« 正月早々「有楽町で火事」地上げの放火でも始まったのか | トップページ | 有楽町駅隣接地の火事 これほど迷惑な火事はなかった 十分な実況見分で原因究明が必要だ »

2014/01/03

第90回(2014年)「箱根駅伝」は復路も東洋大が制し4度目の総合優勝を果たす

今年も「箱根駅伝」の感動をありがとう!
出場大学の出場選手は勿論、控え、世話役に回った全ての学生諸君へ「ありがとう」を言いたい。
今回の記念大会も劇的でした。
ドラマがあり、それぞれが感動的でした。
駅伝は個人的身体能力が占める要素も大きい協議ですが、やはり「チーム力」「チーム能力」「チーム総合力」がモノを言うようですね。

4度目の総合優勝を果たした東洋大学の諸君、おめでとう!
2位で、奇しくも優勝を逃した駒澤大学の諸君、よく健闘されました!
(学生駅伝三冠を目指すも残念でしたが、世の中そう簡単ではありません。ネットでは喧しかったようですが、現実とよく向き合われる事も大切かと)
3位を獲得した日本体育大学の諸君、昨年とは変わりましたが、見事に上位を獲得されました!
4位の早稲田大学の諸君、良く復活されました!
(先輩の「金哲彦」の自慢話は気に要りませんが、諸君は能く健闘されました)
5位を確保した青山学院大学の諸君、見事な走行でした。年ごとに順位を上げる着実さは立派です。

キワモノを狙うアザトサが裏目に出た大学もありました。
確かに、国際親善や国際交流は理解できますが、アザトサが目立つと面白くありませんね。
毎回話題を集めますが、天は罰を与えたのかとも、少しばかり思い致すところがあります。

とにかく、来年はシード権争いを強いられる有力校も、改めて緒を締め取り組まれます事を見守りたく存じます。

引用開始→ 東洋大、2年ぶり4度目の総合V…箱根駅伝
(2014年1月3日13時43分  読売新聞)

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの復路5区間が行われ、往路優勝の東洋大がトップを守り切り、10時間52分50秒(速報タイム)で2年ぶり4度目の総合優勝を果たした。

駒大は約4分30秒遅れの2位。出雲全日本大学選抜、全日本大学に続く同一年度の「学生駅伝3冠」はならなかった。

3位・日体大、4位・早大、5位・青学大と続いた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 作戦的中の東洋大、高速チームが区間賞五つ
(2014年1月3日15時42分  読売新聞)

東洋大は往路復路全10区のうち、3、5、7、8、10区の五つで区間賞を獲得した。

特に復路は、23校中、21校が選手変更を行う中、同校は選手の入れ替えをすることなく、3区間で区間賞となり、復路記録を塗り替えるなど、酒井監督の起用プランが的中した形となった。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 総合Vの東洋大、復路は新記録…1分10秒短縮
(2014年1月3日14時52分  読売新聞)

第90回箱根駅伝(2、3日)で総合優勝した東洋大は復路で、5時間25分38秒の新記録を打ち立て、往路・復路とも制した。

従来の最高タイムは、同大が一昨年の大会で記録した5時間26分51秒で、1分10秒あまり短縮した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 正月早々「有楽町で火事」地上げの放火でも始まったのか | トップページ | 有楽町駅隣接地の火事 これほど迷惑な火事はなかった 十分な実況見分で原因究明が必要だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正月早々「有楽町で火事」地上げの放火でも始まったのか | トップページ | 有楽町駅隣接地の火事 これほど迷惑な火事はなかった 十分な実況見分で原因究明が必要だ »