつかの問題を抱えているのは事実だろう。

ドライな経営と言えばそれまでの事だ。
聞き及ぶ範囲では、実際に、ドライな経営姿勢だったように思う。

だからというワケではないのだけれど、「シャープ」は現在の苦境を受け止め、一度「倒産」した方が良い。
組織も人事も事業の見直しも含め、一新できるだろうから躊躇せず「倒産」の途を選ぶべきだ。
「鴻海精密工業」の郭ワンマンオヤジに助けられたとして、日本の製造業の労働環境がいきなり「鴻海精密工業」方式による「不幸の連鎖」に繋がり陥るだけだろう。

この度も、郭ワンマンオヤジが台湾から大阪を訪れ、シャープへの資本出資と事業再編について交渉しながら、結論には至らず席を立ち帰国してしまった事が報じられている。
問題の焦点は、
「シャープの生産方式」を継続するのか、
「鴻海精密工業の生産方式」に改めるのか、
この点の議論について、結論を得ることができなかったのだろうと想像する。

「鴻海精密工業」の郭ワンマンオヤジは、「シャープ」への出資に応じる以上、それ相応のシェアを握り、生産方式も効率的な「鴻海精密工業の方式」へ転換を図り、短期に資本を回収したいと考えるのは実に当を得ている。

日本の家電生産で「シャープ」が採用している生産方式は効率が高い部類と言われている。
しかし、「製造業への派遣労働」について様々な非人間的な問題が数々指摘されたように、労働生産性を高める事はできても労働環境の面で多くの問題点を抱える事も指摘され、その改善を求められた経緯がある。

「鴻海精密工業の方式」は、「シャープの方式」を遙かに上回る「労働収奪」そのものである。
従って、「コラコラコラム」は「シャープ」が「鴻海精密工業」から資本出資を受け容れると発表した際、この点を指摘し「日本の労働環境と賃金構造」が一気に塗り替えられる事になるだろうとした。
なおかつ、それを日本が全体として受け容れる事ができるのかとも、指摘した。

さすがに、これらの点が焦点になると、「シャープ」の経営陣も、見事なまでに己の浅はかさを衝かれたのではないかと、想像している。

なぜ、短期間に「鴻海精密工業」が世界最大のEMS事業者としての立場を獲得したのか、台湾で事業経営をしていた頃は、少し規模の大きな中小企業に過ぎなかった事業者が、なぜ、中国大陸(広東省)へ進出した後に、世界を圧倒するまでの急激なEMS事業者として成長したのか、よくよく事実を確認し、問題というか課題は何処にあるのかについて、考えるべきテーマなのだ。

その前後も善悪も考える事なく、「鴻海精密工業」の下へ馳せ参じ「支援」を求めた「シャープ」の町田勝彦・前会長(現 相談役)の責任は実に重大であると考えるのだが。

いまは、他人事らしいから驚愕させられる。
もはや、「シャープ」は企業組織(経営陣)の体をなしていない。
一日も早く、日本の技術を守りたいというなら、一度、潔く「倒産」し「再生」の途を日本の手でなすべきである。
それはできないというなら、勝手にすればよいが、「世間」や「市場」を巻き添えにして貰いたくない。
勝手に「鴻海精密工業」の門下に組み入れられ、極悪な「労働環境と賃金条件」の下で、日本の技術と労働力を吸い上げられれば良いのだ。

ネットの世界には、物知り顔の自称「マッチ・ポンプ・キング」が存在する。
「シャープ」と「鴻海精密工業」について、株価の面を中心に興味本位の戯れ言を今日も展開し喜々としているようだ。

ゴミのような、呆けた「マッチ・ポンプ・キング」は踏み潰し再起不能にしなければならない。

以下に引用紹介する「ゆかしメディア」が報じる「シャープ」についての記述も一面の真実がある。

引用開始→ 存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」
(2012年9月4日(火)7時30分配信 ゆかしメディア)

存亡の危機に瀕しているシャープ。再建のカギを握る台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資問題は、結論が9月に持ち越されてしまった。そんな中、「国内メーカーから助け船がないのは、シャープのこれまでの奢った態度に問題があるからだ」(全国紙記者)という声も聞こえている。

■「シャープとは二度と取引したくない」

ある関係者は「シャープとは二度と取引したくない」と話す。設備を納めたが、シャープが全額負担すべき類の投資であるにもかかわらず、この取引者の別会社を利用し、費用を全額負担させたという。

「売って終わりの設備ではなく、その設備が稼動し続ければうちは利益が出るので、足元を見られた。工場の減産で投資が回収できるか見えなくなった」と嘆く。

シャープの取引業者泣かせは、有名だという。大阪・堺工場の巨額投資にあわせ、取引業者に複写機購入を迫ったこともあった。“ギブアンドテイク”はよくある話だが、通常は、現場が営業努力しながら、交渉する。シャープの場合、上から圧力をかけるばかり。

「複写機は、いまは単体で売ることが少なく、ネットワークソリューションで売る製品。ユーザーがいま使用している機器や仕組みを把握し、更新時期に適切な提案するのが当たり前なのに、上からの圧力ばかりだったと聞いている」(ライバルメーカー)

液晶パネルの売り先からの評判もよくなかった。パネル供給が不足していたとき、自社テレビ向けを優先し、外販分についてはたびたび納期遅れを起こしたが、悪びれもせず、「売ってやっている」という態度だったともいわれている。

マスコミからも「性質の悪い企業」という声が聞こえる。

■代わりに電子辞書の取材はいかが?

「液晶パネル価格が急速に下落している状況を取材したいと何度も申し込んだが、なしのつぶて。『かわりに電子辞書の取材はどうですか?』と返されたときには笑ってしまった」(全国紙記者)という。

昨年秋、パナソニックが兵庫・尼崎工場の一部休止を発表したときには、シャープの町田勝彦会長(現相談役)は、副会頭を務めている大阪商工会議所で、「うちは、常にコスト削減に努めているので大丈夫」と胸を張り、堂々とミスリードした。

シャープの30代社員も、「あのときすでに大変な状況だったのに、危機意識を社員に伝えず問題を先送りした」と憤る。

また、当時から、片山幹雄社長(現会長)と町田氏との仲の悪さも知られている。最近、住まいをシャープ本社近くから京都に移した町田氏は、記者の夜回りに対し、巨額赤字は自分の責任ではないという態度だという。「堺工場の巨額投資を決めたのは片山社長、といわんばかり」(テレビ局関係者)らしい。

こうした中、4月に就任した奥田隆司社長は、火中の栗を拾った人である。

■記者に「あ、そ」

当初は同情する向きが多かったが、新社長の評判もいまいち。就任直後、マスコミ各社にあいさつ回りに行った奥田社長は、「本社の社員がダメだから、こんなことになった」とまくし立てたというから驚く。

「巨額を投じた堺工場の決断に自分は関与していなかった」という思いがあるのだろうが、その後の評判もよくない。8月上旬、切り売りする事業について経済紙が先行して書き始めたが、コメントを求めるために殺到した記者に対し、「あ、そ」と言ってまともに応えなかった。

業績悪化とともに、悪い部分ばかりが言われるようになったシャープ。もっとも、技術力の高さについては、交渉中の鴻海も高く評価している。

今回の危機を乗り越え、文化の悪さが是正できれば、よりよい企業に再生できるかもしれない。そのためにも、まずは生き残ることが課題になる。←引用終わり
Copyright (C) 2012 ゆかしメディア
©2012 NIFTY Corporation

|

« ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美 | トップページ | 北京で日本大使の車から国旗を奪い取った人物への中国政府は処分を苦悩中か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美 | トップページ | 北京で日本大使の車から国旗を奪い取った人物への中国政府は処分を苦悩中か? »