« 「原発ゼロ」を主張する、小泉純一郎は政治家として無責任である! | トップページ | お騒がせの滋賀県の教育界、「反日の韓国」への意味不明な修学旅行(全員参加)強行はどこまでの正統性を持つか? »

2013/10/22

池田大作が独裁した「創価学会」も後継人事は大変ですなぁ~

適切な人材は居ますかね?
池田大作は名誉会長の立場で、人材が成長すると、バッサリ切り捨て、足蹴にし、踏み付けてきた、と様々なオウワサですからね。

池田大作は「無謬」である! 池田大作が、間違うわけがない!
これだけで「創価学会」は拡大し維持されてきたともいえる。
中国共産党や、北朝鮮と同じ思想構図だ。それゆえ様々に揶揄され弄ばれている。
人間なんて、間違いだらけだ! 池田大作がそれほど完璧なのか? 笑わせるんじゃナイよ。

名誉会長なんて、ナンの冠呼称かと思いますが、そんな事を末端の「学会員」に質問してみたところで、真っ当な答えに辿り着くわけでもなし。
都道府県単位を預かる役員に質問しようモノなら、激しい叱責と怒声が飛んできそうで、真っ当な答えを聞く事はできないでしょうし。
一応「宗教界」なのですから、修行のない市井の塵芥には分からない、理解できない理屈を持ち出され、学会員を迫られた日にはオオジョシマッセですからね。

「コラコラコラム」の理解は、
極めて「権力欲」と「名誉欲」に「どん欲」な御仁であろうかと受け止めております。
いくつ「名誉称号」を受けた(カネで買った)事でしょうかね。
その煌びやかな、どうでも良い「名誉称号」を背景に、無知の凡人を支配し君臨するのであります。
世の中で、これほど不思議な人物は、まことに稀少ですからね「名誉人類」と称してあげても良いかと。
「まちば」の経営者は、この強圧的な支配力や組織力そして実行力は、何かの参考になるかも知れませんぞ(バカバカしいけどね)。
支配されても、支配しようという気力も金力も抜かれてしまっているので、無理でしょうね。
強圧的宗教の世界が不思議なのは「一価値」を強要される事ですよ。
一神教なのだから仕方がないのかも知れませんがね。
「創価学会」も「日蓮宗」の分派に過ぎないじゃないか。
強要された「一価値」を認めず分派し、日蓮宗(法華経)の「価値を創造する会」として始めたワケだろうが。
そんなヤロウドモが、他者の存在を認めないって、オカシナ話だよ。

引用開始→ 池田氏不在の創価学会、11月にも会長交代か
(PRESIDENT Online 2013年10月21日(月)配信)

体調不良が伝えられる創価学会の池田大作名誉会長(85歳)の近著『多宝抄 第三の人生を謳歌する友に贈る』(光文社)が売れている。

「発売前から予約が殺到。初版3万部が完売し、発売前に、さらに2万部増刷しました。内容は池田氏が昔書いた随想などを集めたもの。ただ最近になって新たに池田氏が書いたと言われている部分もあるので、多くの学会信者が購入したのでしょう」(光文社関係者)

創価学会は、政府与党の一角を占める公明党の支持母体。学会の最高権力者・池田氏は今も公明党に対し大きな影響力を持っているが、2010年5月以降、公の場に姿を見せず、重病説が絶えない。

「今年7月7日と8月7日に学会施設で池田夫人と学会幹部らが同席して池田氏が勤行したとされ、学会機関紙『聖教新聞』に、池田氏が手を合わせて題目を唱えていると思しき写真が掲載されましたが、そこでの池田氏の“肉声”は伝えられていません。写真を掲載したのは池田氏の健康をアピールするためでしょうが、判断力を含め本当の健康状態は写真だけではわかりません」(学会関係者)

事実上の“池田不在”を受け、学会内外で注目を集めているのが11月18日の創価学会創立記念日。「現在、建て替え中の東京・信濃町の学会総本部が創立記念日に完成するのに合わせて、学会の次期会長を含む大幅な首脳人事を行うのではないかという観測が広まっている」(学会関係者)というのだ。

ジャーナリストの乙骨正生氏も「池田不在で弱まっている学会の求心力を保つには人心一新が効果的。

当分、選挙もないので人事が行われる可能性はあります」と前置きして、こう語る。

「原田稔会長は2期目の途中だが、以前から健康不安がささやかれています。原田氏は典型的な学会官僚で、組織を無難にまとめていく安全運転型。でも72歳と高齢でマンネリ感もあり、以前から谷川佳樹学会事務総長(57歳)か正木正明理事長(59歳)に交代するのではないかとささやかれてきました」

谷川氏と正木氏はともに創価中高卒。大学も谷川氏が東大、正木氏は創価大卒という学会エリートだ。「官僚的な谷川氏に比べ正木氏は人当たりがいいとされる」(乙骨氏)が、現状では谷川氏が本命視されているという。果たして池田氏のお眼鏡にかなうのはどちらか。←引用終わり
Copyright (C) 2013 株式会社プレジデント社
©2013 NIFTY Corporation

|

« 「原発ゼロ」を主張する、小泉純一郎は政治家として無責任である! | トップページ | お騒がせの滋賀県の教育界、「反日の韓国」への意味不明な修学旅行(全員参加)強行はどこまでの正統性を持つか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「原発ゼロ」を主張する、小泉純一郎は政治家として無責任である! | トップページ | お騒がせの滋賀県の教育界、「反日の韓国」への意味不明な修学旅行(全員参加)強行はどこまでの正統性を持つか? »