« 全日空のB787(JA804A)の事故でボーイングの開発コンセプトが問われる | トップページ | 大鵬親方のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます »

2013/01/20

大阪の橋本徹将軍様は、言いたい放題で、聞く耳なんぞ持ち合わせなしで人の心を踏みにじる

大阪は、まるで北朝鮮だ!
もう誰も将軍様の命令に異論を挟み意見をする事も許されないのか!

やっている事は無茶苦茶だ。
高校受験生を人質に取り、開き直っている。
いわく、中学校長会が大阪市立桜宮高校の入試を求める意見を述べると、
直ちに、
「そんな校長は、全員、交代して貰う。民間から適切な人を公募し採用する」。
「桜宮高校が入試をして入学者を受け入れても、予算の執行は認めない」。
もう、脅迫なんてモノじゃない。
吊し上げだし、兵糧攻めを宣言し、自分の命令は絶対だ!
命令を守れ、守れないなら辞めろ、と言っているワケだ。

どこの首長が、そこまで私憤丸出しで職に当たっているのか?
馬鹿もいい加減にして貰いたい。
エネルギーを噴出させる相手を間違えている。
誰の意見も聞かず、自分が絶対的に正しいと考えているから、もう世の中が分からなくなっているんじゃないか。
ネット(TW)の世界は自分の意見はとおる。熱く支持される。
でも、世の中はネットの意見だけじゃない。
そんな事も理解できないのは、もう既にオツムの大方が壊れているんじゃないか。

コラコラコラムは、参議院議員通常選挙を前に、大阪市長を辞める口実を探しているように受け止めているのだが。
絶対反対を叫んで、市民から、世論から袋叩きに遭った。
相当な混乱が起きている。自分の発言でこのような事態になったのだから、責任をとって身を退きたいという事で、その後釜は「まんま東」コト東国原英夫を想定しているようだし。

引用開始→「受験生は生きているだけで丸儲け」と橋下市長、入試直前に配慮欠ける発言?
(産経MSN2013.1.18 11:50 )

大阪市立桜宮高校の男子バスケットボール部主将=当時(17)=が男性顧問(47)の体罰翌日に自殺した問題に絡み、市教委に同校体育系2科の入試中止を求めた橋下徹市長が「(受験生は)生きているだけで丸儲け」と述べた。自らが提案した同校の入試中止を意識した発言とみられるが、入試を直前に控えた受験生らに対する発言として配慮が足りないとの批判も招きそうだ。

橋下市長は17日の記者会見で、市教委に入試実施の要望書を提出した市立中学校長会の対応に触れ、「事の重大さがわかっていない。教育者失格だ」と痛烈に批判。その上で「一番重要なのは生徒が亡くなったこと。(受験生は)生きているだけで丸儲け。またチャンスはある」と述べた。←引用終わり
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 入試中止要請 大ナタの振るい所が違う
(産経MSN2013.1.20 03:14)

橋下徹大阪市長は、体罰問題が起きた市立桜宮高校体育系2科の入試を中止させる方針を打ち出したが、本末転倒の措置と言わざるをえない。

橋下氏はまた、市教委が中止を拒否すれば入試関連の「予算執行権を行使する」とも述べたが、威圧的で乱暴すぎはしないか。入試まであと1カ月しかない。受験生はじめ、在校生や保護者からも反対の声が強い。早急に撤回すべきだ。

桜宮高ではバスケットボール部の顧問から体罰を受けた主将だった男子生徒が自殺した。体罰は常態化しており、他の部でも行われていた。

市教委と学校も、1年以上も前に情報が寄せられながら、生徒から聞き取りもしないおざなりな調査で「体罰はなかった」と結論付けていた。身内に甘い黙認・隠蔽(いんぺい)体質が悲劇を招いたといえる。

橋下氏が「体罰を止められなかった学校の伝統を断ち切る」として改革に大ナタを振るうのは当然だ。ただし、この時期になっての入試中止にはやはり無理がある。正当化するためか「(受験生は)生きているだけで丸もうけ。またチャンスはある」としたのも、配慮に欠ける発言だ。

桜宮高には体育系として体育科とスポーツ健康科学科(定員計120人)があり、2月20、21両日に入試が行われる予定だ。入試も普通科とは異なり運動能力検査などの実技試験が加わる。

高校受験は人生の岐路ともなる。受験生は、将来のスポーツ指導者など、それぞれの目標に向かって準備をしてきたはずだ。志望校を急には変更できまい。大阪市立、府立で他に3校ある体育系学科が、桜宮高分を引き受けて定員を増やすことも難しい。

改革すべきは、閉鎖的、独善的な教育界の体質だ。政治的中立を盾に外部からのチェックを拒んできた教育委員会や服務規律に従わない一部教師の存在、同一校での長期勤務を許す硬直した人事など問題はいくつもある。それが体罰の温床になったともいえる。

橋下氏が大阪府と大阪市で教職員に国歌斉唱時の起立を義務づける条例を制定したのは大いに評価できる。「開かれた教育行政」をめざし、自治体の首長がリーダーシップを発揮する教育基本条例も全国的に注目されている。

橋下氏には教育界の根底にこそメスを入れてほしい。←引用終わり
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 全日空のB787(JA804A)の事故でボーイングの開発コンセプトが問われる | トップページ | 大鵬親方のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます »

コメント

教育現場を知らん奴が偉そうに教育を語るんじゃ
ねえ、

教育の根底てなんやねん?答えてみいや?

メス入れるとこなんかないけどな

メス入れるとこ間違えてないかい?

桜ノ宮高校の校長が、中学校の校長と兼務してるの知ってるんか?

二つの学校の校長やで、どうやってできるねん

ほんなら、すべての小・中学校の校長すべて兼務でいいやん

おかしいのは橋本含めて役所のやつ違うん

答えてみ?

投稿: ハイテクおやじ | 2014/05/11 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全日空のB787(JA804A)の事故でボーイングの開発コンセプトが問われる | トップページ | 大鵬親方のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます »