« ビジネスだった従軍慰安婦をネジ曲げ日本を非難攻撃する韓国はホドホドにする方が良い | トップページ | 「特定秘密保護法」成立へ向け、まず衆議院本会議で決議 課題は多いがスジの通らない維新とナベの党 »

2013/11/26

中化毒入饅頭珍民低国は、いよいよ戦端を開こうと真剣に考えているのか

臭禁屁の威令など珍民買呆軍には利かないんだ。
全く以て、ガバナビリティ(統治)は機能していないって世界に向けて明らかにしちゃいましたね。それは練り上げた成果なんでしょうね。

中化毒入饅頭狂賛党も、珍民買呆軍から脅迫され、アホ~のクソガキに高いオモチャを買い与えたワケだけど、アホ~のクソガキは使ってみたくて仕方がないんだ。
オヤジは買い与えてやるから、「言う事を聞け」と言うのだろうけどね。
まぁ、クソガキは、そんなお咎めは関係ないワケで、早く使いたいなぁ~と、もう指折り数えてんだろうなぁ。

って事で、そうだ試しに使う理由付けはだ、
「防空識別圏」を拡げちまえばイイんだよ!
「釣魚島」は中国のモノだから、その上を含めちまえばイイんだよ。
日本の「防空識別圏」と重なろうが、そんな事は知ったこっちゃないよ。
海軍は艦艇を出して海で好きなようにやってじゃないか。
空軍も戦闘機を飛ばして好きなようにやらせようじゃないか。

"日本が生意気な事をやりゃぁ、一発見舞ってやりゃぁイイんだよ。
どうせ先には撃って来ないんだから、一発先に嚼ましゃぁイイんだよ。
一発で仕留められるから、それで一貫の終わりだぜ。"
とかナンとか企んでやがるのだろうよ。

そこに領海や領空を侵しているのを目の前にして、「専守防衛」って厄介だねぇ~。
でもまぁ、国際的にも「正当防衛」を主張できるわね。

最初に何処の誰が犠牲になるかだね。
あまり高価な機材は殺られたくないね。
それと非常脱出し生還できる機能を持たせた機材が必要ですね。
それらを整えた上で、いよいよ備えますかね。
戦技訓練に非常脱出と緊急救援を組み入れなきゃならないね。
早速NSCの出番ですね。

いつヤルかですよね。
相当、慎重に整えなきゃなりませんね。

日本は、何よりも国際社会と連携して、珍民ドモの悪辣を粘り強く「糾弾し、孤立」させる事が必要だ。
その陰で、不測の事態に備えるシミュレーションを念入りに行い、戦技訓練を欠かさない事であろうと考える。

引用開始→ 暴走する中国に日米韓が猛反発「宣戦布告に近い」 防空識別圏設定
(夕刊フジ2013.11.25)

中国が、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定したことに、日米両政府は猛反発し、あの韓国政府まで懸念を表明した。東シナ海上空を一方的に実効支配しようとする中国の覇権主義は、東アジアの平和と安定を壊しかねない。中国の理不尽な行動について、識者らは「宣戦布告に近い」「人民解放軍の一部が暴走している可能性がある」「日中衝突もあり得る」などと分析している。 

東シナ海の緊張を高める中国による防空識別圏の設定は、関係諸国の警戒レベルを一気に引き上げさせた。

小野寺五典防衛相は25日午前の参院国家安全保障特別委員会で「不測の事態を招きかねない危険な状況だ」と指摘。領空侵犯などが発生した場合には「国際法、自衛隊法に従い、厳正な対領空侵犯措置を実施したい」と強調した。

岸田文雄外相も特別委で「関係国にも懸念事項だ。(米韓両国などと)連携して中国の自制を強く求めていく」と語った。

米国も怒り心頭だ。ヘーゲル国防長官とケリー国務長官らが23日、一斉に抗議声明を発表した。

ヘーゲル長官は「地域の現状を変更し、不安定化させる試みだ。一方的な行動は誤解と誤算(による不測の事態)の危険性を増大させる」と中国を非難し、「日本を含む同盟・友好国と緊密に協議する」と強調した。

さらに、尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象であることを「米国は再確認する」とくぎを刺し、「この地域における米軍の軍事作戦の遂行に、一切変更はない」と警告した。

ケリー長官は、戦闘機による緊急発進(スクランブル)など「威嚇行為を実施しないよう中国に促す」と自制を求めた。

最近、中国にベッタリだった韓国も、中国が設定した防空識別圏の一部が韓国の識別圏と重なっていたため、韓国国防省が24日、遺憾の意を表明した。

各国の反発に対し、中国国防省は25日、「日米両国の反発には道理がない」などと、在中国日本大使館の防衛駐在官と米大使館の駐在武官を通じて、両国に強く抗議したことを明らかにした。

中国はこれまで、日本固有の領土である尖閣諸島の強奪を狙い、周辺海域への艦船侵入を続けてきたが、ついに東シナ海上空の支配まで狙い始めた。自衛隊だけでなく、米軍の行動に対する挑発・挑戦でもある。

中国事情に詳しい評論家の宮崎正弘氏は「日本と重なる防空識別圏を敷いたということは、『相手国と敵対関係にある』ことの証明。宣戦布告に近い意味合いがあると言っていい。『交戦も厭わない』という意思表示だ。日系の航空機が識別圏内を飛行するなどの“有事”があれば、それなりの空軍力で対応するということ。警戒レベルは着実に上がった。今後、中国の動きを注視しなければいけない」と語る。

一連の背景には、中華思想に基づく覇権主義に加え、官僚の腐敗、貧富の格差、環境問題といった国内矛盾などから、中国国内で“異常事件”が多発していることも関係ありそうだ。

北京の天安門前での車両突入事件や、山西省太原市の共産党委員会庁舎前で連続爆発事件に続き、先週22日には、山東省青島市で油送管爆発事故が発生し、24日までの死者は52人となっている。習近平国家主席も現地に駆け付けた。中国が東シナ海上空に新たな防空識別圏を設定したのは、青島市の爆発事故翌日の23日だ。

東アジア情勢に詳しい元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「中国国内が不安定になっているのは間違いない」といい、こう続ける。

「中国の対外政策は常に国内事情の反映といえる。習主席は混乱を軍事力で抑え付ける方針だが、これでは中国陸軍や武装警察の力が強まり、予算が増加することになる。これに海軍や空軍は反発している。新たな防空識別圏を設定して、軍事的衝突を煽って抵抗しているのではないか。現在、中国では軍事クーデターが起きても不思議ではない」

こんな見方もある。

『中国人民解放軍の内幕』(文春新書)の著書で知られるジャーナリストの富坂聰氏は「2つの可能性がある。1つは、共産党と軍が一体になって尖閣奪取に向けた戦略の一歩ということ。もう1つは、軍部の暴走の可能性。特に空軍には対日強硬派が多く、軍の上層部と日本を揺さぶるために仕掛けたということも考えられる」とみる。

今後の成り行き次第で、最悪の事態も起こり得る。富坂氏はいう。

「中国軍が、日本側の航空機が防空識別圏に侵入したときにどう出るか。いきなり撃墜という実力行使に出ないとも限らない。暴走する人間が出てきて、不測の事態が生じる懸念もある。日中間で一触即発の危険を想定せざるを得ない所まできたのは間違いない」←引用終わり
Copyright © 2013 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« ビジネスだった従軍慰安婦をネジ曲げ日本を非難攻撃する韓国はホドホドにする方が良い | トップページ | 「特定秘密保護法」成立へ向け、まず衆議院本会議で決議 課題は多いがスジの通らない維新とナベの党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビジネスだった従軍慰安婦をネジ曲げ日本を非難攻撃する韓国はホドホドにする方が良い | トップページ | 「特定秘密保護法」成立へ向け、まず衆議院本会議で決議 課題は多いがスジの通らない維新とナベの党 »