« 中国の春秋航空が日本の国内線LCCを開設だと!? 搭乗するクソ野郎が居るのだろうな! | トップページ | サムスン(ギャラクシー) が、まず日本市場、次に世界市場で 衰退させるのは当然だ! »

2013/09/06

NTTドコモ 満を侍して iPhone の販売に踏み切ると、日経が報じ、NHKも追従し、他のメディアも続く!(NTTドコモは社長が文書で否定)

満を侍してという表現がピッタリだろう!
アップルとNTTドコモは、双方ともに有利な条件を引き出そうと、水面下で猛烈な綱引きをし合ってきたワケで、大幅なシェア低下に直面したNTTドコモ、超巨大なモバイル市場の日本でもっと拡大したいアップルは、同時にサムスンを叩き落としたい。

NTTドコモは、i Phone を扱わなければ、サムスンに占領されてしまう。
こんなバカげた話があるか!

両者の思惑は基本的に一致しているのだから、何も障害はないのだが。
実際には、NTTドコモにはファミリー企業の事業防衛があった。
しかし、時間をかけてツートップ(ソニーエリクソンとサムスン)戦略を採用した事で、優劣が明確になり、NTTドコモを支えたファミリー企業の大半が、相次いでNTTドコモへ携帯電話を供給する事業からの撤退を表明した。
ようやく、NTTドコモが、i Phone を扱える条件が揃ったというワケだ。

日本の通信産業端末事業者から見れば大変辛い事だ。
モバイルPCが、モバイル電話も兼ねる事になった時点で、この状況は想定できた。
そこで諦めずに、モバイル電話にPC機能を取り込み付与し対抗しようとした。
その努力は、大いに讃えたい!
やはりというか、流石に、日本の事業者だけある。見事な技術力だ!

でも、流石に世界の消費(利用)潮流を変える事はできなかった。
遂に「矢折れ、刀尽きた」。
ここまでの、粘りと健闘を讃えよう!

日本の通信産業を支える重要部品は、i Phone の約40%に使用されている。
i Phone は日本製部品で構成されているのだ。
基本設計と基幹ソフトの提供は、米国アップル。
基幹を構築する重要部品は、日本の各社が生産し提供。
製品組立は、台湾の鴻海精密工業が中国・広東省で製造。
そして、日本市場は、ソフトバンク、KDDIが扱うという構図だった。
これに、NTTドコモが本格参入するワケだ。

ファミリー企業への手当てが終わったという事だ。

引用開始→ ドコモがiPhone販売へ
(NHKNews 2013年9月6日 4時34分)
   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130906/t10014331841000.html

携帯電話の国内最大手、NTTドコモは、アメリカのIT企業、アップルのスマートフォン「iPhone」の販売に初めて乗り出す方針を固めました。
国内の携帯端末メーカーは一段と厳しい競争にさらされることになります。

関係者によりますと、NTTドコモは、アップルが今月以降に発売するとみられるiPhoneの最新モデルの販売に参入する方針を固めました。

ドコモは、iPhoneの販売を巡ってアップルと条件面での折り合いがつかず取り扱いを見送っていましたが、国内でiPhoneを販売するソフトバンクとKDDIに乗り換える顧客が増え、苦戦が続いていました。

このため、販売に力を入れる機種をソニーと韓国のサムスン電子のスマートフォンに絞り、大幅に値引きするなどの対抗策を打ち出しましたが顧客の流出は止まらず、iPhoneの販売に乗り出す方針を固めたものです。

一方、アップルとしてもおよそ6000万件の契約を持つNTTドコモの販売網を活用して日本での販売台数の上積みを目指すねらいがあるものとみられます。

ドコモの販売開始によってソニーや富士通など国内の端末メーカーは一段と厳しい競争にさらされるほか、iPhoneで先行するソフトバンクやKDDIの販売戦略に影響を与えることも予想されます。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

NTTドコモは、通過儀礼として「報道を否定」
(株式市場へ与える影響が大きいと考えての事だろうが)
    https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130906020385.pdf?utm_content=bufferdbe8e&utm_source=buffer&utm_medium=twitter&utm_campaign=Buffer

泥縄の構図って、このコトだろう!

意図的に周囲が、既成事実を積み上げてしまうのかな?
報じたのは、日経だけじゃないですからね。
しかも、日経は、本紙(朝刊)で確度の高い詳細な解説記事を載せていますから、単純な「飛ばし」ではないと思います。
協定破りにも当たらないだろうし。

むしろ、これだけのテーマなのですから、間接的に日経の報道を否定するなら、「NTTドコモ」は情報(広報)管理の質が問われるのじゃないですか。もう、全てのメディアが報じているし、米国でアップルそのものが裏付けコメントを流しているじゃないですか。

とりあえず、通過儀礼でこの文書(上記PDF)を出さねばならなかったワケでしょうが、NTTドコモの加藤社長は、経営者としての見識が問われますよ。
(話にならない!)

|

« 中国の春秋航空が日本の国内線LCCを開設だと!? 搭乗するクソ野郎が居るのだろうな! | トップページ | サムスン(ギャラクシー) が、まず日本市場、次に世界市場で 衰退させるのは当然だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国の春秋航空が日本の国内線LCCを開設だと!? 搭乗するクソ野郎が居るのだろうな! | トップページ | サムスン(ギャラクシー) が、まず日本市場、次に世界市場で 衰退させるのは当然だ! »