« 闇社会はヒトを嵌めるため罠を巧妙に仕掛け、大きな口を開けて待ち受けている | トップページ | 国交省は「羽田空港」新規発着枠配分 自民党航空族の圧力を受けると全日空の言いなりか? »

2013/10/04

滋賀県の商業施設「ピエリ守山」への罵詈雑言がネット上に満ち溢れていましたが

図らずもネット上で一躍有名になった「ピエリ守山」ですが、売却再生への途筋が整ったようで、毎日新聞の報道記事を引用紹介しておきます。

でもネット社会の皆さん、自分のモノでもない、自分のコトでもないのに、滋賀県は守山周辺の地元で交わされる噂を聞きつけるや、いきなりネット上のメディアで話題になり、いきなり全国区の商業施設になりました。

まぁ、ネット上の熱心な論者により様々な角度から経営分析やテナントミキシングについて、甲論乙駁が交わされていましたね。
興味がないのでスルーしていましたが、余りにもネット上の議論が熱を帯びていましたので、少しづつ眺めさせて頂きました。
その多くは「罵詈雑言」でした。

叩き続ける側の方は、「ピエリ守山」で相当な損失でも受けられたのでしょうか?
殆ど損失とは関係のない方ではなかろうかと存じます。
しかし、一度火がつくとオモシロイのでしょうね。
本当に様々なご意見が交わされていました。
中には、本当に再建策(案)として有効ではないかと思わされる提案もありましたね。

中には熱心な方がおられたようで、毎週なのか毎日なのか定点観測のように「ピエリ守山」へ足繁く通われ、施設内の写真を撮りアップされた方もあったようです。
ある時、施設の関係の方から「写真を撮るな」と追い返されたとの記述もあったように思いますが、これって、何か事件が生じた際に報道各社が押しかける「メディア・スクラム」と変わりませんね。

でもまぁ、買収者が現れ商業施設として再建されるとの発表ですから、それはそれで見守れば良いのではないでしょうか。
何よりも私的な事であり、ご自分の損得ではないワケですからね。
(「ピエリ守山」の関係者が、あれだけ熱心にレポートされるなら再建策を真剣に議論される方が生産性がありますものね)

引用開始→ ピエリ守山:滋賀県最大級の商業施設、売却 新装開店へ 店舗激減、ネットで話題に
(毎日新聞JP2013年10月02日)

拡大写真 2008年に滋賀県内最大級の商業施設としてオープンしたものの入居店舗が激減していた「ピエリ守山」(守山市今浜町)について、三重県四日市市の運営会社が8月に別会社と売却契約を結んだことが分かった。関係者によると今後は建物はそのまま残し、100〜200店舗が入居する商業施設として再生する方針。14年末から15年初頭のリニューアルオープンを目指して店舗の誘致を進めるという。【田中将隆】

ピエリは、大阪市の不動産会社が08年9月にオープンした。約13万3000平方メートルの敷地に鉄骨2階建て延べ7万5000平方メートルの店舗、約3000台分の駐車場を備え、当初は約180店舗が入居していた。

ところが、県内に同種の大型商業施設が相次いで開店したことなどから客足が遠のき、店舗数も減少。12年1月に運営会社に売却され、大型ホームセンターやスーパーなどの出店も検討されたが合意には至らなかった。現在はペットショップやカフェなど6店舗だけとなり、広い店舗の閑散とした様子はインターネット上などで話題になっていた。

ピエリの売却先は、東京都千代田区の経営コンサルタント会社と大阪市の不動産会社で作る合同会社「アンビエントガーデン守山」。不動産会社の担当者は「厳しい状況なのは理解しているが、施設はきれいで管理状態も良く、十分に再生できると判断した。琵琶湖岸にあるイメージを生かして、魅力的なテナントを呼び込みたい」と説明。ピエリで買い物をしていた大津市の伊藤晴子さん(78)は「開店した時は人であふれていたのに、さっぱり店がなくなっていてビックリした。きれいな建物がもったいないので、またにぎわってほしい」と話していた。←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

|

« 闇社会はヒトを嵌めるため罠を巧妙に仕掛け、大きな口を開けて待ち受けている | トップページ | 国交省は「羽田空港」新規発着枠配分 自民党航空族の圧力を受けると全日空の言いなりか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闇社会はヒトを嵌めるため罠を巧妙に仕掛け、大きな口を開けて待ち受けている | トップページ | 国交省は「羽田空港」新規発着枠配分 自民党航空族の圧力を受けると全日空の言いなりか? »