« 駐車場代わりに利用した「スターバックス」で考えた事 | トップページ | 無責任な人の集まりを「民主党」というらしい »

2013/07/28

韓国って、おかしな国、不思議な国、ヒステリーの国、なぜ存在しているの!?

おかしな国だ。
不思議な国だ。
ヒステリーか。

アホは怖くない。
知識人は怖い。
マスコミが取り上げると困るから入国させない。
とても分かりやすい対応だ。

里帰りでも関係ない。
韓国人でも日本国籍者は日本国政府の保護を受ける。
従って、正当な理由のない「入国拒否」は外交上の問題になる。
大きな問題ではないが、放置もできない問題だ。

韓国って、この種の嫌がらせを積み上げ、問題を拡大する。
困った国だ。
幼稚な国だ。
しかし真剣な国だ。
真剣に阿呆と馬鹿を正直に演じているのだ。
馬鹿は死んでも治らない。

引用開始→ 韓国、評論家の呉善花氏の入国を拒否 評論活動が影響か
(産経MSN2013.7.28 02:00)

韓国出身の評論家で拓殖大国際学部教授の呉善花氏(56)=日本国籍=が韓国への入国を拒否され、日本に引き返していたことが27日、分かった。呉氏は歴史問題などをめぐって韓国に厳しい評論活動で知られ、韓国側の対日感情の悪化などが入国拒否の一因である可能性もある。

成田空港で同夜、取材に応じた呉氏は「文明国としてあってはならないこと。人権も何もない。もっと冷静に対応してほしい」と、韓国側の対応を批判した。

呉氏によると、ソウルで行われる親族の結婚式に出席するため、27日午前11時すぎに韓国・仁川空港に到着。しかし、入国審査の際に隣接する事務所に行くよう指示され、パスポートの詳細な確認などを受けた。

約1時間半後に「入国は許可できない」と告げられ、理由を職員に尋ねても「上からの命令だから」などと答えるのみだったという。別室で夕刻の日本行きの便まで待機させられ、機内でも着席を確認するまで職員がついてきたという。

韓国法務省の仁川空港出入国管理事務所入国審査場の当局者は産経新聞の電話取材に、「プライバシーに関することで回答できない」と述べた。

呉氏によると、母親の葬儀のため出身地の韓国・済州島に帰郷した平成19年にも空港で入国を一時拒否されたが、その後は問題なかったという。外務省は「事実関係を確認した上で対応を考える」としている。

呉氏は昭和58年に来日。日韓関係を中心に評論を行い、「攘夷の韓国 開国の日本」「スカートの風」などの著書がある。4月末に安倍晋三首相と会食した際、韓国で批判的に報じられた。

新藤義孝総務相らが野党議員時代の一昨年、韓国・鬱陵島の視察を試みて入国拒否されたが、思想信条が理由とみられる民間人の入国拒否は極めて異例だ。←引用終わり
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 駐車場代わりに利用した「スターバックス」で考えた事 | トップページ | 無責任な人の集まりを「民主党」というらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駐車場代わりに利用した「スターバックス」で考えた事 | トップページ | 無責任な人の集まりを「民主党」というらしい »