« 竹中平蔵の日銀総裁には絶対反対! 民主党全崩壊予想で、国会(衆議院)は「近いうちに」解散せず確定 | トップページ | 「日本が中華饅頭低国と正しく向き合うために」 京都大学 中西輝政先生の指摘(全文引用掲載) »

2012/10/22

中華饅頭低国を心の底から受け容れる国はあるのか!?

広まる「嫌中感情」真底から中華饅頭低国と向き合い付き合うと分かる事だ!
謙遜する、謙譲する、そんな姿勢は微塵もないのが中華饅頭低国だ。
世界の嫌われ者、ナンバーワンだろう。

最初は、揉み手で近づき、やがて態度は徐々に変化し、時には掌を返すように急変する。
その後は、尊大な態度で、周囲を見下ろす姿勢は相変わらずだ。

最初は分からない、しかし、一度でもこの目に遭うと、多くのヒトは学習する。
そして「二度と、相手にするか」となるワケだ。

しかしながら、長大な国境を持ち隣接する関係は変える事ができない。
実に厄介な事である。
どのように対応し対処するか。

個人に例えれば、隣に広大な住居ができ、それが武闘派暴力団だったと考えればよいワケで、できれば付き合いたくないと考えるのは当然だろう。
しかしながら、何かにつけて「顔を合わせる」事になる毎日だし、引っ越しできないし相手も引っ越ししない。
もう手一杯って事だ。

何かにつけて、ゴミは放るし、コチラ(他人)の事にアレコレ口出しする。
時と場合によれば、公然と威嚇する。
実に、適わんハナシなのである。
よくよく、考えてみよう!

引用開始→「嫌われ者」中国の四面楚歌 ASEANにも嫌中感情
(夕刊フジ2012.10.17)

中国は明らかに、民主党政権下の日本を見くびっていた。最初の鳩山由紀夫政権は東シナ海を「友愛の海」だといい、米国排除の「東アジア共同体」を提唱して中国にすり寄った。続く、菅直人政権は尖閣周辺海域で起きた中国漁船体当たり事件で、「中国配慮」から容疑者の船長をあっさり帰国させた。

中国当局が抱く民主党政権のイメージは「脅せば屈する日本」の姿であった。それが尖閣国有化で対日圧力を呼び込む遠因になっていただろう。「スキあらば盗む」中国流である。

ところが、野田佳彦首相は9月26日に「尖閣では半歩も譲らない」との姿勢を強調した。自民党の安倍晋三総裁は、今月15日に来日した米国務省のバーンズ副長官には「尖閣で妥協はあり得ないことを明確に中国に伝えてくれ」と述べた。野田政権の尖閣諸島への対応や、安倍総裁発言に、中国も戸惑う気配がある。

時に強硬な意見を吐く9月25日付環球時報の社説は、「日本のポーズや言葉で日本の軟化を読み取るものもいるが、これは願望にすぎない」と長期化の覚悟を示した。10月12日付の環球時報になると、わざわざ香港の太陽報を引いて「領海争いは南シナ海が先」と転電し、前線の南シフトを主張した。

「中国の今の実力では、領有権をめぐって全方向に出撃するのは不可能だ。日本との争いはとりあえず沈静化して、まずはフィリピンと対峙(たいじ)すべきだ」

中国は圧力をかけた相手国がひるみ、国際社会が反応を示さなければ、一層、理不尽なやり方で自国の利益を拡大しようとする。逆に相手国が断固として抵抗し、国際社会の中に批判が渦巻けば、一時的には後退していく。

これは19世紀の世界に跋扈(ばっこ)した帝国主義の特徴と同じである。元外務省主任分析官の佐藤優氏は、帝国主義がまれに国際協調に転ずるのは、批判を避けるための一時的な退避で「状況が変わればまたその繰り返し」と述べる。

今後も中国は日本の反応を見るために、国家海洋局などの監視船を尖閣周辺に送り、海軍艦船を与那国島などの接続水域を航行させるだろう。恫喝(どうかつ)が常態化するなら、日本は何度でもはね返すだけである。

中国への嫌悪は、尖閣問題だけでなく、南シナ海の東南アジア諸国連合(ASEAN)でも広がり、中国の四面楚歌(そか)状態が続いている。今月5日にフィリピンで開催されたASEANと日米中韓などによる拡大海洋フォーラムで、中国は「海上協力基金」の名目でポンと30億元(約370億円)を拠出した。

米紙ワシントン・タイムズからは、とたんに「中国はカネで影響力を買った」と皮肉られた。日本とASEANが手を結ぶ「反中同盟」につながることへの警戒感がそうさせたと同紙は指摘した。ところが中国内では弱腰批判を恐れて“手みやげ”を明らかにしなかった。だが、そこは外交上手のベトナム代表である。記者会見で暴露した。

CNNテレビ香港のウィリー・ラム氏に言わせると、中国は「資源パラノイア」であるという。採算や危険を度外視して、世界の石油権益を買いまくる。中国民衆の生活水準が上昇を続ける限り、共産党の一党独裁を許容すると考えるからだ。武力行使も辞さない強引な姿勢は、すっかり「無責任な当事者」のイメージを定着させた。(湯浅博)←引用終わり
Copyright © 2012 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 竹中平蔵の日銀総裁には絶対反対! 民主党全崩壊予想で、国会(衆議院)は「近いうちに」解散せず確定 | トップページ | 「日本が中華饅頭低国と正しく向き合うために」 京都大学 中西輝政先生の指摘(全文引用掲載) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹中平蔵の日銀総裁には絶対反対! 民主党全崩壊予想で、国会(衆議院)は「近いうちに」解散せず確定 | トップページ | 「日本が中華饅頭低国と正しく向き合うために」 京都大学 中西輝政先生の指摘(全文引用掲載) »