« バレちゃいましたね!? 偽物販売 バッタ物販売! 自業自得 ヤクザな商売を重ねますとね!? | トップページ | 携帯の高速通信が質的アップするのは良い事だ! »

2014/01/24

JR北海道は会社として機能していない ATS破壊の運転士を甘い処分 官邸に厳しく批判され!

ようやく目覚め始めたのかJR北海道!?
ATSをハンマーで叩き壊し、事故を起こした運転士をようやく刑事告訴するという。
会社の財産を叩き壊して、それが罪にならないなら、もはやナンとも言えない。
しかも利用者の安全や生命を預かる公共交通機関に従事する者としてあり得ないだろうが。
ハッキリ罪に問われ刑につけ!

この事件にJR北海道が抱える問題が凝縮されているように思う。
これを機に経営課題や組織課題の本質的な改革に向かうように望みたい。

前には、覚醒剤に手を染めた運転士が居たが、これも重大な事件だった。

JR北海道は、北海道内の失業対策事業を行う機関じゃないから。
ヤタケタも含めて労働の機会を提供する組織じゃないから。

JR北海道の職員であるという誇りを持って貰いたい。
保線区も、車両区も、運転区も、弛んでいては会社として再建できない。
「JR北海道」は、JR北海道に就業し関与する全ての職員のモノではないのだ。
日本国民の財産、日本国民の生命を、北の大地で預かり運営し経営しているのだという事の自覚がなければ、話にも何もならない。

引用開始→ 菅氏に甘さ批判され…ATS破壊運転士を告訴
(2014年1月24日07時31分  読売新聞)

JR北海道は23日、2013年9月に回送列車の自動列車停止装置(ATS)を破壊した運転士(33)を器物損壊容疑で道警に告訴した。

発表によると、運転士は札幌運転所から列車を出庫させる際、ATSのスイッチの確認を怠り、非常ブレーキを誤作動させた。このミスを隠すため、スイッチをハンマーでたたくなどして壊した。

JR北は13年10月、この運転士を出勤停止15日の懲戒処分とし、担当業務を列車の検査などに変更。告訴は見送った。これに対し、菅官房長官が記者会見で「安全安心をぶちこわすような行動をした人に、たった15日間の処分はありえない」と述べるなど、JR北の対応の甘さを批判。太田国土交通相が今月21日、この運転士の免許を取り消すと発表し、JR北は運転士を告訴すると説明していた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« バレちゃいましたね!? 偽物販売 バッタ物販売! 自業自得 ヤクザな商売を重ねますとね!? | トップページ | 携帯の高速通信が質的アップするのは良い事だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バレちゃいましたね!? 偽物販売 バッタ物販売! 自業自得 ヤクザな商売を重ねますとね!? | トップページ | 携帯の高速通信が質的アップするのは良い事だ! »