« どこまでもルーピーの鳩山由紀夫を消去する方法はないのかな | トップページ | B787 米国は責任をもち製造品質を含め機体の一斉分解点検をせよ! »

2013/01/11

元民主党の首脳は、もう仲間割れですか、アンタらは内閣を組織し中枢を握ってたんだよね

仙石由人が衆議院総選挙で完全落選したコトを受け、元の同僚だった鳩山由紀夫と菅直人を厳しく激しく批判しているという。
いわゆる「内ゲバ」ってヤツですね。

仙石由人は確かにエライかも知れない。
エッラァ~~~~~イとも言える。

少なくとも、宇宙人バルタン星人のルーピーハトヤマより、
ガナルダケ星人のバッカンよりも、エライかも知れない。

しかし、冷ややかに見てきた側からすれば「同じのムジナ」であり、
仙石が鳩山と菅を揶揄し嘲笑うのは「目くそ、鼻くそを笑う」でしかない。

オメェ~らは、相手の思想信条、政治の理念を確かめもせず、徒党を組みオシシイ事を分け合おうとしただけである。
その結果、著しく「日本の威信を傷つけ、重大な損失を強いた」のである。
この責任を免れる事はできない。
書籍の中で、無責任な者が「夢想が叶わなかった」と他人を批判しても始まらないのだ。
バカは、仙石も含め、民主党の全員が負い、国民による厳しい断罪を受けなければならないのは言うまでもない。

引用開始→ 仙谷元官房長官、著書で鳩山・菅氏を厳しく批判
(2013年1月11日07時42分  読売新聞)

民主党の仙谷由人・元官房長官が17日発売予定の著書「エネルギー・原子力大転換」(講談社)で、「脱原発」を主張する鳩山、菅の両元首相を厳しく批判していることが分かった。

著書では、脱原発デモに参加した鳩山氏について「国際社会に(前提として原発維持が不可欠とされる)温室効果ガス25%削減を約束した内閣の首相として、もう少し深く悩んでほしかった」と安易さを指摘。民主党の衆院選政権公約をめぐり、菅氏が「原発ゼロ」の目標年次の明示を主張したことも「選挙に向けた政治運動論」で「賛成できない」と断じた。

著書では、奥田碩・元経団連会長や丹羽宇一郎・中国大使(当時)に東京電力の新会長就任を打診したことも明らかにした。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« どこまでもルーピーの鳩山由紀夫を消去する方法はないのかな | トップページ | B787 米国は責任をもち製造品質を含め機体の一斉分解点検をせよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どこまでもルーピーの鳩山由紀夫を消去する方法はないのかな | トップページ | B787 米国は責任をもち製造品質を含め機体の一斉分解点検をせよ! »