« 鴻海精密工業に買い叩かれる「シャープ」の蹉跌 双方共に虫の良い話を続けるのは無駄! | トップページ | シャープは一度「潰れる」方が良い! その上で「再生」を目指す事を奨めたい! »

2012/09/03

ハシゲの維新からオモチャにされ、政治生命を断たれてしまう「みんなの党」と渡辺喜美

政治とは、こんなモノだ。
渡辺喜美には自らがリーダーシップの一端を握り、という思いがあった事だろう。
だから、何かにつけて維新に秋波を送り、ハシゲを「応援」し「エール」を送ったのだろう。
しかし、渡辺喜美はあまりにもハシゲという人物を知らなすぎた。
一方的に良い同志ができたと幻想を抱いたのだろうが、ハシゲは渡辺喜美の期待どおりには動かないばかりか、渡辺喜美の子飼いで渡辺に不満を持つ者ドモを釣り上げるという挙に出た。

それで、スジが違うと怒りを見せているそうだが、それは甘ちゃんだったね、と言われりゃぁオシマイなんだね。
ハシゲって、そういうヤロウなんだよ。

そのうち、石原慎太郎・東京都知事が指摘したように「”大阪都” なんてハタ迷惑だ」みたいに、「”維新” なんてハタ迷惑で百害あって一利なしだ」にもなるんじゃないか。

今回釣り上げる5人も、能力を評価してじゃなくって、とりあえず「政党要件を満たす5人」を確保する目的にすぎない。
能力がないと分かれば、陣笠代議士として扱い使い捨てるだろう。
その点では、小澤一郎とよく似ている。

ついでに言えば、
だから、世間のマスゴミやウソメディアの呆けた期待に応えず、小澤一郎とは組まないのである。
なぜ「組まない」かといえば、理由は簡単で「同じ性格の大将は二人並び立たず」であるし、「小澤一郎には新鮮さがなく腐臭に満ちている」ためで「維新」の鮮烈なイメージとは相容れない。
このようにブレーンが後ろで振り付けているワケだ。

その意味でいえば、渡辺喜美も、それなりに旧態然とした手垢のついたイメージを拭えない政治家だ。

でぇ、(市場)調査すれば、「みんなの党」そのものは悪いイメージはないワケで、それなら、じっくり喰ってやろうと考えたって事だろう。
大阪市長選挙や府知事選挙を通じ、様々な応援や支援をさせながら、しっかり「吟味」し「値踏み」を加えたってワケだねぇ。

その意味で言えば零細政党でもある「みんなの党」は、イイ面の皮にされたって事だ。

引用開始→ みんなの党、分裂不可避…複数議員が維新合流へ
(2012年9月2日14時07分  読売新聞)

みんなの党が結党3年で、分裂不可避の状況に陥った。

民主、自民の2大政党にくみしない「第3極」として一定の勢力を得たが、地域政党・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)との連携や渡辺代表の党運営をめぐり、党内対立が深まっているためだ。維新もみんなの党と距離を置く姿勢を強めており、渡辺氏は焦りといらだちを募らせている。

「(維新の次期衆院選公約)『維新八策』はほとんどみんなの党のアジェンダ(政策課題)と重なっている。維新と決裂したわけではない。党運営の改善には日々努めている」

渡辺氏は8月31日の記者会見で、維新との交渉状況や党の現状を聞かれるとこう反論し、強気な姿勢を見せた。

みんなの党は2009年8月、自民党を離党した渡辺氏や、橋本首相秘書官を務めた江田幹事長ら衆参5人の勢力で発足した。「脱官僚」「税金の無駄遣いの解消」といった目玉政策を「アジェンダ」と命名し、民主、自民両党を巻き込んだ政界再編を目指す方針を掲げた。2度の国政選挙を経て衆院5人、参院11人に拡大した。

中でも、自民党の渡辺美智雄元副総理の長男で舌鋒(ぜっぽう)鋭い渡辺氏は「党の顔」として、党を引っ張ってきた。維新との政策の共通性に早くから注目し、党勢の大幅拡大につなげられるとして、みんなの党を母体に維新の政党化を図ろうと考えてきた。

反面、渡辺氏の党運営に対しては「独善的だ」「風通しが悪い」との批判が出るようになった。今年5月には、10年参院選で初当選した小熊慎司氏ら参院議員有志が「代表選の実施と手続きの具体化」など5項目の党改革要望書を渡辺氏に突き付けた。

だが、渡辺氏は具体的な答えを示さなかったため、反発を強めた小熊氏や上野宏史参院議員らは渡辺氏に無断で、維新と独自に合流・連携しようと橋下氏や維新幹事長の松井一郎大阪府知事らと接触を始めた。

怒った渡辺氏は「個別交渉はするな」とクギを刺す一方、8月20日の橋下、松井氏との会談で自らの構想を披露したが、民主、自民両党議員との連携も模索する橋下氏らに拒否された。小熊氏らは渡辺氏の構想は実現できないと判断し、離党して維新に合流する準備を急ぐ事態になっている。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 鴻海精密工業に買い叩かれる「シャープ」の蹉跌 双方共に虫の良い話を続けるのは無駄! | トップページ | シャープは一度「潰れる」方が良い! その上で「再生」を目指す事を奨めたい! »

コメント


8月30日付の韓国紙、東亜日報は、小沢氏が平成21年12月、民主党幹事長として訪韓した際、李明博大統領との会談で自身が首相となれば竹島の領有権を放棄すると発言していたと報じた。
現在の小沢氏は否定せざるを得ないが、竹島放棄発言は恐らく真実であろう。
小沢一郎は売国奴であったということであろう。
小沢氏が首相にならなかったのは不幸中の幸いである。
しかし、 「国民の生活が第一」党の党首になったのは、国民にとって不幸である。
心は、「韓国人の生活が第一」ということか。

投稿: 盗人・李 | 2012/09/03 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鴻海精密工業に買い叩かれる「シャープ」の蹉跌 双方共に虫の良い話を続けるのは無駄! | トップページ | シャープは一度「潰れる」方が良い! その上で「再生」を目指す事を奨めたい! »