« 気仙沼は、東日本大震災復興の巨大堤防建設が足かせになっているらしい | トップページ | IEA(国際エネルギー機関)が、日本の電力事情は国際競争力を削ぎ半減すると予測! »

2013/11/12

フィリピンを襲った台風30号 レイテ島の市街地を壊滅させ 死者1万人とも伝えられ

最大瞬間風速が90mだとか、一説では105mだとか。
最低気圧が895hpだとか、1951年に台風の気象記録が始まって以来の怖ろしい観測数値が次々に発表されている。

低い気圧で吸い上げられるように海面が上昇し、もの凄く背の高い「高潮」が発生したと伝えられ、その高さは4mだとか。
フィリピンの島は海岸の多くが遠浅の砂地で美しい。
高い防波堤などはない。
あっと言う間もなく、高潮と強風に煽られ海水は人の居住地区へ押し寄せ、人も家屋も呑み込んだのだろう。

落命された犠牲者に「哀悼の意」を捧げます。

フィリピンを支援しましょう!
自然災害に襲われ苦しむ人達の生活再建に向け、できるだけの支援をしましょう。
「東日本大震災」の時に、フィリピンは惜しみなく支援してくれた。
被災支援に国境があってはなりません!

引用開始→ フィリピン台風、最大瞬間風速105メートル
専門家「史上最強クラス」
(日本経済新聞2013/11/12 0:51)

米軍合同台風警報センターが、台風30号がフィリピンに上陸した際の最大風速を秒速87.5メートル、最大瞬間風速を同105メートルと算定していることが11日、分かった。

英紙ガーディアンによると、センターが観測したのは上陸の約3時間前。その後も勢いがほとんど弱まらなかったことが衛星データで確認され、上陸時のスピードを同程度と算定した。専門家は「上陸した台風の中では、史上最強クラスだ」としている。〔共同〕←引用終わり
Copyright © 2013 Nikkei Inc. All rights reserved.

引用開始→「あの時と同じ光景」台風直撃、町が消えた…
(2013年11月11日17時43分  読売新聞)

町が消え去り、がれきの中を住民がさまよい歩く――。
猛烈な台風30号に直撃されたフィリピン中部。約970万人が被災し、被害の大きかったレイテ島では死者数が1万人に達する恐れも出ている。惨状を目の当たりにした日本人は、「東日本大震災で津波に襲われた町のようだ」と証言した。今のところ日本人の被害情報は入っていないが、現地は電話がつながりにくい状態が続いており、在フィリピン日本大使館などが安否の確認を急いでいる。

「壊滅的な被害が出ている。大津波が来た後のようだった」。フィリピン中部・セブ島で小型飛行機の遊覧飛行などを行う会社を経営する石田武司さん(69)は10日、台風30号で甚大な被害を受けたレイテ島の港湾都市・タクロバンの上空を飛び、がれきの町と化した眼下の光景に言葉を失った。

飛行時間は約30分。石田さんは台風の進路に合わせて小型機を飛ばし、被災地の様子を見た。町があったとみられる場所は、強風と高潮を受け、低層のコンクリートの部分だけが残り、木造の家屋などは軒並み押しつぶされていた。さまよい歩く住民らが1000人単位で商業施設の周辺に集まっている様子も見られたという。

石田さんは東日本大震災の直後、日本赤十字社に所属する知人とともに、救援物資を小型飛行機で運ぶため、宮城県の沿岸部上空を飛行した経験があり、「あの時と同じ光景」と話す。

「現地は水も電気も使えない。おそらく支援物資を待っているのだろう」。石田さんは心配した様子でそう語り、「私が見ただけでも、少なくとも三つの町が消えてなくなっている」と声を震わせた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 海面が一気に4メートル上昇、空港管制塔も破壊
(2013年11月11日17時54分  読売新聞)

【マニラ=鈴木隆弘】首都マニラ南部の空軍基地では11日朝、被災地への大量の救援物資を輸送機に積み込む作業が行われた。

国際空港でも、各国の救助隊員が続々到着している。

台風の直撃を受けたフィリピン中部からの報道によると、高潮が被害拡大の重大な要因だったことが明らかになっている。ロイター通信によると、中部レイテ島の中心都市タクロバンでは、海岸から約1キロ離れた場所でも家屋がめちゃくちゃに壊れ、電柱や樹木が倒れる被害も出ている。高潮で海水が猛烈な勢いで流れ込んだとみられる。

タクロバンの空港は管制塔などが破壊される被害を受けた。空港関係者はロイター通信に対し、台風の通過時には水位が一気に4メートル上昇し、ドアが使えず窓を開けて逃げたと語った。タクロバンのホテルに宿泊していた人も「水は2階まで来た」と話しているという。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 国際緊急援助隊・医療チーム、フィリピン派遣へ
(2013年11月11日12時48分  読売新聞)

菅官房長官は11日午前の記者会見で、猛烈な台風30号で多数の死傷者が出たフィリピンの要請を踏まえ、国際緊急援助隊・医療チーム25人を派遣すると発表した。

チームは同日午後にチャーター機で成田空港から出発する。菅氏は「現地のニーズやフィリピン政府の要望も踏まえ、可能な限りの支援を行っていきたい」と語った。

これに先立ち、外務省は10日、同省と国際協力機構(JICA)の職員による調査チームを現地に送った。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 気仙沼は、東日本大震災復興の巨大堤防建設が足かせになっているらしい | トップページ | IEA(国際エネルギー機関)が、日本の電力事情は国際競争力を削ぎ半減すると予測! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気仙沼は、東日本大震災復興の巨大堤防建設が足かせになっているらしい | トップページ | IEA(国際エネルギー機関)が、日本の電力事情は国際競争力を削ぎ半減すると予測! »