« 欧米各国は、エジプト暫定政権のテロ集団の「ムスリム同胞団」鎮圧を武力行使を非難するのか?テメーらの「アルカイダ」掃討 対テロ戦争はどうなるのだ? | トップページ | 映画「黒部の太陽」の撮影現場を石原まき子(故石原裕次郎夫人)が「黒部ダム」を訪問し往時を偲ぶ »

2013/08/20

日本政府は黙ってないで、韓国のウソを徹底的に糾弾する姿勢を示せ!日本政府は5万人の在日売春婦を徹底検挙し強制送還しろ!

現代の国民国家にとり、自国の歴史が正確に分からない人というか民族は哀れである。
将来の国際社会で名誉ある地位を得ようとするなら、自国の矜恃を保たなければならない。

毎日まいにち、何か小さなアラ探しをして、大声で国際社会へ捏造したウソを平気でバラマキ、他国を貶めようとする哀れな行為は、最初に聞かされた側は憐れみと驚きを持ち聞く耳を持つだろうが、幼稚なゆえにか何度もそれを繰り返し、更にエスカレートさせ国際社会で通用しない摩訶不思議な理屈を持ちだし、次々にウソを捏造するのを見せられると、まともな国際社会は別の驚きを持って見る事だろう。

ましてや、最大の争点にしている捏造は、現在、韓国が国際社会から迷惑がられ非難されている行為そのものである。
(2013/08/19の掲出を参照下さい)
それを自国で取り締まれず、輸出し続け、不法な外貨稼ぎを為している事を、どう説明するのか(説明できるのか)。

日本側の女性も反対行動に決起したと、夕刊フジは以下に引用する記事で報じている。
正当な国家が無法な国家から、捏造拡大された虚偽により、国際的に貶められ続けている。
それを侮辱と受け止めず、「静観する姿勢」を取り続けるのはいかがなものか。
国が明確に糾弾するべき時期ではないのか?
そのように考えている。

子供のイジメと一緒で、強力な反対行動を執らない限り、ナメられたままで終わる。
まず、東京都内の風俗事業者を一斉摘発してみろ、4万人近い韓国人売春婦を検挙し強制送還できるであろう。それを国際社会へ訴求しろ!
何せ様々な手段で日本へ押しかけ、短期滞在査証でも90日間をフルに使い200万円を稼ぎ倒して帰国している。
長期なら、留学生として正規に来日し正規に売春し多い奴なら500万円近いカネを持ち帰っている。
「上野から御徒町、それに巣鴨と大塚」集中している溜まり場へ一斉に踏み込め!
ついでに「新大久保」界隈も踏み込んでみろ!
それが分からないというなら、警視庁の生活安全部や組織暴力担当部門は、毎日まいにち何をしているのだ。税金泥棒と言われても返す言葉がないだろう。

大韓航空とアシアナ航空に強制送還特別便を手当てさせろ、1機に300人乗せて、5万人だから、ボロのジャンボ機でほぼ170便だ。1日に10便として17日間フルに運ばせろ。
それを韓国政府が拒否したら、日本全国への韓国民間機の就航を禁止しろ!
それくらいヤレ!

引用開始→【暗躍列島を追う】慰安婦問題に日本女性が決起 韓国の歴史捏造を暴く!
(夕刊フジ2013.08.19)

韓国は8月15日を日本から独立を勝ち取った「光復節」として祝日としているが、嘘である。日本の終戦から米占領軍が上陸する9月11日まで25日間、現地の治安を担ったのは日本の軍と警察機構であり、米占領軍統治から真の独立を果たすのは3年後の9月11日だ。正確には、韓国は日本からでなく、米国から独立したのである。

また、8月14日は「日本軍『慰安婦』メモリアルデー」とかで、東京・新宿の柏木公園周辺では、韓国人と日本人の支持団体による、集会・デモ行進が行われた。1991年に、初めて元慰安婦と名乗り出た女性が記者会見を開いたのが、この日だそうで、ゆくゆくは国連の記念日にするのが狙いだそうだ。

とはいえ、この女性が15歳で40円で妓生(キーセン)に売られ、その後、義父(=妓生店主)に中国の慰安所業者に売られたのは周知の事実なのだが…。

デモ隊は100人ほどで、慰安婦の名前を記した白い提灯を押し立てているが、先導車からは「憲法改正反対!」「安倍政権は戦争のできる国にしようとしている!」という金切り声が流れてくる。それを韓国系メディアが撮影している。

このデモ行進に対し、若い女性らが沿道から「歴史捏造で日本を貶めるな!」「おじいちゃんの名誉を汚すな!」と批判の声を上げていた。正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」と、日本女性の会「そよ風」の人々だった。

なでしこのリーダー、山本優美子氏は「みんな普通の主婦で、最初はネットで『何か変だよね』と意見交換していたのが始まり。そのうち、『日本もきちんと反論しなければ』『子供たちの代まで(韓国による)嘘の宣伝で罪を背負わされるのが許せない』とHPを立ち上げたところ、予想以上に多くの仲間が集まってくれました」と語る。

なでしこアクションは昨年、米下院の「慰安婦決議」撤回の請願署名の呼びかけを行った。すぐに3万人以上の署名が集まったという。

山本氏は「米国では1カ月以内に2万5000筆以上の署名を集めた請願は自動的に審議されます。いずれ決議の見直しが行われるでしょう。男性が慰安婦問題を口にすると、向こうは『女性の人権問題だ』と論点をすり替えてきます。これは国の名誉だけでなく、私たちの子孫の名誉の問題でもあります。女性として黙っていられません」と言い切る。

現在、在米韓国系団体の後押しで、全米20カ所以上で慰安婦の像や碑の設置計画が進んでいる。山本氏は在米日本人女性たちとも連携し、設置計画を少しでも阻止しようと努力している。

慰安婦問題について、普通の女性たちが異議申し立ての声を上げ始めたのは大きな変化だ。ここまで問題をこじらせたメディアと、放置した政治家の責任は極めて重い。 =おわり

■大高未貴(おおたか・みき) 1969年、東京都生まれ。フェリス女学院大学卒業。ダライ・ラマ14世や、PLOのアラファト議長などにインタビューし、95年にジャーナリストとしてデビュー。世界100カ国以上を訪問し、潜入ルポなどを発表。著書に「神々の戦争」(小学館)、「冒険女王 女一人シルクロード一万キロ」(幻冬舎)「日本被害史」(共著、オークラNEXT新書)など。←引用終わり
Copyright © 2013 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 欧米各国は、エジプト暫定政権のテロ集団の「ムスリム同胞団」鎮圧を武力行使を非難するのか?テメーらの「アルカイダ」掃討 対テロ戦争はどうなるのだ? | トップページ | 映画「黒部の太陽」の撮影現場を石原まき子(故石原裕次郎夫人)が「黒部ダム」を訪問し往時を偲ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 欧米各国は、エジプト暫定政権のテロ集団の「ムスリム同胞団」鎮圧を武力行使を非難するのか?テメーらの「アルカイダ」掃討 対テロ戦争はどうなるのだ? | トップページ | 映画「黒部の太陽」の撮影現場を石原まき子(故石原裕次郎夫人)が「黒部ダム」を訪問し往時を偲ぶ »