« 対ロシア戦略の重要性について、ロシア研究の大御所 木村 汎先生の指摘 | トップページ | ソフトバンク 孫が損するのは構わないが、経営基盤が脆弱なSBの一蓮托生はどうか? »

2012/10/26

ウワサの「石原新党」結党! 石原慎太郎氏、東京都知事を辞任し救国に向け新党で国政復帰宣言

かねてより噂され続けていた石原慎太郎氏(前・東京都知事)が、昨日、東京都知事を辞職し「たちあがれ日本」の解党を軸に「石原新党」を結成し、「国政に復帰」すると発表した。

「なぜ?」
「お歳じゃないの」
「都知事の方がよい」
「その意気を待っていた」
「80歳で、選挙に勝てるという考えがスゴイ」
「任期途中で、勝手な辞任は、無責任だ!」
など、様々な意見が、夕方から夜半の巷で評されていた。
昨夜の呑み屋、居酒屋は、それなりにダラリーマンのオヤジ、おネエさん、ワケの分からないおヒト、入り乱れて喚き合い、口角泡を飛ばされたコトだろうな。

ほぼシナリオどおりなモノで、大して驚きはなかった。
閉塞感が強い、オコチャマ政治に堕してしまった日本の国政は、永田町よりも西新宿から発信される方が注目されるって、ネェ!?

「なぜ、年老いた者が決意し起たねばならないのか、こんなのは若い人がやれば良いのだ。若い者シッカリしろよ」と言い残し、
「ありがとう、お世話になりました」と、都庁の会見室を去った。

昨日の辞任会見は、「檄文」でもあった。
明治維新以降、今日まで、
霞ヶ関を占拠する、行政高級官僚の手の内に「日本」は握られ、
それに追従し、お零れ拾いを狙う経済界が手を握り離さない事により、
この国を、好き勝手に支配し、危機に対して「何も為さずに遣り過ごしてきた」と、

そのため、受け容れがたい「国難」に包まれている。
という事なのだろう。
これを打破するために、一石を投じ、礎となろう、このようにも聞こえ読み解ける。

そこで第三極の勢力をというワケだが、
より強く噂されるのは、大阪市長ハシゲが率いる「日本維新の会」との連携だ。
明確に二つの点で対極にあるといえる。
一つは「原発政策」で、石原氏は「推進」、一方のハシゲは「全廃」だ。
もう一点が「憲法」について、「改正手法」は石原氏が「廃棄」し「新規」だ。
ハシゲは、現在の手順に沿い順序立てて「改正」という提案だ。

立脚点も、微妙に違う。
現在は、同一点を求め合う展開だが、やがて傷口は大きく広い事を認識する事になる。
ヒトの底流にあるテーマは、議論で解決できる問題ではない。

これで第三極の頂点を目指していた渡辺喜美の「みんなの党」は、いよいよ立ち位置が難しくなってしまった。
石原慎太郎と渡辺喜美では、最初から勝負にならない。
少年野球とプロ野球の差が生じる。
渡辺VSハシゲVS石原(たち日)は並び立てず。

渡辺党商店はどうするか?
ハシゲ党商会は当面は連帯だろう!
石原有限党は今回は描けても次が描けない!
(文学者としての石原慎太郎氏は、政治家として常にこの点がウィークポイントだ)

まぁ、いずれにしても「小澤一郎の生活(利権)が第一」は、根本的に存在できない事になった。ザマァ~見ろ!

|

« 対ロシア戦略の重要性について、ロシア研究の大御所 木村 汎先生の指摘 | トップページ | ソフトバンク 孫が損するのは構わないが、経営基盤が脆弱なSBの一蓮托生はどうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 対ロシア戦略の重要性について、ロシア研究の大御所 木村 汎先生の指摘 | トップページ | ソフトバンク 孫が損するのは構わないが、経営基盤が脆弱なSBの一蓮托生はどうか? »