« 日本とベトナムの国交樹立 40周年を迎え祝意と雑感を! | トップページ | 「太陽光発電」に手を挙げた事業者は、いずれも電力バブル狙いで社会的信頼性が低い »

2013/09/22

フザケルな「JR北海道」 経営陣は死に至る病根じゃないの? 笑ってられないよね!

JR北海道が連続的に事故を起こしている。
最初は、本州の3社とは根本的に異なる経営環境を背負わされ、苦しい中で経営しているんだから、多少は大目にみてあげても良いんじゃないの、と同情的に弁護してきたんだけど、それって間違いだったのかな。

今日、国の事故調が公表した事故原因を知った時の驚きっていうか、衝撃は言い表せなかったですよね。
 ① 線路の幅が規程を超えて広がっていた。
  ② 1年以上、補修もせず放置していた。
  ③ 鉄道会社にとり線路の点検保守(軌間の敵性維持)は命綱だと思いますけどね。
それを見過ごし放置する姿勢が現場にあったって事でしょ。
経営陣もそれを見逃してきたって事でしょ。

経営組織として根本的に腐っているよね!?
JR北海道の経営陣は引責辞職で総退陣しろ!
JR総連のJR北海道労組も、幹部全員引責辞職せよ!
こんなの、経営陣と組合幹部の談合じゃないか!
よくまぁ、脱線したのが貨物列車だった事だよね。
乗客を乗せ高速走行した特急列車だったら、相当多くの犠牲者を出し、かなり深刻な事になっていたと思いますよね。

JR西日本の尼崎の列車事故の比じゃないですよ。
ここまで、直接の事故原因が明らかになって、しかも会社としての重大な過失が明確なワケだから、乗客に犠牲者が出て裁判になればJR北海道は勝てませんよね。

これ、ハッキリ言って「未必の故意」で、刑事事件じゃないの!?

引用開始→ 広がった線路幅の補修を1年放置…JR北海道
(2013年9月21日21時11分  読売新聞)

北海道七飯町のJR函館線大沼駅で19日に起きた貨物列車(18両編成)の脱線事故で、現場の線路の幅が基準よりも広がっていて補修が必要だったのに、JR北海道が1年前から放置していたことがわかった。

国の運輸安全委員会は、線路幅の広がりが事故原因となった可能性があるとみて詳しく調べる。

JR北海道によると、線路幅は本来1067ミリだが、昨年10月の検査では20ミリ上回る1087ミリで、今年6月には25ミリ上回る1092ミリだった。同社の内規では、19ミリ以上拡大した場合、脱線などの恐れがあるため、15日以内に補修しなければならないが、放置していた。

この問題を受けて、同社が道内の線路の計測データをすべて確認したところ、5~6月の検査で基準値を上回る場所がほかに8か所あった。いずれも補修は行われていなかったため、20、21の両日に補修した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 日本とベトナムの国交樹立 40周年を迎え祝意と雑感を! | トップページ | 「太陽光発電」に手を挙げた事業者は、いずれも電力バブル狙いで社会的信頼性が低い »

コメント

JR北海道を批判するなら、吹雪の中で閑散ローカル線の保線工事を体験してみろといいたい。本州以南とまったく異なる自然、社会環境の中で限界を超える合理化を進めざるを得なかった犠牲者では?

投稿: 北海道大好き | 2013/09/25 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本とベトナムの国交樹立 40周年を迎え祝意と雑感を! | トップページ | 「太陽光発電」に手を挙げた事業者は、いずれも電力バブル狙いで社会的信頼性が低い »