« 「iPS 細胞」を用い手術を成功させたと吹聴する人物が現れ 徐々に化けの皮を剥がされて | トップページ | 平成24年(2012年) 灘のけんか祭り速報! 宵宮の報道より »

2012/10/14

原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ!

どこまでも無責任なヤロウドモだ!
「原発反対」を唱えてりゃぁ、生き甲斐でもあるのかな?

一時に比べると、相当程度動員力は落ちたようだが、まだ6500人が「反原発デモ」をやっているとか。
その先頭に、吃音紛いで何を言っているのか分からないアホエケンザブロォこと大江健三郎や、電気は欠かせないノォ~タ~リン・ミュージシャンの坂本龍一が加わっているって、笑わせるんじゃねぇよ!

坂本龍一なんざぁ、太陽光発電のコマーシャルで一儲けしてやがるじゃねぇか!?
濡れ手で粟ってこのコトだよな!
ナンとも思わないのかねぇ、後ろめたさなんてないのかねぇ?

時間をかけて脱原発を進めりゃぁイイけど、このまま、原発と停め続けて、国内生産をドンドン落として失業増やして、火力発電用のエネルギーコストをかけて、外貨を流出させてドンドン貧乏になって、それでどうするんだよ!?

「反原発」の側から、次の産業エネルギー政策は出てこないじゃないか?
絶対阻止って主張するなら、原発に代わるエネルギー政策を提起してみろ。
それで、現在の産業の生産力を低下させず、雇用も確保し国際競争力を維持できる、安定した低コストの産業エネルギー政策を示してみよ!

それで論争しようじゃなぇか!?

アホエケンザブロォこと大江健三郎の腰抜け野郎は眼鏡でも拭いてやがれ!

引用開始→ 原発ゼロなら国富24兆円流出 エネ研32年試算
(産経MSN2012.10.13 09:09)

景気悪化・雇用喪失も

原子力発電所の稼働停止が続けば、代替火力発電用燃料として追加調達する石油や天然ガスの費用が、平成32(2020)年までに計24兆円に上る可能性があることが12日、日本エネルギー経済研究所の試算で分かった。同研究所は「国富の流出に加え、電気代値上げが景気悪化や雇用喪失につながる」と警鐘を鳴らしている。

火力発電用の燃料はほとんど海外からの輸入に頼っており、調達費が拡大すると、それだけ日本から外国への支払いが増える。

貿易統計などをもとに、石油やガスの調達量、国際市況や為替の影響などを推定したところ、国内50基の原発を全て火力発電で代替すれば、累計燃料費は27年までに13兆円、32年までに24兆円かかるという。

関西電力大飯原発3、4号機は再稼働したが、今年度の日本の火力発電燃料調達費用は、原発事故の影響が限定的だった22年度と比べ、約3・1兆円増加する見通し。

これが、そのまま顧客に価格転嫁されれば、家庭向け電気料金は15%、企業向けは20%上昇。工場の海外移転加速などで約42万人分の雇用を喪失、法人税収は約1兆円減ってしまう恐れもあるという。←引用終わり
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 「iPS 細胞」を用い手術を成功させたと吹聴する人物が現れ 徐々に化けの皮を剥がされて | トップページ | 平成24年(2012年) 灘のけんか祭り速報! 宵宮の報道より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「iPS 細胞」を用い手術を成功させたと吹聴する人物が現れ 徐々に化けの皮を剥がされて | トップページ | 平成24年(2012年) 灘のけんか祭り速報! 宵宮の報道より »