« 安倍=バイデン会談 中国の勝手な「防空識別圏」を領空化させないよう国際社会は強い連携で糾弾粉砕へ! | トップページ | 猪瀬直樹東京都知事、一年で八方塞がりってなぁ~! 実質は都議会与党の不信任じゃないか »

2013/12/05

世界無形文化遺産に登録された日本の食文化「和食」グローバリゼーションの結果と考えるべきか

日本が伝承してきた「食生活・食文化」。
世界無形文化遺産に登録された。

食材をどう護るかという重要な課題が残されたままだ。
まず、何よりも喜びを持つべきだ。
次に、どのようにして日本国内で日本の食材生産を護りきるか、それを含めて「食材」の安心をどう確保するか。それを考えるよい機会になれば良い。
勿論、食料安全保障の観点からも考えなければならない。

1990年代に急展開した経済のグローバリゼーションにより、日本は自らの生命を繋ぐ基礎食料品に至るまで貿易財として、他国から低価格で買って輸入すればよいとする政策を展開した。
日本の食材・食生活・食文化を積極的に輸出する事よりも、世界の食材・食生活・食文化を輸入しカネ儲けの対象として投資した。
一説によると、イタリア料理店はイタリアの総数よりも、日本のイタリア料理店の総数の方が多いのだともいう。しかも、その殆どが首都圏に集中し、次が関西圏だという。
そんなオカシナ話はないと紹介者に反論したところ、いやいや、それは事実なのだとデータを示し説明を受けた。なんという事だ。

逆に、日本へ旅行に来た外国人、特にフランスから来た観光客の多くが、日本の食文化・食生活・食材に強い興味を持ち、精進料理も含め強い関心を示していると、携わる友人はいう。
同時に、日本の食材で重要なものの幾つかは、日本での栽培が急減しているとも言っていた。だから、日本の食材生産を護らない限り「食生活・食文化」としての日本食が世界文化遺産に登録されようとダメなんだという事も考えて貰いたいと付け加えていた。
これを機に、日本の「食材」について考えるべきではないかと思う次第です。

引用開始→ 和食、世界無形文化遺産に登録
(夕刊フジ2013.12.05)

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は4日、アゼルバイジャンのバクーで開いた政府間委員会で、日本政府が提案していた「和食 日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産への新規登録を決めた。食に関する分野で日本から登録されるのは初めて。和食の普及がいっそう進むとともに、経済などへの波及効果も期待できそうだ。

政府は昨年3月、和食を「『自然の尊重』という日本人の精神をあらわした、食に関する社会的慣習」として、無形文化遺産に提案。特徴を、「新鮮で多様な食材とその持ち味を尊重」「年中行事と密接に関連」などとしていた。

また政府には、東京電力福島第1原発事故による風評被害に苦しむ国産食材のイメージを立て直し、東日本大震災からの復興の象徴にする狙いもあった。

提案を事前審査したユネスコ政府間委員会の補助機関は、和食が「文化の多様性を反映し、人類の創造性を証明している」といった基準にかなうと判断し、10月、登録を委員会へ勧告。今月2日からバクーで開かれた委員会の会合で、是非が話し合われていた。

「登録決定」のニュースに、日本の料理関係者には喜びの声が広がった。日本料理「なすび亭」(東京・恵比寿)店主の吉岡英尋さんは、「和食の価値がいっそう認められた。四季の移り変わりの表現、包丁技術の高さなど、もともと和食は完成された芸術。海外の人に興味を持ってもらい、国内でも見直しが進んでほしい」と語った。

無形文化遺産は、「世界遺産」「記憶遺産」と並ぶ、ユネスコの遺産事業の一つ。2006年4月に発効した条約にもとづき、芸能、祭礼などが世界中で計257件(日本からは21件)登録されている。

食に関する無形文化遺産は、「フランスの美食術」「スペインなど4カ国の地中海料理」「メキシコの伝統料理」「トルコのケシケキ(麦がゆ)の伝統」の4件が登録されていた。←引用終わり
Copyright © 2013 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 安倍=バイデン会談 中国の勝手な「防空識別圏」を領空化させないよう国際社会は強い連携で糾弾粉砕へ! | トップページ | 猪瀬直樹東京都知事、一年で八方塞がりってなぁ~! 実質は都議会与党の不信任じゃないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍=バイデン会談 中国の勝手な「防空識別圏」を領空化させないよう国際社会は強い連携で糾弾粉砕へ! | トップページ | 猪瀬直樹東京都知事、一年で八方塞がりってなぁ~! 実質は都議会与党の不信任じゃないか »