« 小学生以下で珍奇なアダハナ山本太郎は参議院議員を即刻辞職せよ! | トップページ | 八王子のスーパー強盗殺人事件 遂に中国人の実行犯がカナダから日本へ移送される! »

2013/11/03

ウォールストリート・ジャーナルも時にはマトモな事も言うが、その程度で中国は退かない!

米国大統領のオバマが、「尖閣諸島は日本領」と声明したくらいで、中国が簡単に諦め温和しくなると考えているなら、「まぁ、これほど世間知らずはナイでしょう」ね。
新華社などは、ハロウィンで悪い酒でも呑んだのかと、一笑に付すだろうね。

米国は1975年4月30日以降、全世界で一貫して敗退し続けているじゃないか。
中国は阿呆じゃないから、冷静に見ていますよ。冷静に考えてね。
ウォルストリート・ジャーナルは米国がアイゼンハワーの頃と、中国が同じだと見ているのか?

その頃にもだ、米国は易々と、中国の「チベット侵攻」、「新彊ウィグル侵攻」を見て見ぬフリをして許したじゃないか。
歴史知らず、世間知らずの、お若いのが「社説」という大仰な分野を担当すると噴飯モノの主張を繰り出すからワケが分からなくなる。

マトモな主張なのだが、時宜を弁えなきゃぁ、単なる寝言で終わるだろうよ。

引用開始→「オバマ政権は尖閣は日本領と表明せよ」 米紙ウォールストリート・ジャーナルが主張
(夕刊フジ2013.11.02)

【ニューヨーク=黒沢潤】1日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる日本と中国の対立を社説で取り上げ、オバマ米大統領に尖閣諸島が日本の領土であると明確に表明するよう求めた。

社説は尖閣への脅威が米国と日本の同盟を強化させているだけでなく、米国とともに日本を「平和の擁護者」とみなすようになった東南アジア諸国と日本の結びつきも強めたと指摘した。

その上で、「事故や判断ミス、銃撃事件が起きる危険性が高まっている」ため、日本が政治的な決意や軍事能力を示すことが重要になっていると論じた。

さらに、米国が第二次世界大戦を経て尖閣を管理下に置き、1970年代に日本に返還したことで「(尖閣の)主権問題は事実上、決着している」とし、「オバマ政権が尖閣は日本のものだと明確に主張すれば、中国は引き下がる可能性がある」と強調した。
Copyright © 2013 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 小学生以下で珍奇なアダハナ山本太郎は参議院議員を即刻辞職せよ! | トップページ | 八王子のスーパー強盗殺人事件 遂に中国人の実行犯がカナダから日本へ移送される! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小学生以下で珍奇なアダハナ山本太郎は参議院議員を即刻辞職せよ! | トップページ | 八王子のスーパー強盗殺人事件 遂に中国人の実行犯がカナダから日本へ移送される! »