« 消費税増税を決定(2014年4月実施) さてどうなるか!? インフレ脱却・経済成長維持・震災復興・社会福祉・財政再建 どう? | トップページ | 滋賀県の商業施設「ピエリ守山」への罵詈雑言がネット上に満ち溢れていましたが »

2013/10/03

闇社会はヒトを嵌めるため罠を巧妙に仕掛け、大きな口を開けて待ち受けている

闇の勢力は、生き抜くために必死だ!
暴対法、暴排条例、新暴対法 が厳密に適応されて以降、知恵を駆使し様々な方法で生き抜きを図っている。
もう、厳つい格好のそれと分かる姿でマチバを闊歩しているのはいない。

一見する限りは「物静かなビジネスマン」である。
優しい学生風のイケメン兄ちゃんだったりで。

彼らの世界は、最先端技術を研究している。
そして、その技術を巧妙に応用し、次々に合法ビジネスを展開している。
その分野では既に「体制の組織」であるとも云える。
対象ビジネスの広報も割合シッカリ整えている。

サービス提供の場合は、その商品の仕入れも入念に仕掛け、実に巧妙に追い込む仕組みを敷いている。
それに引っかかるのが居るから、何をか況やなのだが、その仕掛が簡単にバレるような事はしないのだ。

以下の引用記事は、なるほどよく考えたモノだと、改めて考えさせられる事件ともいえる。

引用開始→ スマホのSIMカード交換、売春仲介に悪用
(2013年10月1日14時37分  読売新聞)

201310010746991n
スマートフォンの無料通話アプリを使って女子高生らに売春させたとして、警視庁に売春防止法違反容疑で逮捕された男2人が、事件に使用したスマホのSIMカードを、販売時の本人確認が必要ないデータ通信専用のSIMカードに交換し、身元が発覚しないようにしていたことがわかった。

無料通話アプリを利用して事件に巻き込まれる少女は増えており、同庁では、同種の犯罪にデータ通信用カードが悪用される恐れがあるため、販売業者に本人確認を自主的に行うよう求めた。

スマホには通常、通話機能とデータ通信機能を併せ持ったSIMカードが装備されている。データ通信用カードは、メールやインターネットしかできず、スマホを携帯電話としてではなく、パソコン代わりに使う人やタブレット端末の利用者が多く購入している。通常のカードより通信料が安く、人気が高まっているという。

同庁幹部によると、6月に売春防止法違反容疑で逮捕した埼玉県所沢市の無職の男(51)ら2人(児童買春・児童ポルノ禁止法違反などで起訴、公判中)は、販売時に本人確認が不要なデータ通信用カードを複数購入。所有するスマホにデータ通信用カードを差し込み、無料通話アプリ「LINE」や「カカオトーク」をダウンロードし、IDを交換する専用掲示板に「女の子を紹介する」などと投稿して客を募ったほか、女子高生らも掲示板で集めていた。

これらのアプリは、相手の電話番号やメールアドレスを知らなくても、IDを知っていれば連絡を取り合える。2人は、この点を悪用し、昨年11月以降の約7か月間に、少女約10人を客数十人に紹介し、計約1500万円の仲介料を受け取っていたという。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 消費税増税を決定(2014年4月実施) さてどうなるか!? インフレ脱却・経済成長維持・震災復興・社会福祉・財政再建 どう? | トップページ | 滋賀県の商業施設「ピエリ守山」への罵詈雑言がネット上に満ち溢れていましたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税増税を決定(2014年4月実施) さてどうなるか!? インフレ脱却・経済成長維持・震災復興・社会福祉・財政再建 どう? | トップページ | 滋賀県の商業施設「ピエリ守山」への罵詈雑言がネット上に満ち溢れていましたが »