« 北朝鮮 予告どおり「核実験」を強行! もう誰にも止められない! 米中は共同責任を | トップページ | 世界中、安全で安心できる場所はない グァムで生じた無差別襲撃と刺殺 »

2013/02/13

日本を攻撃する敵国の基地への攻撃能力を保有するのは正当な自衛行為だ!

明らかに「いまから日本を攻撃するぞ」と喧伝し準備する強盗国家が、攻撃(出撃)のために基地に武器を貯え、いつでも攻撃(出撃)できる状態に達し、いわば引き金を引きかけている状態を見過ごす国が、世界のどこにあろうか。

その基地を先制攻撃し叩き潰すのは当然の事だ。
それを自衛攻撃と言わずして、何が自衛なのかと問いたい。

日本では、これまで阿呆で丸腰の平和主義が、マスゴミを先頭に、この種の議論をするコトすら許さなかった。
一国の領土領海領空を守るという行為は、自国民を守る行為であり、自国民の生命財産を守る行為に他ならない。
「話せば分かる」と主張する側が大勢を占めた。
大勢ではなかったのだろうが、ヒステリックな主張に引き摺られ、消極的に支配されてきた。

しかし、この間、何かが変わったかと問えば、
明らかに変わった事がある。
それは、周辺の事態が大きく変化したのである。
日本の停滞、中国の伸張、下朝鮮の傲慢、北朝鮮の暴発・・・・・

とりわけ、中国と北朝鮮に強いシンパシーを感じ、その主張や利益を代弁し続けた、
社会党=社民党、あるいは分家の民主党、
別の観点から、日本を悪し様に非難し続けた共産党。

これらの「話せば分かる」「平和が大切」「武器を捨て『非武装中立』を」との主張は、
如何に無力で売国主義に満ち溢れているか、その嘘というか欺瞞を見せつけている。

北朝鮮は、
国際社会の激しい批判をモノともせず「核実験」を強行した。
「長距離ミサイル」も発射した。
飢えて死ぬ者が大量に発生しようと「金日成・金正日・金正恩」は正しいと奉り立てる兇器の集団に支配され、狂気の集団はこれまでの悪逆非道を守り抜くためなら、どのような手段でも使い、国際社会を恐喝し続ける。

照準は日本であり、日本の冨であり、日本の技術である。
そのために、米国を撤退させ、中立を要求するのである。
この戦略を中国(中国共産党人民解放軍)は強く支持し、アジア世界の奪取と君臨を目指している。

この強盗国家が、虎視眈々と日本を狙っている。
それでも何らの自衛もする事なく、ただ指を咥えて、殴り飛ばされ犯されるまま丸腰で「平和が大切」と泣き叫ぶのか。

上記に戻るが、
明らかに「いまから日本を攻撃するぞ」と喧伝し準備する強盗国家が、攻撃(出撃)のために基地に武器を貯え、いつでも攻撃(出撃)できる状態に達し、いわば引き金を引きかけている状態を見過ごす事無く、その攻撃(出撃)基地を先制攻撃するのは当然の行為である。

引用開始→ 安倍首相、敵基地攻撃「自衛の範囲内」と答弁
(2013年2月13日01時32分  読売新聞)

安倍首相は12日に行われた衆院予算委員会の集中審議で、北朝鮮の弾道ミサイルに対処するための「敵基地攻撃能力」について、「国民の生命と財産を守るために何をすべきかという観点からは、様々な検討を行っていくべきだ」と述べ、検討の必要性に言及した。

首相は「他に手段がないと認められるものに限り、敵の誘導弾などの基地を攻撃することは憲法が認める自衛の範囲内に含まれる」と従来の政府見解を踏襲。「敵基地攻撃能力を保有することは現時点では考えていないが、憲法上は許される」とも指摘した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 北朝鮮 予告どおり「核実験」を強行! もう誰にも止められない! 米中は共同責任を | トップページ | 世界中、安全で安心できる場所はない グァムで生じた無差別襲撃と刺殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮 予告どおり「核実験」を強行! もう誰にも止められない! 米中は共同責任を | トップページ | 世界中、安全で安心できる場所はない グァムで生じた無差別襲撃と刺殺 »