« 「特定秘密保護法」成立へ向け、まず衆議院本会議で決議 課題は多いがスジの通らない維新とナベの党 | トップページ | チャンコロリンの国防部「楊 宇」が大口を叩き、防空識別圏は日本が先に撤回せよだと!? »

2013/11/28

勝手な防空識別圏を自由に飛ぶ米軍機は全て監視下にあったと強弁してみる中化毒入饅頭珍民低国

本当に、毒入饅頭を喰い続けると「脳味噌」がグジャグジャに腐りきるらしい。
それも度が過ぎると、正常な思考能力を喪いますよね。
まぁ、それはそれで仕方のない事ですが。
どうだろうねぇ~!

でぇ、今日発表したアッフォ報道官がコメントした内容は、上から3本目の引用紹介記事だそうで、お笑いですよね。
知っているけど、監視して見逃してやった。
いつ反撃するか、それは中国軍の判断だとか、状況や脅威に応じて攻撃する権利は自分達の手の内にあると、悔し紛れの強弁をしたワケだ。

恥ずかしいねぇ~、中化毒入饅頭珍民低国も。
いやぁ~、少々ながら同情するとですね、ここまでやって、しかしチグハグな事をしなきゃならないなんて、悲しく寂しいですよね。
国家としての統治機能が全く働いていませんからね。

中化毒入饅頭狂賛党が中化毒入饅頭珍民低国政府の上位にあって、党が国家を指導すると規定しているわけですが、最近は、その中化毒入饅頭狂賛党の軍事組織でしかなかった珍民買呆軍が買って貰ったオモチャを使いたいものだから、党の中央やら政府を脅かして、脅かされた側は、もう手が付けられず言いなりになっちゃったって事らしい。

何やら、焦臭い事になってきましたね。
国家主席が「臭禁屁」で臭すぎるのに、焦臭さが加わると、もう手が付けられないですよね。どうしますかね。

エラそうな事を言ってみても、米国には面と向かって対峙する事はしたくないみたいで、無遠慮な防空識別圏を設定してみたものの、政府の事務方としては、できれば穏便に無かった事にして体面と面子を守りながらソフトランディングできないかと考えているのでしょうかね。
でも、ガキドモは、折角オモチャを使えるようにと考えたワケだから、引き下がる事なんて論外だと言っているわけでで、どうなりますかね。

以前に触れたかも知れませんが、米軍機への攻撃は苦しいと思いますね。
無人偵察機を送り込む、それで挑発し続ける。
空自の行動を見ながら攻撃を仕掛けるかも知れない、例えばロックオンするとか。
とにかく、一機は間違いなく墜ちる事になるだろう。
墜ちる可能性があるのは、空自の機材になるだろう。
専守防衛で交戦権が縛られているのだから。

ハラを括る必要があると考えます。

引用開始→ 米がB52飛行、中国による「現状変更」拒否
(2013年11月27日20時31分  読売新聞)

【ワシントン=今井隆】中国が東シナ海に防空識別圏を設定した問題で、米政府がB52戦略爆撃機2機を日本時間の26日に圏内で訓練飛行させ、その事実を公表したのは、中国による地域の「現状変更」の動きを拒否する考えを、強い行動で示す狙いがある。

核爆弾を搭載できるB52は、米国による「抑止力」の象徴ともいえる。過去、朝鮮半島情勢が緊張した際に、米韓合同軍事演習にB52を参加させて北朝鮮をけん制したこともある。日米関係筋によると、米軍はB52の訓練飛行に関し、日本と事前に相談しなかったといい、今回の問題を日中間の対立というより、米国自身の問題と受け止めていることをうかがわせた。

カーネギー国際平和財団のジェームズ・ショフ上級研究員(元国防総省上級顧問)は「武力や脅しを背景に尖閣諸島上空を防空識別圏として設定するのは、これまでと異なる新しい状況だ。B52の飛行は、80%は米国自身のため、20%が日本のため」と解説する。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ ケネディ大使、中国の行動批判…就任後初講演
(2013年11月27日21時46分  読売新聞)

27日、都内で開かれた日米協会・在日米国商工会議所主催の昼食会で、バースデーケーキを贈られるケネディ駐日米大使(代表撮影) キャロライン・ケネディ米駐日大使は27日、就任後初めて行った都内での講演で、東シナ海における中国の行動を批判する一方で、日米の相互理解を進めていく考えを強調した。

大リーグ・ボストン・レッドソックスの熱狂的ファンというケネディ氏は、ワールドシリーズ制覇に貢献した上原浩治投手の活躍に言及。「今の国際的な世界で、若い人たちが芸術やスポーツなどの様々な分野でチャンスをつかめるようにしないといけない」と次世代を見据えた日米交流を訴えた。

また、父ジョン・F・ケネディ元大統領が、江戸時代の米沢藩の名君とされる上杉鷹山を尊敬し、「あなたが国家に対して何ができるかを自問してほしい」と述べた就任演説に代表される考え方に影響を与えたと紹介した。

27日はケネディ氏の56歳の誕生日で、会場ではバースデーケーキが贈られた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 防空識別圏の米軍機、全航程を監視…中国国防省
(2013年11月27日19時48分  読売新聞)

【北京=五十嵐文】中国国防省の耿雁生報道官は27日、中国が東シナ海に設定した防空識別圏内を飛来した米軍のB52戦略爆撃機について、「中国軍は全航程を監視した」との談話を発表し、米軍機の動向を把握していたと強調した。

耿報道官は、米軍機が26日午前11時(日本時間正午)~午後1時22分(同2時22分)、中国の防空識別圏の東端を南北に往復したと指摘した。さらに「中国は防空識別圏内のいかなる航空機の活動に対しても識別を実施し、関係する空域を有効にコントロールする能力を持つ」と述べ、米国を強くけん制した。

中国側は今回、偵察機とみられる航空機を識別圏内に派遣して米軍機を監視した模様だが、軍用機の緊急発進は見送った。ただ、中国外務省の秦剛(チンガン)報道局長は26日の記者会見で「状況の違いや脅威の度合いに応じて、相応の反応を取る」と述べており、将来的な軍用機の出動の可能性を否定していない。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 中国、台湾の取り込み図る?尖閣含む防空識別圏
(2013年11月27日19時11分  読売新聞)

【北京=牧野田亨】中国の国務院台湾事務弁公室の範麗青・副報道局長は27日の記者会見で、中国が尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含む東シナ海に設定した防空識別圏について、「中華民族の根本利益を守ることは、両岸(中台)同胞の共同責任だ」と述べ、台湾側に理解を求めた。

中台とも同島の領有権を主張しており、この問題で台湾の取り込みを図る狙いとみられる。

中国の防空識別圏は、台湾がすでに設定している防空識別圏と一部が重なり、台湾側には懸念も出ていた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 「特定秘密保護法」成立へ向け、まず衆議院本会議で決議 課題は多いがスジの通らない維新とナベの党 | トップページ | チャンコロリンの国防部「楊 宇」が大口を叩き、防空識別圏は日本が先に撤回せよだと!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「特定秘密保護法」成立へ向け、まず衆議院本会議で決議 課題は多いがスジの通らない維新とナベの党 | トップページ | チャンコロリンの国防部「楊 宇」が大口を叩き、防空識別圏は日本が先に撤回せよだと!? »