« 16日の大阪府議会の与野党逆転に続き、17日は大阪市議会で「大阪維新の会」崩壊が始まる | トップページ | 「餃子の王将」大東隆行社長、本社前で早朝に射殺される 人柄からしても考えられない »

2013/12/19

腐疑怪塊「大阪府議会 OTK(泉北高速鉄道)をローンスターへの売却を否決」維新の会足下で崩壊!

12月16日の大阪府議会本会議でのデキゴト!
(連日「大阪維新の会」=「大阪を不振にする会」を笑いたてます)

お調子者の大阪市長ハシゲこと橋下徹とお飾り幇間の大阪府知事バッチィ松井一郎が企んだ、OTK・泉北高速鉄道の売却について、足下の「大阪維新の会」が割れ、議案は16日の本会議で否決されました。

お笑いグサは、売却額で、相互乗り入れ中で事実上の一体運営をしている南海電鉄の入札額720億円に対し、米国のハゲタカ投資ファンド(ローンスター)が780億円だったという理由で、ファンドのローンスターへ売却を決定したわけです。

売却理由を問うと、バッチィ松井一郎は
「60億円も高いんや、そっちに決めるのは当然やろ、大阪府は赤字なんやから」と言い放った。
ボケが知事になると「恥事」になると地でいっているようなものです。

南海電鉄は「80円の値下げ」を約束しておりまして。
(このネタが漏れ出す大阪府庁もねぇ?)

対するハゲタカファンド(ローンスター)は「10円の値下げ」を約束しているとの事で。

まぁ、60億円高値を入れて、20年ほど利用者から「収奪」し続けるというわけで、それを指摘された、アホが売りのバッチィ松井一郎は
「10円下げるちゅうのは、経営努力でっせ」と、それを聞いた沿線利用者は、
「コッラ松井、オンドレ知事やろ、どっち向いて話をさらしとんじゃ」と相成った。

この話は、お調子者の大阪市長ハシゲこと橋下徹が大阪府恥事の時に、一円でも高値で民間へ売却という、沿線の利用者を無視したボケでもカスでも考える方針を立て、それを押し付け、またスッカラカンの大阪府の官僚(いわゆる理事者ドモ)が、擦り寄りその方針を墨守したというワケだ。

まぁ、官僚というモノは、この程度で、ボスの顔色だけを窺っているだけです。
北朝鮮も変わらないし笑えない。そう言ゃぁ、大阪八尾(松井一郎の選挙区)には「北朝鮮・朝鮮総聯」直結の大阪経済法科大学もありますしねぇ。

よく知っておいて貰いたい事は、
お調子者大阪市長のハシゲこと橋下徹とお飾り幇間の大阪府知事バッチィ松井一郎が吼える「民間に任せられる事は民間に売却して」というのは、その瞬間のカネさえ高額でありさえすれば、その後の運営能力や経営能力なんて、どうでも良いのですね。

ですから、非難囂々ですが北朝鮮直結のマルハンへでも平気で公有地を売却します。
どんなに批判され、何処まで非難されても、入札金額が他より一円でも高ければOKなんだと。

それはないだろうと、最大の利害関係者でもある沿線の利用者や、それらに支持された議員は、例え「大阪維新の会」の議員であろうとも、府民の代表として異議を唱え乞食同様の方針には、議員としての矜恃を賭けて4人は「反対」したわけです。当然ですね!

それなら除名だ!と橋下徹は吼えるワケです。
加えて、「離れる機会を探っていたのだろう」と、ドアホは言ってのけたのですね。
腐れのヘタレがやっている事が、これほど沿線の利用者不在、府民不在、直接の利害関係者である、堺市、和泉市の反対を押し切ってでも、断行するのです。もう無茶苦茶としか言いようがありません。

誰の利益を代表し守るのか、米国のハゲタカ投資ファンド(ローンスター)の手先になり、沿線住民と利用者の資産を、平気で売り渡し「嘘で塗り固め」るのですよ乞食の首長コンビは。
「大阪維新の会」橋下徹、松井一郎こそ、真底の売国奴ですよホントに。

大阪の府民も市民も目を覚ませ! バカ野郎に平気でナメた真似をされて、自分達の所得を巧妙に吸い上げられ移転されて、ナンとも云えないのは、思考停止だしバカですね。

大阪のオバハンドモ、ワケの分からんオッサンども、オマエラが投じた選挙の一票が、大阪の貴重な行政資産(府民や市民の財産)を、簡単に「一円でも高い方へ」と言い、売り渡されてしまい、その後は、手にしたヤツらから巧妙にカネを吸い取られる事を自覚せんとダメですねぇ~!

「大阪維新の会」を除名された4人のメンバーは、次の政策で一緒にやりましょか!

17日は、大阪市議会の美延映夫の後釜議長が第三党の自民党から選出された。大阪府議会は知事提案が否決された。メデタイノォ~!メデタイこってすわぁ!

引用開始→ 大阪維新の会、大阪府議会で過半数割れ
(2013年12月16日20時06分  読売新聞)

日本維新の会の橋下共同代表が率いる地域政党・大阪維新の会大阪府議団は16日、議員4人を除団(除名)処分とし、議会の過半数(53)を割り込む51議席となった。

4人は、鉄道などを運営する府の第3セクターを米投資ファンドに売却する知事提出議案の採決で造反し、反対に回った。この結果、2011年府議選で大阪維新の会が過半数を得て以降、知事提出議案が初めて否決された。

橋下氏は大阪市内で記者団に「(4人は)維新が次の選挙で勝てそうにないと判断し、離れるきっかけを探っていたのだろう」と述べた。←引用終わり

|

« 16日の大阪府議会の与野党逆転に続き、17日は大阪市議会で「大阪維新の会」崩壊が始まる | トップページ | 「餃子の王将」大東隆行社長、本社前で早朝に射殺される 人柄からしても考えられない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 16日の大阪府議会の与野党逆転に続き、17日は大阪市議会で「大阪維新の会」崩壊が始まる | トップページ | 「餃子の王将」大東隆行社長、本社前で早朝に射殺される 人柄からしても考えられない »