« 一日も早い、中華饅頭低国の国家経済の破綻を待つ! 早い事、国家崩壊せよ! | トップページ | 原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ! »

2012/10/13

「iPS 細胞」を用い手術を成功させたと吹聴する人物が現れ 徐々に化けの皮を剥がされて

世の中は、先に言った者勝ちってかぁ!?
よく分からないなぁ~!

森口シェンシェが主張する、東京医科大学もハーバード大学も否定するワケだから、
どうなんだろうねぇ~?
「捏造」ってコトもあり得ますよね。

発表予定の学会の場に姿を現さなかった事実も報じられている。
自らに疚しい点がなければ、堂々と学会の場に姿を現わすべきではないのかな。
なぜ姿を消すのかな?

日本では、特ダネ気味に報じた讀賣新聞の旗色が悪くなり始めると、待ってましたとばかりに朝日新聞が「否定見解」を大きく報じ、一矢を報いたというか抜かれた恥を批判攻撃に代え面目を保つワケか。

NHKは、事情を考慮してか、可能な限りの取材で詳細に嫌疑を報じている。
ウソは言わない事だ。
遂に、常に妬みが軸の日本の医学界では、その妬みがオタク研究者で大爆発し「捏造」に至ったのかな。全くバカげた話だ。

精査した上で事実を解明し、
森口シェンシェは、辻褄の合わない事は言わず、真実を告げるべきかと考える。

全くバカげた話だ、ホントに。

引用開始→ ハーバード大、「iPS細胞移植例ない」と説明
(2012年10月12日(金)15時32分配信 読売新聞)

iPS細胞(新型万能細胞)の心筋移植をめぐる森口尚史(ひさし)氏(48)の研究成果に疑義が生じている問題で、米ハーバード大学当局者は日本時間の12日朝、読売新聞の取材に対し、「iPS細胞移植に関する森口氏の話はうそだと確信している」と語り、今後、同氏の全研究成果を調査する方針を明らかにした。

森口氏はハーバード大の「客員講師」を名乗っていたが、同当局者によると、同氏がハーバード大に属していたのは、1999年11月から2000年1月初旬までの1か月余りだけ。それ以降は、同大及び同大傘下のマサチューセッツ総合病院とは何の関係もなくなっているという。

また、同当局者によると、森口氏が行ったとする心筋細胞の移植のためには、同大の倫理審査委員会の同意が必要だが、それを示す記録は一切なかった。森口氏は読売新聞などの取材に対し、「同大傘下のマサチューセッツ総合病院の複数の患者に細胞移植を行った」とも話したが、同当局者は「マサチューセッツ総合病院では、だれ一人として、そんな移植は受けていない」と強調した。

さらに、森口氏が「少なくとも2本の論文について、同大倫理審査委の承認を得た」と主張していることについて、同大当局者は「大学の調査の結果、そうした事実がなかったことが確認された」と語った。同大は森口氏が発表した過去の論文すべてを調査する方針で、結果次第で森口氏のすべての論文の信頼性がなくなることもありうるという。←引用終わり
Copyright (C) 2012 読売新聞社
©2012 NIFTY Corporation

引用開始→ 読売新聞のiPS報道、東京医科歯科大が否定
(朝日新聞 2012/10/12)

東京医科歯科大は12日記者会見を開き、日本人研究者が同大と、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ってC型肝炎の新しい治療法を開発したとする読売新聞の2010年の報道について、「東京医科歯科大で実験及び研究が行われた事実はない」と発表した。

この研究者は、東京大病院の森口尚史特任研究員。11日付読売新聞は森口氏が、iPS細胞を重い心臓病の患者に移植する治療に成功したと報じたが、森口氏が客員講師を務めていると自称する米ハーバード大などは11日、「彼に関するいかなる研究も承認していない」との声明を発表している。←引用終わり

引用開始→“移植実施”報道の2社が見解
(NHK 10月12日 20時16分)

日本人研究者が、iPS細胞を使ったヒトへの細胞移植を世界で初めて実施したとする発表にアメリカの国際学会が疑義を示している問題で、移植が実施されたと報じた読売新聞と共同通信は、記事などで今回の問題についての見解を明らかにしました。

このうち読売新聞は、12日の夕刊で、「報道した内容に間違いがあれば正さなければならない」として、取材経過を詳しく見直すとともに事実関係の調査を行い、結果を公表するとしています。

この中で取材経過については、記者が事前に森口尚史氏から論文の草稿や移植手術の動画とされる資料などの提供を受け、数時間に及ぶ直接取材を行ったうえで記事にしたと説明しています。

また、共同通信は、事実無根の可能性が高いと判断したとして検証記事を配信することにしています。

共同通信の吉田文和編集局長は「研究データの点検など裏付け取材を十分尽くさず、誤った情報を読者にお伝えしたことをおわびします。今回の取材を検証し、今後は正確な報道に努めます」という談話を発表しました。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ 共同執筆者 “検証不十分だった”
(NHK10月12日 20時45分)

日本人研究者が、iPS細胞を使ったヒトへの細胞移植を世界で初めて実施したとする発表について、信ぴょう性に疑いが出ている問題で、この発表の共同執筆者の1人で東京医科歯科大学の教授が記者会見し、「正しい研究の進め方だと判断し了承したが、今思えば検証が不十分だった」と釈明しました。

問題となっている日本人研究員、森口尚史氏の発表で、共同執筆者の1人となっている東京医科歯科大学の佐藤千史教授が12日、記者会見しました。

この中で佐藤教授は「ことしの8月か9月に学会で発表する内容を簡単に記した抄録がメールで送られてきた。正しい研究の進め方だと判断し、共同執筆者として了承した。今思えば検証が不十分だった。ハーバード大学の正式な講師と考え、全く疑っていなかった。責任を感じている」と説明しました。

また、森口氏が、おととし大学のグループと共にiPS細胞を使ってC型肝炎の治療薬の効果的な組み合わせを見つけたと報道されたことについても、共同執筆者になっている佐藤教授は「確認が不十分で不明を恥じている」と述べました。

一方、2つの発表について大学の森田育男理事は「発表内容が正しいかどうか分からないが、大学ではiPS細胞を使った実験や研究を行った事実はない」と述べました。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ 森口氏“医師免許はない”と説明変更
(NHK10月12日 18時7分)

iPS細胞を使ったヒトへの細胞移植を世界で初めて実施したと発表した日本人研究員、森口尚史氏は、当初、NHKの取材に、「自分は医師で、アメリカの医師の資格も持っている」と説明していました。

しかし、11日夜に改めて確認したところ、説明を変更し、「医師免許はないが看護師の免許は持っている」などと話しました。

アメリカのハーバード大学などによりますと、森口氏は、1999年から翌年にかけての一時期、ハーバード大学の関連病院、マサチューセッツ総合病院に在籍していました。

また、東京大学によりますと、森口氏は、平成14年から21年にかけて先端科学技術センターの特任助教授や特任教授、そして平成22年からは付属病院の特任研究員として在籍しています。

一方、森口氏は当初、NHKの取材に対し、「東京大学の特任教授で、ハーバード大学の客員研究員も兼任している」と述べていました。

さらに、「自分は医師で、アメリカの医師の資格も持っている」としたうえで、実際に「マサチューセッツ総合病院で重い心臓病の34歳の男性患者にiPS細胞から作った心筋細胞を『私が』心臓に注射して移植を行った」と説明していました。
しかし、日本時間の11日夜遅く、改めて確認したところ、説明を変更し、「医師免許はないが、看護師の免許は持っている。アメリカでは、医師の指示の下で医療行為を行う助手の資格はあり、実際に細胞を移植する注射を行った」と話していました。
取材に“なぜ大学や病院は否定するのか”

森口氏は現地時間の11日、滞在先のニューヨークのホテルでNHKの取材に応じました。
森口氏は、アメリカの国際学会から研究内容について疑義が示されたことについて、
「なぜハーバード大学や手術を行った病院が、臨床研究の申請を受け付けていないと否定しているのか、全く分からない。移植に関するデータなど証拠はすべて日本にあるため、今は移植の実施を証明することはできないが、落ち着いた段階で一緒に研究を続けてきたアメリカの研究者とも連絡を取り、説明をできるようにしたい」と述べました。

そのうえで森口氏は「iPS細胞から変化させた細胞をヒトに移植したことは間違いない」と述べ、実際にiPS細胞を使った治療を実施したと改めて主張しました。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« 一日も早い、中華饅頭低国の国家経済の破綻を待つ! 早い事、国家崩壊せよ! | トップページ | 原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一日も早い、中華饅頭低国の国家経済の破綻を待つ! 早い事、国家崩壊せよ! | トップページ | 原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ! »