« 八王子のスーパー強盗殺人事件 遂に中国人の実行犯がカナダから日本へ移送される! | トップページ | どこまで間抜けか朝鮮総聯と北朝鮮 本部ビル競売落札のモンゴル企業は手下とばれた! »

2013/11/04

マァ~、良かった、凄かった「東北楽天イーグルス」が遂に日本シリーズを制す!

野球はドラマ
人間くさいドラマ

よく言われる言葉でもありますが。

田中将大+星野仙一の組合せが噛み合ったという事か。
続いて支えた、嶋、則本、美馬、岡島というところか。

これで星野仙一はいよいよ「闘将」と讃えられる事だろう。
闘志は大切、闘志も大切。
しかし、技術、技量、思考能力、見据える力、決断力などを含めた人としての総合能力が重要なんだろうね。
単なる「博打打ち」では、144試合を制する事はできないしポストシーズンも勝ち抜けない。

その点では、プロ野球チームとしてのフロント(運営会社)のマネジメント力が、この大きな成果を得た基盤ではないかと考える。
熱く、しかも冷静なマネジメント力が、9年目でリーグ優勝を手に入れ日本シリーズを制した基盤だろうと。
その基盤に支えられ、それぞれの選手は思う存分に能力を発揮した。
それぞれの選手の個性そして技術能力を見抜き、引き出し発憤を与え続けたコーチ陣の能力もスゴイ!
最後はやはり、それを一つの力にまとめ上げた監督星野仙一のリーダーシップである事は間違いない。
久々に、東北の地域はもとより、日本全体に感動を与えた、後世に語り継がれるであろう2013年の日本シリーズだった。

引用開始→ 田中、両手高々「雄たけび」…志願の有終V
(2013年11月4日09時06分  読売新聞)

本塁打が出れば同点の九回二死一、三塁、代打矢野を空振り三振に仕留めると、楽天の田中は雄たけびを上げて、両手を高々と突き上げた。

エースとしての雄姿を見せたが、内心は「ホッとしていた」という。

前日は12安打を浴びて4失点で完投負け。レギュラーシーズンとプレーオフを通じて、今季初めての敗戦が、痛恨の1敗となり、「情けなかった」と田中。160球を投げたにもかかわらず、「いつでも行く」と志願してベンチ入り。連投で最後を締めくくった。

この日は七回から、第1戦に先発した則本がシリーズ2度目の救援登板。田中の背中を追いかけ、15勝を挙げた新人右腕も2回を無失点に抑えて「いつもと変わらないし、緊張も疲れもなかった」と意地を見せた。今季の躍進を支えた両輪が、最後は気持ちで頂点を引き寄せた。(古市豪)←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 星野監督「選手たちをほめてやってください」
(2013年11月3日22時59分  読売新聞)

楽天・星野監督「こんなにうれしいことはない。東北の子供たち、全国の子供たち、被災者のみなさんに勇気を与えてくれた選手たちをほめてやってください。(監督)就任当時、大震災で苦労なさっているみなさんを見て、日本一になって、いやしてあげたいと、この3年間戦ってきた」←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 被災地、喜び爆発「この日待ってた」楽天日本一
(2013年11月4日09時06分  読売新聞)

「これが東北の底力だ」――。プロ野球の日本シリーズ第7戦が3日、仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)で行われ、楽天イーグルスが巨人を下し、球団創設9シーズン目で悲願の日本一を成し遂げた。

苦境にあっても諦めずに戦い続けた末の栄冠。声援を送り続けた被災地のファンは「勇気をありがとう」「この日を待っていた」などと喜びを爆発させた。

最終回、大黒柱の田中将大投手がマウンドに上がると、Kスタ宮城の熱気は最高潮になった。二死一、三塁のピンチを招いたが、田中投手が最後の打者を三振に抑えると、選手たちはマウンドに集まり、人さし指を突き上げ、喜びを表した。

星野仙一監督が胴上げされると、熱気に包まれたスタンドでは、抱き合ったり涙したりするファンの姿がみられた。ガッツポーズをした星野監督はインタビューで「被災者のみなさんに勇気を与えた選手たちを褒めてやってください」と話すと、スタンドの被災者らから大きな拍手が沸いた。

仙台市中心部にある「クリスロード商店街」でも3日夜、大型テレビ2台が設置され、楽天日本一の瞬間に立ち会いたいと集った市民約700人が、固唾(かたず)をのんで試合の行方を見守った。

楽天ファンたちは九回、抑えで登板した田中投手の投球を祈るようなまなざしで見つめ、勝利の瞬間、大歓声が商店街にこだました。帰省中という東京都の会社員(27)は「地元で楽天の日本一を見守ることができて本当に幸せ。これをきっかけに東北が明るさをもう一度取り戻してくれれば」と興奮した表情だった。

同市太白区にある仮設住宅の集会所では、優勝が決まると、テレビ観戦していた住民約20人が互いに抱き合ったり、万歳三唱を繰り返したりして喜びを分かち合った。インタビューで、星野監督が被災地へのメッセージを語る度に、「癒やされたよ」「ありがとう」と口々に叫び、涙を浮かべた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 八王子のスーパー強盗殺人事件 遂に中国人の実行犯がカナダから日本へ移送される! | トップページ | どこまで間抜けか朝鮮総聯と北朝鮮 本部ビル競売落札のモンゴル企業は手下とばれた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八王子のスーパー強盗殺人事件 遂に中国人の実行犯がカナダから日本へ移送される! | トップページ | どこまで間抜けか朝鮮総聯と北朝鮮 本部ビル競売落札のモンゴル企業は手下とばれた! »