« お騒がせの滋賀県の教育界、「反日の韓国」への意味不明な修学旅行(全員参加)強行はどこまでの正統性を持つか? | トップページ | 朝鮮総聯本部ビル落札のモンゴル企業、お騒がせ「朝青龍」の親族か、外国のファンドは金正恩の資金だろう! »

2013/10/24

40年付き合い ホンダを止めようかなと考えた時に、軽スポーツ660 ビート!興味深い車が出てくる

ホンダは罪だよね。
もう、分かれ時かなと考え始めると「次が出てくる」。
今回は、40年の付き合いを精算して、国産車なら元からファンだった「スバル」へ戻ろうか、それともベンツかBMWかと思っていた中途半端な時に、ホンダは罪な事をしますよ。
軽四660のスポーツカーを東京モーターショーで提案するって、もぉ~!?
いつもこの手で密着されるワケで、困ったなぁ~、困るよなぁ~、ホントに困るよ!
だって、販売店は密着してるものね。
提案して頂いてた事を実現しますよ、ホラ!
いつも、こういう風に迫られるわけだ。
でぇ、この手の惹きで、これまで何台乗り換えた事か。
考えてみりゃぁ、良い客だよ、ホントにね。

軽四スポーツ660は、200万円以内に納めるなら売れるだろうね。

引用開始→ ホンダが軽スポーツカー出展 東京モーターショー
(産経MSN2013.10.23 11:50)

Biz13102311570010p1
ホンダが東京モーターショーに出展する軽スポーツカー「S660」の試作車

ホンダは23日、来月23日から一般公開が始まる東京モーターショーで、軽自動車規格のスポーツカー「S660」の試作車を出展すると発表した。2014年の市販化に向けて開発を進めており、維持費が安い軽自動車の人気が高まるなかで若者層など新たな顧客の獲得を目指す。

S660は2人乗りのオープンカー。ドライバーを包み込むコックピットのような運転席と、躍動感を強調した引き締まった外観が特徴だ。エンジンを車体の中心に配置するミッドシップで走行中の安定性に優れている。価格や発売時期などの詳細は「未定」。

開発担当者は「全幅全長が限られた軽の枠内でのびやかな色気のあるデザインを表現するのに苦労した。ミニバンのように実用性の高い車を見て育った若い人たちにも、手軽に趣味性の高い車を所有してもらいたい」と話している。

ホンダは1991年から5年間、軽スポーツカー「ビート」を生産。エンジンを座席の後ろに配置した2人乗りオープンカーで若者の人気を集めた。

このほか、ホンダは2005年に生産を終了した高級スポーツカー「NSX」の後継車の試作車や、軽自動車「N」シリーズの第4弾となる車高がやや高めのハイトワゴン「N-WGN(エヌワゴン)」などを東京モーターショーに出展する予定だ。←引用終わり
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« お騒がせの滋賀県の教育界、「反日の韓国」への意味不明な修学旅行(全員参加)強行はどこまでの正統性を持つか? | トップページ | 朝鮮総聯本部ビル落札のモンゴル企業、お騒がせ「朝青龍」の親族か、外国のファンドは金正恩の資金だろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お騒がせの滋賀県の教育界、「反日の韓国」への意味不明な修学旅行(全員参加)強行はどこまでの正統性を持つか? | トップページ | 朝鮮総聯本部ビル落札のモンゴル企業、お騒がせ「朝青龍」の親族か、外国のファンドは金正恩の資金だろう! »