« 猪瀬直樹副知事の東京都知事選挙への立候補表明は順当なところだ | トップページ | 衆議院議員総選挙が終わりましたので、雑感をゴチてみます »

2012/11/27

滋賀の知事嘉田のワラにも縋る小澤一郎は「反原発」へ宗旨替え・方向転換しても、国会で居残りを目指す

懲りないヤツラって、こんなヤツラの事を言うのだろうか。

オバハン知事が、瀕死の小澤一郎に助けの縄を投げるとか。
「小澤一郎の生活が第一」という名の政党が、周りから総スカンを喰らい、ようやく政治生命を断てるかという状況だが。

そこへ助けの投げ縄が飛んできた。
投げたのは、滋賀県知事の嘉田由紀子って元プロ市民だったオバハンだ。

小澤一郎とは正反対の立ち位置だったワケ。
そんなオバハンが掲げるのは「卒原発」って、とてもとても耳障りの好いフレーズだ。
オバハンは「原発」じゃハシゲと組んで「卒・脱・反」を集合させようとしていた。
基本は「反原発」のプロ市民だ。

ところが、「原発稼働反対」を掲げるハシゲは、石原慎太郎とヨシミを通じる上で「原発稼働反対」の旗をスルスルと降ろし畳んでしまった。
この時、「ハシゴを外された」「友を失った感じだ」と発言していた。

「反原発」プロ市民の旗は、右でも左でも「原発に反対」する勢力を広く糾合できれば、それでヨシとするものだ。
そこで目を点けたのが、「脱原発」を旗印にする、小澤一郎、亀井静香だってワケか。

嘉田のオバハンの殺し文句は
「近畿の1450万人の生活用水の源 "びわ湖" を抱える、滋賀の知事として、"卒原発" を進めたい」だから。

この発言を翻訳すると、
「近畿の1450万人の生活用水の源 "びわ湖" を抱える、滋賀の知事として、日本の工業生産の息の根を止める "卒原発" を進めたい」でもあるワケだ。

知事になるために掲げた政策は、
「栗東市」に、東海道新幹線の新駅は不要! だった。
しかし、最近は、「栗東市」に、東海道新幹線の新駅が設置される必要がある。
と、見事に宗旨替えをしている。
(不思議な人物だが、プロ市民なんだから当たり前か)

小澤一郎に、名古屋の河村、ドロガメ静香、大地の宗男、風頼り寄せ集めを、連携統合しようってコトらしい。
水と油がゴチャ混ぜって、ねぇ~?

引用開始→ 第三極に急浮上 滋賀県の嘉田知事
(産経MSN2012.11.26 21:51)

「国政に対して意見を言いたい」。衆院選公示を8日後に控えた26日、脱原発を掲げる第三極の新たな旗頭候補として、滋賀県の嘉田由紀子知事が急浮上した。同日、記者団には新党結成への明言を避けながらも、27日に正式表明することを示唆。原発政策を選挙の主要争点とすることに強い意欲をにじませた。ただ、脱原発に関しては民主党や日本維新の会なども方向性として示しているだけに、有権者にとっては違いが分かりづらく、頭を悩ませる展開になりつつある。

26日夕、数十人の報道陣が詰めかけた滋賀県庁の知事室。広報担当職員は「衆院選絡みで、まさか注目を集めることになるとは」と戸惑いの表情を見せたが、嘉田氏は無数のフラッシュの中、笑みをたたえながら記者団の前に立った。

「何も決まっていない」「今の段階では答えは控える」。新党の立ち上げや、他党との協議などに関する質問には明言を避け続けたが、原発政策については「昨年の3・11(東京電力福島第1原発事故)以来、初めての国政選挙。国民が参加した国民的議論に期待する」とはっきり述べた。

嘉田氏は自身が掲げる脱原発依存の構想を「卒原発」と提唱。記者団には「代替エネルギー、安価なエネルギー供給、電力会社の経営が成り立つようにするなど(課題を)解決するのにカリキュラムが必要で、卒業まで時間がかかるから」と説明した。記者の質問をとらえて「『脱』ではなく『卒』です」と訂正する場面もあった。

新党設立の背景には、原発政策をめぐって芽生えた維新代表代行の橋下徹大阪市長への“不信感”がある。

嘉田氏は約半年前、橋下氏らとともに関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について強く反対した。脱原発に関し、関西広域連合の中ではともに「もの申す首長」として存在感を示してきた。

だが、維新と太陽の党の合併に際し、橋下氏が目指したはずの「2030年代までの原発全廃」が政策合意に盛り込まれず、維新の選挙公約でも目標年限は提示されない見通しとなった。嘉田氏はこうした後退が新党構想の背景の一つになったのかを記者団に問われ「ないとはいえない。(20日の会見で)『仲間を失った感じ』と申し上げた」と複雑な心境を示した。

だが、その後の日程の都合で記者団への対応は10分程度と限られていたため、既成政党の脱原発構想との違いに関する具体的な説明は行われなかった。←引用終わり
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 新たな「第三極」 表の顔は嘉田知事 合流に動く「あの人」の思惑
(産経MSN2012.11.27 08:08)

日本維新の会やみんなの党に対抗する新たな「第三極」勢力が動き出した。表の顔は嘉田(かだ)由紀子滋賀県知事だが、裏の顔は「国民の生活が第一」の小沢一郎代表。12月の衆院選を前に、小沢氏が党首の座を捨ててでも「嘉田新党」に合流するのは、各種世論調査で生活が低迷を続け、生き残りのためにはなりふり構っていられない事情がある。それでも、衆院選で小沢氏が影響力を示すのは容易ではない。

「党名が変わるかもしれないから、チラシを作るのは待った方がいい」

小沢氏側近は先週後半、党所属の候補予定者に選挙用印刷物の作製を中断するよう指示。関係者は一様に、小沢氏が新党結成に動いたと受け止めた。関係者によると、小沢氏は24日、嘉田氏と会談し、「嘉田新党」の発表やその後の段取りについて、意見交換したという。

小沢氏は衆院選を前に二重の苦しみを抱えている。

生活は今年7月に結成されたため、来年にならないと政党交付金を受け取れない。そこに、12月の衆院選が決まったため、資金難となっている。有力な支持基盤がないのも響いている。熱狂的な「小沢ファン」は全国に散在するとはいえ、旧自由党時のように比例代表で約600万票を獲得できる地力はない。

生活単独だと先細りは確実なため、小沢氏が注目したのは、「脱原発」を旗印に新党結成を模索していた嘉田氏の存在だった。

他の「新党」も小沢氏の動きに同調する構えをみせている。

「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」の小泉俊明幹事長代理は26日、都内で記者団に、「一人でも多く当選するには合流すべきだ」と強調。同党が同日発表した候補予定者も生活と競合しないよう、配慮した形跡がうかがえる。

みどりの風共同代表の谷岡郁子参院議員も26日、フジテレビ番組で「死票を作らないことを考えて、連携していく必要性がある」と指摘した。ただ、結成メンバーである谷岡氏ら参院議員4人は、新党参加には消極的。小沢氏らとの「肌合いの違い」が理由のようだ。

これに対し、衆院解散後に合流した前衆院議員3人は、みどりの知名度不足を理由に新党結成に前向きとなっている。

「第三極」の結集を先行して実現した維新の石原慎太郎代表は26日、産経新聞社などのインタビューで、嘉田氏らとの連携について「ない」と断言した。←引用終わり
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 猪瀬直樹副知事の東京都知事選挙への立候補表明は順当なところだ | トップページ | 衆議院議員総選挙が終わりましたので、雑感をゴチてみます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猪瀬直樹副知事の東京都知事選挙への立候補表明は順当なところだ | トップページ | 衆議院議員総選挙が終わりましたので、雑感をゴチてみます »